【過去作と徹底比較】黒島結菜主演ドラマ『時をかける少女』出演者キャスト相関図とネタバレあらすじ

筒井康隆の小説「時をかける少女」(角川文庫)が発売されてから50年という節目のタイミングで、また実写版ドラマが決定しました!

 

ある日ひょんなことから主人公を演じる黒島結菜さんが、時間を自由に行き来できる“タイムリープ”という能力を身につけます。
「時間を戻すことができたら・・・」
誰もが切実に願ったことのあるこの思いが実現したら・・・というドキドキワクワクするような主人公の体験と、その能力の秘密のカギとなる未来人との淡く切ない恋を描いた、夏にぴったりの青春ストーリーです!

こちらでは、「時をかける少女」の出演者、キャスト、ネタバレあらすじなどの情報をまとめています。

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ

これまでの「時をかける少女」の映像作品(ドラマ・映画)は?

<時をかける少女の映画>

・1983年 『時をかける少女』
主演:原田知世、監督:大林宣彦
・ 1997年 『時をかける少女』
主演:中本奈奈、監督:角川春樹

 

・ 2006年 『時をかける少女』(アニメ映画)
製作:「時をかける少女」製作委員会

1983年の映画の約20年後、2006年を舞台とした新たな物語。
主人公・紺野真琴は、1983年の映画で原田知世が演じた芳山和子の姪の設定。
声優は仲里依紗が担当。

 

・ 2010年 『時をかける少女』
製作:映画「時をかける少女」製作委員会、監督:谷口正晃

アニメ版映画の実写化で主人公の声優を担当した仲里依紗が主人公役を演じた。
しかし映画版では主人公は紺野真琴という芳山和子の姪の設定だったが、この映画では主人公・芳山あかりは芳山和子の娘という設定で、1983年の映画の最後に和子と未来人・深町一夫の「もう一度会う」という約束を果たすためにあかりが奮闘する物語となっている。

ちなみに、その旅の過程であかりが恋をする相手溝呂木亮太を演じたのは、仲里依紗の夫である中尾明慶。

 

<時をかける少女のドラマ>

・ 1972年 『タイムトラベラー』『続 タイムトラベラー』(NHK少年ドラマシリーズ)
主演:島田淳子

 

・ 1985年 『時をかける少女』(フジテレビ単発ドラマ、「月曜ドラマランド」)
主演:南野陽子

 

・ 1994年 『時をかける少女』(フジテレビ「ボクたちのドラマシリーズ」)
主演:内田有紀

 

・ 2002年 『時をかける少女』(TBS単発オムニバス「モーニング娘。新春! LOVEストーリーズ」内の一篇)
主演:安倍なつみ

 

そして今作!!
2016年 『時をかける少女』(日本テレビ 『土曜ドラマ』)
主演:黒島結菜(主人公の名前が「芳山和子」から「芳山未羽」に改められている。)で7月から放送スタートです!

 

すごい歴史のある作品で、主演女優はアイドルが多く起用されてきましたが、今回はカルピスCMや朝ドラでブレイク中の黒島結菜ちゃんが主演となります!

 

2016年7月スタート!ドラマ『時をかける少女』基本情報

  •  TV局:日本テレビ
  • 開始日:2016年7月9日土曜夜9時~(初回20分拡大)
  • 出演者:黒島結菜、菊池風磨(Sexy zone)、竹内涼真、吉本実憂、猫背椿、野波麻帆、安蘭けい、田口浩正、小松和重、ゆいP(おかずクラブ)、高橋克実、古畑星夏、三浦透子、八木莉可子、五十嵐陽向、石井萌々果、加藤シゲアキ(NEWS)、高畑淳子
  • 原作:筒井康隆「時をかける少女」(角川文庫)
  • 脚本: 渡部亮平(「東京センチメンタル」、「セーラーゾンビ」)
  • 音楽:池頼広(「スミカスミレ45歳若返った女」、「○○妻」)
  • 演出:岩本仁志(「白線流し」、「神様、もう少しだけ」、「野ブタ。をプロデュース」)、茂山佳則(「ゆとりですがなにか」、「掟上今日子の備忘録」)
  • チーフプロデューサー:西憲彦(「斉藤さんシリーズ」、「近キョリ恋愛」)
  • プロデューサー:松本京子(「掟上今日子の備忘録」)、難波利昭(AXON)(「明日、ママがいない」、「斉藤さん2」)
  • 制作協力:AXON
  • 主題歌:AKB48「LOVE TRIP」、エンディングテーマNEWS「恋を知らない君へ」

個人的に注目なのは、演出を手がける岩本仁志さん!
代表作は、青春真っ盛りの学生時代と、その中での甘酸っぱくもひたむきな恋を描いている作品が多いですよね!
夏ドラマにふさわしい海、花火、夏祭りなどの美しい風景をふんだんに取り込み、淡く切ない青春を描き出す岩本さんの演出が効いてくるのではないかと思います。

 

ドラマ『時をかける少女』出演者とキャスト相関図

時をかける少女相関図

芳山未羽:黒島結菜

藤浦東高校3年。写真部。
ラベンダーの香りを嗅いだことで“タイムリープ”(自由に時間を行き来できる能力)を身につける。

 

深町翔平/ケン・ソゴル:菊池風磨(Sexy zone)

未羽のクラスメイトで幼馴染。
しかし、本当は未来人で未羽たちの記憶をすり替えている。
タイムリープの薬を開発したが、2016年への旅行中薬を紛失して帰れなくなっている。
未羽にほのかな恋心を抱く。

浅倉吾朗:竹内涼真

未羽と翔平のクラスメイトで幼馴染。
成績優秀。
未羽のことを小さい頃からずっと好き。

 

ゾーイ:吉本実憂

未来人。
ケンと一緒に2016年にやってきたが、ケンが薬をなくしたことに激怒して、別行動をしている。

芳山香織:安蘭けい

未羽の母

芳山恭司:小松和重

未羽の父

芳山那帆:石井萌々果

未羽の妹

 

浅倉唯:猫背椿

吾朗の母

浅倉努:田口浩正

吾朗の父。理髪店経営。

三浦浩:高橋克実

未羽たちのたまり場・お好み焼き屋「りぼん」の店主。

松下由梨:野波麻帆

三浦の内縁の妻

松下圭太:五十嵐陽向

由梨の連れ子。

前川陽子:ゆいP(おかずクラブ)

藤浦東高校の用語教諭。お好み焼き屋「りぼん」の常連客。

おじょう/寺崎:古畑星夏

藤浦東高校3年。

お嬢様育ちで吾朗のことが好き。

えりちん/木下:三浦透子

藤浦東高校3年。

恋多き女。

大西敦美:八木莉可子

藤浦東高校3年。

ネットアイドル。

矢野和孝:加藤シゲアキ(NEWS)

未羽のクラス担任。
熱血で生徒からしたわれている。
未羽に影響を与える言葉を自然に投げかけるキーマン。

深町奈緒子:高畑淳子

ケンに記憶を植えつけられ、深町翔平の母親と思い込んでいる。
夫を亡くし、ケンが来るまでは一人孤独に暮らしていた。

 

ドラマ『時をかける少女』ネタバレあらすじ

ある日の放課後、未羽(黒島結菜)は理科室で何かの甘い香りを嗅いで意識を失ってしまいます。

目覚めると、幼馴染の吾朗(竹内涼真)と翔平(菊池風磨)が心配して保健室に来ていましたが、翔平は理科室には何も残されていなかったと言います。

 

その日の帰り道、未羽は事故に遭いそうになりますが、気がつくとほんの少し前の時間に戻っていたのです。
自分が時間を行き来できる能力を見つけたのではないかと大興奮の未羽。
翔平は、そんな未羽にこの能力のことは人に話さない方がいいと忠告します。

 

なぜなら翔平は、“時間を自由に行き来できる薬”を開発した張本人だったからです!
翔平は未来から来たケン・ソゴルという人物でしたが、この時代の人間を装って自分に関係する人々の記憶をすり替えていたのです。

 

しかし、そんなことは知らない未羽は自分の手に入れた能力が嬉しくてたまりません!
何度も能力を乱用してはやりたい放題で楽しみます。

 

しかし、七夕まつりの日、とうとう大きな事件に発展してしまい・・・!?

ドラマ『時をかける少女』の見どころ

今まで、何度も映像化されてきたこの作品。
少しずつ設定が違ったりはしたのですが、今作ではある初めての試みに挑戦するということです!
それは、未来人であるケンの視点からも物語が描かれること!

 

いつもはタイプリープの能力を手に入れた主人公の視点からしか描かれず、アニメ作品では最後の最後まで幼馴染の一人が未来人であることは伏せられていたことが「そうだったんだ!?」という衝撃を呼び、面白さの要となった部分でした。

 

しかし、今作では1話から翔平が未来人であるという秘密を明かし、新たな描き方となるので注目したいところです!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る