LuMiaカラコン!シフォンオリーブのレポ口コミ!痛い?安全?

「LuMia」のカラコンのレポや口コミが気になりませんか?私も、「目を大きくして可愛くなりたい」と思って、「LuMia」のカラコンを使ってみました!その中でもカラコンで気になるのは、痛いかどうか、安全なのか、というレポですよね。その口コミもあわせて載せていきます!では早速見ていきましょう。

 

LuMiaカラコンは目を自然に大きくします!

LuMiaカラコンなのですが、目がすごく自然に大きく見えます。なぜかというと、瞳の周りにくる位置にぼかしが入っているので自然に本来の目になじみますし、その内側はドットで色が表現されているので、本来の瞳とうまい具合に混ざり合い、瞳が光を取り込んでかなり自然に目を大きくすることができるからなんです。

結構今までモデルさんたちが宣伝しているカラコンって、くっきり色が入っていて、カラコンしてるな~っていうのが分かりやすかったりしていました。なぜなら、瞳を大きく見せるタイプのカラコンは、より大きく見せるために縁がわざと黒くされていることも多く、余計カラコン感が出てしまっていることもしばしばだからです。

それをLuMiaカラコンは解決してくれ、自然に目を大きくかわいくさせることができるので最近流行りのナチュラルメイクにもなじむんですよね。モデルの森絵梨佳さんなんて雑誌「ar」でよりナチュラルメイクに!といつも推していますよね。

 

LuMiaカラコンは紫外線や汚れから目を守ります!

しかも、LuMiaカラコンは、紫外線や汚れから目を守ってくれるんですね。やっぱりカラコンと言えば不潔そうなイメージもどうしてもあるじゃないですか。一部のルール守らないで使う人のせいなんですが。だから汚れとか、清潔に使えるかが気になります。

LuMiaカラコンは1dayのコンタクトレンズなので、1日使ったらそのまま取り外してくずかごに入れればよく、次の日はまた新しいカラコンを使えるので、目を清潔に保つことができます。私もカラコンじゃないですけど、1dayのコンタクトレンズばっかり使っていました。1dayタイプのコンタクトレンズは、やっぱりこすって洗わなくていいので、めんどくさくなくて、時短もできるのでおすすめですよ。

さらにLuMiaカラコン、紫外線から目を守るように紫外線をカットしてくれます。結構目って焼けますからね。紫外線カットしてくれるなら、一年中つけていても大丈夫なので安心ですね。

 

LuMiaカラコンのレポ口コミ!開けてみた!痛い?安全?

そんなLuMiaカラコン、いよいよレポ口コミをしていきます~!箱はこんな感じです。

 

裏面です。

箱を開けると5回分のコンタクトレンズが入っています。

 

 

実際にLuMiaカラコンを着けてみて、痛いかどうかですが、全然痛くないです。すっと入るし、潤いあるのが分かります。安全面でも、一日中つけていますが目が痛いこともなく、自然に生活できます。

 

LuMiaカラコン!シフォンオリーブのレポ口コミ!つけてみた!

 

着けた感じも見てみましょう。まずは色ですが、LuMiaカラコンですが、私は3色の中で一番色が濃い「シフォンオリーブ」を選びました。もともとの目が結構黒目なので、これが一番合うかと思ったんですよね。つけてみたらこんな感じです。

 

 

瞳の縁が自然な感じでなじんでいるのがわかりますか?よく見てみるとドットも見えると思います。

正面から見るとこんな感じです。もともとの瞳の色とかなり自然になじんでいるので、どこがカラコンとの境目なのかほぼ分からなくなっていますよね。

 

上を向いてみました。というか目、改めて写真で見ると大きくなってるのでうれしいです~。瞳が大きくなるだけでなんか自信を持つことができるので、今私はメイクもしてますけど、メイクしてなくて彼氏のところに泊まりに行っても、すっぴんだけど目はちゃんと大きいままで保てるのでそういうところもうれしいポイントですね(笑)「すっぴんでも目に力があってかわいい人なんだ~」って思ってもらえるとやっぱりうれしいじゃないですか。ここは気を抜かずにちゃんとおさえておきたいところですね(笑)

 

こんなLuMiaカラコンですが、今なら3箱買えば15%オフなので、ここはまとめて買っておいた方がいいと思いますよ!1dayなのでどちらにしろ必要となる数ですし。あなたもLuMiaカラコン、瞳に合った色を選んで試してみてはいかがでしょうか?


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る