ジョン・ウィック:チャプター2(映画)動画を1と合わせて両方無料視聴するべし!

ジョン・ウィックが帰って来た!キアヌ・リーブス主演映画ジョン・ウィック:チャプター2が配信動画で視聴可能になりました!しかも、今ならシリーズ1&2が両方無料視聴できる嬉しさです!もちろん字幕・日本語吹替えも両方楽しめますよ。キアヌの作品にハズレ無し、過去作品もご紹介します。最新映画動画ジョン・ウィック:チャプター2を無料で視聴する方法です!

 

▽▲▽「ジョン・ウィック:チャプター2」▽▲▽

動画見るなら

TSUTAYAディスカスが超お得です!

バトル・バトル・バトル!!!

 

 

 

「ジョン・ウィック:チャプター2」基本情報

製作クルーはこんな面子です

監督 :チャド・スタエルスキ(前作より続投)
脚本: デレク・コルスタッド(前作より続投)
原作 :キャラクター創造
デレク・コルスタッド(前作より続投)
製作 :ベイジル・イヴァニク(前作より続投)
エリカ・リー
製作総指揮 :ジェフ・ワックスマン(前作はキアヌ・リーブスが製作総指揮)
ロバート・ベルナッキ
デヴィッド・リーチ
ケヴィン・フレイクス
ヴィシャル・ルングタ
出演者: キアヌ・リーブス
コモン
ローレンス・フィッシュバーンほか

公開:2017年7月7日

興業収入:約1億7000万USドル(≒170億円)

チャド・スタエルスキ監督

興味深いのはこのチャド・スタエルスキ監督です。

経歴がコチラ

もともとは、スタントマンであり、優秀なスタント・コーディネーター。

知る人も多いと思いますが、『クロウ飛翔伝説』(1994年)の撮影中の事故で主演のブランドン・リー(ブルース・リーの息子)が亡くなった際には、未撮影の場面のスタントを演じた人です。ブランドンとは友人だったそう。

ブランドン・リー

凄く才能が有ったのに…。事も有ろうに、撮影用の銃に実弾が入っていたために狙撃シーンで事故死してしまいました。本当に衝撃的なニュースでした。どう考えても殺人ですよね…、事故死とは…闇は深いです。

 

で、監督の経歴に戻りますが、

こちらもキアヌの代表作、そして映画映像を一段階上に登らせた作品『マトリックス』のスタント・コーディネーターを務めています。

「ジョン・ウィック」の制作総指揮はキアヌだから、キアヌが指名したのかな?とか想像しますね。

前作「ジョン・ウィック」をおさらい!

そう、「ジョン・ウィック」をおさらいしておかないとダメですよね。まあ、「チャプター2」から見ても面白いですが。

簡単に、簡単に、言えば……こういう事です

 ”伝説の殺し屋”を復職させてしまったわけです。

~あらすじ~

愛する女性に出会った事で引退して足を洗った凄腕の殺し屋”ジョン・ウィック”。

しかし彼女を病で亡くし、彼女からの贈り物である子犬と静かに暮らしていたジョンを裏社会のバカ息子が刺激した。

ジョンの家を襲い、車を奪い、『亡き妻が残してくれた子犬』を殺してしまったのだ。

 

そして、大切な全てを失った殺し屋は復習の為に復活する。

 

面白そう!!やっぱり前作も見るべきですね!

 

「ジョン・ウィック:チャプター2」あらすじ

では「ジョン・ウィック:チャプター2」のあらすじをTSUTAYAディスカスの作品紹介から。

壮絶な復讐劇から5日後。イタリアンマフィア・サンティーノの依頼を一蹴したジョン・ウィックは彼の怒りを買い、家を破壊されてしまう。ジョンはサンティーノへの復讐を開始するが…。

引用元:https://movie-tsutaya.tsite.jp

えっ!?5日後なの!?(笑)

引退⇒復活と動いたジョンに早速接触して来たマフィア。依頼を断ったら、ドカン!!

やられたら、しょうがないから、やり返す!?

とてもシンプルだ…。

 

「ジョン・ウィック:チャプター2」キャスト

キアヌ・リーブス・・・ジョン・ウィック役

かっこいいですね。この『ジョン・ウィック』シリーズでスターダムへ返り咲きとか、恰好良すぎます!自信が製作式した前作『ジョン・ウィック』が当たりシリーズ化したわけですが、すでに第3弾も決まっているようです。今度は何日後のお話になるのでしょうかね?

 

ローレンス・フィッシュバーン・・・バワリー・キング役

久々のキアヌとの共演となりました!『マトリックス』のモーフィアス役は記憶に残っている方も多いのでは?実は、とっても日本のアニメがお好きなんだそうですよ。

 

ルビー・ローズ・・・アレス役

またまた美しいボディガード&暗殺者が登場しましたよ。美しく、そして手話でコミニュケーションを取り指示を出すという不思議なキャラクター。神秘的です。女優さんの名前はルビー・ローズ、これ本名なのでしょうねえ、凄いですね。

 

 

「ジョン・ウィック:チャプター2」予告

これがチャプター2の予告編です!ものすごいスピード感です。

そして面白そう~~~~~~賞金かけられてるのね

”伝説の殺し屋”・”復活”・”復習”・・・なのにコメディなのかと勘繰ってしまうほど

これは、確かめる必要ありますね^^

 

どこまでもふざけてる?「ジョン・ウィック」

”シンフォニー・オブ・バイオレンス”笑っちゃいますよ。

公式HPにアップされている特別映像なのですが、もうスタッフも遣りたい放題ですね。おもいっきり楽しんじゃってます(爆)

 

 

 

「ジョン・ウィック:チャプター2」見た人の感想

実際に動画『ジョン・ウィック:チャプター2』を見た人たちの感想を見てみましょう~

『ジョン・ウィック:チャプター2』は、今年一番のアクション映画でした。前作よりも規模の大きくなった今作は、より面白い作品に仕上がっています。

しかも、前作の比べ物にならないレベルのかなり激しいアクションシーンもあり、キアヌ・リーブス演じるジョンも敵に対して全く容赦がありません。今作は前作よりもスケールを広げてイタリアのローマを舞台に描いています。

引用元:https://ciatr.jp/topics/293472

そうそう、監督がスタント出身なんですから、アクションシーンはホントに楽しみな所ですよね。

『ジョン・ウィック:チャプター2』はとにかく素晴らしい続編作品で、素晴らしいアクションシーンの数々と演技で全く退屈しませんでした。また、テンポよく話が進むので途中で場面がだれることもなかったです。キアヌにとってこの役はハマり役だと思うので、今作に留まらず、シリーズ作品として今後も続いてほしいです。

引用元:https://ciatr.jp/topics/293472

続編作品がパート1を超えるという観客の満足感を大いに満たしてくれる作品なのですよ!もう、べた褒めですね(何だか嬉しい)

1を観たときの衝撃から3年。やっと続編見れました。感想はやっぱり面白い!はやくも今年のベスト10に入るんじゃないかなと思います。
冒頭のカーチェイスから始まり最後まで息もつかせぬアクション。痛々しいジョンウィックを見ながらあっという間の2時間でした。
キアヌ復活の3部作のラストが待ち遠しいです。アクション好きにはオススメです

引用元:http://eiga.com/movie/83963/review/

完結編(?)シリーズ第3弾が早くも期待されている本作品。最後はどうひねって来るのか期待が膨らみます!!

「ジョン・ウィック」&「ジョン・ウィック:チャプター2」動画を無料視聴する方法!

「ジョン・ウィック:チャプター2」&「ジョン・ウィック」の動画を両方無料視聴できるのが

TSUTAYAディスカス30日間無料お試し!

 

その方法です!!

TSUTAYAディスカス30日間無料お試し特典をこう使おう!

その1

無料お試しに登録するだけで、無料で1080ポイントがもらえちゃう!

だから、

そのポイントを使って、新作「ジョン・ウィック:チャプター2」も無料で見られるわけですね。

しかも1080ポイントですから、他にも複数本新作が見られるのですよ!これはお得です(お得と言うか、タダです)

その2

何と、この30日間は、準新作まだまだ話題作そして全ての旧作が借り放題の見放題なのです!!

だから、

前作「ジョン・ウィック」も当然、無料で見放題の借り放題なんですね。

 

もう、直ぐにでも見たくなってしまいましたか?

キアヌ・リーブス作品は沢山ありますし、秀作揃いですから見ごたえがありますよ~~~

 

無料視聴できるキアヌ・リーブス主演作品紹介!

と言う事で、是非この機会に無料視聴の特典を活かして見て欲しいキアヌ作品を少しご紹介しましょう~

あれもこれも見て欲しい!

そして『クロウ/飛翔伝説』も見ておいて欲しい作品です。

懐かしい!『スピード』。キアヌをイッキにスターダムに押し上げた作品

『地球が静止する日』キアヌ・リーブスはホントに不思議な魅力がありますね。”静”と”動”が日本人好み?

『コンスタンティン』。10年でこんなに変わるの?俳優って凄い。

『マトリックス』シリーズは断然1作目がおすすめ!最後はもう難しすぎて、分けが解らない!

この機会にじっくりと見直してみるのもいいかも…。

 

とにかく、

TSUTAYAディスカスが超お得です!(クリック)

今すぐ登録、そのまま視聴スタート!!

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る