《ネタバレ感想レポート》アンパンマン映画2016「おもちゃの星のナンダとルンダ」/MOVIX「ほっとママシネマ」で0歳2歳映画デビュー

7月2日に公開された【それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ】を、2歳と0歳の子供と一緒に見に行ってきました!

 

子供二人は映画デビューです♪

 

関連記事:アンパンマン映画2016前売り券買い忘れたら割引券を利用しよう!料金は2歳から!声優は?

 

ここでは映画の感想(ネタバレです)、館内は混んでいたか?子供は大人しく楽しんでいたか?席はどこにしたか?どんなところが苦労したか?などなど、、、実際に幼子を連れて行った筆者が体験した事、感じた事をレポートしていきたいと思います!



3/21放送!カルテット最終回スペシャル!
カルテット1話~最終回までイッキに動画を無料で見る方法はコチラ




sponserd link

【それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ】今年もあった!歌と踊りのコーナー【ネタバレ】

 

今年も歌と踊りのコーナーはありました!

 

子供たちが映画により慣れて楽しんでもらえるよう、アンパンマン映画では毎年恒例、歌と踊り満載のコーナーがあります。

冒頭から約15分、子供たちは大興奮!

 

しらたまさんのミュージカル調内容で、キャラクター総出で、皆で歌って踊って楽しい~♪
『さあ!君たちも一緒に!』と会場の子供たちにも語りかけるしらたまさん。
会場で貰ったカスタネットでカチカチリズムが響き渡っていましたよ♪

 

そのあとはお約束、ホラーマンやカビルンルンと一緒にバイキンマン超イケイケ!な格好で登場。

ミュージカルを邪魔をされ、皆が困っていると、アンパンマンがトルネードの如く更に格好よく登場!さすが主役です(笑)

無事バイキンマンたちを退け、そして流れは本編へ。

 

【それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ】ストーリーと感想【ネタバレ】

あらすじ

アンパンマン

本編は45分程

注目はやはり今年ゲスト声優としての女優の波瑠さんと中川家の礼二さんと剛さん!

幼いルンダの容姿には、波瑠さんの声が少しお姉さんかな?という印象がしましたが、声でルンダの性格がよく分かり、女優さんだなと感じました。

ナンダ役の礼二さんも意外に上手い

セリフが「ナンダ!」「ルンダ!」しかないんですが、優しくささやくように「ルンダ、、」と言うシーンはぐっときましたね。

さすが漫才で堂々中国人する方です(笑)

でも声がロボットのように加工されてて礼二さんて分からな~い!(笑)

海の主ヌラ役の剛さん。登場シーン少なかった、、そして声加工、、剛さんて分からない、、上手いか下手かも分からない、、(笑)でも何故かよく覚えているシーンで、これぞ剛さんの凄さ?(笑)あまり目立たないけど、しっかり支えてる、みたいな?ヌラのキャラクター可愛かったです。

 

ストーリーは、おもちゃの星のわがまま姫ルンダが落としてしまった、なんでもおもちゃに変えてしまう「おもちゃスティック」を巡った大騒動。

バイキンマンにスティックを狙われ、アンパンマンたちも一緒になり取り戻そうとします。

でもルンダには他人の為に必死に動くアンパンマンたちに驚くばかり。

「どうしてボロボロになりながらも他人の為に頑張れるの?」

それはルンダの素直な感情でした。でもそんなルンダも変わっていきます。

ナンダがバイキンマンにゼンマイを壊され危機的状況に陥った時、止まってしまうのを承知で自分のゼンマイをナンダに捧げるのです。ナンダは復活、バイキンマンを見事にやっつけます。

ルンダが止まり、悲しみにくれていると、ルンダの身体が光に包まれ、なんと、今まで幼いルンダから、品のある大人びたルンダに生まれ変わりました。きっと、彼女の心の成長を表したのでしょうね。

そんなルンダ、今まで一緒にいながらもきっと1度も言った事がない言葉をナンダに言います。

ありがとう

めっちゃ喜んでるナンダが可愛かった~~!

ありがとう、大事ですよね。子供たちに伝わったかな~。

ところどころ、大人もクスクス笑えるところもあり、親子楽しめる内容だったと思います。

sponsored link

MOVIX「ほっとママシネマ」で0歳2歳映画デビュー!当日の流れ

今回筆者が利用したのは、MOVIXで行われる『ほっとママシネマ』という親子に優しいサービスがあるイベント上映です。
1カ月ほど前から始まったチケット予約(先着)に友人家族と一緒にとる事が出来ました♪

hotmama

開場9時半 開映10時半~

※会場によって異なります

予約はしても、チケット受取には受付に並ばないといけません。

開場9時半は、開映10時半と考えたら、妥当な時間でしょうね。我が家は会場が遠かったり、子供の支度に戸惑ったりするので、8時半に家を出ました。うん、健康的な時間(笑)

無事、9時半前に到着。10時オープンのイオン、当たり前だけど空いてない、、

 

どこから入ればいいの?!

炎天下の中ウロウロして、子供は軽くお怒りのグズリ(笑)ようやくMOVIX利用には空いてる入り口発見!疲労、、。

イオンのようなショッピングセンター内に映画館がある場合、事前に入り口を調べるといいかもですね!

 

無事MOVIX到着です。ぴったり9時半!

あれ?アンパンマン映画なのに思ったより混んでない?
KIMG0184ズラリ行列を想像してただけに拍子抜け。でもゆったり並べれて良かったです!(後々、やはり混み始めていました)

受付に予約番号を言ってお支払い。

大人 1200円
小人 800円(アンパンマンは2歳から有料)
親子ペア 2000円
※ほっとママシネマは割引価格の為、割引券は使用出来ません

前売り券価格より安いです。イベント万歳!!

 

席は当日指定になります。
授乳&トイレの事を考え、通路側席を確保。
席は、なんと0歳無料の赤ちゃん分まで頂けるんです!おすわりが出来ない赤ちゃんは、膝上に乗せるとしても、その分、荷物がイスに置けるのは嬉しいです。赤ちゃん膝上に乗せながら、足元の荷物をゴソゴソするのは姿勢的にキツイですからね~。

入場口では、お待ちかねの『元気100倍!アンパンマンカスタネット』が配られました!!

アンパンマンカスタネット

先着順にも関わらず、なんと0歳の赤ちゃんにまで!太っ腹です。2歳の息子はご機嫌両手打ちです♪(写真が一個なのは他のお友だちに取られちゃったからです(笑))

 

ベビーカーと貴重品以外をスタッフの方が預かってくれ、子供用補助イスを貰いました。
子供と映画は初めてなもんで、こんな物があるんだ~と恥ずかながら物珍しげ(笑)

子供イス

 

小さい子供には助かりますね♪

階段付近には、、?すごーい、ベビーベッドがある!

ベビーベッド

ベッドのそばにはスタッフさんも常に在席。例えば上の子をトイレに連れて行ってる間は、赤ちゃんは見てくれるという感じではないでしょうか。色々対応してくれるみたいなので、何か困ったら相談してみるといいですね。

 

そしてスクリーン前の開けた場所には、子供たちが自由に遊べるコーナーがあります!

プレイコーナー

オモチャまであるよ!
子供に大人しくさせなきゃと、自宅からオモチャを持って来なくていいという事ですね!助かる~。

その上、横には赤ちゃん用のオムツ替えコーナーまでありました!

オムツコーナー

これだったら、赤ちゃんのオムツを替えの為に、上の子までトイレに行って映画見れなくなるという事がありませんね♪

 

開映まであと30分。
普段なら余裕ですが、トイレを済まし、ミルクを飲まし(『ほっとママシネマ』は赤ちゃんの飲食OK)荷物の整理をしていると、あっという間に、開映時間!!
バタバタしない為には、時間にはかなり余裕をもっても丁度いいくらいです。

0歳2歳の子供たちの映画館での様子

今回映画デビューした我が家と友人の子供たち。(我が家は0歳と2歳です)

結果会場の子供たちは比較的大人しく見れていました!皆ヨシヨシ~~。

 

お母さん達の努力、そしてアンパンマン映画制作側と、劇場のサービスがあってこそだと思います。
アンパンマン映画は、さすが今年28年目になる事から、子供たちの事をよく分かった仕組みだなあと感じました。

 

上映時間は大人しく出来る限界の1時間

テンションupの冒頭の歌と踊り

映画に使えるオモチャ

集中力切れた頃のお馴染みの『アンパンマンのたいそう』。

 

 

1時間という時間も、子供たちの集中力的には限界かどうかのところ。2歳の息子も最後集中力が切れ、席を立って他のお友だちにちょっかい出したりしてたんですが、エンディングがお馴染みの「♪も~し自信をな~くして」と、自分の知ってる曲が流れたからこそ、「あ!」と、また映画に釘付けになっていました。

 

 

映画が終わると、アンケートと引き換えにポップコーンプレゼント♪初めてのポップコーンに舌鼓な息子。

そしてポスター前の写真撮影も出来ました♪

アンパンマン写真撮影

 

楽しい映画デビューをしよう!

『ほっとママシネマ』のようなイベントは、照明を通常より明るく、音も大分抑えてくれています。上記に書いたプレイコーナーやオムツ替えコーナーも嬉しいです。

泣いているお子さんもいましたが、大きい室内で、映画の音もあってか全然気になりませんでした。

 

席も今回ゆったりとれました。通路側にしていた事で、子供はすぐ席から飛び出しやすいというデメリットもあるんですが、逆に子供をつかまえやすいのもメリットと言えました。親の付近でお利口に出来るお子さんや、アンヨがまだのお子さんは大丈夫だと思いますが、真ん中に座ると、もし子供が他の人の前を駆け抜けて行ってしまっても、大人は簡単には行けれませんし、また、子供が親がどの列にいたか見失い泣いてしまう事もあります。

 

何かあれば在席スタッフさんが助けてくれるでしょうし、親子シネマはジッと出来ないのもお約束ですが、子供を見失わないような席選びも割りと大事だなと感じました。

 

一つ思ったのは、お座り出来ない我が赤ちゃん。

1時間姿勢に気を使ってちょっと疲れました(笑)イスには寝返りが怖いし、幅も狭いから寝かせれないんですね!

 

もしかしたらベビーベッドに寝かせても良かったのかな?聞いておけば良かったなあ。

 

初めて大きいスクリーンを見た子供たちを見るのが楽しかったです(笑)疲れも吹っ飛びますよ。

是非映画デビューを考えられてましたら、少しでも参考になれば嬉しいです。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る