【第7話】片瀬那奈と2サスマニア対決!向井理主演ドラマ『神の舌を持つ男』予告あらすじ(ネタバレ)と感想/視聴率速報/見逃し配信動画(無料)#ベロンチョ

向井理主演ドラマ『神の舌を持つ男』の第7話は8/19日(金)夜10時放送。#ベロンチョ7話のあらすじ予告やネタバレ感想、視聴率速報、見逃し配信で動画を無料で見る方法をご紹介しています。

7話でついに、蘭丸(向井理)がミヤビ(広末涼子)に再開します。予告の追いかけていた場面、ミヤビは必至に逃げていたけど、大丈夫かしら…!?殺人事件の方は草津温泉行きのバスツアーの道中に発生するようですね!どんな事件になるのか!?ミヤビとの展開が発展しそうな7話は19日夜10時です!

 

ベロンチョこれまでのお話は?

神の舌を持つ男1話 あらすじと感想&見逃し配信情報

神の舌を持つ男2話 あらすじと感想&見逃し配信情報

神の舌を持つ男3話 あらすじと感想&見逃し配信情報

神の舌を持つ男4話 あらすじと感想&見逃し配信情報

神の舌を持つ男5話 あらすじと感想&見逃し配信情報

神の舌を持つ男6話 あらすじと感想&見逃し配信情報

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ

ドラマ『神の舌を持つ男』第7話のあらすじと予告

<<youtube動画の予告は大体翌日に公開されますので、ちょっと待ちくださいね。早く見たいという方は、枠右下の公式HPのURLに飛んでいただければ見ることが可能です。>>

神の舌を持つ男7話蘭丸(向井理)は流浪の温泉芸者ミヤビ(広末涼子)に何度も連絡するが、ようやく電話に出たミヤビは、相手が蘭丸だと分かると電話を切る始末。落胆する蘭丸だったが光(木村文乃)と寛治(佐藤二朗)の機転でミヤビが草津に向かっている事が判明。一行はミヤビがいたと思わしき草津一ツ前駅へと向かう。
ところがまたもやガス欠でボロ車が山道で立ち往生。たまたま気分が悪い乗客がいて停車していた観光バスに遭遇した一行は、バスガイド・さくら(片瀬那奈)に草津一ツ前駅まで乗せてもらえないかと相談。乗客の一人、社長夫人の金級真琴(上野なつひ)の口利きもあって、蘭丸らはバスに乗せてもらえることに。

 

ところが、喜んだのもつかの間。車内で真琴が苦しみながら息絶えてしまう。現場にやってきた刑事・樋口(篠井英介)は、真琴が最後に口にした炭酸水を渡したさくらに署まで、同行するよう依頼するが、さくらは「私はツアーのバスガイド。お客様を残しては行けません!」とそれを拒否。2サスマニアの光の助言もあり、毒物の鑑定結果が出るまで、県警内の所轄内でのツアー続行を渋々承知する。もちろん刑事の樋口も同行だ。

 

常に捜査に首を突っ込む光もなかなかのものだが、ツアーガイドさくらも光に負けず劣らずの2サスマニア!!2人は独自の理論で次々にツアー参加客を疑っていく。
そんな中、2人が目をつけたのはフリーライターの見城ゆたか(和田聰宏)。どうやら彼は、ツアーの少し前にも草津を訪れていたようでやけに地元の情報に詳しかった。他にも妖しげな行動が目立つのだが、見城は自分よりもバスの運転手・芦田(阪田マサノブ)の方が怪しいと言う。

光とさくらの思い込み捜査に巻き込まれたツアー客の運命やいかに!?
そしてついに蘭丸がミヤビと再会……!?

http://www.tbs.co.jp/ranmaru_tbs/story/より引用

ドラマ『神の舌を持つ男』第6話の見逃し配信情報(無料)

神の舌を持つ男のドラマを見逃してしまった方には、見逃し配信で動画を無料で見ることが可能です。

 

1.TBSオンデマンドで放送後7日間は無料で配信中です。TBSオンデマンド

2.それ以降は、動画配信サイトのU-NEXTで新作ドラマとして配信中です。U-NEXT

 

※U-NEXTは月額1980円がかかりますが、初回登録に限り、31日間無料トライアル実施中!さらには新作ドラマに使えるポイントが600ポイント(600円相当)タダでもらえちゃうので、ポイントを利用して、見逃した夏ドラマを見ることができます。アツイ夏は、家に引きこもってみたかったあのドラマや映画を見放題!!夏休みの子供のアニメだって見放題!!さらにはスマフォやタブレットでも見られるから、長距離の移動中も子供をおとなしくさせるために、かなりありがたいサービスです。実は漫画や雑誌まで見れちゃいますからねー!夏休みには動画配信サイトの無料トライアルを是非お試しください☆彡

 

 

ドラマ『神の舌を持つ男』第7話のネタバレ感想

殺人バスツアー!

ミヤビを追って草津に向かう途中でオンボロ車が動かなくなったところ、草津行きのツアーバスに便乗できた蘭丸(向井理)たち。しかし、そのバスの中で急に車酔いしていた女性・真琴(上野なつひ)が泡を吹いて倒れそのまま死亡。どこからか毒物を摂取した模様。バスの中にいた乗客全員が容疑者に!

 

次々と挙がる乗客の真琴殺害の動機。その中でも真琴の過去を調べていたフリーライター見城(和田聰宏)が犯人として濃厚に。

 

 

連続殺人事件に発展!!

そんな見城に事情を聞こうとする刑事たちですが、見城は「トイレに行かせてくれたら全てを話す」と主張。バスを停めて見城はトイレに入るが、やはりトイレに行きたいというのは嘘で、トイレの中で黙々と携帯のメールを打っていました。

 

 

一方、光(木村文乃)は”2サスの聖地“である崖を発見して大興奮で、崖を見に向かいます。すると、悲鳴が聞こえ浜辺へと駆けつけると、崖から転落死したと思われる見城の死体が・・・!!

 

 

さらに、浜辺の方向から慌てて走ってきたミヤビとすれ違います!!蘭丸に声をかけられて、血相を変えて逃げ出すミヤビ。蘭丸は懸命にミヤビを追いますが・・・。ミヤビの肩に蘭丸の手が届きそうになったところで、次週へ続く・・・!!なんだ~、今回は1話完結じゃないのですね!

 

 

次週、ミヤビ(広末涼子)と蘭丸(向井理)が再びキス!!ミヤビが犯人!?

予告によると、なんと蘭丸たちが泊まるホテルにミヤビが芸者として呼ばれるそうです!ついに本格的な再開を果たすミヤビと蘭丸。蘭丸は、ミヤビに告白&再びキス!!ボーっとしているようで、意外と積極的な男だったのね・・・!!ミヤビの携帯にかけまくるところとか、ストーカーばりだったし。

 

 

しかし、そのキスがなんと事件解決に関わってきそうなのです!見城が殺された現場に残された血で書かれたダイイングメッセージ。その血を舐めた蘭丸。(相変わらずすごいことするなぁ・・)ミヤビからも同じ血の味が!?

 

 

自分の舌がミヤビを犯人にしたと涙する蘭丸。「ごめんなさい・・・」と否定せずに謝るミヤビ。本当にミヤビが犯人なのでしょうか!?

 

 

片瀬那奈が2サスマニアバスガイドで出演!

バスツアーのガイド・さくら役として出演している片瀬那奈さん!光と同じく2サスマニア!コンビのように双子のように、二人で意気投合しながら独自の推理を展開していく光とさくら。この二人のコンビがなかなかいい感じでした(笑)片瀬那奈さんのコミカル演技は手馴れたもんです。もしかしたら、木村文乃さんより光のキャストに合ってたかも・・・。

 

 

感想まとめ

今回の事件は、怪しい人いっぱいで誰が犯人なのか全然わかりませんね!個人的には片瀬那奈さんのコメディタッチな喋り方が好きなので、次週も光に負けじと前へ前へと出てきて推理を繰り広げてほしいです!

 

 

殺されちゃったフリーライターの人、トイレで何を携帯で打っていたのかが気になる~。誰かにメールを送っていたのかな!?バスの運転手もすごい怪しげな雰囲気で戻ってきたし、次に容疑者として疑われる“りっくん”とやらも何かに怯えている感じでしたね?

 

 

そして、今までほとんどセリフもなかった広末涼子さんですが、次週こそガッツリ出てきてくれるみたいなので楽しみです!

 

次週、『神の舌を持つ男』第8話のあらすじと予告動画

続きが気になる、次週第8話のあらすじと予告動画はこちらのページでご紹介中です。
見逃したり、もう一度見たい方はこちらのページを要チェック!

⇒次週、第8話のあらすじと予告を見る

sponsored link

ドラマ『神の舌を持つ男』第7話の視聴率速報

ここには、皆が大注目のドラマ『神の舌を持つ男』の視聴率を速報でお届けします。

神の舌を持つ男7話の平均視聴率は、6.3%

 

前回の6話がオリンピック&お盆休みでなんと3.8%だったので、復活してきました。打ち切りラインと言われる5%よりは戻してきたので、よかったです。

 

神の舌を持つ男が打ち切りの危機!?トリックと類似点

初回から6%代で、ミヤビの正体が明らかになったものの5%代ギリギリという神の舌を持つ男ですが、すでに低視聴率から打ち切りの噂も出始めているようです。特にトリックと似ているけど、つまらない…なんて声もあるようなので、徹底的にトリックと比較して分析してみました!

 

こちらもオススメ記事

木村文乃の衣装バッグはこちら

レガロ [ REGALO ]バルドロゼ [ BARDOT ROSE ] ハーフムーンメタル 3wayショルダーバッグ BR-4201 20160709co 10P09Jul16

価格:26,784円
(2016/7/8 23:22時点)


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る