【最終回5話】黒島結菜ドラマ『時をかける少女』視聴率速報/ネタバレ感想評判見逃し配信動画#時かける少女/

黒島結菜主演ドラマ「時をかける少女」第5話が7月30日(土)夜9時に放送。

 

4話で明らかになった、「未来人が過去の世界に残ると、早死にする!」どうなる最終回5話ーーーーー!!!!

未羽は翔平のことが好きだけど、好きだから早死にしてほしくなくて未来に帰るように説得する…。

翔平はきっと、未来に帰るんだろうなー。。。もし帰らなかったら、時をかける少女で初めての未来人未来に帰らずの展開ですが…w

 

 

 

ここでは、ドラマ「時をかける少女」第5話最終回のあらすじ、予告動画、ネタバレ感想や、皆の評判、次週予告の情報などをご紹介していきますね!

(速報)時をかける少女け第4話の感想や視聴率速報はこちらをどうぞ

【第4話】最終回目前!黒島結菜ドラマ『時をかける少女』視聴率速報/ネタバレ感想評判見逃し配信動画#時かける少女/

3話を見ての最終回ネタバレ予想はコチラ!
【ドラマ時をかける少女最終回ネタバレ】三浦(高橋克実)は未羽と吾郎の子孫!翔平は未来帰還!

sponserd link

ドラマ『時をかける少女』第5話のあらすじ

時をかける少女5話最終回未羽(黒島結菜)三浦(高橋克実)から、タイムリープを使って自分の家族をなくしてほしいと頼まれる。三浦は、自分が22世紀から来た未来人であると告白。未来人がこの時代に居続けると急速に時間が進んでしまうため、彼の命はもう長くないという。

由梨(野波麻帆)たち家族を愛しているからこそ、自分との別れで悲しませたくないという三浦の気持ちを受け、未羽は三浦と由梨が出会った7年前にタイムリープして、二人を出会わなくすることに。

未羽は三浦から、翔平(菊池風磨)も未来人と聞かされるものの、幼なじみの翔平が未来人のはずがないと信じていた。しかし、翔平との思い出だと思っていた記憶が、実は吾朗(竹内涼真)との思い出だったと気付いてしまう。未羽は翔平に向かって「あなたは一体、何者なの?」と問い詰め…。

http://www.ntv.co.jp/tokikake/story/index.htmlより引用

ドラマ『時をかける少女』見逃し配信&動画を無料で見る方法

ドラマ「時をかける少女」は、日テレで放送中なのですが、見逃し配信での最新話を含めた全話の放送は動画配信サイトのHuluで絶賛放送中です。Huluは通常は月額933円の動画配信サービスですが、今ならお試しキャンペーンで2週間は動画が見放題!!!

まずは無料でお試しして、ドラマ「時をかける少女」の初回~最新話までの見逃し配信動画を無料でイッキに見ちゃいましょう!!!

>>Hulu 今なら2週間無料トライアルの登録はコチラ<<※登録の際はクレジットカード情報が必要になりますので、登録の際はご準備くださいね。
5話最終回を見る前に、初回~4話をイッキ見で振り返ってから最終回を見ちゃえますよ~!!!
 

ドラマ『時をかける少女』第5話の予告動画

ドラマ「時をかける少女」予告動画はYoutubeで配信中!

最終回5話の動画はまだ配信されていませんが、最終回前にこれまでのストーリーを振り返えれる!?

1~3話のダイジェストオリジナル映像がありますので、こちらを是非チェック!

第5話の予告動画が見たい方は公式HPで見ることができますので、こちらをどうぞ。

 

 

ドラマ『時をかける少女』最終回ネタバレ予想!

3話では最終回につながる重要な布石がいくつもありました。特にお好み焼き屋店主の三浦浩(高橋克実)が未来人であること、そして、ドラマの最後には倒れてしまいました…!倒れたのは何故!?ひょっとしてタイムパラドックスが起きたっ!?

ドラマ中の出来事のまとめや、それを受けての最終回ネタバレ予想の記事はこちらに詳細に書いておきましたので、是非チェックしてくださいね!

3話を見ての最終回ネタバレ予想はコチラ!
➾➾【ドラマ時をかける少女最終回ネタバレ】三浦(高橋克実)は未羽と吾郎の子孫!翔平は未来帰還!

ドラマ『時をかける少女』第5話のネタバレ感想

ドラマ時をかける少女5話最終回はオープニングがAKB48がライブ会場からの生ライブ中継でかなりパワフルにはじまりました!時かけはオリンピックが始まるシーズンということで元から全5話で予定させていたので、打ち切りではないんですよ!ちょっと視聴率苦戦してはいますが、私は夏ドラマの中では1,2位を争う勢いの面白さです。甘酸っぱい青春感がよく表現されています。

三浦(高橋克実)は8年間の結婚生活をなかったことに

3話を見ての最終回ネタバレ予想!で書かせていただいたお好み焼き屋リボンの三浦(高橋克実)は、すみません…。未羽と吾郎ちゃんの子供でもなんでもなくドラマオリジナル出演したただの未来人でしたね。

そして、未来人が過去の時代に残ると、急速に体が老化し、早死にしてしまう…。そして寿命の直面にきた三浦は、死期を悟り、未羽にこの家族の8年間をなかったことにしてほしいと頼む。未羽は一度は断るが、三浦の真剣な願いに対して、「家族としてのけじめはつけてほしい」といいい、三浦の妻・子供に対しての「家族は解散!」という感動シーンを見て、、、三浦と奥さんの出会いをなかったことにする。(ちなみに、最終回5話の30分くらいを使っていました)

 

三浦の家族解散を見て、自分と翔平の初恋に未来がないことをはっきりと悟った未羽は、翔平を未来へ帰そうと強く心に誓う…。

 

未羽(黒島結菜)は翔平との初恋をなかったことに!翔平が薬を作っていた1話のシーンまでタイムトリップする!

そして、未羽は、偶然にも翔平が亡くしたタイムトリップできる薬の便を発見する。そして、翔平を未来に返すために、1話冒頭で未羽が理科室で翔平が薬を作っているシーンに戻り、翔平は未来に帰ることができる。

 

しかし、これは未羽にとっての「初恋」をなかったことにする。ということだった。未羽ちゃんが、翔平が好きだから、だからこそ、早死にさせたくない。未来に返さなくっちゃ…。という葛藤と涙演技が可愛かったですね。

 

未羽は将来「夏を知らない君へ」という写真集を出し、翔平が未来でそれを見て過去に夏の調査に来る!

そして、ドラマオリジナルエピソードの未羽ちゃん「写真部」吾郎ちゃん「ボート部」の部活動エピソードですが、「写真部」だった理由が最終回に明らかになりましたね。翔平(菊池風磨)が未来から過去への調査に来るきっかけとなった写真集「夏を知らない君へ」という夏の写真集!

 

未羽がこの後の将来で出版する夏の写真集で、未来の22世紀の翔平へ向けたメッセージだったんです。(お別れの時には「恋を知らない君へ」という消えてしまった高校生活の思い出の写真集を渡します。でも、タイムリープで戻っても写真は消えないんだ…?と、若干おタイムリープの設定の甘さを感じましたが…。普通過去に戻ったら、過ごした高校生活の部分も消えちゃいそうだから、写真も消えないのかな…?)

 

そして、頭をポンポン?して翔平は未来へ帰っていきました。

 

最終回はやっぱり、翔平は未来へ帰還!

やはり、最終回は原作のストーリーの流れ通りになりましたね。予想はしていたのですが、最終回の落ち着きどころがわかっていたため、ちょっと駆け足というか、落ち着くべきところに落ち着かせるための話の流れ・・・という感じで、ちょこっと、物足りない感はありました。

 

私の中では、4話までは最高に面白かったなー。やっぱり、時かけの最大の魅力は美男美女の高校生活三角関係!!!のドキドキ感ですね!

 

最後、未羽は将来の進路をカメラマンになるために、東京へ出て写真の学校に行くー!!といって叫んで走り出していました。吾郎ちゃんも若干、今度は翔平にじゃなくて翔平へ向けた未羽の夢に対して今度は負けて失恋したっ!?とか、思ってしまった人は、少なからずいるはず…。旦那が隣で「女子ってこういうところあるよねー。一瞬でやることができたら、昨日までの恋心も吹っ飛んで忘れるというか…」とぼそっと最後まで吾郎ちゃんの受難を嘆いていました(笑)

 

 

ドラマ時をかける少女、

面白かったーーーーー!!!

なんでこんなに視聴率悪いんだろ…?

sponsored link

ドラマ『時をかける少女』第5話の視聴率速報

ここには、皆が大注目のドラマ『時をかける少女』の視聴率を速報でお届けします。

時をかける少女最終回5話の平均視聴率(関東地区)が6・6%

 

先週が5.1%だったので、かなり上げてきました。特に冒頭にAKB48がさいたまスーパーアリーナでの生ライブからの生放送で主題歌を歌ってくれたので、AKB48効果も大きかったのかな?

ドラマ時をかける少女オープニング主題歌はAKB48「LOVE TRIP」!

さわやかな夏をイメージさせる、AKB48の新曲「LOVE TRIP」がオープニングテーマになっています!詳しくはこちらでご紹介中。

ドラマ時をかける少女エンディング主題歌はNEWSの「恋を知らない君へ」

切なくNEWSが歌い上げる夏のバラード!エンディング主題歌は「恋を知らない君へ」発売日や歌詞、ドラマ中で先生役で登場する加藤シゲアキさんの秘話についてはこちらでご紹介しています。

すっごーく、よかったですね。エンディング。ドラマ第1話ではNEWSのバラード、しかもアカペラに近い、それぞれのメンバーのソロラインで歌が歌われています。いい曲!!!

こちらもオススメ記事

 

 

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る