【第6話】濱田龍臣が高身長イケメン化!ドラマ『OUR HOUSE』視聴率速報・感想評判・あらすじ(ネタバレ)/主演芦田愛菜

ドラマ『OUR HOUSE』第6話が5/22(日)夜9時に放送予定です。アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)と桜子(芦田愛菜)の距離がだんだんとよくなってきて、打ち切り前に無事に和解することはできるのでしょうか?

ここでは、ドラマ「OUR HOUSE」の第6話について、あらすじ(ネタバレ)や感想・評判・そして視聴率速報をこちらでご紹介していきたいと思います。

!!!速報!!!
5/29 Our House
第7話
視聴率速報&感想はこちら

sponserd link

『OUR HOUSE』第6話あらすじ

前回、第5話のあらすじが見たい方はこちらから→第5話あらすじ(ネタバレ)

OURHOUSE6奏一郎(橋爪功)が、桃子(松田芹香)の幼稚園の園長・和美(岡田奈々)と公園を散歩しているところを目撃される。琴音(松下由樹)は拒否反応を示すが、意外にも桜子(芦田愛菜)は、 奏一郎の妻が亡くなって5年が経つのだからいいのでは、と理解を示す。しかし、そう言いながらも桜子はどこかぼんやりしていて、いつもと様子が違う。実 は、最近学校に通うようになった、元引きこもりのクラスメイト・省吾(濱田龍臣)のことで頭がいっぱいなのだ。省吾とのやりとりを思い出し、ひとりニヤニ ヤする桜子。アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)も、不思議そうに見る。

 

そんな桜子は、学校でも女子に囲まれる省吾をガードしたりと世話を焼き、省吾もまんざらではないのか、それを受け入れる。するとある日、省吾が桜子の家を訪ねたいと言い出した。断り切れない桜子は、省吾を連れて帰宅。家族が揃うなか、省吾を紹介するが、奏太(山本耕史)が一気に不機嫌になり、“ふしだら”だと怒り始める。

 

そんな父親の態度に今度は桜子の怒りが爆発。交際0日で新しい女性を連れて帰ってくるほうがふしだらだ、などと猛反発する。中学1年生の娘に舞い降りた初 恋を巡り、仲良し父娘に突如わき起こった壮絶なバトル! はたして、桜子の淡い恋の顛末は? さらに奏一郎の“老いらくの恋”にも衝撃の展開が!?

(引用:http://www.fujitv.co.jp/ourhouse/story/story_06.htmlより)

元引きこもりのクラスメイト・省吾役は濱田龍臣クン!

第6話での注目ポイントは、今まで顔が明らかにされてこなかった、元引きこもりのクラスメイト・省吾君がなんと学校に復帰すること!そしてその桜子の初恋の相手となる省吾君のキャストは、なんと濱田龍臣くん!いやー、このドラマは脚本は酷いけど出演者(キャスト)はとても豪華ですよね。

HamadaTakaomi02濱田龍臣くんプロフィール

生年月日:
2000年8月27日生まれ(15歳)

主な出演:
大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬の幼少役
実写版『怪物くん』で市川ヒロシ役

 

OurHouse06_2成長した15歳ということもあって、
ぐぐっと大人っぽくイケメンに成長している模様。

OurHouse06芦田愛菜ちゃんと並ぶとかなりの身長差がありましたね!
Wikiによると、身長175cm

『OUR HOUSE』第6話のネタバレ感想

第6話の魅力は、なんといっても、桜子(芦田愛菜)の初恋。お互い子役として活躍してきた芦田愛菜ちゃん&濱田龍臣くんカップルとあって、見ている視聴者はいつの間にか子供もこんなに大きくなってとうとう恋愛!?といろんな意味で複雑な心境になってしまったのではないでしょうか(笑)

OURHOUSE6-3子役たちが恋する年齢に成長

オバサンは、もう可愛くって仕方がなかった2人のデート。若いっていい!かわいい!!中学生の淡い初恋にきゅんきゅん~♪特に芦田愛菜ちゃんのデート私服が可愛かったです。白のゆるパンに、水色のシャツ、真っ赤なカーデを肩に巻いていました。

 

そして、当然の事ながら、父・奏太(山本耕史)は愛娘の恋愛には反対!桜子は、「パパの方がママが死んじゃって半年で外国から再婚相手、交際0日で見つけてきてー!」と反論。全くそのとおり。そして、密かに、山本耕史が堀北真希と交際0日で電撃結婚したことをドラマ中でいじられていました。先週は芦田愛菜ちゃんが「まるまるもりもり、食べなさいよ~!」というシーンもあり、遊び心が伺える演出が盛り込まれています。

 

そして、省吾(濱田龍臣)は、今まで桜子が、引きこもり中に省吾君に相談していた家族のイザコザの悩みの桜子の心の叫びを、アリスや兄弟達に伝えてしまいます。アリスには、はっきり「あなたはこの家が自分の居場所だと思っているかもしれないけれど、アリスがいるだけで、これまで、死んでしまった母親が頑張ってきた、それを継いだ桜子の居場所を奪っている」とズバっと言いました。

 

省吾は、ストレートに言いきって、怖かったけど、桜子の為を想って、ずーっと桜子が言えなかった心の叫びを代弁してあげたのでしょう。そして、そんなことをすれば桜子との仲も悪くなってしまうということもわかっていたハズなのに…。そして、出て行けと怒られて姿を消します。その翌日、省吾は転校して桜子の前から姿を消します

 

転校するってわかってたから、引きこもりから出てきて、桜子の家族に、今までずーっと桜子が言えなかった心の叫びを、父やアリス、兄弟達に伝えてくれたのかな。優しいなー。省吾君。そして転校するってことは、濱田龍臣くんまさかの第6回で卒業クランクインですか!?(涙)もっと、2人の微笑ましいお付き合いを観たかったよー。残念。

 

今回は、とても中学生の淡い初恋。子役の成長。
よく書かれていたストーリーで、役者の演技もよかった。とてもいい回でした。

 

『OUR HOUSE』第6話の皆の評判・感想

ここはネットやSNSでのドラマを見た皆の評判をご紹介していきます。

濱田龍臣くんの登場に湧く女性陣

  • 濱田くん声低くなってる!
  • 濱田龍臣くんの成長が早く感じる( ̄▽ ̄)
    豆ピカのCMが懐かしい♡
  • 龍臣くん、かっこいい
  • 龍臣くん背でかすぎ(笑)
  • 龍臣くん大人になりすぎて戸惑ってる
  • たつおみくん15歳にして175cmあるんだね
    大人になったねぇ…

芦田愛菜ちゃんの初恋演技に感心する親心

  • まなちゃん女の顔してて可愛い
  • 恋してんなー、さくらこ。
    改めて、大きくなったね愛菜ちゃん。

http://girlschannel.net/topics/762403/より引用

次週、第7話のあらすじ&予告動画

次週、とうとうアリスの来日の目的が明らかに!そして、なんとアリスと桜子に雪解けが!?物語が大きく動く第7話のあらすじ&予告動画などはこちらでご紹介しています。

第7話のあらすじ&予告動画を見る

sponsored link

『OUR HOUSE』第6話の視聴率速報

視聴率は、来週月曜日の午前中に発表され次第、こちらに更新していきます。バレーが1時間延長してしまったので、内容がよかっただけに、視聴率も下がってしまうかもと心配なところですね。

OUR HOUSE第6話の平均視聴率は6・1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

 

だったようです!バレーの延長で引き続き見ていた人が流れた効果と、内容も子役同士の中学生初恋の内容も面白く、引きこもり役が遂に明らかになったということで、過去最高を記録してきましたね!裏の松本潤さん主演の99.9が逆に13%代と過去最低を記録していたので、次週からの巻き返しに新たな展開が見られるかも!?

 

『OUR HOUSE』のこれまで

■第1話 4.8%

芦田愛菜ドラマ『OUR HOME』視聴率が悲惨でヤバイ!!皆の評判・感想は?(あらすじ・ネタバレ注意)キャサリン・ケイト・フォックス 共演

■第2話 5.0%

【第二回】芦田愛菜ドラマ『OUR HOUSE』視聴率巻き返し劇の始まり!皆の感想・評判まとめ(あらすじ&ネタバレ注意)

■第3話 4.0%

【第三話】ドラマ『OUR HOUSE』こんな父親嫌だ!!視聴率速報・感想評判・あらすじ(ネタバレ)主演:芦田愛菜

■第4話 3.8%

【第四話】ドラマ『OUR HOUSE』打ち切り目前!?視聴率速報・感想評判・あらすじ(ネタバレ)芦田愛菜・シャーロット主演ドラマ

■第5話 5・4%

【第5話】打ち切りに芦田愛菜が涙!?ドラマ『OUR HOUSE』視聴率速報・感想評判・あらすじ(ネタバレ)

 

『OUR HOUSE』打ち切りは免れたか!?

尚、ドラマ『OUR HOUSE』ですが、ドラマ打ち切り圏内と言われている視聴率4%を第4話で下回ってきています。4話までのドラマ全体の平均視聴率は4・4%となりました。フジで伝説的爆死ドラマ「HEAT」でさえ、4話までの平均視聴率が4・5%だったので、それを下回る勢いで、低空飛行を続けています。正念場と注目が集まっていた先週の第5話ですが、視聴率が5・4%と回復し、打ち切り圏内から無事に脱出。

第6話では、注目の子役・芦田愛菜ちゃんと濱田龍臣くんの初恋ラヴストーリーが見られるとあって、このまま上昇気流に完全にのれれば、打ち切りの心配はなくなりそうですね。

 

『OUR HOUSE』キャストの気になる噂

芦田愛菜02芦田愛菜の現在はセーラー服で色気がスゴイ!?鼻がブサイクと言われるワケとは?【2016年4月OUR HOME】

HorikitaMaki01堀北真希【芸能界引退】は、 山本耕史との子作りのためとの真相がヤバイ!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 22日
  2. 2016年 5月 22日
  3. 2016年 5月 22日
  4. 2016年 5月 22日
  5. 2016年 5月 22日
  6. 2016年 5月 29日
  7. 2016年 6月 02日
  8. 2016年 6月 05日
  9. 2016年 6月 10日

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る