マグニフィセント・セブン(映画,2016)の動画(字幕,吹替)をフルで無料視聴する方法!

マグニフィセント・セブン(映画)の動画(字幕,吹替)をフルで視聴する方法を紹介します。映画「マグニフィセント・セブン」はデンゼル・ワシントンら豪華キャスト共演で「七人の侍」「荒野の七人」を原案に映画化されたエンターテイメント大作映画です。動画(字幕,吹替)をフルで無料視聴する方法を紹介します。

 

マグニフィセント・セブン(2016年公開映画)の動画をフルで無料視聴するにはU-NEXTがオススメ!
U-NEXTの31日間無料トライアル期間に登録するとマグニフィセント・セブンの動画がフルで見れちゃいますよ!登録はコチラ!今すぐ見れます!
>>>マグニフィセント・セブン(映画,2016)の動画がフルで無料視聴できる!「U-NEXT」31日間無料トライアルはコチラ!!

 

マグニフィセント・セブン(映画,2016)の字幕,吹替をフルで視聴する方法

マグニフィセント・セブンの映画(動画)は動画配信サービスU-NEXT(ユーネクスト)の31間無料トライアルに申込むことで、フルで視聴することができます。

 

U-NEXT(ユーネクスト)の基本サービスは月額1990円(税抜)ですが、初回限定で31日間対象作品見放題の無料トライアルを実施しています。

 

 

ユーネクストで配信されている動画「マグニフィセント・セブン」は字幕・吹替の両方に対応しています!

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)の会員になると、対象作品が見放題の作品と新作などの課金作品があります。マグニフィセント・セブンは視聴に540ポイントかかります。しかしU-NEXTでは無料トライアルに登録すると自動的に600ポイント(600円)分が付与されます。このポイントは視聴に利用することができるので、映画「マグニフィセント・セブン」の動画(字幕,吹替)が無料フル視聴できるのです!

 

>>>マグニフィセント・セブン(映画,2016)がフルで無料視聴!「U-NEXT」31日間無料視聴はコチラ!!

 

参照元:http://video.unext.jp/title/SID0029466

 

マグニフィセント・セブン映画(動画)の字幕,吹替のみどころ!

1.デンゼル・ワシントンの魅力

映画「マグニフィセント・セブン」ではデンゼル・ワシントンが7人の中でリーダー役を務めています。「七人の侍」では志村喬、「荒野の七人」ではユール・ブリンナー。

 

参照元:http://video.unext.jp/title/SID0029466

 

そしてデンゼル・ワシントンが今回演じる役はカンザス州治安菅サム。治安菅だけど生計を立てるために普段賞金稼ぎをしているところがおもしろいです。

 

サムのキャラクターは武器の扱いにとても慣れていて、怖いもの知らずの一匹オオカミのよう。とても孤独だけど、勇敢でもある男。

 

特に今回の映画では、夫を権力者ボーク(サースガード)に殺されてしまい、復讐をちかったエマに助けを求められるわけですが、実際はエマは復讐ではなく、街を正常に戻したいとう一心。

 

その心に動かされたサム。賞金のために動くことが多かったサムですが、エマから街の状況を知り、賞金稼ぎではなく、正義のために戦うようになりますので、とてもその移りどころがみどころのひとつでもあります。

 

2.クリス・プラットの考え方に感無量

映画「マグニフィセント・セブン」の元といえば、映画「荒野の七人」、そしてそのまた元は黒沢監督の「七人の侍」にだどりつきます。

 

参照元:http://video.unext.jp/title/SID0029466

 

クリス・プラットは今回ビャンブラーのジョシュを演じています。この役を演じるにあたり、しっかり心に刻んでいたことは「マグニフィセント・セブン」の核にあるものは黒沢監督の「七人の侍」。

 

とてもすばらしい考えではありませんか。

 

ジョシュは始めはとても危険ともキャラクターなんですよ。普段はギャンブラーでおちゃらけた感じですが、「自分は悪いヤツなんだ」と、自分自身に思い込ませることで、悪事を働いたときに罪悪感が生まれないようしているそうです。

 

そして、ジョシュも変わっていきます。街の人は周りの人を接していくうちに、自分の中の「悪」を断ち切り、お金のためではなく、正義のために戦う決心をします。

 

すばらしい。

 

3.7人揃ってこその強さがそこに!

お金のためでなく、正義のために戦う。心が変わったのは2人だけではありません。暗殺者のビリー(イ・ビョンホン)、流れ者のヴァスケス(マヌエル・ガルシア=ルルフォ)、スナイパーのグッドナイト(イーサン・ホーク)、ハンターのジャック(ヴィンセント・ドノフリオ)、戦士のレッドハーベスト(マーティン・センスマイヤー)。

 

皆、すべてならず者と呼ばれてきた人なち。それが街を暴君者ホーグから救うため、町民に闘い方を教え、矯正労働者を解放し、女性にも武器の使い方を教える。

 

参照元:http://video.unext.jp/title/SID0029466

 

まるでヒーローじゃないですか。そう、ヒーローなのです。7人が7人、お金のためではなく人のため、正義のために生まれ変わるのですから。

 

感動極まりないストーリーにきっと見てよっかったと思える映画です。

 

参照元:http://video.unext.jp/title/SID0029466

 

そして、私がユーネクストで一番見る俳優さんはデンゼル・ワシントンさん。実力派で迫力のある演技が素晴らしい人だと思っています。

 

ユーネクトではデンゼル・ワシントンさんの出演映画も多く配信されていますので、この機会に紹介させていただきます。ぜひ見てみてください。感動、ハラハラ、ほのぼの映画がたくさんあります。

 

↓↓↓全部見れます!今すぐ見れます!↓↓↓

 

トレーニング デイ
ロス市警伝説の刑事は「怪物」だった!新人刑事の壮絶な1日を描いたサスペンス。血気盛んな新人刑事が巻き込まれる予想だにしない事態から目が離せない。デンゼル・ワシントンがこれまでの善人のイメージを捨て、カリスマ的な悪徳刑事を見事に熱演。

 

ロサンゼルス市警の麻薬取締課に配属となった新人刑事・ジェイクは、数々の大事件を解決してきた憧れの刑事・アロンソとコンビを組むことに。しかしジェイクが目にしたのは、犯罪摘発のためならいともたやすく法を犯すアロンソの姿だった。

 

 

デジャヴ
J・ブラッカイマー製作×T・スコット監督による緊迫のタイムリミットアクション!!フェリー爆破事件の捜査官が、FBIが開発した不思議な映像装置を使って、事件発生以前の時間を追体験しながら、その事件を解明していくが…!?

 

フェリー爆破事件の捜査を進める捜査官ダグは、手がかりを握る女性の遺体を見た瞬間、強烈な“デジャヴ”に襲われる。彼は“すでに殺されている女性”を救い出し、事件を防ぐことができるのか?

 

 

ザ・ハリケーン
冤罪で投獄された悲運のボクサーの苦悩に満ちた半生を描く真実の物語。黒人差別に根ざした冤罪事件「ルービン・カーター事件」を題材にした人間ドラマ。デンゼル・ワシントンが実在のボクサー、ルービン・ハリケーン・カーターを熱演。

 

殺人罪に問われた天才ボクサー、ルービン・ハリケーン・カーターは、人種偏見に満ちた裁判で終身刑を宣告される。無罪を主張する彼は獄中で自伝を執筆。その自伝に感銘を受けた少年との出会いを機に、カーターは連邦裁判所で最後の戦いに挑む決意をする。

 

 

クリムゾン・タイド
核攻撃か、中止か!?二大スターが原子力潜水艦内で対決する緊迫のサスペンス。核戦争の危機を題材にした緊迫のポリティカル・サスペンス。ジーン・ハックマン&デンゼル・ワシントン、二大名優が密室と化した潜水艦内で息詰まる駆け引きを繰り広げる。

 

ロシア国内で反乱が勃発。反乱軍は日米を核ミサイルで脅迫する。この危機に出動したのは、米軍の原子力潜水艦アラバマ。だが、本国からの指令受信中に魚雷攻撃を受け、アラバマは通信が途絶。ラムジー艦長と副官のハンターは、命令の内容を巡って対立する…

 

 

クライシス・オブ・アメリカ
政治的洗脳による要人暗殺の陰謀を描く、社会派サスペンスミステリー大作!リチャード・コンドン原作、1962年のジョン・フランケンハイマー監督「影なき狙撃者」を現代風にアレンジしたリメイク作。監督は「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ。

 

副大統領候補まで上り詰めた湾岸戦争の英雄レイモンド。しかし、彼の元上官マルコは自身の悪夢からレイモンドが殺戮者だった疑惑を深め、独自調査を開始。すると、マルコの体にマインドコントロールチップが埋め込まれていることが発覚し…。

 

 

フェンス
アフリカ系アメリカ人家族の愛と苦悩を鮮烈に描いた感動ドラマ。2度のオスカーに輝くデンゼル・ワシントンが、監督・製作・主演を務めた話題作。親子の壁、夫婦の愛憎、そして母の眼差しを丁寧に綴った希望の物語に心が揺さぶられる。

 

1950年代、ピッツバーグ。トロイ・マクソンはかつて野球選手だったが、人種差別によってメジャーリーガーの夢を絶たれ、家族と苦しい生活を送っていた。ある日、トロイの息子がアメフトのスカウトマンに見出され、大学推薦の話が舞い込んで来るが…。

 

 

2ガンズ
麻薬組織の金をめぐり、キレ者の麻薬取締官と海軍情報部将校が激突!S・グラントのグラフィック・ノベルを原作したクライム・ムービー。主人公コンビを演じるD・ワシントンとM・ウォルバーグの掛け合いに加え、壮絶な銃撃戦も見どころだ。

 

巨額の金を押収するために麻薬組織へ潜入した、麻薬取締官ボビー。組織内でマイケルという男と出会うが、彼も同じ目的で潜入捜査している海軍情報部将校だとわかる。手を組んで押収に成功するふたりだが、マイケルが裏切って大金とともに姿を消してしまう。

 

 

天使の贈りもの
デンゼル・ワシントン、ホイットニー・ヒューストン主演のロマンチックストーリー。1947年に製作されたヘンリー・コスター監督による『天使の気まぐれ』のリメイク。ホイットニー・ヒューストンの歌が随所に登場し、物語を華やかに彩る。

 

クリスマスも近いある日、聖マシュー教会に天使のダドリーが現れる。彼の使命はトラブル続きの牧師・ヘンリーを救うことだったが、ダドリーは素晴らしい歌声を持つ牧師の妻・ジュリアに恋をしてしまう。それぞれが思いを抱える中、クリスマスを迎えるが…。1996年アカデミー賞音楽賞にノミネートされた

 

 

デンジャラス・ラン
アカデミー賞俳優、デンゼル・ワシントン主演のアクション・サスペンス監督は本作でハリウッド・デビューした新鋭、ダニエル・エスピノーサ。ノンストップの逃亡劇は緊張感抜群。派手なアクションはもちろん、狡猾な心理戦など見せ場は多い。

 

CIAの伝説的エージェントでありながら、今や世界的犯罪者となったトビン・フロストが出頭してきた。トビンがCIAの隠れ家に監禁されたところ、何者かがそこを襲撃。隠れ家を管理していた新米CIAのマットはトビンと共に逃亡することになる。

 

 

グレイズ・アナトミー シーズン12
通算250話を迎えた人気ドラマの第12シーズン。メレディスが新たな一歩を踏み出す!義妹アメリアとオーウェンの結婚式が行われる最終話は、すったもんだのドタバタが繰り広げられる注目のエピソード。渦中のメレディスにも新たな恋の予感が…。

 

夫デレクのいない寂しさを感じながらも、仕事と子育てに多忙な毎日を送っている外科医メレディス。妹マギー、義妹アメリアと共同生活を始めるが、生活スタイルの違いからイライラが募るばかり。一方、病院では新たな外科部長を決める理事会が開かれることに。

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが第9話を監督。彼にとっては初めてのTVシリーズ監督作となった。

 

 

アメリカン・ギャングスター
リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ&デンゼル・ワシントン共演の実録犯罪劇。暗黒街のカリスマ、麻薬を憎む実直な刑事、賄賂まみれの悪徳刑事のそれぞれの思惑が絡み合う展開は飽きさせない。何が悪で何が正義なのかという問い掛けも考えさせられる。

 

ハーレムを仕切るギャングのボスに15年間仕えてきた運転手のフランクは、ボスの死を機に独立。東南アジアの麻薬の密輸密売を手掛け、マフィアも一目置く麻薬王へとのし上がる。だが麻薬捜査官、リッチー・ロバーツの追及の手が伸びようとしていた。

 

引用元:http://video.unext.jp/browse/person/PRN0032253?an_trans=title

 

 

マグニフィセント・セブン映画(動画)のキャスト(出演者)

出演者
サム・チザム:デンゼル・ワシントン

 

ジョシュ・ファラデー:クリス・プラット

 

グッドナイト・ロビショー:イーサン・ホーク

 

ジャック・ホーン:ヴィンセント・ドノフリオ

 

ビリー・ロックス:イ・ビョンホン

 

ヴァスケス:マヌエル・ガルシア=ルルフォ

 

レッドハーベスト:マーティン・センスマイヤー

 

エマ・カレン:ヘイリー・ベネット

 

バーソロミュー・ボーグ:ピーター・サースガード

 

テディQ:ルーク・グライムス

 

 

監督:アントワーン・フークア

 

音楽:ジェームズ・ホーナー

 

サイモン・フラングレン

 

脚本:ニック・ピゾラット、リチャード・ウェンク

 

製作:ロジャー・バーンバウム、トッド・ブラック

 

 

マグニフィセント・セブン(映画,2016)の動画(字幕,吹替)予告編

 

>>>マグニフィセント・セブン(映画)をフルで無料視聴!「U-NEXT」31日間無料視聴はコチラ!!

 

※本記事の情報は記事作成時に基づいております。登録の際には公式ホームページのご確認をお願いたします。

アイキャッチ参照元:http://video.unext.jp/title/SID0029466


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る