トム・クルーズ主演バリー・シール(映画)動画を無料視聴する方法!

トム・クルーズ主演映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」の動画を無料で視聴しよう!という話です。この物語は”実話”ということで、話題でもあるのですが、まあ、嘘みたいな本当のお話なのでいろいろ感心しながら(?)楽しんでみて下さい!何時の時でも超多忙なトム・クルーズ主演映画「バリー・シール/アメリカをはめた男」の動画を無料視聴してしまいましょう~!

 

 

動画「バリー・シール/アメリカをはめた男」を見るなら

⇒TSUTAYAディスカスで見るのがお勧め!

 

動画「バリー・シール/アメリカをはめた男」基本情報

  • 監督:ダグ・リーマン
  • 脚本:ゲイリー・スピネッリ
  • 製作:ブライアン・クレイザー
  • 公開:2017年9月(米国)

監督ダグ・リーマンの他の作品がコチラ

  • 『ボーン・アイデンティティ』(2002)
  • 『ボーン・スプレマシー』(2004)
  • 『Mr.&Mrs.スミス』(2005)・・・とにかくヒットメーカーですね

そして最近では

  • 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)
  • 『ザ・ウォール』(2017)

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でもトム・クルーズを主役に撮っています。個人的には2008年の『ジャンパー』も凄く面白かった作品でした。

 

実話「バリー・シール/アメリカをはめた男」の素顔

バリー・シールは実在の人物。しかもごくごく最近のアメリカン!

なので、ばっちりと写真が残っているのですね。しかもwikipediaに…

その写真がコチラ!!

ふ~~ん、サングラス懸けて、セスナの操縦桿でも握れば”トム・クルーズ”みたいになったのかもね

1986年、46歳の若さにして死亡するわけですが、日本でいえば昭和・・・おーーーバブルの時代か。

当時、日本も言ってみれば、『何でもあり』『何でもOK』『価値観崩壊』の時代ですからあんまり変わらない感じでしょうかね。

 

ーにしても、やっぱりアメリカですね。悪さのスケールとその結末が呆れるわ~

きっと、見た後で、そう思うはず・・・

 

 

「バリー・シール/アメリカをはめた男」キャスト

バリー・シール・・・トム・クルーズ

いつまでも若々しいトム・クルーズ。想像を絶する努力の賜物なのでしょうね。

今回は飛行機もので、『トップ・ガン』を彷彿とさせるワン・シーンがあったのが嬉しいサプライズ!

ルーシー・シール・・・サラ・ライト

バリー・シールの奥さん役のサラ・ライト、まだまだ露出は多くない女優さんですが、トム・クルーズとは『Mena』(2017)で共演しているらしい。

2014年の『恋するブロンド・キャスター』にも出演しています。これからが楽しみな女優の一人では?

TSUTAYAでのみ見る事ができます!『恋するブロンド・キャスター』

 

「バリー・シール/アメリカをはめた男」STORY

では「バリー・シール/アメリカをはめた男」のあらすじを「バリーシール」公式HPからご紹介しますね

天才的な操縦技術を誇り、民間航空会社のパイロットとして何不自由ない暮しを送っていたバリー・シールの元に、ある日CIAのエージェントがスカウトに現れる。CIAの極秘作戦に偵察機のパイロットとして加わる事となったバリーは、その過程で伝説的な麻薬王パブロ・エスコバルらと接触し、麻薬の運び屋としてもその才能を見せ始める。ホワイトハウスやCIAの命令に従いながら、同時に違法な麻薬密輸ビジネスで数十億円の荒稼ぎをするバリー。しかしそんな彼の背後には、とんでもない危険が迫っていた…。

引用元:http://barry-seal.jp/

なんだかシリアスな雰囲気が漂う文章ですが、実のところは…

 

「バリー・シール/アメリカをはめた男」予告編

こちらがその予告編となります。やっぱり、似合うな~~~操縦桿!

「バリー・シール/アメリカをはめた男」見た人の感想

では次に気になる「バリー・シール/アメリカをはめた男」を見た人の感想をご紹介しましょう

痛快アクション!?と言う程では…

大手航空会社の若き機長バリー(トム・クルーズ)が、
操縦テクニックと度胸をCIAに買われて、武器密輸、麻薬密輸に
手を染めて巨万の富を得る。
銀行に預けられない大金は、倉庫に山積みになり邪魔な程で、
その辺は笑える(羨ましいーーヨン)

この映画では、ややB級感がそこはかなく漂うトムさんでした。

引用元:https://movie-tsutaya.tsite.jp

トムは何処に向かっているのでしょうか

事実を基にしてるとは思えないほど奇天烈な話というか。話が進むにつれてありえない話と思ってしまう。

CIAは主人公の空想の人か何かですか?と疑うくらいCIAのズッコケぶりも描かれている。

主人公のバリーもどこか抜けてるというか。バカというわけではないけど何も考えてなくて目先の問題をどう乗り越えていくかで精一杯の人間。
ただ家族は愛してるし、他人にも気を遣える。そんな憎めないキャラを飄々と演じるトムクルーズの好演ぶりが光る。
儲かって現金の置き場所がなくなり庭に埋めるとか雑な人だなと思う(笑)

引用元:https://filmarks.com/movies/62202

「バリー・シール/アメリカをはめた男」

に対しての複数の意見がコレ!

・どっちかと言うとアメリカにはめられた男

・邦題のセンスはちょっといただけないような感じもする
アメリカをはめたとか言うよりも、 CIAにはめられた男
翻弄された男、とかが似合ってるんではないでしょうか?

・実話だからサクサク進むけど、面白く、楽しく、観れた。みんな書いてるけど、アメリカをハメたは間違い。

引用元:https://movie-tsutaya.tsite.jp、https://filmarks.com/movies/62202

そうね、アメリカをハメタはちょっと違うし、、、

でもそれはトムの所為じゃない!

とにかく、良くも悪くもこれが『American Made』(原題)!

 

「バリー・シール/アメリカをはめた男」の動画を無料視聴する方法!

「バリー・シール/アメリカをはめた男」を今すぐ無料視聴するなら

断然!!

⇒TSUTAYAディスカス30日間無料お試しが最強!です!

何故かと言うと、

TSUTAYAディスカスには”30日間無料お試し”期間のサービスがあり、DVD&ブルーレイ、CDなど借り放題の特典があるからです!

DVD&ブルーレイ

準新作・旧作・まだまだ話題作が全て借り放題の見放題ですよ!レンタルと配信動画視聴のどちらにも対応していますからお好きな方法で!(※DVD対応のみ作品も稀にあるので詳しくはHPでご確認くださませ!)

当然、山のようにある「トム・クルーズのこれまでの作品のあれやこれやが全て無料で視聴できるわけですね。

新作

じゃあ、新作は!?と思われた方、ご安心下さい!

30日間無料お試しにご登録いただくだけで、新作視聴にも使う事が出来るポイント1080ポイントをプレゼント!!

凄いですね~新作が2本見られる可能性がありますから、いっぱいチェックしてみてくださいネ!

準新作

トム・クルーズ作品の『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017)は早くも準新作指定になりましたので、見放題作品となっております!!

もちろん旧作は全作品が見放題です!配信動画でサクサク見られますから、もう快感です!

他にも無料視聴できるお勧め関連作品のご紹介

たとえ共演のサラ・ライトに出演作品が少なくったって、たとえこれと言った共演者が居なくたって、

 主演がトム・クルーズということで、お勧め作品には事欠きません!

ですが、あえて、1つご紹介したい作品がありまして。

それは、2002年の作品『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』!!

レオナルド・ディカプリオ主演のこちらも実際の詐欺師の話でして、今回「バリー・シール/アメリカをはめた男」を見ていてこの作品を思い出してしまいましたのです。こちらは監督はスティーブン・スピルバーグ、そしてディカプリオ27歳の映画。もちろん無料ですよ!

では、トム・クルーズ作品へ

おすすめ基準と選択が難しい~~ところですが、今回はアクションに不完全燃焼を覚えた人たちの為に『MI』シリーズをお勧めすることにします。このシリーズも第5作を数えるほどのCOOLヒットシリーズ!

『ミッション:インポッシブル』(1996)、『MI:2』(2000)

『MI:3』(2006)、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)、『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』(2015)

この夏、2018年8月(予定・日本)には

最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

が公開される予定です!

それにしても、トム・クルーズはいつまでたってもタフですね。

だから、やっぱり紹介しておきたい!!

『TOP GUN/トップ・ガン』1986年の作品なのでもしかしたら知らないと言う方が居るかも!?

トム・クルーズを一気にハリウッドのスター・ダムに押し上げた記念すべき作品です。

今になって疑問に思うのは、身長が決して高くはないトムでもハーレーって乗れるのか?ということです…ね。

 

ダグ・リーマン監督の『ジャンパー』(2008)もお気に入りなので見てみて下さい。

 

 

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る