いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(動画)1話~最終回までイッキに無料視聴する方法!

有村架純と高良健吾主演、現代を生きる若者の切ない恋の本格派ラブストーリー「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」!フル動画を無料で見れた方法をご紹介します!フジ公式の動画配信サービスFODプレミアムでドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を無料でみることができます。皆の評判や出演者情報も踏まえてフル動画の無料視聴方法をご紹介します。

 

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」はフジテレビ公式の動画配信サービスのFODで配信中!FODプレミアムは初月無料で動画が見放題になりお試しが可能です!つまり、FODプレミアムに登録すると、ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のフル動画を無料で見れちゃうんです!

FODプレミアムに登録すると、初月無料で、有村架純と高良健吾主演ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のフル動画1話~最終回が見れました!!!

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のフル動画の無料視聴はコチラ!

動画配信サービスでいつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうが見れるのは、フジのFODプレミアムだけ!今ならお得な初月無料お試し期間がついてくるから、無料で動画を見ることができます。(お試しキャンペーンはいつ終わるかわからないので、お早目に登録しておくことをオススメします♪)

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの皆の評判は?

20代女性「素敵なドラマでした。」

私の中で月9史上1番好きなドラマでした。
もともとは昔からAAAの西島隆弘さんのファンで、西島隆弘さん目的で見始めたのがきっかけでした。
見ていくうちに、物語に引き込まれ、恋愛や友情、いろんな悩みを抱えながら生きてる自分と同い年くらいの若者で、少し共感を持てる部分もありました。
主人公(高良健吾)の物語の設定が、福島県の会津で、私の出身地でもあり、ドラマで会津の方言や、訛りなどもあり、余計に親近感というか温かみをもっと感じる事ができるドラマでした。
出演者もすごく今輝いてる俳優、女優さんで、このドラマをきっかけに出演者のみなさんが好きになりました。
ドラマの最後、悲しい感じで終わるときに流れる、明日への手紙もぐっと心に沁みました。最終回で終わってしまって悲しみが未だに残るくらい本当に素敵なドラマでした。

 

20代女性「遠まりしたけど最後にハッピーエンドでよかった!」

有村架純と高良健吾が主演のドラマ。
見始めたきっかけは有村架純が好きだったからです。
北海道出身の2人がお互いに惹かれ合う中、離れ離れになりそれぞれ違う恋愛や、事情をかかえ、なかなか思いが通じあわない見ていて焦れったい、切ない、今の時代を一生懸命生きている、そんな思いがとても伝わるドラマでした。
出ている女優さんや、俳優さんも有名な方で豪華すぎるメンバーが揃っていました。
恋愛ドラマにありがちな、ただたんにお互い違う恋をして最後はハッピーエンドという内容ではなく、切ないシーンが多いこそ最後のハッピーエンドには涙なくては終われないそんなドラマだったと思います。
月9枠という大役だったと思いますが、それぞれのキャラクターの感情をとても感じられるドラマでした。

 

30代女性「胸が苦しくなるような切ない恋」

とにかく、切ない。
ドラマの雰囲気も、出演者も特に男性陣が繊細な切なさを表現できる俳優さんがそろっていたなと思います。
西島隆弘 高良健吾 坂口健太郎 高橋一生 、、名演技に胸が熱くなりました 。
もちろん主演の有村架純も恋の切なさを絶妙に演じていたと思います。
切なくて苦しくて、でも温かい気持ちにもなるストーリーで 、それを一層盛り上げるのはなんといっても手嶌葵の曲 明日への手紙。この曲がこのドラマに素晴らしく合っていたと思います。
放送が終わった後も、この曲が流れるたびにドラマの切ない心情を思い出し、自らの過去の切なかった恋愛を同時によみがえり、胸がきゅっとなる。
悲しい過去を乗り越えて、前を向いて歩いていく若者たちとそのに生まれる恋。
何度も見たくなる素敵なドラマでした。

 

20代女性「今までにない月9でした」

高良健吾君と有村架純さんが主演のドラマで、周りを固めるメンバーも若手が多かったので注目してみていました。現代の若者象が描かれていて、低賃金の中でもやりがいを探して、恋にも努力する姿勢に共感しました。地方から東京に出てきて、都会の荒波にもまれながらも自分らしさを忘れずに必死に生きていく姿が魅力的でした。不器用ながらも精一杯努力をしている姿勢をよく覚えています。男女3人ずつの恋愛関係なのですが、お互いがすれ違ったり、好き同士なのにうまくいかなかったりと、はがゆさも感じました。
一度は楽な道に進んでしまうのですが、最後には自分の信じるまっとうな道に戻り、恋愛も成就させるところが良かったです。少し暗く、全員に影があるところがとても好きでした。

 

20代女性「淡い恋だと思いました」

登場人物ひとりひとりに同情してしまいました。ある1人がかわいそうというわけではなく、みんながそれぞれ悩みをかかえ、ひとりひとりを、応援してしまいました。好きになってしまう気持ちや、好きになってもかなわない恋、あきらめないといけないのに、あきらめきれない恋、どうしたらいいか分からなくなってしまう恋など、さまざまありました。わたし自身も同じような経験があったので、とても感情移入してしまいました。わかるわかる!という感じになって、ドラマを見てました。このドラマから、あのときこうすれば良かったのかなど、勉強になる部分も多々ありました。こういう恋もありなんだなと新しい視点も取り入れることができました。とても良い作品でした。

 

有村架純と高良健吾主演ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のフル動画が1話~最終回までイッキに見れるのはFODプレミアム!【フジ公式】

FODの初月無料ご登録はコチラ!

 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうのキャスト一覧

キャスト

杉原 音:有村架純
曽田 練:高良健吾
日向 木穂子:高畑充希
井吹 朝陽:西島隆弘
市村 小夏:森川葵
中條 晴太:坂口健太郎
神部 正平:浦井健治
井吹 和馬:福士誠治
加持 登:森岡龍
船川 玲美:永野芽郁
丸山 朋子:桜井ユキ
源 大輔:我善導
西野 美織:林田岬優
白井 篤史:安田顕
林田 知恵:大谷直子
曽田 健二:田中泯
林田 雅彦:柄本明
佐引 穣次:高橋一生
柿谷 嘉美:松田美由紀
井吹 征二郎:小日向文世
仙道 静恵:八千草薫

 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうのあらすじ

幼いころに女手ひとつで育ててくれた母を亡くした杉原音(有村架純)は、育ての親である林田雅彦(柄本明)知恵(大谷直子)夫妻のもと、北海道のさびれた町で暮らしていた。雅彦は音を家政婦扱いし、寝たきりになった知恵は音の介護がなければ暮らせない状態だった。音は、「あきらめること」を教え込まれてきたため、そんな状況をただただ受け入れて生きていた。

曽田練(高良健吾)は東京の運送会社で引っ越しの仕事に就いていた。福島で、農業に従事する祖父・健二(田中泯)に育てられた練は、人を疑うことを知らない。健二がだまし取られた畑を買い戻すために上京した練は、運送会社の先輩たちからひどくこき使われ、毎日へとへとになるまで働いていた。給料は安く、貯金などできないまま、古ぼけたアパートで苦しい生活を送っている。そんな練には日向木穂子(高畑充希)という恋人がいた。練のアパートに日常的に泊まっている木穂子は、何かとだまされがちで借金を作ってしまう練に金の工面もしていた。練は、困惑しながらもそれを拒絶することができない。

ある日、練は、悪友の中條晴太(坂口健太郎)が、旅先の北海道で拾ったというカバンの中から古ぼけた手紙を見つける。「音へ」と書かれたその手紙を読んだ練は、これは絶対に持ち主に返さなければならないと強く感じ、会社のトラックを飛ばして北海道へと向かう…。

出典:http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/story/index01.html

 

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうが無料で見れるフジテレビオンデマンドの魅力とは?

フジテレビ公式の動画配信サービスのFODではこんなに嬉しいことがいっぱい!是非、無料でお試しをしてみてください♪

フジテレビのドラマ、バラエティ、アニメ、ドラマが見放題!

 

スマフォ、PC、タブレットはもちろん、ネットにつなげればTV画面でも見れる!

 

最新放送中のフジのドラマも見逃し配信で見放題!地上波の放送当日夜には配信される!

 

雑誌が79種類も最新刊まで無料で読み放題に!

 

登録初月は無料でお試しができる!期間内に解約すれば費用は0円!

登録には、FOD IDをまず取得して登録してから、ご契約手続きに進んでください。今お持ちのスマフォやタブレットPCから可能です。

有村架純と高良健吾主演ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」のフル動画が1話~最終回までイッキに見れるのはFODプレミアム!【フジ公式】

FODの31日間無料ご登録はコチラ!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る