ジュリエッタ(映画)の動画をフルで無料視聴する方法

ジュリエッタ(映画)の動画をフルで無料視聴する方法を紹介します。映画「ジュリエッタ」はノーベル賞作家アリス・マンローによる短篇小説「私が、生きる肌」をペドロ・アルモドバル監督が映画化したヒューマンドラマです。本記事ではその動画をフルで無料視聴する方法を紹介します。

 

ジュリエッタ(映画)の動画をフルで視聴するにはTSUTAYA DISCASがオススメ!
TSUTAYA DISCASの30日間無料おためしに登録するとジュリエッタ(映画)の動画の動画がフルで見れちゃいますよ!登録はコチラ!
>>>ジュリエッタ(映画)の動画がフルで無料視聴可能!「TSUTAYA DISCAS」30日間無料お試しはコチラ!!TSUTAYA DISCAS

 

ジュリエッタ(映画)の動画をフルで視聴する方法

TSUTAYA DISCASでは現在、DVD・CD借り放題、動画配信見放題の無料お試しキャンペーンを実施しています。ジュリエッタの映画(動画)はそのTSUTAYA DISCASの30間無料トライアルに申込むことで、フルで無料視聴することができます。

 

 

TSUTAYA DISCASで配信されている動画「ジュリエッタ」はレンタル・動画配信の両方提供しています!お好みの視聴方法が選べます!

 

 

>>>ジュリエッタ(映画)の動画がフルで無料視聴可能!「TSUTAYA DISCAS」30日間無料お試しはコチラ!!

 

ジュリエッタ(映画)の動画のみどころ!

1.ノーベル賞作家アリス・マンローによる短篇小説を映画化

映画「ジュリエッタ」はノーベル賞作家アリス・マンローによる短篇小説「私が、生きる肌」をペドロ・アルモドバル氏が映画化。

 

主人公は自分を心から愛してくれている恋人がいるにもかかわらず、常に孤独感を伴いながらスペインのマドリードで暮らしているジュリエッタ。

 

その恋人ロレンソにも打ち明けることができない秘密を心に秘めています。そんなある日、ジュリエッタは偶然知人に再会し、「あなたの娘を見かけた」と言われたことによりとても衝撃を受けます。

 

ジュリエッタの一人娘アンティは12年前、理由も言わず突然姿を消してしまい、ジュリエッタはそれ以来、アンティには一度も会っていません。

 

これがきっかけとなり、心の奥で蓋をしてきた娘への想いがよみがえります。そしてジュリエッタはその封印してきた過去と向き合い、どこにいるのかも、会えるのかもわからない娘宛てに手紙を書き始めます。

 


参照元:julieta.jp/

 

2.ジュリエットの2人1役である必要性

ペドロ・アルモドバル監督は本作で、主人公ジュリエッタ役にふたりの女優を起用しています。現在のジュリエッタを演じるのはベテラン女優のエマ・スアレス。

 

そして、過去のジュリエッタ役にはNHKで放送されたデレビドラマ「情熱のシーラ」で一躍注目を浴びた女優アドリアーナ・ウガルテが演じています。

 


参照元:julieta.jp/

 

本作でキーワードとなるのは「ジェンダー」。ジュリエットが隠し持つ秘密は信頼のおける恋人にでもさえも話すことができない複雑さそのもの。

 

過去と直面しなくては解決できないジュリエッタの問題は、現実と過去のジュリエッタを別の女優を起用することで客観的に自分を見つめなおすことができ、重要なキャスティングだとも言えます。

 

3.ペドロ・アルモドバル監督のキャリア集大成ともなる20本目の長編監督作品

複雑な脚本で、人間の秘めたる欲望や情熱、家族や個人の問題をテーマにすることが多いペドロ・アルモドバル監督。個々が抱える問題は千差万別。

 


参照元:julieta.jp/

 

ペドロ・アルモドバル監督の作品は映画を通して境遇は違うけれども、根本的な部分で誰もが持っている劣等感に蓋を開けさせ、考えさせられるという力を持っています。

 

TSUTAYA DISCASでは現在映画「ジュリエッタ」以外でも多くのペドロ・アルモドバル監督を取り扱っています。せっかくの無料トライアル期間に一気に見てしまうのもおすすめです。

 

↓↓↓全部見れます!無料で見れます!↓↓↓

 

「オール・アバウト・マイ・マザー」
ヨーロッパの巨匠ペドロ・アルモドバル監督による感動ドラマ。最愛の息子を事故で失ってしまった母親の、死を乗り越える魂の軌跡を描く。99年度アカデミー賞、最優秀外国語映画賞受賞。

 

17年前に別れた夫に関して息子から問われた母マヌエラ。長い間隠していた夫の秘密を話そうと覚悟を決めた矢先、彼女は息子を事故で失ってしまう。息子が残した父への想いを伝えるため、マヌエラはかつて青春を過ごしたバルセロナへと旅立つ。

 

「オール・アバウト・マイ・マザー」の作品情報
製作年:1998年
製作国:スペイン
原題:TODO SOBRE MI MADRE/ALL ABOUT MY MOTHER
受賞記録:1999年 アカデミー賞 外国語映画賞
1999年 カンヌ国際映画祭 監督賞
1999年 ゴールデン・グローブ 外国語映画賞
1999年 NY批評家協会賞 外国映画賞
1999年 LA批評家協会賞 外国映画賞

 

「オール・アバウト・マイ・マザー」のキャスト・出演者/監督・スタッフ
監督:ペドロ・アルモドバル
製作総指揮:アグスティン・アルモドバル
出演:セシリア・ロス、マリサ・バレデス、ペネロペ・クルス、アントニア・サン・ファン、カンデラ・ペニャ、ロサ・マリア・サルダ、フェルナンド・フェルナン・ゴメス、ロサ・マリア・サルダ
撮影:アフォンソ・ビアト
音楽:アルベルト・イグレシアス、アルベルト・イグレシアス

 

 

「死ぬまでにしたい10のこと」
23歳のアンは、母親の家の裏庭にあるトレーラーハウスで失業中の夫と幼い2人の娘と暮らし、時間に追われる忙しい毎日を送っていた。だがある日、彼女は突然腹痛に襲われて病院に運ばれる。そして検査の結果、医師から余命2ヵ月の宣告を受ける。

 

若さのせいでガンの進行が早く、すでに全身に転移してしまっていた。アンはこのことを誰にも打ち明けないと決意し、ノートに死ぬまでにしたいことを書き出していった。それはちょうど10項目になった。そしてその日から、彼女はその秘密のリストを一つずつ実行していくのだった…。

 

「死ぬまでにしたい10のこと」の作品情報
製作年:2003年
製作国:カナダ/スペイン
原題:MY LIFE WITHOUT ME

 

「死ぬまでにしたい10のこと」のキャスト・出演者/監督・スタッフ
監督:イザベル・コイシェ、イザベル・コヘット
製作:エステル・ガルシア
製作総指揮:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、オグデン・ギャヴァンスキー
出演:サラ・ポーリー、スコット・スピードマン、デボラ・ハリー、マーク・ラファロ、レオノール ワトリング、アマンダ・プラマー、ジュリアン・リッチングス、マリア・デ・メディロス、アルフレッド・モリーナ、スコット・スピードマン、マーク・ラファロ、レオノール・ワトリング
脚本:イザベル・コヘット
撮影:ジャン=クロード・ラリュー

 

 

「人生スイッチ」
些細なきっかけで連鎖していく爽快な展開をオムニバス形式で描くブラックコメディ。ファッションモデル・イザベルが仕事で指定された飛行機に乗ると、隣の席の男が彼女の元彼を知っていた。さらに乗客全員が彼と関わりがあることが判明し…。※PG12

 

「人生スイッチ」の作品情報
製作年:2014年
製作国:アルゼンチン/西
原題:RELATOS SALVAJES/WILD TALES

 

「人生スイッチ」のキャスト・出演者/監督・スタッフ
監督:ダミアン・ジフロン
製作:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ウーゴ・シグマン
出演:ダリオ・グランディネッティ、リカルド・ダリン、オスカル・マルティネス、レオナルド・スバラグリア、エリカ・リバス、リタ・コルテセ、フリエタ・シルベルベルグ、ダリオ・グランディネッティ、レオナルド・スバラーリャ

 

 

「ボルベール<帰郷>」
「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督が、自身の故郷ラ・マンチャを舞台に、愛する人たちの死を受け入れ力強く生きる女性たちの姿を色彩豊かな映像で綴る郷愁と女性讃歌のヒューマン・ドラマ。主演はアカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされたペネロペ・クルス。

 

失業中の夫と15歳の娘パウラを一人で養う、明るくたくましい女性、ライムンダ。ある日、夫がパウラに手を出そうとして逆に刺し殺されてしまう。慌てたライムンダは事件の隠蔽に奔走する。一方、故郷ラ・マンチャでは急死した伯母の葬儀が行われ、参列したライムンダの姉ソーレは、母イレネの幽霊が出たという奇妙な噂を耳にする。

 

「ボルベール<帰郷>」の作品情報
製作年:2006年
製作国:スペイン
原題:VOLVER
受賞記録:2006年 カンヌ国際映画祭 女優賞

 

「ボルベール<帰郷>」のキャスト・出演者/監督・スタッフ
監督:ペドロ・アルモドバル
製作:エステル・ガルシア
製作総指揮:アグスティン・アルモドバル、アウグスティン・アルモドヴァル
出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ローラ・ドゥエニャス、アントニオ・デ・ラ・トレ、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ
脚本:ペドロ・アルモドバル
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
音楽:アルベルト・イグレシアス、アルベルト・イグレシアス

 

 

「私が、生きる肌」
「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督が、亡き妻そっくりの美女を自宅に監禁する天才医師の狂気の愛を大胆に描く官能ミステリー。主演はアルモドバル作品久々の復帰となるアントニオ・バンデラス。トレドの大邸宅に暮らすロベル・レガルは、最先端のバイオ・テクノロジーを駆使した人工皮膚開発の権威としても知られている世界的な形成外科医。

 

そんな彼の屋敷の一室には、特殊なボディ・ストッキングをまとった美女ベラが幽閉されていた。彼女はロベルの妻ガルに瓜二つだった。しかし、実際のガルは12年前に交通事故で全身に火傷を負い、非業の死を遂げていた。以来、愛する妻を救えたであろう“完璧な肌”を創り出すことに執着していくロベルだったが…。

 

「私が、生きる肌」の作品情報
製作年:2011年
製作国:スペイン
原題:LA PIEL QUE HABITO/THE SKIN I LIVE IN

 

「私が、生きる肌」のキャスト・出演者/監督・スタッフ
監督:ペドロ・アルモドバル
製作:グスティン・アルモドバル、エステル・ガルシア
出演:アントニオ・バンデラス、エレナ・アナヤ、マリサ・バレデス、ジャン・コルネット、ロベルト・アラモ、ブランカ・スアレス、スシ・サンチェス
脚本:アグスティン・アルモドバル
原作:ティエリ・ジョンケ
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
音楽:アルベルト・イグレシアス、アルベルト・イグレシアス

 

参照元:movie-tsutaya.tsite.jp/

 

参照元:julieta.jp/

 

ジュリエッタ(映画)の動画のキャスト(出演者)

現在のジュリエッタ:エマ・スアレス

過去のジュリエッタ:アドリアーナ・ウガルテ

ショアン(ジュリエッタの夫):ダニエル・グラオ(スペイン語版)

アバ(彫刻家):インマ・クエスタ

現在のベアトリス:ミチェレ・ジェネール(英語版)

ロレンソ(現在のジュリエッタの交際相手):ダリオ・グランディネッティ

マリアン(過去のジュリエッタの家政婦):ロッシ・デ・パルマ

サラ(ジュリエッタの母親):スシ・サンチェス(スペイン語版)

クラウディア(ベアトリスの母親):ピラール・カストロ(英語版)

サムエル(ジュリエッタの父親):ホアキン・ノタリオ

フアナ : ナタリー・ポサ(スペイン語版)

サナア(ジュリエッタの両親の家政婦):マリアム・バチール

18歳のアンティア:ブランカ・パレス

過去のアンティア:プリシージャ・デルガド

過去のベアトリス:サラ・ヒメネス

 

参照元:ja.wikipedia.org/wiki/ジュリエッタ_(映画)

 

ジュリエッタ(映画)の動画予告編

 

>>>ジュリエッタ(映画)の動画がフルで無料視聴可能!「TSUTAYA DISCAS」30日間無料お試しはコチラ!!

 

※本記事の情報は記事作成時に基づいております。登録の際には公式ホームページのご確認をお願いたします。

アイキャッチ参照元:julieta.jp/


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る