映画「あゝ、荒野」の動画をフル無料視聴する方法!

映画「あゝ、荒野 完全版」は前編・後編として公開された映画を6編に+未収録シーンを追加して再編集。U-NEXTだけで独占配信!しかもキャンペーンを利用すると無料で全6編を視聴することができちゃうんです!!

「あゝ、荒野 完全版」は寺山修司さん原作。設定を2021年の新宿に置き換え、菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんのダブル主演で、ボクシングを通して友情やふたりの成長が描かれています。入念なトレーニングを積んだ菅田将暉さんとヤン・イクチュンさんのボクシングシーンの迫力がスゴイ!男の友情にグッとくる映画ですよ!

映画「あゝ、荒野 完全版」の動画は、U-NEXT独占配信中!キャンペーンの利用で無料視聴できます!!

 

U-NEXT


初回会員登録から31日間無料視聴できます!

登録時に600ポイント付与されますのでお得♪

見放題動画はどれだけ見ても無料ですので、無料期間中に目一杯楽しみましょう♪
今すぐクリック!→U-NEXTの無料登録はコチラ!

「あゝ、荒野 完全版」予告映像

 

「あゝ、荒野 完全版」特典映像、キャストコメント、監督コメントも配信中

「あゝ、荒野 完全版」の特典映像やキャストコメント、監督コメントもU-NEXTで配信中。

しかも、全部見放題なので、映画「あゝ、荒野」を全部まるっと極められちゃいますね!

 

「あゝ、荒野 完全版」キャスト

沢村新次(新宿新次)…菅田将暉

http://eiga.com/news/20171008/6/1/01/

幼い頃に父親は自殺、母親に捨てられて自暴自棄な不良として育ち少年院へ。ボクシングと出会い立ち直り成長していく。

二木健二(バリカン健二)…ヤン・イクチュン

http://eiga.com/news/20171008/6/1/01/

厳しい父親のもと床屋で育つ。吃音と赤面対人症で悩んでいる。

堀口(片目)…ユースケ・サンタマリア

ボクシングジムのトレーナー。新次と健二と路上で出会いスカウトする。

曽根芳子…木下あかり

新次の彼女。ラーメン屋で働いている。

 

「あゝ、荒野 完全版」原作

映画「あゝ、荒野 完全版」原作は、寺山修司さん唯一の長編小説「あゝ、荒野」。

https://www.amazon.co.jp/

原作では60年代の新宿=「ネオンの荒野」を舞台に、吃音で赤面対人恐怖症のバリカン建二と少年院で人生の挫折を味わった新宿新次がボクシングジムで出会い、プロボクサーを目指すというストーリー。

寺山修司が絶好調の頃に書かれた長編小説で、啖呵や詩も織り込まれている、集大成とも言える作品で読み応えあり!

「あゝ、荒野 完全版」の動画はU-NEXTで独占配信中!しかも見放題対象作品!キャンペーンに登録すれば全話無料で観れちゃいますよ!

U-NEXTの31日間無料キャンペーンに登録すると!

「あゝ、荒野 完全版」の動画6話まで全部イッキに無料で見放題

U-NEXTのキャンペーンに登録すれば、31日間無料で動画がお好きな時間にお持ちのPCやスマフォですぐに見れちゃいます!レンタルに行かなくても!再放送を見なくても!録画しなくても!ささっと自分の好きな時間や隙間時間に見れるのは最高に便利!!一気に全話観られるのもうれしいですね!

U-NEXTの無料登録はコチラ!

「あゝ、荒野」映画を見たみんなの感想は?

「あゝ、荒野」の映画を見た皆の感想はこちらです。

久しぶりに激アツの映画を見てしまった!!
ここに登場するのは、人として底辺の暮らしをしていながらそこから何とかもがき這い上がろうという人たちの物語である。そうなってしまったのも様々な環境が影響しているのだが、最初こそ野獣のような人間だったのが人生の目標を見出しそこに魂をかけるという物語だ。だからこそ心からの叫びに見ている方がグサグサ刺さってくる。

こうしたスポーツ物となると、どれだけ演者がボクサーの動きを出来るかなのだが、さすが菅田将暉くん、鬼気迫る演技とファイトスタイルにかなり燃えた!。相棒となるのが「息もできない」のヤン・イクチュンなのだが、驚くことに言語障害がある心優しき役柄。ただし心にはアツい気持ちを持ってる人物。
それ意外にも、木下あかり、ユースケ、でんでん、をはじめ出演者全員いい。

前篇後篇合わせて圧巻、えぐい。日本の全映画賞を総ナメすると思う。せなおかしい。全員覚醒してた!

寺山修司原作。前編、後編ってだけで長いのに前編だけでも長い映画。でも主役の二人に絡む多くの人々の人生や時代背景なども描かれていくのでどうしても長くならざるを得ないような。

物語に登場する人達の愛とか愛情に枯渇してそれとどう向き合っていいのかそれぞれが苦悩しながら時代が流れていく。

ボクシングに出会い、恋人に出会い、友人に出会い、少しずつ前に進んで行くように見えながら怒りと悲しみの渦巻く過去に引きづられてしまう。抱えているものがみな重く、根深く、闇を帯びているけれどコミカルなシーンも多く泣いたり笑ったり忙しかった。

劇場は男性ばかり。
新宿を舞台にボクシングで殴り合うシーンも多く、下ネタも散りばめられ、菅田君の濡場も激しく、女性は敬遠しがちな部類の映画。
そうはいっても菅田将暉演じる新次の内面を描く上で必要不可欠なシーンなので仕方ないし、相手役の子が細くて妖艶さがないのでいやらしくないのがいい。

引用 https://filmarks.com/movies/69249?page=2

 

U-NEXTは信頼の大手動画配信サイトです。何に(例えば広告)邪魔される事も無く、正規の映像を見る事ができますよ!

U-NEXTの無料登録はコチラ!

引用画像 http://kouya-film.jp/


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る