君の膵臓をたべたい(映画)動画を完全無料視聴する方法!!

小栗旬映画「君の膵臓をたべたい」のフル動画が無料視聴出来るようになりました!このタイトルから、内容が気になっていた人は沢山いると思います!ここでは「君の膵臓をたべたい」のフレッシュな主役2人や原作者についても触れています。映画動画「君の膵臓をたべたい」や関連作品を無料視聴する方法をお知らせいたします!

 

「君の膵臓をたべたい」を直ぐに見よう!

⇒⇒TSUTAYAディスカスで見られるよ!

 

 

「君の膵臓をたべたい」基本情報

  • 小説著者:住野よる
  • 出版社:双葉社
  • 発行日:2015年6月19日
  • 監督:月川翔
  • 脚本:吉田智子
  • 映画公開日:2017年7月28日
  • 配給会社:東宝

「君の膵臓をたべたい」は著者も、映画の方の監督も、担当脚本家もみんな興味深い方々なので、3人共ご紹介します!

まずはやっぱり小説の著者住野よる先生から

  • 生年月日:非公開
  • 性別:男性
  • 書籍化小説デビュー作:「君の膵臓をたべたい」

住野よる先生は生年月日非公開なんですが、この「君の膵臓をたべたい」がデビュー作です。書籍化のきっかけは今どきらしく”小説投稿サイト「小説家になろう」”に夜野やすみの名前で「君の膵臓をたべたい」を投稿し、注目を集めたのがきっかけ。

でも面白いのは、この「君の膵臓をたべたい」が長くなりすぎて考えていた”小説賞”に投稿できなくなったらしいこと。つまり応募規定内に収まらなかったというわけですね。

それで、この作品を小説投稿サイトに掲載し始めたと言う事のようです。

一度見れば忘れられないそのタイトルと純粋な内容のギャップも、さらにはその深さも、きっとみなさんの心臓を鷲掴みだと思いますよ。

 

次に監督月川翔氏について

こちらは映画・テレビドラマの監督、脚本のほか、ミュージックビデオやCMなども手掛ける現在35歳。

その主な作品がコチラ

  • 『黒崎君の言いなりになんてならない』2016年
  • 『君と100回目の恋』2017年
  • 『となりの怪物くん』2018年
  • 『みんなエスパーだよ』8・9話/2013年
  • 『ダメな私に恋してください』5・7話/2016年
  • LOUIS VUITTON Journey’s Award2009審査員グランプリ

これからが俄然楽しみな月川監督ですよね。

あまり馴染みのない【LOUIS VUITTON Journey’s Award2009】というものに興味が湧いたのでぞの映像を探してみました!

ありました!審査員グランプリ受賞作品がコチラ

”The Time Walker(タイム ウォーカー)”というタイトルが付いています。

何となく、日本人らしい感性の作品のように感じますね。

 

最後は脚本家吉田智子さんについてです。

テレビドラマも映画も手掛ける吉田智子さんの最近の作品がコチラ

  • 『ホット・ロード』2014年
  • 『アオハライド』2014年
  • 『僕は明日、昨日のきみとデートする』2016年
  • 『わろてんか』2018年NHK朝の連続テレビ小説

『僕は明日、昨日のきみとデートする』は作品中の時間軸が難解で、それを分からせなければいけない脚本は難しかっただろうな~、と想像してします。『わろてんか』はNHKの連ドラですし、注目を集めること間違いないところです。

 

こんなメンバーと実力派俳優がタッグを組んだ「君の膵臓がたべたい」はどうしても見たい作品のひとつですね!!

 

「君の膵臓をたべたい」キャスト

浜辺美波・・・山内桜良役

何と西暦2000年生まれの美波ちゃん。2016年『咲ーsaki』で主演。また本作『君の膵臓をたべたい』と『亜人』で複数の新人賞を受賞していて、これからもっと露出が多くなることが予想される注目株です。

瑞々しく、清潔感のある新人女優さんですね。

北村匠海・・・【僕】

若干20歳にしてキャリア10年の北村匠海さん。なんでも小学3年生の時にスカウトされちゃった凄いヒト。デビューも早いので出演作品は沢山ありますが、面白いことに過去作品でも今回と同じように小栗旬さんの少年時代を演じた経験があるのですよ。

それが『TAJOMARU』(2009年)で匠海くん11歳頃の事。

その後、小栗旬監督の『シュアリー・サムデイ』にも出演、『信長協奏曲』でも共演と縁が深く小栗旬さんが目標の俳優なのだとか。

小栗旬・・・成長した【僕】

もう説明はいらない^^ですね。『銀魂2』の撮影はもう済んだのでしょうかね?楽しみですね

北川景子・・・桜良の親友恭子

『探偵はBARにいる3』が公開中の北川景子さん。今年はNHK大河『西郷どん』にも出演で忙しくなりそうですね。

作中でウェディングドレスを着ているシーンが有りますが、やっぱりとっても綺麗です。どんなふうに絡んでくる役どころなのか楽しみです。

動画「君の膵臓をたべたい」あらすじ

「君の膵臓をたべたい」のあらすじを映画公式HPからご紹介します。

 

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の 言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。 彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を 思い出していく―。
膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、 【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。 だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、 終わりを告げる。
桜良の死から12年。
結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。
そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

引用元:http://kimisui.jp/sp/introduction.html

 

「君の膵臓をたべたい」予告

「君の膵臓をたべたい」の予告編ですが、これだけで切なくなってくる~

でも、やっぱり、その【ラスト】が想像できないですよね。

 

動画「君の膵臓をたべたい」見た人の感想

では、動画を見た人の感想を…その前に、小説を読んだ方の感想が有りましたのでそれもご紹介したくなりました。

彼女が病気を患って闘病をする話だと思ってたけど全然そうではなかった。どちらかというと「生きる」ことに目が向けられていて、泣ける場面もあったけど読後も穏やかで明るい!美しかった。メモしたくなるような言葉がいっぱいあったなぁ。

引用元:https://bookmeter.com/books/11673960

活字で追っていると脳に残る割合が違いますよね。動画を見てからでも小説を読んでみたくなります。

私はもっぱら恋愛映画はあまり見ないタイプの人間ですが、この作品は原作発売当初から気になっていたタイトルなので足を運びました。

涙が出るまでいかないまでも良作品でした。タイトルにもなっている「君の膵臓をたべたい」というセリフは、話の中で二転三転と意味を変え最後にはその言葉に托された想いが分かり涙腺を刺激します。

引用元:http://eiga.com/movie/85608/review/

小説と少女漫画はやっぱり違うという感想もあったな…。

難病モノのお約束をはるかに上をいく作品でした。限られた命を積極的に生きる人と無為に生きる人の人生が交差する。新人の幼さがかえって新鮮、逆に小栗&北川の負けてる感…長野里美の短い出演でグッとくる演技に感嘆。

引用元:http://coco.to/movie/83176

お~、なかなか気になる感想コメントですよね。

これは、やっぱり、見なくては!と思っちゃいますね。

 

動画「君の膵臓をたべたい」を完全無料視聴する方法

「君の膵臓をたべたい」を無料視聴するなら、

断然

⇒⇒TSUTAYAディスカス30日間無料お試しがお得!

 

何と言っても、TSUTAYAディスカスに登録すれば、それだけで貰えるポイントがあるのです!

ドンっ!と1080ポイントです!

 

このポイント、新作を視聴するのに使う事ができます。

TSUTAYAディスカスのサービスの特徴はナントいってもコレ!

◇◆◇見放題・借り放題のDVDが凄くいっぱいある!◇◆◇

準新作が見放題~

まだまだ話題作も見放題~

旧作は当然見放題~

こうなると、物凄い数の作品が無料視聴できることになるわけですよ。

しかも、

新作視聴に使えるポイントもタダで貰えるわけですからお得としか言いようがありません!!

 

「君の膵臓をたべたい」は動画配信で見る事ができますから、ホントに今すぐにでも見る事ができますよ!

 

無料視聴出来る関連作品紹介

それでは、「君の膵臓をたべたい」の出演者の別の作品などもご紹介しますね。

浜辺美波さん主演『咲ーsaki』。頑張ってますよ!応援してあげてくださいね

小栗旬さん・北村匠海さん出演『TAJYOMARU』。とにかく小栗さんの作品はすさまじい数ですねホント。

2017年の本気のギャグ作品(?)次回作も決定しております。『銀魂』

 

早くもDVD化!『代償』。これは重めの内容です。『銀魂』とのギャップが~

北川景子さん主演ドラマ『家売るオンナ』。これも全話無料視聴できます!

 

やっぱりこれは、登録するしかないでしょう~

TSUTAYAディスカスにGO!!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る