ドラマ刑事ゆがみ 第6話 視聴率速報・感想・評判・あらすじ(ネタバレ)

刑事ゆがみの第6話は11/16(木)10時から放送されます。

ここでは、ドラマ『刑事ゆがみ』第6話についてのあらすじ(ネタバレ)、予告動画・感想、そして気になる視聴率速報についてご紹介していきたいと思います。

 

謎めいたキャラのヒズミがロイコ事件で生き残った一人娘!?一気に急展開を見せた5話でしたね!!

でも、6話では全く関係のない事件のようなので、一旦この謎はお預けって感じですかね??気になるーー!

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ

ドラマ『刑事ゆがみ』第6話のあらすじ

「刑事ゆがみ」は、「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」弓神(浅野忠信)と「正義感と上昇志向が強い腹黒刑事」羽生(神木隆之介)の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマです!真剣佑登場!

刑事ゆがみ 第5話のあらすじ感想はコチラ!

弓神(浅野忠信)羽生(神木隆之介)らは、総資産300億円を誇る若きIT企業家・貝取勝平(新田真剣佑)を狙った傷害事件を捜査する。事件は、貝取が来週オープンさせる予定だったプラネタリウムで起きた。貝取をプラネタリウムまで送り届けた運転手が、指示された通り深夜0時に迎えに行くと、彼が血を流して倒れていたという。貝取は、サプライズ企画の準備でプラネタリムを訪れることをSNSに投稿していた。

弓神と羽生は、意識を取り戻した貝取に会いに行く。だが貝取は、イヤホンで音楽を聴いていて振り向いたらいきなり刺されたため、犯人の顔は見ていないという。

強引な企業買収を繰り返す貝取は、多くの人間から恨みを買っていた。そのひとりが、望遠鏡メーカー『スタームーン』の創業者・星月亘(辻萬長)だ。事件現場のプラネタリウムもこの会社が携わっていたが、貝取が出資話を白紙に戻したせいで倒産し、社長だった星月の息子・晃介は借金苦で自殺していた。

弓神たちが星月から話を聞くと、事件発生時刻は酒を飲んで寝ていたという。孫娘の光希(新井美羽)の証言も同じだった。その際羽生は、モンスターを集めて遊ぶゲームアプリ『モンコレ』がきっかけで光希と仲良くなる。

そんな中、弓神たちは、貝取が『モンコレ』人気で急成長した『テンドーカンパニー』の買収も目論んでいたと知り、社長の天堂英里(MEGUMI)に会いに行くが…。

http://www.fujitv.co.jp/yugami/story/より引用

ドラマ『刑事ゆがみ』第6話の感想(ネタバレ含)

新太真剣佑はいい人?悪い人?

ある日、総資産300億円を誇る若き青年企業家の貝取(新太真剣佑)が、何者かにナイフで刺されるという事件が発生します。貝取は、かなり強引なやり方で買収を繰り返しており、多くの人間から恨みを買っていました。

 

 

貝取に犯人について聞きに行くと、「見ていない」と答えます。さらに「あなたたちに何ができるんですか?役立たず」と警察に対して全く捜査協力をするつもりはない様子です。

 

 

怨恨の中から一番動機の強い人間として挙げられたのが、星月亘(辻萬長)です。望遠鏡メーカー「スタームーン」の創業者で、貝取の刺された事件現場のプラネタリウムもこのスタームーンが関わっていました。貝取はスタームーンに買収話を持ちかけますが、突然約束していた出資話を白紙に戻し、そのせいでスタームーンは倒産。その時社長だった星月の息子・晃介は多大な負債を抱え、それを苦に自殺していました。

 

 

早速星月に話をしに行くと、孫娘の光希(新井美羽)がいました。光希は、星月は事件時刻は家で酒を飲んで寝ていたと証言。「貝取さんの事を悪口を言うことがあっても、殺そうなんてしません」と祖父を信じている様子です。

 

 

刑事が捜査中に持ってはいけない二つのもの

羽生(神木隆之介)は、モンスターを集めて遊ぶゲームアプリ「モンコレ」が大好きなことで、光希と意気投合し仲良くなります。

 

 

さらに貝取が「自分を刺した犯人を思い出した」と証言。そしてその名前は星月亘でした。そのことから星月は任意同行をかけられてしまいます。「おじいちゃんは犯人じゃない!」と泣きながら訴える光希。羽生はなんとか星月への疑いが晴れることを願います。

 

 

しかし、刑事が捜査中に持ってはいけない二つのもの。それは事件関係者への恋心と同情です。

 

 

しかし羽生の願いもむなしく、星月が調査会社に貝取の動向を調査してもらっていた事が発覚します。以前から殺害計画を立てていたのでは?という疑いがかなり濃厚に。

 

 

もう一人の容疑者

ここで、もう一人怪しい人物が浮上します。「モンコレ」を作った会社・「テンドーカンパニー」の社長・天堂(MEGUMI)です。筆頭株主の貝取は、テンドーカンパニーの買収を目論んでいました。そこで現社長の天堂が、買収を防ぐため貝取を殺害しようとした可能性があるのです。そして電動が犯人だとすれば、貝取が最初の「犯人を見てない」と嘘をついて半にをかばおうとしたのも説明がつきます。社長が犯人だとすれば株は大暴落し、筆頭株主である貝取が一番損をしてしまうからです。

 

 

犯人は意外すぎる人物!

そんな中弓神(浅野忠信)は天堂の twitter から「プラネタリウムでサプライズ企画の生配信を準備をしている」というツイートを発見します。羽生をそこに向かわせると、貝取が一人で準備をしていました。そしてその背後から現れた意外すぎる人物とは・・・なんと光希でした・・!!

 

 

光希は両手にナイフを握りしめ、貝取に突進。貝取は倒れますが、実は防弾チョッキを着ていて無事でした。弓神が光希が犯人だと気づいた理由は、貝取の「あなた達に何が出来る?役立たず」という言葉でした。光希は11歳。人を刺しても罪には問われません。警察ではどうにもできないという意味でした。さらに光希のモンコレに入っていた白鳥のモンスター。これは光希と父親の晃介が一緒に夢見た新しいサプライズ企画だったのです。

 

 

最初に貝取が刺された日、プラネタリウムに新キャラを登場させる準備を進めていました。 twitterでサプライズ企画があると知った光希は、嫌な予感がしてそれを確かめるためにプラネタリウムに足を運んだのです。

 

 

後で晃介が考えた白鳥のキャラクターを見つけます。大事な父親の命だけではなく、アイディアまで盗まれたことがどうしても許せずに、貝取をさせてしまったのでした。

 

 

そして貝取が犯人を見ていないと言ったのも、途中から星月を犯人に仕立て上げようとしたのも、光希を挑発してこの場におびき出すため。貝取が光希に刺されたと証言したところで、光希は罪には問われません。ですから今回サプライズ企画の生配信を行っているところに、たまたま光希が貝取をさす犯行の様子が写り込んでしまったということで、光希の犯行を日本中に配信して、光希を社会的に罰しようとしたのでした。子供相手にかなりひどいやり方ですよね。真剣佑さんはいろんな役をこなして、前クールの「僕やり」では不良ながらも心優しい役だったので、実は光希に謝罪の気持ちがあって変わっているのかと思っていました。しかしここまでとことんやり込めようとしているとは。

 

 

ヒズミ(山本美月)が光希を助ける

しかしこの動画の配信は、ヒズミ(山本美月)がハッキングにより食い止めていました。代わりに貝取の会社のホームページには、貝取の脱税の証拠を載せます。これで貝取は社会的に抹殺されたのでした。

 

ドラマ『刑事ゆがみ』第6話の予告動画

刑事ゆがみ6話の予告動画は公式HPで見られます。

 

6話では、千葉真一さんの息子・新田真剣佑さんが登場します!前クールの「僕たちがやりました」でかなりファンになってしまったので、楽しみです!

真剣佑さんは演技にも定評があり、作品によって全然雰囲気が変わると言いますね!だいたい刑事ものって、「この人、けっこう犯人役やりそうだしな~」なんてキャストで推理してしまうのですが、 真剣佑さんはそうゆう意味でもまだ固定概念がついていない俳優さんなので、どんな役どころを演じてくれるのか楽しみなところですね!

 

sponsored link

ドラマ『刑事ゆがみ』第6話の視聴率速報

刑事ゆがみ(ドラマ)6話の視聴率速報をご紹介します。

刑事ゆがみ6話の視聴率は、6・7%でした!

<刑事ゆがみの平均視聴率一覧>

  • 1話:7.6%
  • 2話:5.8%
  • 3話:6.0%
  • 4話:6.3%
  • 5話:6.4%
  • 6話:6.7%

視聴率は、放送翌日のお昼頃に公開されることが多いです。

次週、刑事ゆがみ(ドラマ)7話のあらすじと予告動画

続きが気になる、刑事ゆがみ(ドラマ)7話のあらすじと予告動画はこちらで紹介中です!
見逃したり、もう一度見たい方はこちらのページをチェック!

→刑事ゆがみの7話のあらすじと予告動画を見る!

刑事ゆがみ(ドラマ)をもっと楽しむためにおすすめ記事

刑事ゆがみ(ドラマ)を楽しむためにこちらの記事もおすすめです。


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る