刑事7人3期(ドラマ)キャスト相関図とあらすじネタバレ!

2017年7月スタートの水曜ナイトドラマ、『刑事7人』第3シリーズ(3期)のキャスト相関図とネタバレあらすじ情報です。
主演の東山紀之さんを始め、3期でも『刑事7人』がドラマシリーズ最強の敵と戦います!今期のキャスト相関図や、ネタバレあらすじをご紹介します。

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ


ドラマ『刑事7人』基本情報

・テレビ局:テレビ朝日
・開始日:2017年7月12日スタート毎週水曜21時
・脚本:真野勝成(第1シリーズ、第2シリーズ『刑事7人』)他
・監督:及川拓郎 他
・ゼネラルプロデューサー:内山聖子
・プロデューサー:三輪祐見子、和佐野健一、井元隆佑
・制作:テレビ朝日 東映

第1シリーズ、第2シリーズに続き、東山紀之さんが主演、今期も、髙嶋政宏さん、片岡愛之助さん、倉科カナさん、 塚本高史さん、吉田鋼太郎さん、北大路欣也
さんが再集結!

東京臨海エリアを舞台に、有能な7人のスペシャリストが、「最強の別動捜査隊」を発足し、シリーズ最強の敵との戦いを繰り広げていきます。

脚本は今までの第1シリーズ、第2シリーズからの続投で、真野勝成さん。

東山紀之さん演じる天樹 悠の、12年前に亡くなった、妻と娘の事件の真相も明らかに。

前シリーズ同様、今年の夏も、水曜日の夜は、テレビにくぎ付けになりそうです!

 

ドラマ『刑事7人』第3シリーズの登場人物&出演者(キャスト)紹介

東山紀之/天樹 悠(あまぎ ゆう)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/cast/

「警視庁遺失物センター」や「警視庁捜査一課12係」での勤務経験を経て、機動捜査隊「第11方面本部準備室」のメンバーに選ばれます。
今シリーズでは、今まで闇に葬られていた、12年前に「臨海エリア」で事故死した、彼自身の妻・清と娘・聖の事件の真相にも明らかになっていきます。

普段は朗らかだが、捜査では、証拠を次々と積み上げていき、真実が確信できるまでは物事を決めつけないという天樹流で事件に挑む。

1966年生まれの現在50歳、美人女優の木村佳乃さんを妻に持つ東山紀之さん。
今も、東山紀之さんといえば、ジャニーズ所属、クールなかっこよさと、抜群の運動能力やダンスを思い浮かべる方も多いと思います。
昔も今も変わらず、シャープで凛々しい東山紀之さんが、今シリーズではどんな表情を見せてくれるか楽しみですね!

 

髙嶋政宏/沙村 康介(さむら こうすけ)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/cast/

「第11方面本部準備室」の捜査を指揮する、「警視庁捜査一課12係」の長。7人のスペシャリストが、それぞれのスタイルで正義を暴走させる中、持ち前の強力なリーダーシップを発揮して
彼らを上手くまとめています。
正義感がとても強い彼ですが、仲間の気持ちを尊重することを大切に思っているため、ギリギリの捜査にも手を貸します。
責任感に溢れた男性ですが、プライベートでは淡い恋を期待している一面も垣間見えたりします。

家族全員芸能一家に生まれた髙嶋政宏さん。
男らしく精悍な印象の彼ですが、とても几帳面な性格で、実家に住んでいたころは、彼の部屋はまるでホテルの1室のように整っていた、という一面もあるようです。
今は奥様と暮らされていますが、どのようなライフスタイルなのか、気になりますね。

 

片岡愛之助/山下 巧(やました たくみ)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/cast/

少し社会性に欠けたところがあり、傲慢な変人気質だが、サイバーセキュリティー対策に関しては、天才的な警視庁内随一の能力の持ち主。
「未来犯罪予測センター」で、ひとりで警視庁のシステムの脆弱性と向き合う日々を過ごしています。
天才的な能力と、それゆえの危うさを持つ人物。正義感が人一番強く、暴走しやすいスペシャリストでもあります。
歌舞伎役者としての活動の他にも、2016年の大河ドラマでの名脇役、社会現象となったドラマ『半沢直樹』でのオネエ役など、幅広い分野で個性が光る演技をされている片岡愛之助さん。
奥様は御存知、藤原紀香さんです。

 

倉科カナ/水田 環(みずた たまき)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/cast/

帰国女子であり、冷静な判断に基づいた、洞察力・推理力を持つ、「第11方面本部準備室」のスペシャリストの一人。
潔癖な正義感を持ち、そのため、仲間と対立してしまうことも。
そのようは状況の中、ある人物から、スパイとして仲間の行動を内偵するよう依頼を受けますが…。

1987年生まれの倉島カナさん。
『ミスマガジン2006』でグランプリとなった後、モデルとして活動されていたようです。
近年のドラマでの活躍が目覚ましいですね!

 

塚本高史/青山 新(あおやま あらた)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/cast/

警察官になっていなければ、犯罪者になっていたかも、といわれている彼ですが、かつてワルだった頃の人脈を生かし、かつての仲間たちから貴重な情報を得るようになります。
コワモテの彼ならではの信念や、法に縛られない正義感の持ち主です。
2000年公開の映画、『バトル・ロワイヤル』で一躍知名度が上がった塚本高史さん。1982年生まれ。ドラマ『木更津キャッツアイ』や、映画『タイヨウのうた』を始め、出演作が多い俳優さんです。

 

吉田 鋼太郎/片桐 正敏(かたぎり まさとし)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/cast/

「刑事総務課」の課長から、臨海エリアの捜査に特化した「第11方面本部」の設立を推進し、「第11方面本部準備室」の室長となりました。
以前の部下であった、天樹悠らを招集して、最強の別動隊を結成。
逸脱した正義感の持ち主。
蜷川幸雄作品の常連であり、舞台の演出家、また役者としても活躍されている吉田 鋼太郎さん。
人脈も幅広く、藤原竜也さんなどとの親交もあるようです。
ドラマ『半沢直樹』や、NHK朝ドラマ『花子とアン』にも出演され話題に。

 

北大路 欣也/堂本 俊太郎(どうもと しゅんたろう)

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/cast/

12年前の天樹の妻・娘が亡くなった事件の秘密を知る、「東都大学医学部」の法医学教室教授であり、「第11方面本部準備室」のスペシャリストの一人。
法医学界の世界的権威。
捜査には踏み込まないというスタンスでしたが、天樹の妻・娘の事件が明らかになるにつれ、少しずつ捜査へも足を踏み入れていくようになります。

存在感がとても大きく、NHK大河『篤姫』、『竜馬が行く』などをはじめとして、数多くの出演作がある北王子欣也さん。
どんな役どころであっても、画面が引き締まるような存在感は、目を惹くものがありますよね。
今シリーズでは、どのような表情を見せてくれるでしょうか?

sponsored link

刑事7人 第3シリーズ(ドラマ)キャスト相関図

ドラマ『刑事7人』第3シリーズのキャスト相関図をご紹介いたします。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_03/cast/

 

ドラマ『刑事7人』第3シリーズのネタバレあらすじ

東京臨海エリアでの凶悪な犯罪が激増していることから、専門の別部隊「第11方面本部準備室」が発足されることになり、
スペシャリスト7人が再集結。

2020年に向けた再開発に伴い、目まぐるしく利権争いがおこるようになった東京臨海エリア。
新たな犯罪の温床となり、混沌としたそのエリアの中で、天樹たちは、多様化していく凶悪犯罪に挑むことになります。

臨海エリアにおける闇の存在を知ると同時に、それが一筋縄ではいかない巨大な敵であることがわかり、仕事としての正義の範疇を超えた領域まで踏み込み、暴走していくことになります。

ギリギリの正義との狭間で、彼らが新たに覗かせる一面や人間模様にも注目です。

今シリーズでは、今まで触れられなかった、12年前の天樹の妻子が事故死した事件の真相にも迫っていきます。

亡き妻の父であり、法医学の権威でもある堂本が今まで隠していた、妻の遺体の秘密から、どんな真相が繰り広げられていくのかというところも、見所の一つです。

 

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る