【視聴率速報・皆の感想評判】第二話『お迎えデス。』あらすじ(ネタバレ含)福士蒼大×土屋太鳳主演ドラマ

お迎えデス。


初回視聴率10.3%を記録し、なかなかいいスタートを切った土曜9時のドラマ『お迎えデス。』福士蒼大さん演じる理系オタク男子と、土屋太鳳さん演じる女子大生が幽霊をあの世へ送るバイトに取り組むストーリーです。

今日はその第二話が放映されますので、ドラマ放映後に視聴率速報、皆の感想・評判などをご紹介していきたいと思います。

(速報)6/18(土)最終回2時間スペシャル!はこちら

スポンサーリンク

ドラマ『お迎えデス。』初回は?

視聴率10.3%をマークしたドラマ『お迎えデス。』初回の内容はどんなものだったのでしょうか?豪華ゲストも登場して話題になりましたね!第二話がはじまる前に、是非こちらで初回の復讐をどうぞ。

ドラマ『お迎えデス。』初回のあらすじ&感想

 

ドラマ『お迎えデス。』初回の要点まとめ

  • 朝ドラで売れかけている役者を主人公に起用することで賛否両論。演技力に不安やアンチも多いが、声援の声も多いのでこれからに期待
  • ストーリーは漫画の原作をもとにストーリー展開が一話完結で、深く考えずに見られる”アニメ的なドラマ”で見やすいと思う
  • 今後の展開や毎回出るゲストに期待

 

ドラマ『お迎えデス。』キャスト紹介

堤円(つつみ まどか)20歳の大学生:福士蒼汰
原作では高校生でしたが、ドラマでは工学部の大学生。感情希薄な理系オタク。幽霊を見ることができ、憑依能力ももっており、この特殊能力を見込まれて幽霊をあの世へ送り届けるバイトをするハメに…。

阿熊幸(あぐまさち)20歳の大学生:土屋太鳳
感情むき出しの突っ走るヒロインの阿熊幸。堤と大学生。幽霊を見ることができGSGでバイトをしている。死神のナベシマに好意を抱いてるらしい

ナベシマ(死神):鈴木亮平
何故かうさぎの着ぐるみを着ている死神。着ぐるみを着ているのは本人の趣味ではなく、上司からの命令なんだとか・・・?wナベシマが死神をやっている理由も色々とワケがありそうです。

 

ドラマ『お迎えデス。』キャスト紹介を見る

 

ドラマ『お迎えデス。』第二話のあらすじ

円(福士蒼汰)は突然、幸(土屋太鳳)に告白。一体何を考えているのか…。

そんな中、円と幸はナベシマ(鈴木亮平)から、新しい仕事を頼まれる。
今回のターゲットは、14歳の和弥(加部亜門)
彼は、心臓の病気で長く入院した末に亡くなった。
円と幸は、病院内をさまよう和弥に成仏できない理由を聞こうとする。
しかし、和弥は大人を信用せず、心を閉ざしていた。

そんな和弥の心残りは、担当看護師・瑞江(比嘉愛未)との約束だった。
瑞江は心を閉ざす和弥にも一生懸命に接していた。
生前に和弥は瑞江と、退院したら病院の窓から見える観覧車に一緒に乗るという約束をしたので、それを守りたいのだという。

幸は、和弥が円に憑依して瑞江と観覧車に乗るという形で約束を果たすアイデアを提案。
和弥は幸のアイデアを受け入れ、もう一つ頼みごとをする。
メッセージを書いた大きな垂れ幕を用意して、
瑞江と乗る観覧車のゴンドラが一番高い所に着いた時、彼女に見せたいという和弥。
直接メッセージを伝えずに、なぜわざわざそんなことをしなければならないのかと円は不思議に思う。

円が瑞江と二人きりで観覧車に乗るには、彼女とデートするような関係性を作らなければならない。
とはいえ、女心が全く理解できない円には至難の業。
尻込みする円に幸は、この仕事をやるなら円との交際について考えてもいいと言う。
円は、自分なりに女心を研究し、あの手この手で瑞江に近付こうとするが…。(ドラマ公式HPより引用)

sponsored link

 

『お迎えデス。』第二話の皆の感想&評判は?

ここからは、ネットやSNSなどにある皆の感想や評判をまとめていきたいと思います。おたのしみに!

 

ドラマ『お迎えデス。』第二話の視聴率は?

平均視聴率は、第二話は9.3%!!!

初回の10.3%より、1%下げる結果となりました。

 

2016年4月スタートの春ドラマのオススメは?

まだ、2016年春ドラマをどれを見ようか悩んでいる方は、こちらに厳選したオススメドラマとしてまとめてありますので、是非参考にされてください。
【春ドラマ特集】2016年4月スタートのドラマ、何を観よう?迷ってるあなたにオススメを厳選!

 

!!!速報!!!
5/14放送の「お迎えデス。」
第4話
視聴率速報&感想はこちら

 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る