タイタニック(映画)の動画(字幕,吹替)をフルで無料視聴する方法!今すぐ視れます!

タイタニック(映画)の動画(字幕,吹替)をフルで無料視聴する方法を紹介します。映画「タイタニック」はレオナルド・ディカプリオ主演のアメリカ行きの豪華客船タイタニック号を舞台にしたスペクタクルドラマ(映画)です。動画(字幕,吹替)をフルで無料視聴する方法を紹介します。

 

夢を持ちアメリカを目指す画家の青年ジャックと上流階級の子女ローズは豪華客船タイタニック号の船上で運命的な出会いを果たします。格差の違いを乗り越え結ばれた2人。しかし不沈を誇る豪華客船タイタニック号に悲劇が起こります・・・。映画「タイタニック」の動画をU-NEXTの31日間無料キャンペーンを利用して無料でフル視聴してしまいましょう。

 

>>>タイタニックが無料で見放題!「U-NEXT」31日間無料視聴はコチラ!!

 

タイタニック映画(動画)の字幕,吹替1話から最終回を無料視聴する方法

タイタニックの映画(動画)は映像・動画配信サービスU-NEXT(ユーネクスト)の31間無料トライアルに申込むことで、無料でフル視聴することができます。U-NEXT(ユーネクスト)の基本サービスは月額1990円(税抜)ですが、あえず試してみたい、安心して体験したい方対象に、初回限定で31日間対象作品見放題の無料トライアルを実施しています。

 

国内最大級の映像(動画)・オンデマンドサービスU-NEXTの動画の配信数は、120,000本以上の動画が用意されており、さらに毎月2,000本以上も作品が更新されます、電子書籍に関しても非常に多く、200,000冊以上も作品がストックされています。膨大な作品数、例えば不朽の名作、新作映画、放送中・過去のドラマ、話題になった動画(映画)、旧作など広いジャンルを用意しているのが特徴の映像・動画配信サービスです。

 

ユーネクストの使える点は配信数だけではありません、サービスもいろいろ充実しています。たとえばファミリーアカウント制の導入。この制度を設けているので、複数アカウトを保有することができます。例えば誰かがパソコンで映画を見ている間は、他のスマートフォンやテレビ、ゲーム機などで映画やマンガが見られないということがありません。利用者にとってはこれほど便利なことはありませんね。

 

U-NEXTの視聴環境はマルチデバイスに対応しています。様々なデバイスで見られるので、パソコンはもとより、テレビ(専用端末など)、スマートフォン・タブレットなど、いつでもどこにいても楽しめます。お気に入りの動画をダウンロードしておけば、外出先のネットワークが安定しない場所(電車など)でも不自由ななく見られることができます。

 

 

「タイタニック」は字幕・吹替の両方に対応しています!

 

 

ユーネクストの会員になると、対象作品が見放題の作品とと一部などの課金制・レンタル(最新作など)があります。現在、「タイタニック」は新作作品!視聴するに324円かかります。しかし、U-NEXTでは登録すると自動的に600ポイント(600円)分が付与されます。このポイント利用すればも視聴することができるので、映画「タイタニック」のの動画(字幕,吹替)がフルで無料視聴できるのです!

 

そして、当然無料トライアル期間で十分楽しめたと思うのでしたら、31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。またU-NEXTのサービスを継続利用する場合は月額1,990円(税抜)かかります。会員の特権として毎月1000ポイント(1000円分)が自動的に付与されます。このボイントは有効期間があるのですぐ使ったほうがお得です!

 

また、このU-NEXTポイントを利用して、最新映画などの有料作品(動画)をや雑誌やコミックを見ることもできます。このU-NEXTポイントは最新映画が公開されている映画で、劇場映画の割引クーポンとしても利用することができます。現在公開されている映画が劇場で特別価格で見ることができるのです。

 

 

劇場公開中の映画もクーポン利用して割安で見れます!

 

 

 

>>>タイタニックが無料で見放題!「U-NEXT」31日間無料視聴はコチラ!!

 

タイタニック映画(動画)の字幕,吹替のみどころ!

 


引用元http://www.foxmovies.jp/titanic/

 

1.最高峰のダイアモンド「碧洋のハート」の重さ

映画「タイタニック」での有名なシーン。100歳になったローズが最高峰のダイアモンド「碧洋のハート」をポンッと海へ投げ捨ててしまう。タイタニック号沈没後の1996年、トレジャー・ハンターのブロック・ロベット(ビル・パクストン)らは、タイタニック号沈没とともに海底に沈んだとされる宝石「碧洋のハート」を調査します。

 

宝石箱にあったのは宝石ではなくジャックがかいたローズの肖像画。探しても当然ないはず、宝石は海の底ではなくローズの手にあったのですから。ローズにとっては宝石より重きは思い出。どんな高価な宝石より価値があるものがこの世には存在するのです。

 

2.細部までこだわりぬいた映像美

1997年の映画公開から今見てもまったく古めかさを感じない映画「タイタニック」。破格の製作費2億ドルを投資しただけのことはさすがにあると思います。

 

出演者たちの豪華な衣装、船内のきらびやかな装飾品。こだわりぬいたCG。たとえ映っていなくても細かく描写されたひとりひとりの人間、そして波の一粒まで。細かすぎるほどの演出が映像に出ています。

 

当時の歴史が垣間見える

タイタニックが座礁し皆が逃げる際、やはり上級階級から救出されるイメージが残ります。実際、ジャックとローズが泊まっている場所も違うのですが、今で言う特等室と普通室とはまた違い、もっと重たいものを感じます。

 

乗客すべての人が夢を持ち、そして守るべき大切な家族がいます。皆同じであるべき。だから上級階級のローズとお金のないジャックが両想いになれたことは、いろいろな差を超え、心で繋がる様は見ていてやっぱり感動するのです。

 

映画の前半は明るい未来の冒険に皆が陽気で見ている側もとてもドキドキ感と幸せ感でいっぱいしになります。しかし後半からはスリルと、また別の意味のドキドキ感で泣きながらハラハラしっぱなし。

 

ジャック!ローズの手を離さないで!と思わず願ってしまいます。ローズのその後の人生、悲しみを乗り越え、ジャックとの約束をかたくなに一人で遂行していきます。そのローズの強さにとても感銘を受けます。

 


引用元http://www.foxmovies.jp/titanic/

 

タイタニック映画(動画)のキャスト(出演者)

ジャック・ドーソン/レオナルド・ディカプリオ
1974年11月11日、カリフォルニア州ハリウッド生まれ。父はイタリア系アメリカ人、母はドイツ人。妊娠中だった母がイタリア旅行中に、美術館のレオナルド・ダビンチの絵を見ている時、お腹にいた彼が動いたのがきっかけで、ダビンチにちなみレオナルドと名付けられたエピソードは有名。
ベルリン映画祭最優秀主演男優賞を受賞し大ヒットになった『ロミオ+ジュリエット』(97)につづき、2億ドル大作の主演としてタイタニック号に乗り合わせ、身分違いの恋に身をこがす若者ジャックを熱演し、涙と感動を呼ぶ。19歳の時、知恵遅れの少年を演じた『ギルバート・グレイプ』(93)で、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞助演賞にノミネートされ、ロサンゼルス映画批評家協会新人賞、D.W.グリフィス寅助演賞、シカゴ映画批評家協会賞の演技寅を受賞し、早くから天才的な演技力を高く評価されていた。14歳でCMに出演し、テレビ『サンタバーバラ』“Growing Pains”などにレギュラー出演。映画は『クリッター3』(V・91)、『ボディヒート』(92)に端役出演。93年、ロバート・デ・ニーロ共演の『ボーイズ・ライフ』で大役をもらい、『ギルバート・グレイブ』のキャンペーンで94年5月、母イルメリンと共に来日しティーン・エイジャーの歓迎攻めにあう。95年はドラッグに溺れていく高校生を描いた『バスケットボール・ダイアリーズ』と、シャロン・ストーンじきじきの指名を受けて出演したウエスタン『クイック&デッド』、レニ一・八一リンが製作した短編“The Foot Shooting Party”に出演する。96年は『太陽と月に背いて』で、天才詩人ランボーを見事に演じて、ただものではない演技力を発揮。『マイ・ルーム』(96)をへて、『ロミオ+ジュリエット』に至る。本作で世界的なレオ・ブームを巻き起こす。このほかの作品に『仮面の男』、『セレブリティ』(98)、『ザ・ビーチ』(00)、『ギャング・オブ・ニューヨーク』、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(02)、『アビエイター』(04)、『ディパーテット』、『ブラッド・ダイヤモンド』(06)、『ワールド・オブ・ライズ』、『レボリューショナリー・ロード』(08)、『シャッターアイランド』、『インセプション』(10)などがあり、『アビエイター』、『ブラッド・ダイヤモンド』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされる。最新作にクリント・イーストウッド監督作『J・エドガー』が控えている。

 

ローズ・デウィット・ブカター/ケイト・ウィンスレット
1975年10月5日、イギリス、パークシャー州リーディング生まれ。
フィラデルフィアの上流家庭に育ったローズを演じ、財閥の婚約者がありながら三等船室の乗客ジャックと激しい恋におちる。叔父は舞台俳優のロバート・ブリッジスで11歳から地元のドラマ・スクールに学び、『ピーター・バン』“Adrian Game”などの舞台に立つ。イギリスのテレビ・シリーズ“Get Back”でアイドルになり、“Shrinks”、“Anglo Saxon Attitudes”,“Dark Season Casualty”などに出演。舞台の“What the Butler Saw”でマンチェスター・イブニング・ニュース寅の演技賞候補になる。94年のベネチア映画祭銀獅子賞受賞『乙女の祈り』で親友の母親殺しに加担する女子高生の多感な心理を好演しスクリーン・デビュー。ディズニーの『タイムマスター/時空をかける少年』(V・95)に助演。つづくジェーン・オースチンの小説の映画化『いつか晴れた日に』(95)でアカデミー助演女優賞にノミネートされる。エマ・トンプソンと19世紀初頭のイギリスを舞台に性格の違う姉妹の恋を繊細に演じ、世界的に名声を確立する。
96年はトーマス・八一デイの小説の映画化『日蔭のふたり』、ケネス・ブラナー監督・主演『ハムレット』でオフェリアを演じ文芸映画のヒロインを見事にこなし、本作でアカデミー主演女優賞のノミネートされ、人気も大ブレークとなる。その他の作品に、『グッバイ・モロッコ』(98)、『ホーリー・スモーク』(99)、『クイルズ』(00)、『アイリス』、『エニグマ』(01)、『ライフ・オブ・デビット・ゲイル』(02)、『ネバーランド』、『エターナル・サンシャイン』(04)、『オール・ザ・キングスメン』、『リトル・チルドレン』、『ホリデー』(06)、『エボリューショナリー・ロード』、『愛を読むひと』(08)、『コンテージョン』(11)等があり、『アイリス』でアカデミー助演女優賞にノミネート、『エターナル・サンシャイン』、『リトル・チルドレン』でアカデミー主演女優賞にノミネートされ、『愛を読むひと』でアカデミー主演女優賞に輝く。

引用元http://www.foxmovies.jp/titanic/

 

 

タイタニック映画(字幕,吹替)予告編

 

>>>タイタニックが無料で見放題!「U-NEXT」31日間無料視聴はコチラ!!

 

※本記事の情報は記事作成時に基づいております。登録の際には公式ホームページのご確認をお願いたします。

アイキャッチ参照元http://www.foxmovies.jp/titanic/


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る