「コウノドリ」キャスト相関図とあらすじ!綾野剛ドラマ

2017年10月13日金曜スタート(15分拡大)「コウノドリ」のキャスト、相関図、あらすじ情報が出てきました。主演は綾野剛さん。

産婦人科医で謎のジャズピアニストでもある鴻鳥サクラを演じる綾野剛さん。「命」が生まれる産科が舞台の「生まれてきたことの意味」「命を授かる奇跡」をテーマに展開される医療ドラマです。

コミックを見事に再現したと大評判だったドラマ「コウノドリ」第2シリーズ!毎回「命」を巡る感動の嵐を期待!こちらでは「コウノドリ」のキャスト、相関図、あらすじをまとめていきます!

 

sponserd link

ドラマ「コウノドリ」基本情報

  • TV局:TBS
  • 開始日:2017年10月15日スタート毎週金曜日夜10時~(初回15分拡大)
  • 出演者:綾野剛、松岡茉優、吉田 羊、坂口健太郎、浅野和之、江口のりこ、星野 源、大森南朋、古畑星夏ほか
  • 原作: 「コウノドリ」鈴ノ木ユウ (講談社モーニングKC)
  • 主題歌:未定
  • 脚本: 坪田 文、矢島弘一、吉田康弘
  • 演出: 土井裕泰『コウノドリ』『カルテット』『逃げるは恥だが役に立つ』『映画 ビリギャル』ほか、山本剛義『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』ほか、加藤尚樹『コウノドリ』ほか
  • プロデューサー: 那須田淳『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『重版出来!』ほか、峠田 浩『コウノドリ』『逃げるは恥だが役に立つ』『わにとかげぎす』ほか

ドラマ「コウノドリ」の予告動画

 

ドラマ「コウノドリ」の出演者とキャスト

鴻鳥サクラ(綾野剛)

人に命に寄り添うあたたかい心と冷静な判断力、そして確かな腕をもつペルソナ総合医療センターの産婦人科医。そして謎の天才ピアニストBABYとしての活動も密かに行っている。

自分の誕生と引き換えに母親を失ったという過去があり、人一倍出産への思い入れがある。

 

下屋加江(松岡茉優)

前作では「新米産婦人科医」としての壁にぶつかり悩み、サクラや四宮、小松の助けでそれを克服。
2年後の現在は経験を重ねて強くなっているのか見どころです。

 

小松留美子(吉田羊)

豚足が好物という元気バリバリのベテラン助産師。サクラや四宮ら医師にも頼りにされている。

ギャグ満載のキャラでシリアスな命の現場を和ませる存在。吉田羊さんが原作コミックの小松さんとまるっきり同じ表情で演じていてスゴイです!

 

四宮春樹(星野源)

サクラの信頼できる同期でライバル的存在。無口で皮肉屋だがサクラ同様やさしい心の持ち主。

嘘がつけない性格で、患者にも厳しくきついことを言ってしまう。

 

白川領(坂口健太郎)

下屋と同期のかつての「新米新生児科医」。力及ばず新生児が亡くなってしまったショックで一度は転科を考えるが、乗り越えて戻って来た過去がある。2年後の現在の成長ぶりに期待です。

 

今橋貴之(大森南朋)

新生児科部長 兼 周産期センター長。ベテラン医師として新生児科の医師だけでなく産婦人科の意思たちからも慕われている。

 

ヒューマン医療ドラマとして毎回感動の涙を流させたドラマ「コウノドリ」が帰って来ます!

気になるキャストは前作のまま!!新しくNICU(新生児集中治療室)で働く4年目の看護師・麻生理佐子役に古畑星夏さんがレギュラー出演します。

かわいいナースなので、新生児科医の白川が口説くシーンが絶対にありそうですよね!

オリジナルキャストの面々とどんな演技を見せてくれるのか注目です!!

 

ドラマ「コウノドリ」相関図

発表され次第アップしていきますのでお楽しみに!

 

ドラマ「コウノドリ」ネタバレあらすじ

主人公の鴻鳥サクラ(綾野剛)は、ペルソナ総合医療センターの産婦人科医。非番の日には謎の天才ジャズピアニストのBABYとして緊急の呼び出しが入ると曲を突然中断して席を立って去るという方法で音楽活動を行っています。

産婦人科医としての腕も天才的!常に冷静な判断力と妊婦とその家族、生まれて来る赤ん坊に寄り添うやさしさを持ったスーパードクターです。

サクラとペルソナ医療センターの産婦人科と新生児科のメンバーが日々立ち向かう、命がけの「出産」を通して、「命」の儚さと奇跡や尊さを描いたヒューマン医療ドラマ。

テーマは「生まれること、そして生きること」…もうこのフレーズを読んだだけでちょっと感動してしまいます!

「命」をテーマにしたシリアスなストーリーでありながら、ペルソナ医療センターのメンバーは主人公のサクラをはじめユーモラスでほんわかしたキャラで、ギャグのシーンも多く、緩急のバランスが絶妙なのもこのドラマの魅力です。

 

引用画像 http://www.tbs.co.jp/kounodori/


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る