黒革の手帖(武井咲ドラマ)ロケ地/撮影場所と主題歌発売日いつ?

“松本清張史上最強”と言われる悪女が新テレビドラマ、主演は武井咲さんで甦ります。そこで気になるのはやはりロケ地(撮影場所)や主題歌や発売日。そこで今回はドラマ『黒革の手帳』の舞台となるロケ地(撮影場所)と主題歌発売日の情報について紹介していきます。


スポンサードリンク

ドラマ『黒革の手帖』のロケ地(撮影場所)はどこ?

・東京都中央区 PARLA 東急プラザ銀座前

http://livedoor.blogimg.jp/noranosukina30nosekai/imgs/9/7/971bf029.jpg

東京都中央区のPARLA 東急プラザ銀座前でドラマ「黒革の手帖2017」キャストの仲里依紗さんと武井咲さんが目撃されています。PARLA 東急プラザ銀座は表参道発のトリュフやキャビアを使ったクレープなど独特なメニューがある人気のクレープ屋です。「黒革の手帖2017」の舞台と言えばやはり銀座が相応しいですね。

住所:東京都中央区銀座5−2−1

 

・東京都中央区 喫茶店「銀座 風月堂」

https://ginzadelunch.jp/blog/wp-content/uploads/2015/08/2016_ginzafugetsudo0027.jpg

PARLA 東急プラザ銀座から少し南の銀座 風月堂でドラマ「黒革の手帖2017」キャスト武井咲さんと滝藤賢一さんが目撃されました。

銀座 風月堂はレトロな内装に和菓子、洋菓子を提供する知る人ぞ知る喫茶店です。そこから北東に5分ほど歩いたところに東京風月堂 銀座本店があります。

住所:東京都中央区銀座6丁目6−1

 

・東京都渋谷区 渋谷区立 鍋島松濤公園

http://cdn.amanaimages.com/preview640/10505001015.jpg

東京都渋谷区の渋谷区立鍋島松濤公園でドラマ「黒革の手帖2017」キャストの武井咲さんが目撃されています。

住所:東京都渋谷区松濤2−10−7

sponsored link

『黒革の手帳』の主題歌は?

テレビ朝日の木曜ドラマ『黒革の手帖』の主題歌は、福山雅治さんの新曲『聖域』に決定いたしました!

http://www.musicman-net.com/files/2017/07/f595ad54a03792.jpg

テレビ朝日ドラマの主題歌を担当するのは今回が初である上、ドラマタイアップ自体がおよそ2年ぶり(『花咲舞が黙ってない』以来)ということもあり大きな注目を集めています。

一体どのような楽曲に仕上がっているのか気になる所ではありますが、まずは福山雅治さんのプロフィールを簡単にご紹介いたします。

長崎県出身の福山雅治(ふくやま まさはる)さんは、1969年2月6日生まれで現在48歳。(所属事務所:アミューズ)18歳の頃に上京し、1988年に「アミューズ・10ムービーズオーディション」に合格し、同年公開の映画『ほんの5g』で俳優としてデビューを果たしました。

1990年3月21日には1stシングル『追憶の雨の中』でCDデビュー。翌月には1stアルバム『伝言』をリリース。1992年5月21日には、5thシングル『Good night』をリリース。

自身も出演したTBSドラマ『愛はどうだ』の挿入歌に起用されたこともあり、初のオリコンシングルチャートTOP10入り(週間9位)を果たしました。

翌1993年6月2日にリリースされたシングル『MELODY/BABY BABY』は、オリコンチャート5位を記録した他、その年のNHK紅白歌合戦に初出場するなどで大きな注目を集めることに。

同年には、5thアルバム『Calling』もリリースし、オリコンアルバムチャートにて初めて1位を獲得。1994年3月24日には、『IT’S ONLY LOVE/SORRY BABY』で初のオリコンシングルチャート1位を獲得し、トータルセールスにおいてもミリオンを達成。

続く『HELLO』も累計売上枚数が約187万枚と、ミリオンヒットを記録した他、「第10回日本ゴールドディスク大賞」ベスト5・シングル賞にも輝きました。

その後も、『Message』、『Heart』、『Peach!!』、『HEAVEN』などヒット曲を連発。2000年4月26日には、デビュー10周年の記念碑的作品『桜坂』をリリース。

『ウンナンのホントコ! 未来日記V』のテーマソングとして起用されたこの曲は、ダブルミリオンを達成し、「第15回日本ゴールドディスク大賞」ソング・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、現在でも福山雅治さん最大のヒット曲となっています。

以降も、フジテレビドラマ『WATER BOYS』の主題歌『虹』や、NHK連続テレビ小説『わかば』の主題歌『泣いたりしないで』、“月9”ドラマ『スローダンス』の主題歌『東京』などを発表し、そのどれもが大ヒットを記録。

2011年8月31日には、ゼクシィのCMソングやテレビ東京の『家族になろう(よ)』のテーマソングに起用された『家族になろうよ』を発表。

2015年には、デビュー25周年を記念したデジタルシングル『何度でも花が咲くように私を生きよう』や、日本テレビドラマ『花咲舞が黙ってない』の主題歌『I am a HERO』をリリース。

翌2016年8月5日には、テレビ朝日系列の「リオデジャネイロオリンピック」テーマソング『1461日』をリリースし、今回の新曲『聖域』に至るという訳ですね。

他のアーティストとの共演やプロデュース(楽曲提供)を除けば、『1461日』からおよそ1年ぶりのニューシングルということで、大きな話題を集めています。

来年(2018年)には、約3年ぶりとなる「全国アリーナツアー」の開催も予定されており、ますます今後の活躍からも目が離せなくなってきましたね。

また今回福山雅治さんは「黒革の手帳」のために作った新曲「聖域」について、聖域とは自分の中にあるべき場所であったり自分が望むべき姿の憧れという意味を込めたそうです。

また幸せか不幸せは他人ではなく自分が決めるものだそうです。

武井咲さんが務めるヒロイン元子はとても強く、とても繊細で、孤高の人だと思って歌詞を作ったそうです。

sponsored link

『黒革の手帳』の主題歌『聖域』の発売日はいつ

ドラマ『黒革の手帖』の主題歌『聖域』の発売日に関しましては、残念ながら現時点で明らかにされておりません。

“月9”ドラマ『ラブ・ソング』の主題歌『Soup』(藤原さくら)での楽曲提供を除けば、約2年ぶりのドラマ主題歌を担当するということで、非常に注目が集まっていますね。

発売日がとても気になります。

今回、俳優としてもシンガーソングライターとしても成功しているマルチな才能を持った福山雅治さんが、このドラマのヒロイン元子をイメージして作った楽曲「聖域」。

福山さんが作った曲「聖域」がさらにドラマ『黒革の手帳』を盛り上げてくれること間違いないでしょうね。

ドラマが始まるのが待ち遠しいですね。

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る