《第6話》木藤良留学!?寺尾聰ドラマ『仰げば尊し』視聴率速報/感想と皆の評判と見逃し配信動画(再放送)#仰げば尊し/

ドラマ「仰げば尊し」6話は8月28日(日)夜9時放送です。寺尾聰主演ドラマ『仰げば尊し』6話のあらすじ予告、ネタバレ感想、視聴率速報、見逃し配信動画(再放送)の見方をご紹介しています。初回から最新話を全部見てますー!仰げば尊し金髪ヤンキー木藤良ファンです!

 

ドラマ中盤に差し掛かり、5話ではとうとう樋熊(寺尾聰)の体に病魔の手が!かなり差し迫った病状に、ドラマ最終回までに先生は入院中になるのか、亡くなってしまうのか、結構早い段階で深刻な病気が明らかになりましたね。今後の終盤に向けて、どのようにドラマを盛り上げてきてくれるのか、楽しみになってきた仰げば尊し第6話!8月オリンピックシーズンにも負けないように、盛り上げていきたいところです!

 

(速報)8月21日(日)放送の5話についてはこちらから

《第5話》寺尾聰ドラマ『仰げば尊し』視聴率速報/感想と皆の評判と見逃し配信動画(無料)#仰げば尊し/

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ

ドラマ『仰げば尊し』第6話のあらすじ予告

aogeba6 すい臓がんと診断されてしまった樋熊(寺尾聰)が自宅で倒れた。搬送された病院で、すぐに手術をしてほしいと切望する奈津紀(多部未華子)だが、樋熊は吹奏楽の地区大会を前に手術をして退院できなくなるのは避けたいと、手術をしない治療法を選択する。また、大会を前に不安を抱える生徒たちに心配させたくないと、樋熊は病気のことは伏せておくよう奈津紀に頼む。

aogeba6-2

そんなある日、新井先生(尾美としのり)から、木藤良(真剣佑)の留学願書の締切りが近いことを聞かされた樋熊は、奈津紀を伴って木藤良の家を訪問する。全国大会の日程と留学受験が重なるという木藤良は、みんなと一緒に全国大会を目指したいと言うが、樋熊は「留学に未練があるのでは?」と木藤良に問いかける。
一方、あることで木藤良の留学話を知った青島(村上虹郎)と安保(北村匠海)、高杢(太賀)、桑田(佐野岳)らがとった行動は…!?

http://www.tbs.co.jp/aogeba-toutoshi/story/より引用

ドラマ『仰げば尊し』の見逃し再放送待たなくてもすぐ見れる見逃し配信動画

木藤良君は、最終回吹奏楽部でコンクールに出てくれるの!?それとも、音楽留学してしまうの??どっちー!!!と初回のコンクールのあのシーンを振り返りたい方は、U-NEXTで見られますよ♪

仰げば尊し6話を見逃したという方のために、見逃し配信の情報と動画をすぐに見られる方法をご紹介します。youtube動画を探さなくても、再放送を待たなくても、安心確実に見逃し配信動画をすぐに見ることが可能です。

 

①放送後1週間はTBSオンデマンド(無料)で見逃し配信動画を見る!

TBSオンデマンドでドラマ放送後一週間は無料で公開されます。別窓で開きます&音声がありますので、ご注意下さいませ☆彡

➾➾TBSオンデマンドを見る!(別窓)

②動画配信サイトU-NEXTの31日間無料トライアルを利用して動画を見る!

あー! 重要な最終回を見逃してしまった!!!TBSの見逃し配信も過ぎちゃった!!!というは、動画配信サイトのU-NEXTで仰げば尊しを配信しています。
今なら31日間無料トライアル中で、600円分の新作ドラマが見られるポイントがつくのですぐに見ることが可能です。

U-NEXT31日間無料トライアル実施中

U-NEXT登録はコチラ
※登録の際にはクレジットカード情報が必要です。

ドラマ『仰げば尊し』のキャスト相関図

こちらに仰げば尊しのキャスト相関図をご紹介しています。といっても、メインのヤンキー軍団が中心ですが。こんなイケメン可愛いヤンキー軍団がいたら高校生活、ヤンキーにならなくてもモテモテで楽しく過ごせそうな気がします~(笑)

さらには、樋熊(寺尾聰)先生と娘のなつき先生(多部未華子)さんの関係って、すごい素敵ですよね。同じ音楽の道を志して、さらには父親の体調を心配して同じ職場(学校)にサポートに行くって…。すごい信頼関係ですよね。最近ではこんな親子なかなかいないんじゃないかな?6話ではそんな父親思いの高校娘のなつき先生にかなりの試練が起こりそうですね。

仰げば尊し相関図

詳しくキャストについて知りたい方はこちらでご紹介していますので、こちらの記事をどうぞ。

ドラマ『仰げば尊し』第6話の1人実況

仰げば尊し6話、ぶっちゃけると、最初は、かなりの時代錯誤のドラマになりそうで心配していたんですが(金八先生をイメージしていた)なんだかんだで楽しめています。夏ドラマの中では結構、好きです。

 

裏のHOPEも見てますが、HOPEと仰げば尊しだと、視聴率も仰げば尊しが圧勝!これはドラマの層の厚さ的にも納得ですー。私はHOPEと仰げば尊しだったら、仰げば尊し派!でも、HOPEもできしなからファンのフェアリー瀬戸康史くんがでているので、HOPEも録画してみてますっ♪

 

あ、感想は、もちろん、ドラマ放送後に更新予定なので、しばらくお待ちくださいねー!

 

うーーーーわーーーーーーー!!!

ここで終わるのか><

木藤良君は?木藤良君は、吹奏楽部やめちゃうの?それとも、留学しちゃうの?

はっきりしないまま、終わってしまったー!!!><

1話が…。初回の1話が気になるよー。初回1話の冒頭で、コンクールでの演奏のシーンがありましたよね!!!

あれって、どうだったかな~~?木藤良君いた!?ねぇねぇいたっ!?

気になる方には、こちらから仰げば尊し初回振り返り&見逃し配信情報あります!

 

 

次週、第7話のあらすじ&予告

7話予告更新しました!6話では地区大会の予選に先生は間に合ったんですけど、その結果は?病状は深刻で悪化しているけど、大丈夫でしょうか…?7話にあらすじ予告を更新しました!ちょっとネタバレあるから、見てみてね!

次週、第7話の予告あらすじはこちら

sponsored link

ドラマ『仰げば尊し』第6話のネタバレあらすじと感想

<第6話その1:悩み>

樋熊は、奈津紀に腫瘍摘出手術を勧められるがコンクールを気にかけてそれを拒む。樋熊は担当医師から検査入院するよう言い渡されるが、生徒達を不安にさせることを避けたいと思う。奈津紀は重病であることを隠して父が3日間休みことを発表するが、それを聞いた部員達は心配になる。

 

そこに、樋熊が現れ、奈津紀は驚く。

 

みんなの心が一つになること、それが美崎サウンドだと言う樋熊に部員達は安堵し、練習に取り組む。部員達の上達振りに樋熊は手応えを感じる。

 

 

新井が木藤良の留学の件で、樋熊に相談しにくる。木藤良の留学の件で。樋熊と奈津紀が彼の留学の件で訪れる。

 

留学しない理由を樋熊に問われた木藤良は、留学受験との日程がコンクールに重なっているので受験しないと答える。教育実習期間が終了する奈津紀は、大学に戻る必要もあるが父と吹奏楽部も心配でコーチを続けるかどうかに迷う。

 

木藤良の留学のことが部員達に知れ渡ってしまい、青嶋らの間でも木藤良に吹奏楽部に残ってもらうか、将来を優先してもらうかで、意見が分かれる。

 

<第6話その2:動揺>

木藤良が練習を欠席し、部員らは動揺する。

樋熊は落ち込む青嶋らに、たとえ選択した道が失敗だったとしても、それは前進している証だと説く。

 

青嶋が井川に木藤良の担当を演奏することを頼み、木藤良へは留学の道を進めと言う。

それでも決心しきれない木藤良を青嶋は殴り、部室から出て行くことを促す。

 

<第6話その3:衝突>

殴られた木藤良が逆に青嶋を殴り返す。

奈津紀が止めに入るのを樋熊が制する。

皆と吹奏楽をやりたいと言い張る木藤良に青嶋は、後悔するようなことをしてほしくないと言う。

 

そして、木藤良は部室を後にする。

 

青嶋達は、木藤良が部を抜けることになりそうなことを他の部員に詫びる。

 

樋熊は、誰しもいつかはここを卒業する、木藤良はそれが早かっただけのことで、皆がそれぞれ頑張れば離れていても心は一つになれると言う、

 

渚が部員全員にオレンジ色の(友情と信頼の証として)ミサンガを皆に配る。

教師は大変な仕事だという奈津紀に樋熊は、その分生徒からパワーがもらえると語る。

 

<第6話その4:集合>

奈津紀は吹奏楽部のコーチを継続することにする。

コンクールの前日、木藤良がいなくなった吹奏楽部は通し練習を行う。

 

制限時間内に予定の演奏を終えられた部員達を、樋熊は褒める。青嶋は木藤良の為にも負けられないと決意する。

 

樋熊は木藤良に渚が作ったミサンガを手渡し、離れていても心は一つだと励ます。

 

部室に戻ってきた樋熊は奈津紀の前で倒れてしまう。

 

 

コンクール当日となり、渚の別れた実母も会場に姿を見せる。なかなか会場入りしない樋熊を体調不良で不参加かと部員達が心配しだした頃、タキシード姿の樋熊が現れ、皆安堵する。

 

 

美崎高校吹奏楽部はコンクールのトップバッターとしていよいよ演奏にのぞむ。

 

【第6話の感想】

自己犠牲の精神は尊ばれますし、自分のやりたいことをやるというのは時として我儘と解釈されることもあります。

今回の木藤良の場合、自分が抜けて部に迷惑をかけたくない思いと、純粋に仲間と離れるのが嫌だという感情もあったでしょう。

主要な戦力に去られては困るというのも第三者からはエゴに見えるかも知れませんが、当事者の目線になれば賛否はともかくとして当然の気持ちと言えます。

 

今日のドラマの中では個人の夢を優先させていく方向でしたが、個人的にはどちらになってもいいと思います。

なぜなら、自分ひとりが留学したりプロを目指したりすることを延期するのは完全シャットダウンで不可能と言えないからです。

 

むしろ、ある特定の人物が同じ時、同じ場所で同じことを行う方が、時間経過とともに難しくなる気がします。

高校野球・夏の甲子園が終わったばかりですが、一人の投手への過剰な負担を避けるべき意見と、将来のことなど頭から消えて、今の仲間で甲子園の優勝旗を手にしたいと思う選手の気持ちのどちらが大事なのかという問題を思い出させるエピソードでした。

 

ドラマ『仰げば尊し』第6話の視聴率速報

ここでは視聴率を速報を、いち早く更新!

6話の平均視聴率は、9.3%でした!

 

ぐいぐい、来てますね!

仰げば尊しは、

11.4

11.7

9.9

9.9

9.3

9.3

と視聴率は推移中。初回、2回の11%代にいよいよラストスパートで巻き返しができるか期待したいですね!

以上、サニステでした~。

 

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る