【初回1話】(#きらなつ)営業部長吉良奈津子/視聴率速報/ネタバレ感想松嶋菜々子&松田龍平ドラマ

松嶋菜々子が3年ぶりに連続ドラマの主演!

40歳を前に結婚、その後に出産、育休を経ての職場復帰した吉良奈津子を待っていたのは、お荷物部署の営業部長の肩書とやる気のない部下たち…。

いつかはクリエイティブ ディレクターに戻れる日が来ると信じて、仕事と家庭の両立に奮闘する女性の姿が描かれます。

松田龍平、原田泰造、石丸幹二、松原智恵子、DAIGO他、脇を固めるキャストも要注目!!

 

(注目!)ドラマ営業部長吉良奈津子のキャスト相関図や脚本スタッフなどの基本情報のおさらいはこちらから

●衣装が気になる方はコチラ➾営業部長吉良奈津子【松嶋菜々子の衣装バッグ時計】はここで買える!(随時更新)松田龍平も!

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ

ドラマ『営業部長吉良奈津子』第1話初回のあらすじ

かつて「東邦広告」のクリエイティブディレクターとして辣腕を振るった吉良奈津子(松嶋菜々子)は、小山浩太郎(原田泰造)と結婚。出産を経て3年ぶりに復職を果たした。奈津子自身、復職先は当然、古巣のクリエイティブ局だと思っていたが、与えられたのは想像もしなかった営業開発部の部長という役職だった。納得がいかない奈津子は、常務の斎藤良一(石丸幹二)に不満をぶつけるが、斎藤は3年のブランクを理由に取り合わない。事実、3年前は奈津子のアシスタントだった高木啓介(松田龍平)が、今ではクリエイティブディレクターとして活躍していた。

覚悟を決めた奈津子は、営業開発部に向かった。そこにいたのは、仏頂面の副部長・米田利雄(板尾創路)を筆頭に、神経質なミニマリストの一条達哉(DAIGO)、スマホが手放せない川原義雄(岡田義徳)、出来る女を気取っている今西朋美(中村アン)、能天気な新入社員の神崎あすか(足立梨花)、元気だけが取り柄の丸尾裕人(白洲迅)、柔和な笑顔が仙人風の郷貴志(高木渉)という、ひと癖もふた癖もありそうな面々。しかも、そこは半期でノルマの1割にも達していないという業績不振の部署だった。
営業開発部は、新規の広告主を開拓するのが仕事だが、会社がデジタル展開に乗り遅れたため、現在の広告主をつなぎとめるだけでも一苦労で、新規など取れる状況にない、と米田は説明。ほかの部員たちもやることはやり尽した、と半ばあきらめムードだ。奈津子はそれを払しょくするように、営業の勝負は足だというのなら粘り強くクライアントに当たっていくしかない、と力説。と、その時、スマホのアラームが鳴った。息子の壮太(高橋幸之介)を保育園に迎えにいく時間になってしまう。奈津子は、クライアントのピックアップを部員に任せると、会社を後にした。

奈津子がギリギリで保育園に滑り込むと、ヤンママの吉田千佳(今井華)が、奈津子を呼んだ。壮太が女児とおもちゃの取り合いをしていたのだ。奈津子は壮太を叱ったが、女児をピシャリと叱ったのは、ベビーシッターの坂部深雪(伊藤歩)だった。深雪は、女児の母親が出張の間だけ世話を請け負っていると言い、奈津子にスタッフカードを手渡した。帰宅後、奈津子はそのことを浩太郎に話すと、他人に預けるなら母親の小山周子(松原智恵子)に頼んだらどうか、と言われてしまう。
翌日、営業開発部の会議で、急成長中の回転寿司チェーン店のことが話題になった。広告費は前年比500%だが、すでに別の広告代理店が食い込んでいてアポすら取れないという。実はそこは、5年前に奈津子が社長に指名され、宣伝を頼まれた店だった。奈津子は早速、部員を連れ社長を訪ねるが…。

http://www.fujitv.co.jp/kiranatsuko/story/story_01.htmlより引用

ドラマ『営業部長吉良奈津子』第1話初回の予告動画

ドラマ「営業部長吉良奈津子」の初回予告動画は公式サイトで配信中!!!

ドラマ『営業部長吉良奈津子』第1話初回のネタバレ感想

ここではドラマ終了後に、ドラマを見た感想と、見逃した方にもわかりやすく、ネタバレのあらすじ内容をまとめていきますよ!

吉良奈津子は仕事では女王様キャラ

ドラマが始まってすぐのMCから吉良奈津子(松嶋菜々子)女王様キャラということが全面に押し出されていて、復帰後の風当たりが強そうな感じが…奈津子がこれから困難にぶち当たりまくるんだろうな~と、すぐに先が思いやられてしまいました。

kiranatu nanako

ところどころ、メイクや照明の感じでほうれい線と目元の疲れ具合に目が行ってしまうシーン(徹夜明けや仕事終わりの疲れをリアルに表現してたりw)もあったけど、松嶋菜々子は凛としていて、やっぱり美しい!! 

反町隆史との間に中学生と小学生のふたりの子供がいるとは思えませんっ!
kiranatsu famiglia

 小山壮太役の高橋幸之介くん、まん丸のお顔とえくぼのあるプニプニほっぺがかわいいです。

保育園初日からフルタイム?慣らし保育はなかったのかな?と疑問の湧く別れ方でしたが、預ける時の子供の泣き顔って切なくなっちゃいますよね

 

原田泰造のパパぶりが板についてる

 小山浩太郎(原田泰造)のパパぶりは、飲み会を断ってでも子供のお迎えと世話を代わってくれたり、好感が持てました。

片付けをしてなかったり、発言に自分はあくまでも母親業のサブで子供の面倒を見てるという考え方が出ちゃってたのは、まだ仕事復帰して数日のこと、これから奈津子には夫のこともビシッと教育して行ってもらいたいな…と期待。

でもこの夫婦、子供の両親としてはいい雰囲気だけど恋愛結婚の組み合わせとしては、なんとなく違和感がありますよね、菜々子と泰三wこれから少しづつ恋愛中のエピソードなんかも出て来るのでしょうか。
kiranaru taizo奈津子の姑の周子(松原智恵子)が、まさにワーママの敵発言満載!

ワーママに言っちゃいけないワード10連発って感じで、これじゃベビーシッターを頼んででも子供を預けたくないわ~と説得力あり過ぎでした。

でも松原智恵子もお年にしてはきれいで、浩太郎は奈津子級の美女じゃないと結婚できなかったんだろうなと、ちょっとかわいそうな気も…。

 

ベビーシッターのイメージが悪くなるかも?!

ベビーシッターの坂部深雪(伊藤歩)、奈津子が壮太のリクエストに応えて一生懸命に作ったクマのデコハンバーグをホームレスにあげてしまうとか、探るように室内を見回すカメラワークとか、怖すぎ!! 

あの姑への電話応対も共働き家庭を壊す作戦のひとつに違いない… kiranatu tata

伊藤歩は「昼顔」に続いてヒロインの敵役ですが、各段に女っぷりがアップしている気がしました。

壮太も一瞬でなついてたし…もう男子ってw

次回以降、浩太郎が深雪に惹かれて行って、奈津子に冷たく当たるようになるのも納得の妖艶な表情のシーンもありました。

 

会社には敵ばかり

奈津子の元上司の斉藤良一(石丸幹二)、いやな奴ですね~!

kiranatu ishimaru

言いにくいことをズケズケ言い渡せてしまうふてぶてしさや、DAIGOに営業管理部をスパイさせてるところとか観ていてムカムカきました。

今後はDAIGOが奈津子の側に付いて協力してくれるようになって行き、最後は会社から追い出してリベンジ!とかなってくれたらいいのに…!! kiranatu daigo

営業管理部の部下たち、無能とは言われているものの営業を最初からあきらめているだけで、まだそれぞれの個性は薄い感じ、次回以降ひとりひとりクローズアップされたエピソードがあって、奈津子の味方になって行くってことなのでしょうか。

 

高木啓介(松田龍平)はもっと奈津子に反発、突っかかったり冷たかったりするのが何回か続くのかと思っていたら、嫌々ながらも初回から奈津子に協力したところが意外でした…いいヤツじゃん!

kiranatu futari 4年前から毎回Tシャツ姿だったのにちょっとウケました、営業=スーツとの違いを見せてクリエイティブっぽさを出してるのかなw

 

初回の「営業部長 吉良奈津子」はこんな感じでした。皆さんもよければ感想をコメントくださいね~!!

 

ドラマ『営業部長吉良奈津子』第1話初回の皆の評判

営業部長吉良奈津子のTwitterでの反応をこちらの記事にまとめてみました!感想更新するまでに、こちらでドラマを見た皆の反応を楽しんでください。

 

次週、『営業部長吉良奈津子』第2話のあらすじと予告動画

続きが気になる、次週第2話のあらすじと予告動画はこちらのページでご紹介中です。見逃したり、もう一度見たい方はこちらのページを要チェック!

⇒次週、『営業部長吉良奈津子』第2話のあらすじと予告動画を見る

sponsored link

ドラマ『営業部長吉良奈津子』第1話初回の視聴率速報

ここには、皆が大注目のドラマ『営業部長吉良奈津子』の視聴率を速報でお届けします。

初回1話の平均視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

 

フジの木曜10時ドラマとしては、かなりいい数字をたたき出したと思います!(前クールが打ち切り低視聴率でやばかった早子先生ですからね…)

やっぱりママになっても松嶋菜々子は数字持ってますねー。

 

こちらもオススメ記事

営業部長吉良奈津子の子役が発表されました!大抜擢の新人・高橋幸之介君でした!詳しくはこちらの記事をどうぞ!

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る