『おしゃれフルーツ』の歌詞や作詞作曲者がスゴイ!【おかあさんといっしょ今月の歌6月】

先月の元気ハツラツな「わらうおばけ」からガラッと趣を変えて登場の6月こんげつのうたは「おしゃれフルーツ」です♪

あつこお姉さんの伸びやかな歌声とだいすけお兄さんの安定感抜群の歌声がしっとりと耳に心地よい梅雨にもピッタリな一曲ですよね♪今日はそんな「おしゃれフルーツ」の魅力についてご紹介していきたいと思います!

sponsored link



3/21放送!カルテット最終回スペシャル!
カルテット1話~最終回までイッキに動画を無料で見る方法はコチラ

カルテット最終回の見どころや視聴者の感想はコチラ




sponserd link

おかあさんといっしょ こんげつのうた「おしゃれフルーツ」

女の子達が思わず「可愛い~♥♥」と目で追ってしまう今月の歌「おしゃれフルーツ」、みなさんはもうご覧になりましたか?

洗濯物を干しながら思わず見入ってしまった筆者もさることながら、わが娘(3歳幼稚園児)も食い入る様にテレビの前に張りつき「お母さんはりんご、私はブドウね!」とすっかり果物になりきっていました(笑)

「おしゃれフルーツ」は年齢関係なく女子の心をくすぐる何かを秘めているのかもしれませんね!

そんな魅惑の「おしゃれフルーツ」なんですが、よ~く聞いているとサラッと流れる歌詞もまたなんとも言えず深いのです。次は歌詞に焦点を当ててみましょう!!

「おしゃれフルーツ」の歌詞

まず始めに聞いていて感じるのは、歌詞の中でも色彩豊かなこと。赤いりんご・苺・さくらんぼから黄色いバナナ・蜜柑・パパイヤへと変わっていき、桃のピンクから葡萄の紫、メロンの緑へ・・・と想像するだけでも鮮やかな色彩が脳裏に飛び込んでくるようですね♪

その色鮮やかな果物たちを敢えて”おしゃれ”と表現するところもまた粋な計らい!みんなが見つけて食べてもらえるように素敵な色を纏ってオシャレをしてるんだよ、という発想がとても素敵です!

しかしそこで終わらないのが「おしゃれフルーツ」。なぜ果物たちはオシャレをするのか?食べた種を動物たちに運んでもらい、新しい世代を残すため―

普段なら食べられた後捨てられてしまう果物たちの種も本来なら芽を出して実をつけるんだよ、という子供にも大人にも響く命のメッセージが込められているのです。

そんな熱いメッセージもまるで種を包み込む柔らかい果肉のような優しい言葉で、子供と親が楽しくお話ししているように歌われています。

歌詞全文はこちら↓

子供だったら一度は抱く自然の疑問をわかりやすく砕いた言葉で優しく語りかけるその姿勢から、作詞者である日暮真三さんの優しさが伝わってきますね♪

「おしゃれフルーツ」の作詞作曲者がスゴイ!  

そんな素晴らしい歌詞を生み出した作詞者、日暮真三さんはマルチな才能をお持ちのコピーライター兼作詞家!なんとあの”無印良品”のネーミングを開発された方だとか!!!

リクルートの「情報が人間を熱くする。」や農協牛乳の「自然はおいしい」、日清オイリオの「植物のチカラ」などなど・・・人の心にスッと入り込むキャッチコピーで数々の受賞をされています。

作曲家の渋谷毅さんも日本のジャズピアニストの大御所と言われるお方。70歳を超えられた今でもピアニストとして精力的にライブ活動をする傍ら楽曲提供や映画音楽、編曲を手掛けられています。

由紀さおりさんの「夜明けのスキャット」や坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」の編曲、記憶に新しいのは映画「嫌われ松子の一生」「告白」「明日泣く」でしょうか。あ、ちなみにピタゴラスイッチのBGM曲もこの方が作曲されています♪

そんなレジェンド同士が言わずと知れた名コンビとして長年「おかあさんといっしょ」で共演してるんだからすごい!!

夢のなか」「こんなこいるかな」「ふたりはなかよし」「あ・い・うー」「ふゆっていいな」・・・て、名曲ばかりじゃないですか!!これからのお二人のご活躍にも目が離せませんね!

 

「おしゃれフルーツ」のイラストやアニメーション作家は?

そして、忘れてはならないのが素晴らしい音楽に華を添えたアニメーション!ふわふわとした優しい色彩の可愛いモモやブドウやメロン…そしてその果物達を美味しそうに食べるおさるや小鳥たちが楽しそうに歌う理想郷を作りだしたのは個性的な精鋭クリエーターが集まる工房qmotori(クモトリ)。

おかあさんといっしょでは「ドコノコノキノコ」「ようかいしりとり」、いないいないばあでは「ながぐつのぶか」「ノリノリ!のりものタウン」、みいつけた!の「いすのまちのコッシ―」などなど・・・Eテレキッズゴールデンタイム総なめ状態?!

筆者的にはみんなのうたの「ひげヒゲげひポンポン」と「ビーフストロガノフ」が大好きだったのですが、どちらもqmotoriさんの作品であることに衝撃を受けました!

イラストレーターの知野啓(とおる)さんはご自身のお仕事の傍らqmotoriさんのサポーターとしても数々の作品を共作されています。本業のイラストだけでなく造形やアニメーション・編集なども手掛けられているそうで、今回の「おしゃれフルーツ」も原画だけでなく羊毛フェルトの造形も知野さんの手で作られたとのこと。原画ももちろん素敵でしたが、造形されたフェルト画で更に世界観が色濃いものになったようですね♪

いかがでしたか?さりげなく流れる「おしゃれフルーツ」、今度はじっくりと味わうように子供と耳を傾けてみるのも良いかもしれませんね!

 

 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る