三上博史主演ドラマ『遺産相続弁護士柿崎真一』出演者キャスト相関図とネタバレあらすじ

日本テレビの深夜、7月7日からスタートする新ドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」幅広いファンを持つ三上博史さんが主役です。バツ2で借金あり、金もうけ大好きな弁護士、柿崎真一に三上博史さんが熱演します。柿崎は遺産相続を専門に扱っています。

 

関連記事:山田孝之主演ドラマ『闇金ウシジマくんSeason3』出演者キャスト相関図/『闇金ウシジマくんSeason3』ネタバレあらすじ/

 

 

遺産相続はドラマだけの話でなく、現実に身遺産を巡っての家族の骨肉の争いがありますね。人間的な柿崎が、遺産に込められた故人の思いを相続人に伝えます。人間らしい弁護士の心温まるドラマです。7月7日深夜、楽しみにしてくださいね。

(速報)7月7日放送の第1話のネタバレ感想や、Twitterでのドラマの評判などはこちらでまとめています。

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ

ドラマ『遺産相続弁護士柿崎真一』基本情報

  • 日本テレビドラマ木曜日ドラマ 「遺産相続弁護士 柿崎真一」
  • 放送開始日:2016年7月7日(木)夜11時59分スタート!~9月まで(予定)
  • 放送時間:毎週夜11時59分から翌0時54分
  • 演出:白川士
  • 脚本:林誠

 

ドラマ『遺産相続弁護士柿崎真一』出演者とキャスト相関図

遺産相続

柿崎真一:三上博史

遺産相続専門法律事務所「ラストリクエスト」に所属する弁護士。過去のおライされた遺産相続の案件で、高額な報酬を受けたことに味を占め専門弁護士になりました。法廷には決して出ず、バツ2で借金あり金儲けが大好きなちょっとだらしない弁護士。
三上博史さんは1979年フランス映画「草迷宮」に主演、デビュー。80年代には「私をスキーに連れてって」やTVドラマ「君が嘘をついた」など数々の作品の主演を演じ、都連デイ俳優として多くの評価を得ました。

以前ほどドラマで見ませんが、現在は舞台を中心にライブやイベント、CMとタフ面に活躍しています。
主な作品はTVドラマ「あなただけ見えない」「この世の果て」「共犯者」に出演!

丸井華:森川葵

柿崎のもとで働く新米弁護士。家がまじ叱った成果お金にがめつく、お金への執着から柿崎を平気で裏切っています。

森川葵さんは、2010年ファッション雑誌「Seventeen」専属モデルオーデションでグランプリ獲得し、2012年より女優として活動。主な主演作は、TVドラマ「35歳の高校生」、映画「監獄学園プリズンスクール」などです。

2016年からも、月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」っ屁の出演や、トーク番組[A-Studio」のアシスタントを務めるなど、ますます活躍を広げています。

 

水谷美樹:酒井若菜

柿崎と大人の関係、美人歯科医。柿崎を金ずるのように利用するが、柿崎の情報提供者。

酒井若菜さん(35)1995年にデビュー。当初はグラビアアイドルで活躍しましたが、1997年にTVドラマ「サイコメトラEIJI]で女優デビューしました。2002年ごろからはTVドラマ「木更津キャッツアイ」映画「恋の門」灘で個性手児奈役柄を演じ、演技直が評価されました。また2008年から、執筆活動を始め、小説「こぼれる」など発表しています。

 

川原井正  豊原功補

柿崎を追い回す闇金の社長、以外の優しい面も。ほんみょうは「かわはらい」だが、柿原からは「過払い」と皮肉られています。

豊原功補(50)は1982年に俳優デビュー。TVドラマ「天まで上がれ」映画「パソコンウオーズisami」などの出演し、数々のドラマに名わき役として個性的な演技を見せました。2007年には「受験のシンデレラ」でモナコ国際映画祭、最優秀主演男優賞を受賞しています。

 

ドラマ『遺産相続弁護士柿崎真一』第1話ネタバレあらすじ

柿崎真一は(三上博史)、遺産相続専門の弁護士である。

資産家である故・山岸の遺産相続をめぐり、妻の淳子(奥菜恵)から依頼を受けるが、山岸が彼女は亡くなる6時間前に入籍したという”6時間妻”だった。

、、、、、山岸の娘、凛子【紫吹淳)は、淳子が遺産目的で父をだましたといい、婚姻は向こうで遺産は渡さないと主張するが!?

 

 

、、、、さあここからはワクワク楽しみですね!

 

 

 

ドラマ『遺産相続弁護士柿崎真一』見どころ

2016年7月7日(木)夜11:59から「遺産相続弁護士 柿崎真一」がスタートします。
主人公柿崎真一が専門とするのは遺産相続。

お金で人の縁も切れるということでしょうか、親族間にもめごとの種となる遺産、骨肉の争いになることもままあり、遺産を巡る騒動が絶えません。

この遺産相続という、故人の意図しない争いに、少々泥臭さのある弁護士、柿崎真一が依頼人と自分の絵入りのため個人の遺産を整理するといった1話完結のドラマです。

 

「死」は必ず訪れ、同時に遺産相続による仁義なき争いが生じます。けれども遺産の価値はお金だけではないはずです。亡くなった母や父の大切な思い出の詰まったアルバムなど、計り知れない大切な価値があります。

 

さて主人公 柿崎真一をさすがの演技で見せてくれる三上博史さん、その他キャスト。

このドラマは、遺産相続をめぐる骨肉の争い、モラルや常識を破り、とんでもない弁護士、柿崎がとんでもない形で解決していく物語です。1話見れば、また次気になるとても痛快なドラマ「遺産弁護士 柿崎真一」こうご期待!!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る