【原作漫画とドラマの結末違いは久野!?】せいせいするほど愛してる最終回ネタバレ

せいせいするほど愛してる

武井咲&タッキードラマ『せいせいするほど、愛してる』の原作漫画の結末ネタバレをご紹介します。

未亜(武井咲)&海里(滝沢秀明)の主軸、武井咲さんのルームシェア友達あかり(水沢エレナ)と千明(トリンドル玲奈)が久野(中村隼人)の三角関係のサイドストーリーの二本立てでストーリーは展開します。

切ない不倫の恋の結末は?久野はどちらとくっつく?

スポンサーリンク

未亜(武井咲)と海里(滝沢秀明)が結婚!海里の妻の男気がすごい!

 

いきなりですが、最終回ラストのシーンで未亜と海里は結婚式を挙げます。

 

意識不明でずっと寝たきりだった海里の妻・優香(ドラマでは橋本マナミさんが“遥香”という名で出演。海里との関係はまだ謎)。

やっと目覚めることができ、海里は優香の看病と会社を往復する毎日ですが、海里の気持ちはすでに優香にはなく、自分の前から姿を消した未亜のことを想い続けていました。

 

しかし、優香の治療費を全額負担してもらうという条件で、建築の夢を諦め会社を継ぐことを叔父であり社長の三好嘉次(松平健)と約束していました。

 

優香の側にずっといることを覚悟している海里だが、自分にはもう気持ちがないということだけは伝えようとします。

すると優香はその話題を遮るように

 

 

「私たち、籍を入れただけだったでしょう?私、結婚式を挙げたい」

 

 

と海里に頼み込みます。

 

 

そして、優香は未亜にも招待状を送ります。

 

 

「行きたくないよぉ!」

 

 

とあかりや千明の前で泣きじゃくる未亜ですが、優香からの手紙には

 

 

「あなたには来る責任がある」

 

 

などと書いてありました。

 

結婚式当日、何度マスカラを塗っても、涙で落ちてしまいます。

しかし、未亜は式場へと出向きます。

 

 

すると、そこには海里しかいません。

 

 

実は、これは未亜と海里の結婚式だったのです

 

 

優香は、海里と未亜の気持ちを悟っており、サプライズで二人を引き寄せたのでした。

 

 

「私は、離婚するために目覚めたのよ」

 

 

無事、海里は離婚が成立。

晴れて二人は結ばれたのでした。

 

 

妻・優香と海里(滝沢秀明)はもともと離婚しようとしていた!

 

そもそも優香の浮気が原因で、夫婦仲は破綻。

海里は

 

 

「お互い、別々の道をやり直そう」

 

 

と離婚を申し出ます。

優香は

 

「プレゼントを持ってきてあげたわ」

 

と離婚届けを持ってきて、最後のドライブに行きたいと頼みます。

そこで、海里に捨てられることを本当は受け入れられていなかった優香は、自分のことを絶対に忘れられないようにと自ら事故を起こしたのでした

 

 

それで昏睡状態になってしまい、海里は離婚する機会を失ってしまったのでした。

 

 

すごい妻ですね~。自分が先に浮気しておいて?

女心は複雑ですね。

 

久野(中村隼人)はあかり(水沢エレナ)と千明(トリンドル玲奈)で実験をしていた!?

 

今まで一度も恋愛をしたことがない久野(中村隼人)。

小説家として、恋愛感情を知らないのはマイナスになると、恋愛感情が生まれるかどうか二人を使って試していたのです

千明とは肉体関係を持ち、あかりとはプラトニックで。

 

そして、だんだんとあかりに惹かれていくのでした。

 

ある時、あかりと久野が仕事の話で盛り上がり朝まで同じ部屋で語り明かしてしまいます。

そのことを知った千明は、あかりが久野と関係を持ったと勘違いして

 

「へぇ~、あかり“も”寝たんだ」

 

と発言。

そのことで、千明と久野が肉体関係であることを知ったあかり。

女の友情にヒビが入ってしまいます。

 

千明(トリンドル玲奈)が好きだったのは、久野(中村隼人)ではなくあかり(水沢エレナ)だった・・・!!

 

千明(トリンドル玲奈)は、今でこそスタイル抜群美人のモデルですが、高校時代は太っていました。

厳しいダイエットをしているなか、あかりが親身になって励ましてくれて、それからあかりのことを思うようになったのです。

 

 

あかりと久野が近づくのを知って、あかりを取られまいとわざと久野にちょっかいを出したのですね。

 

 

あかりは久野に騙されていたショックから、他の男性(再会した同級生)との恋を始めようと決心しホテルでデートをします。

 

 

そのことを知った千明は、同じホテルに久野を呼び、あかりが今他の男性とホテルにいることを告げます。

嫉妬に狂う久野に

 

「それって、あかりに恋してるってことなんじゃないの?」

 

と背中を押し、あかりの元に向かわせます。

 

 

久野への気持ちを断ちきれなかったあかりは、久野の思いを受け入れのちに二人は結婚します。

 

 

ちなみに、あかりがホテルでデートをしようとしていた同級生は嫌な奴で、千明のことを悪く言います。

その時あかりは、涙を流しながら千明のことをかばって怒ります。

 

 

恋とは違うけれど、あかりもまた千明のことを大切に思っていたのです。

 

感想まとめ

いかがでしたか?

不倫の恋の結末がハッピーエンドというのは予想通りでした!

 

 

海里に不倫するだけの理由を持たせたところが、やっぱり少女漫画ですよね。

妻とうまくいってるのに会社の若い子に手を出したんじゃ、その恋を応援する気になれないですものね。

 

 

個人的には、サイドストーリーの三角関係のほうが衝撃でした!

千明が好きだったのは、あかりだったとは!!

そして、最後は自分の気持ちよりもあかりの幸せを優先して身を引いたのですね。

女の子同士の恋という共感はできない気持ちではあるものの、普通の恋と同じように切ない失恋をした千明に感情移入できました。

 

 

ドラマでは、どこまで原作と同じように描かれるのでしょうか?

まずは妻の優香が出てこず、代わりに遥香という謎の女性が登場しているので、そのあたりが改変されていると思われます!

海里が不倫に走った経緯に注目ですね!

 

 

 

ドラマ「せいせいするほど愛してる」の最終回結末は?

ドラマせいせいするほど愛してる10話最終回の結末はどのような展開になったのでしょうか…?

気になる方にネタバレ含めた感想をこちらの記事でまとめています。見逃した方に見逃し配信動画を見る方法もご紹介しているので、是非チェックしてみてね!

 

 

 

ドラマ衣装関連記事はコチラ

せいせいするほど愛してる関連記事はコチラ

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る