プラダを着た悪魔(映画)のフル動画を無料で見る方法!!

映画「プラダを着た悪魔」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「プラダを着た悪魔」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

 

映画「プラダを着た悪魔」のフル動画を無料で視聴できた方法

ゴージャスな一流ファッション誌の編集部に就職したジャーナリスト志望のアンドレアと、その上司のカリスマ編集長ミランダが繰り広げる、ファッション界のお仕事コメディ。意地悪上司から無理難題を出される主人公に、ハラハラする子持ち主婦の私…。一流ブランドのファッションは必見です!

オシャレなのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「プラダを着た悪魔」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「プラダを着た悪魔」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中、見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「プラダを着た悪魔」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「プラダを着た悪魔」を見た感想レビュー

ここでは「プラダを着た悪魔」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、女性の仕事について考えさせられる、社会派コメディです。

 

20代男性の「プラダを着た悪魔」感想レビュー「主人公がファッション誌編集の仕事について、どんどんオシャレになっていく」

映画の感想は?

アン・ハサウェイ主演の2006年劇場公開の映画で、当時彼女と映画館で観ました。
主人公のアンディはジャーナリスト志望でファッションには興味のない女性でしたが、ファッション誌の編集をしているミランダのアシスタントとして働き始めます。ミランダはとても横暴な上司ですが、主人公はひたむきに頑張って認められていくサクセスストーリーです。1番の見どころはなんといってもアンディがファッショに関わる仕事なので仕事をしていく中でどんどんオシャレになっていくところが面白かったです。当時、この映画のように恋に仕事に頑張りたいと言っていた女性がとても多かったです。女性ならではの共感できる部分が多いのだと思います。若い女性の方にお勧めしたいと思った映画でした。

 

 

20代女性の「プラダを着た悪魔」感想レビュー「キャリアウーマンとなって24時間バリバリ働く女性の姿」

映画の感想は?

秘書として24時間いつでも電話があればデート中であれ、食事中であれ、どんなことをしていても中断して上司のところへかけつけるすごいキャリアウーマンです。付き合っている彼は仕事を頑張る彼女を応援してくれる反面、仕事の電話がきてゆっくりとデートを楽しむこともできないことに愛想をつかしてついに別れを切り出されてからは確かに恋人に悲しい思いをさせてまでして働く意味はあるのかと考えることになります。上司に呼ばれ、急いでかけつけたがドアを開ける手前でやっぱり辞めたと仕事への意欲を吹っ切りさらっと退職をするシーンはすがすがしいです。そして上司はびっくりしていましたが、後任の秘書には前任者ができふ女性だっただけにかな。ハードル上がるわよとプレッシャーをかけていました。それだけ彼女が優秀だったということを認めていたんだと思って、びっくりしました。

 

20代女性の「プラダを着た悪魔」感想レビュー「素敵なファッション」

映画の感想は?

もともと美人だけど服装が冴えないアンハサウェイが、ファッション雑誌の編集社で働いていく中でドンドン綺麗にオシャレになっていく様子が本当に素敵です!
しかし内容はファッションだけではなく、仕事の大変さや理不尽さ、恋人との関係など、自分の人生に置き換えられる部分もあって共感できました。
辛くて泣きたくなる事もありますが、素敵なお洋服やオシャレな人々を見ていると元気が出ます!
アンハサウェイが演じている女性も、一生懸命に仕事をしている姿は心から応援できます。
最後に、この映画をみるといつも物欲が溢れ出てきます!私もクローゼットいっぱいにこんな素敵なお洋服を飾りたい!というとてと前向きな、楽しく明るい気持ちにしてくれる、最高の映画です。

 

20代女性の「プラダを着た悪魔」感想レビュー「女性の魅力とは何か」

映画の感想は?

洋服やメイクに興味のなかった主人公が、ファッション雑誌と周りのスタッフに魅了されて変わっていく姿にキュンキュンします。
女性として外見を磨いていくと周りからの目がどう変わるのか、どんな自信を持てるのかがアンハサウェイを通して自分だったらと想像できる。その反面、本当に大切なものが見えなくなって気づいたときには手遅れかも、、と女性としての幸せとキャリアウーマンとしての幸せ、どちらを選ぶのかという内容にも見えるが、本当の自分の魅力とは何かに気づいた主人公のキラキラと映画の中で最も輝いて見える瞬間になんとも言えないスッキリ感があります。
働く女性が見ると自分に置き換えられるシーンや、新たな視点んl気づきがあって面白い映画だと思う。

 

20代女性の「プラダを着た悪魔」感想レビュー「ズバリかっこいい女性の生き様」

映画の感想は?

ミランダ役のメリル・ストリープこの人がすごいです。
圧巻の演技力、表情や身のこなし、指先まで神経が問ているのがわかります。
本当に纏うオーラが違います。
セクシーで魅力的な雰囲気が漂う作品で、一番の見どころはニューヨークの街並みをアン・ハサウェイが歩いていくシーンで、車が通ったり建物のに隠れたりする度に服装が次々と変わっていくところです。
これがもう本当におしゃれの一言に尽きます。
「今の生活が全部壊れたら教えて昇進の時期だ」というセリフが頭から離れません。
実際日本のアパレル業界やデザイナー業界、出版業界ってこんな感じなんだろうなあと思います。
わたしはデザイナー業ですが実際そうでした。
あとはハリー・ポッターなども名前が出てきてびっくりしたり、スターバックスを活用していたりとニューヨーカーの生活が垣間見えるところも魅力の一つです。

 

「プラダを着た悪魔」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「プラダを着た悪魔」の基本情報

明日の活力、もらえます!全働き女子に贈る、アン・ハサウェイ主演のビタミンムービー

見どころ
米版『VOGUE』編集長がモデルとされる鬼編集長の下、恋と仕事に迷いながら突き進むヒロインを軽やかに描写。お仕事前の憂鬱な日曜日の夜に観たい、元気が出る1本だ。

ストーリー
ジャーナリスト志望のアンドレアが就職したのは、一流ファッション誌の編集部。業界の誰もが恐れる編集長ミランダの無理難題をこなしながら、自身もファッショナブルに変身していく。しかし仕事を頑張れば頑張るほど、彼氏や仲間との関係が崩れていき…。

ここがポイント!

監督は人気シリーズ「SEX AND THE CITY」も手掛けたデヴィッド・フランケル。

キャスト・スタッフ
出演 (ミランダ・プリーストリー) メリル・ストリープ
(アンドレア・サックス) アン・ハサウェイ
(エミリー) エミリー・ブラント
(ナイジェル) スタンリー・トゥッチ
(ネイト) エイドリアン・グレニアー
(リリー) トレイシー・トムズ
(クリスチャン・トンプソン) サイモン・ベイカー
(ダグ) リッチ・ソマー
(ジェームズ・ホルト) ダニエル・サンジャタ
レベッカ・メイダー
監督 デヴィッド・フランケル
原作 ローレン・ワイズバーガー
音楽 セオドア・シャピロ
脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ
製作 ウェンディ・フィネルマン

出典:http://video.unext.jp/title/SID0003977?an_trans=search

 

「プラダを着た悪魔」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「プラダを着た悪魔」メリル・ストリープとアン・ハサウェイのファッショナブルコメディ!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る