松坂桃李主演映画「娼年」の動画を無料視聴する方法!

松坂桃李×三浦大輔監督でセンセーションをおこした・舞台「娼年」の映画版がリリースされ、遂にその動画が無料視聴出来るようになりました!とにかく松坂桃李ファンの人にも、そうではない人にも漏れなく衝撃的な内容となっている本作。もちろん、石田衣良さんの小説「娼年」のファンの方が見ても唸る事になるでしょう。動画「娼年」を無料視聴する情報です。

 

▲▽▲松坂桃李主演映画「娼年」を見るなら!▲▽▲

真っ直ぐにコチラ!

U-NEXT31日間無料トライアル!!

「娼年」

~~2018年9月14日解禁!!~~

正視できるかしら・・・?

 

動画「娼年」基本情報

  • 監督:三浦大輔
  • 原作:石田衣良
  • 脚本:三浦大輔

三浦大輔監督の過去作品がコチラ!

  • 『何者』(2016年)
  • 『裏切りの街』(2016年)
  • 『愛の渦』(2014年)

かなりの個性派な感じが致します。

石田衣良氏の過去作品がコチラ!

TVのコメンテーターとしても活躍されているので、見覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 『池袋ウエストゲートパーク』(1997年)
  • 『4TEEN』(2003年)
  • 『逝年』(2008年):小説「娼年」の続編
  • 『爽年』(2018年):小説「逝年」の続編

2001年に「娼年」で直木賞候補にあがった石田氏、2003年発表の「4TEEN」で見事に直木賞を受賞しています。

動画「娼年」キャスト紹介

リョウ・・・松坂桃李

10月になれば30歳になる松坂桃李さん。今回の作品で完全に新しい分野を開拓した(?)らしいです。でも『キセキ~あの日のソビト~』でワイルドな桃李さんはもう見ていたのですけれどね。

この作品の反動で(事務所采配?)この夏のTV連続ドラマ『この世界の片隅に』なのでしょうか?それとも、『ゆとりですがなにか?』で付いた童貞イメージの払拭か?まさか、桃李さんが童貞さんだとは日本中の誰一人として思っておりませんがね・・・。

とにかく、思い切りましたよ。

御堂静香・・・真飛 聖

まとぶ・せい、という芸名からも分かるように、元宝塚歌劇団、花組トップでいらっしゃいます。TV界には元月組のトップが多いと思っていましたが、真矢みきさんも元花組トップでした。

真飛聖さん、役に嵌りすぎていて怖いです^^

 

泉川・・・西岡徳馬

西岡徳馬さん、今回は車いすに乗っていて・・・。渋い渋い俳優さんなのに、某テレビ番組年末特番『ガ〇の使いやあら〇んで!』で目覚めてしまわれたのですね。

今年の年末も、必ずこのネタでイジラレル事は間違いありませんね、西岡さん。

老女・・・江波杏子

大女優、江波杏子さんを役名とはいえ、”老女”とは・・・。

今も破壊力は健在ですが、お若い頃の江波さんの迫力のぶっ飛びようは凄かったんですよね。

そして”壺をふっている”作品が多いです!!

 

動画「娼年」あらすじ・ストーリー

さて、動画「娼年」のあらすじを「娼年」のHPからご紹介しましょう

主人公の森中領は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、美しい女性がバーに現れた。女性の名前は御堂静香。「女なんてつまんないよ」という領に静香は”情熱の試験”を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。 入店を決意した領は、翌日から娼夫・リョウとして仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

引用元:http://shonen-movie.com/original/

松坂桃李さん、大学生の役です。名門大学生がこんな事してちゃ、正直ガッカリしますけどね。

動画「娼年」予告編

では、動画「娼年」の予告編です。

いいですか?大丈夫ですか?

【R18】指定ですので、お願いしますね。

 

動画「娼年」と舞台「娼年」と小説「娼年」

原作「娼年」は第126回直木賞候補となった石田衣良氏の小説です。

今回ご紹介している映画版「娼年」の前に、なんと舞台で「娼年」は上演されています。

こんな感じ⇒

・2001年7月/小説「娼年」発表

・2016年8月~9月/舞台「娼年」上演(主演:松阪桃李、監督・演出:三浦大輔)

・2018年4月/映画「娼年」上映(主演:松阪桃李、監督・演出:三浦大輔)

直木賞候補作品となった原作小説「娼年」は当然話題になりましたし、直木賞は過激な作品が多いのでこの位は許容範囲(?)でしょうかね。

それが2016年に舞台化されたら、とんでもない事になってしまってます。出演者が舞台上で一糸まとわぬ姿で演技をされておりまして…。

そして遂に2018年には映画化となるわけですが、舞台と映画両方の主演を務めたのは松阪桃李さんと監督・演出の三浦大輔さん。舞台が終わって、そのままのテンションで映画の撮影に入ったのでしょうか?舞台と違い、映画は細部まで映しますからこれまた大変なことに…。

 

動画「娼年」を見た人の感想

今回特に気になる「娼年」を見てきた方々の感想をご紹介しますと・・・

見に来ている人は女性が80%で2組くらいカップルだった。

とりあえず、冒頭のシーンで悲鳴があちこちで聞こえた。

引用元:https://www.rottenmeoryou.com/

悲鳴が・・・!?いったい、何が起こるの!?(笑)

 

感想を表現するのは常人には、はなかなか難しいみたいなので違う方向に目を向けてみますね。

こちらは、三浦監督談です↓どうぞ

映像化は色んな意味で舞台化よりさらに困難な作業になりましたが、原作の石田衣良さんの小説の意思を受け継ぎ、「性描写」に関しては一切妥協せず、でも、よりポップに描き切ったつもりでいます。
結果、あまり前例がない、新しいエンターテイメントが産まれた予感がしています。

引用元:http://wakatake-topics.com/?p=4630

ああ、桃李さんを壊してしまいましたか?

これまでは、自分の作品はご両親に必ず見て貰っていたという松坂桃李さんも、さすがにこの作品に関しては「見てもらいたくないな」だったそうですよ(笑)

でもまあ、激しい濡れ場を演じる女優さんのほうがご家族へのインパクトは強いでしょうけれどね。

動画「娼年」を無料視聴する方法!

では、そんな「娼年」の動画を無料視聴するために何をすればいいのか!?

それが、こちら!!

U-NEXT31日間無料トライアルに登録!!

今キャンペーン中のU-NEXT31日間無料トライアルに登録することで桃李さんの「娼年」の動画を無料視聴する事ができます!!

新作ですが、大丈夫ですよ

なぜなら、嬉しい特典が付いているから~~

それがこちら!

U-NEXT31日間無料トライアルに登録するだけで、自動的に600ポイントがもらえます!

このポイントを使って、新作動画「娼年」を無料視聴するのです!!

もちろん!!この31日間は無料で動画視聴サービスが受けられるわけですから、

山のようにある”見放題”作品をかたっぱしからタダで、タダで見る事ができます!

動画「娼年」の配信解禁は確かに2018年9月14日なんですが~

それまでに

松坂桃李さんの作品だけでもこんなに”見放題”放出ですからお値打ちです!(タダだけど^^)

 

「娼年」の他にも無料視聴出来る桃李作品紹介

では”見放題”の桃李さんの作品です

『マエストロ』(2015年)、『王様とボク』(2012年)

『日本のいちばん長い日』(2015年)

『尾根のかなたに』(2012年)

社会派なんです!!

『怪盗ロワイヤル』(2011年)

さらに

「娼年」を見た残りポイントを充当してお得にポイント作品も見られますよ!

たとえば、コチラ

三浦大輔監督作品『何者』(2016年)/432円にポイント充当OK

松坂桃李出演作品『ユリゴコロ』(2017年)/540円にポイント充当OK

 

他にも韓流ドラマなどの”見放題”ラインナップも充実です!どうぞ楽しんでくださいね!

 

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る