ドラマ コウノドリ 第6話 視聴率速報・感想・評判・あらすじ(ネタバレ)

コウノドリの第6話は11/17(金)10時から放送されます。

ここでは、ドラマ『コウノドリ』第6話についてのあらすじ(ネタバレ)、予告動画・感想、そして気になる視聴率速報についてご紹介していきたいと思います。

 

5話はもう涙ボロボロ大号泣でした~~~。出産にはいろんな過酷な現実があるけど、それでも赤ちゃんが生きていればこそ頑張れるんですよね。死産でもあんなふうに普通のお産みたいに産むのかと・・考えてみれば当たり前のことなのに、なんか衝撃的でした・・・。

赤ちゃんが生まれてくるのって、当たり前ではなくてやっぱり奇跡なんだなぁと改めて実感しました。

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ

ドラマ『コウノドリ』第6話のあらすじ

新金曜ドラマコウノドリは、綾野剛さん演じる超癒し系の産科医がいろんな命と誠実に向き合っていく感動ドラマです!下屋の友人妊婦が心肺停止で緊急搬送!?

コウノドリ 第5話のあらすじ感想はコチラ!

下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科で、切迫早産で入院している神谷カエと出会う。
この病院で唯一の入院患者のカエは、不安が募っていた。
下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗っていた。名前も年齢も同じ2人は意気投合し、次第に仲良くなっていく。
患者に首をつっこみすぎじゃないかと言う白川(坂口健太郎)に下屋は、自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼ってばかりじゃ、一人前になれないと反論するのだった。 そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に告げるが、「週明けに検査する」とだけ返されて帰路につく。
ペルソナに戻った下屋のもとに、こはる産婦人科からの緊急搬送が。

なんと、心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった──。

http://www.tbs.co.jp/kounodori/story/より引用

ドラマ『コウノドリ』第6話の感想(ネタバレ含)

突然の母体の死

下屋(松岡茉優)は、ピンチヒッターでこはる産婦人科に当直に入っていました。そこで切迫早産で入院中の34週の妊婦・神谷かえ(福田麻由子)と出会います。下屋とは同い年で、名前も一文字違いなことからすっかり仲良くなった二人。神谷は張りどめの薬の副作用で、ちょっと手が震えたり動悸がすると言っていました。下屋はそれが少し気になり、甲状腺などの疑いがあるのではないかとこはる産婦人科の院長に伝えます。「本人から甲状腺の異常を聞いたことがない」と院長に言われ、「それなら自分の思い過ごしかもしれない」と下屋は引き下がってしまいます。その日はもう遅かったため、「週明けに検査をしてみる」ということになりました。それでも神谷のことが気になり続けていた下屋の元に、なんと救急車で神谷が運ばれてきます。

 

 

神谷は、甲状腺クリーゼという病気でした。下屋の見立て通りだったのです。下屋は異変に気付きながらも、詳しい検査を求めなかったことを強く後悔します。帝王切開ですぐに赤ちゃんは無事に取り出しましたが、神谷の方が心停止に陥ってしまいます。そして、懸命な処置も虚しく、神谷はそのまま命を落としてしまいます。

 

 

下屋は、どうしてもっと強く検査を勧めなかったのか、どうして甲状腺を触診しなかったのかと、自分を責めます。神谷の死に対して会議が行われ、救命科の部長・仙道(古舘寛治)は「ぶっちゃけ見落としじゃないの?」と辛辣な意見。全ての妊婦にスクリーニングすれば、今回の件は防げたのではないかという意見もありますが、今回のケースは極めて稀であり、その稀なケースのために全員にスクリーニングをするというのは、コスト面を考えると難しいと思われます。

 

 

下屋(松岡茉優)の出した答え

しかし、下屋は翌日から検診に来た妊婦全員に甲状腺の検査をさせます。そのせいで待合室はとても混んでしまい、健康な妊婦まで不安に駆られてしまいます。そんな下屋の様子を見て、サクラは「しばらく休むよう」と勧めます。「下屋はどんな産科医になりたい?それがわかったら帰っておいで」と優しい言葉をかけて。

 

 

休養中、小松(吉田羊)と一緒にベイビー(サクラ)の弾くピアノを聴きに行った下屋。「やっぱり産科に帰りたい」という気持ちを新たにします。病院から呼び出しが入り、サクラはまだ一曲目でしたがライブ会場を後にします。そんなサクラを見て、慌てて病院に駆けつけた小松(小松はベイビーの正体がサクラだと知っている)。そして小松の後ろには下屋の姿も・・・!

 

 

下屋の出した答えは、救命に行くこと。そしてもっと力をつけて、産科に戻ってくること。今のままではサクラや四宮(星野源)に甘えてばかりで、こんな自分では産科に戻れないと思ったのです。

 

 

下屋を迎えた救命はとても歓迎ムードとは言えません。「1年を目安に産科に戻るつもり」という下屋に対して、「1年か。いや、1年だけかって嫌味じゃなくて、1年もたないって意味だよ」と部長。さらに加瀬は、「学生気分なら言わせてもらうが、救命は勉強する場所にねえんだよ」と。コードブルーのドラマを見ていれば、救命の厳しさ分かりますからね。全ての命がぎりぎりのところにさらされている救命で、ゆっくり学んでいる暇はないのは確かな気がしますが、それでも下屋の決意は固そうです!

 

 

新たな仲間、そして小松に忍び寄る病・・・

そしてもともと人手不足なうえに、下屋を放出してしまいもっと大変になってしまう産科。しかし、代わりに新しく入ってくる人間が一人!サクラと四宮の後輩で、赤ちゃんを産んだばかりの倉崎(松本若菜)です。

 

 

その時、小松が突然苦しみだし・・・。小松に忍び寄る病とは・・・!?

 

ドラマ『コウノドリ』第6話の予告動画

コウノドリ6話の予告動画をご紹介します。

下屋加江と神谷カエ、名前も年齢も同じ産科医と妊婦の間に生まれた友情。

しかし、カエが心肺停止で緊急搬送されて・・・。

下屋が病気を見落とし!?

下屋は「産科医になったことを後悔」?

5話に引き続き、悲しい結末になってしまうのでしょうか・・・?

 

sponsored link

ドラマ『コウノドリ』第6話の視聴率速報

コウノドリ(ドラマ)6話の視聴率速報をご紹介します。

コウノドリ6話の視聴率は、11・0%でした!

<コウノドリの平均視聴率一覧>

  • 1話:12.9%
  • 2話:11.8%
  • 3話:11.9%
  • 4話:13.6%
  • 5話:10.6%
  • 6話:11.0%

視聴率は、放送翌日のお昼頃に公開されることが多いです。

次週、コウノドリ(ドラマ)7話のあらすじと予告動画

続きが気になる、コウノドリ(ドラマ)7話のあらすじと予告動画はこちらで紹介中です!
見逃したり、もう一度見たい方はこちらのページをチェック!

→コウノドリの7話のあらすじと予告動画を見る!

コウノドリ(ドラマ)をもっと楽しむためにおすすめ記事

コウノドリ(ドラマ)を楽しむためにこちらの記事もおすすめです。

「コウノドリ」キャスト相関図とあらすじ!綾野剛ドラマ


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る