【第三話】ドラマ『OUR HOUSE』こんな父親嫌だ!!視聴率速報・感想評判・あらすじ(ネタバレ)主演:芦田愛菜


低視聴率になりながらも、一定のファンからは徐々に味が出てきて面白い?と評判の芦田愛菜ちゃん&シャーロット・ケイト・フォックス主演ドラマ『OUR HOUSE』!今日は第三話が放映されましたので、その視聴率速報、感想評判などを御正忌あしていきます。

!!!速報!!!
5/29 Our House
第7話
視聴率速報&感想はこちら

sponserd link

ドラマ『OUR HOUSE』第三話あらすじ

ある日、桜子(芦田愛菜)は、アリス(シャーロット・ケイト・フォックス)奏太(山本耕史)の部屋で、アリスが作成した伴家の相関図的な写真を見てしまう。その光太郎(加藤清史郎)新太郎(寺田心)の写真には、ハートマークが付いていた。そういえば2人は、最近アリスとの距離を縮めているように見える。

夕食時、桜子は集まった家族を見渡すと、この中に亡くなったママ(渡辺 舞)を裏切っている者がいる、と言い放つ。食卓に緊張が漂う中、琴音(松下由樹)が、裏切り者は誰なのか、と聞くと、桜子は声を立てて笑った。

その後、ハートではないがマルが付けられた奏一郎(橋爪功)の写真も見つかり、桜子は兄弟や祖父から事情聴取さながらにアリスとの関係を問いただす。ところが、光太郎と新太郎は、桜子に反抗的な態度を取った。逆ギレされたことに戸惑いながらも、桜子はそこにアリスの策略があることに気付く。そんな折、丈治(塚本高史)が 生き別れた息子に、元妻が会わせてくれないという悩みが舞い込む。その問題を解決しようと、アリスが動き出していることを察知した桜子。我先にと解決に向 かう2人! はたして父と息子の絆を守れるのか!? ついに、場外バトルの火ぶたが切って落とされた! そして、衝撃の事実が2人を襲い…。

(ドラマ公式HPより引用)

ドラマ『OUR HOUSE』第三話感想(ネタバレ含)

  • 徐々にコメディ要素が多くなった気が…。面白くなってきたのかな?
  • 今回のテーマは、男の浮気(?)共通の敵に対しては、仲が悪くても協力する桜子(芦田愛菜)とアリス(シャーロット・ケイト・フォックス
  • 芦田愛菜ちゃんの兄・光太郎(加藤清史郎)がモテるのに彼女を作らないのは、女の子に興味がないから??っと思いきや、母親との思い出がふっきれずにいるため。。。(せつない)そして、加藤清史郎君の成長がすごいw子供店長の面影がないくらいに大人になっていたー。
  • 桜子ちゃんがいつも気にかけている不登校の男子はどういう関係で、どこで展開されるのか、キーパーソンなのは間違いないだろう。
  • アリス(シャーロット・ケイト・フォックス
  • 桜子(芦田愛菜)ちゃんが、光太郎(加藤清史郎)をマザコンと攻め立てるシーンや、父親の奏太(山本耕史)が息子の光太郎に対して、「亡くなった蓉子は俺の物だ!」と啖呵を切るシーン。。。
    釈然としない!!はっきり言って、桜子と奏太は最悪・むなくそ悪い感じでモヤモヤもやっとしました…。光太郎(加藤清史郎)可哀想すぎる。
  • 脚本がやっぱり、バブル期の俺様が書いた内容で、古いなと感じました。(30代アラサー女)
  • やっぱり、日曜の夜じゃなくて、昼ドラの放映をオススメする。渡る世間は鬼ばかりの再放送とセットして流したらいいのに…。

sponsored link

ドラマ『OUR HOUSE』第三話の視聴率速報

第三話の視聴率が発表されました!なんと、平均視聴率4.0%!!!

連休中でTV全体の視聴率が下がっていたとはいえ、裏の松潤の99.9刑事専門弁護士は常に15%をKeepしているのに対して、4%と過去最低を記録更新。これは本気で、打ち切りの展開が心配されるようになってきました。うーん、やっぱりちょっと、脚本古いと思うんですよね。今の時代にはウケないと思います。芦田愛菜ちゃんのキャリアが心配ですわ。。。

 

ドラマ『OUR HOUSE』のこれまでは?

■第一話 4.8%

芦田愛菜ドラマ『OUR HOME』視聴率が悲惨でヤバイ!!皆の評判・感想は?(あらすじ・ネタバレ注意)キャサリン・ケイト・フォックス 共演

■第二話 5.0%

【第二回】芦田愛菜ドラマ『OUR HOUSE』視聴率巻き返し劇の始まり!皆の感想・評判まとめ(あらすじ&ネタバレ注意)

 

最新の放送は?

!!!速報!!!
5/29 Our House
第7話
視聴率速報&感想はこちら

 

 


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 01日
  2. 2016年 5月 01日
  3. 2016年 5月 08日
  4. 2016年 5月 13日
  5. 2016年 5月 15日
  6. 2016年 5月 22日
  7. 2016年 5月 29日
  8. 2016年 5月 31日
  9. 2016年 6月 05日

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る