だいすけお兄さん卒業会見まとめ(おかあさんといっしょ2017年2月)

おかあさんといっしょの横山だいすけお兄さんの卒業会見は金曜の昼に行われ、見逃した方も多かったのでは?NHK情報サイト「すくコム」でおかあさんといっしょのだいすけお兄さん卒業会見のレポートが掲載されていたのでまとめてみました!

sponserd link

だいすけお兄さん卒業会見まとめ① だいすけお兄さんあいさつ

出典:https://www.sukusuku.com

だいすけお兄さんのおかあさんといっしょ卒業理由は?

高校生のときから歌のお兄さんになるのが夢でした。子どもたちに勇気や希望の歌を届けたいとずっと目指してきて、縁があり、たくさんの人に支えていただき、そうなることができました。
スタッフ・制作にかかわっているみんなが、笑顔で子どもたちも僕らも迎え入れてくれて、毎回の収録はスタジオが笑顔でいっぱいになって、夢に思っていたとおりのお仕事だなと思いながら、毎日過ごさせていただきました。

「おかあさんといっしょ」50周年の記念の年を迎えたとき、多くの先輩方と歌を歌わせてもらったり、歴代の制作者のみなさんと話したり、素晴らしい機会をいただきました。
そのような中でこの番組が多くの人たちに愛されて、多くの愛で作られているということを知って、自分もその歴史の1ページを作れるということを本当に誇りに感じました。そして次の60周年に向けて、自分はどういうことができるんだろうと考えながら続けてきました。

このたびの卒業については、いろんなことが変化していく中で決めました。
昨年の4月からあつこお姉さん、ガラピコぷ〜に代わり、いろんなことが新しくなっていき、ともに素敵な番組を届けていきたいなとがんばっていく中で、僕自身がみんなにパワーをもらいながら、この素晴らしい番組を次に引き継いでいきたいという気持ちがすごく大きくなったのが正直なところです。

9年という時間には、出会いも別れもありました。いつも見守ってくれたり、苦楽をともにした仲間たちに支えられて、走ってこられたのが何よりの宝物です。見てくださったみなさま、子どもたちにも本当に素敵なものをいただきました。本当にみなさんありがとうございました。

(NHK子育て情報サイト「すくコム」より)

過酷なことで知られる歌のお兄さん。だいすけお兄さんが歌のお兄さんになるのを昔から夢見ていたことは有名な話ですが、実際に経験した後でも「夢に見ていた通りのお仕事だった」と言えるだいすけお兄さん。

本当にこのお仕事が好きなんだなと思えますよね。

卒業については、「おかあさんといっしょがどんどん新しく生まれ変わっていく中で、自分も次に繋いでいきたいという思いが強くなった」とあります。

おかあさんといっしょからの卒業は明確な理由があったというよりは、だいすけお兄さんの直観的なところが大きかったようですね。

だいすけお兄さんのあいさつの後、番組プロデューサーも以下のようにコメントしています。

卒業は、だいすけお兄さんも一緒になって番組のことを考え、未来に向けての決断であること、それは同時にだいすけお兄さんの未来に向けての決断でもあると、番組プロデューサーからもお話がありました。

(NHK子育て情報サイト「すくコム」より)

だいすけお兄さんもいつまでも歌のお兄さんを続けるわけにはいかないですもんね。

次のお兄さんにバトンタッチし、自分も新しいステージに挑戦すべきだと思われたということでしょう。

 

だいすけお兄さん卒業会見まとめ② ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さんあいさつ

ゆういちろうお兄さんあいさつ

僕は大学で声楽を勉強して、劇団の研究所でお芝居を勉強してきました。子どもが好きで、児童合唱団の講師や保育園でのコンサートをして参りましたが、まさか自分がうたのお兄さんをやらせていただけることになるとは夢にも思っていなかったので、とても驚いております。とてもうれしいです。

9年間という長きにわたり、うたのお兄さんをされてきただいすけお兄さんから受けとるバトンというのは、とても重たく感じています。おそらく僕が想像しているよりもはるかに深いお仕事なんだなという経験を、すでにいくつかさせていただました。プレッシャーを感じるところもありますが、あつこお姉さんとたくさんの先輩たち、そして子どもたちと、自分なりのうたのお兄さんを深めていけたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

(NHK子育て情報サイト「すくコム」より)

やはりだいすけお兄さんの次のお兄さんというのは、相当なプレッシャーなんでしょうね。

大変だと思いますが、新しいお兄さんとしてぜひ頑張っていただきたいです!

「想像しているよりもはるかに深いお仕事だという経験をいくつかさせていただいた」とは、どういう経験だったのか気になります!

あつこお姉さんあいさつ

だいすけお兄さん9年間本当におつかれさまでした。1年前にこの会見に立たせていただいたときは、子どもが好き、歌が好き、それ以外のことはまったく何も分からないところからのスタートで、だいすけお兄さんが1年間たくさんたくさん支えてくださり、引っ張ってくださいました。

だいすけお兄さんから教えていただいたこと、だいすけお兄さんを見て感じたことを、これから私が逆の立場になって今度はゆういちろうお兄さんと寄り添って一緒にがんばっていきたいなと思っています。よしお兄さんやりさお姉さん、たくさんの方がいつも支えてくださいます。これからも子どもたちのために一生懸命がんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

(NHK子育て情報サイト「すくコム」より)

お姉さんに就任した当初は、緊張した素振りや危なっかしい感じもしたあつこお姉さん。

けれどその成長はめざましく、日に日に子どもへの接し方や歌など安定していきましたよね。これはやはり、だいすけお兄さんがいろんなところでフォローし導いてきたんでしょう。

4月からのゆういちろうお兄さんとのコンビも楽しみですね!

sponsored link

だいすけお兄さん卒業会見まとめ③ お兄さんお姉さん思い出の「月の歌」

出典:https://www.sukusuku.com

だいすけお兄さんの思い出の歌

在任中に起きた東日本大震災は、僕の人生にとっても大きな出来事でした。ニュースで毎日のように、子どもたちが大きなストレスをかかえているのを見ました。
子どもたちのことを番組では、近しい存在として「おともだち」と呼びます。自分たちが”おともだち”と呼んでいる子どもたちのそういう姿を見て、自分たちにどういうことができるだろうと悩んで、当時のプロデューサーとも何度も話し合いをしました。そして特番で実際に現地に行って歌ったり、収録したりしました。

そのときに歌の先生に言われたのは、詩を子どもたちに届けること、メロディーよりもまず詩をしっかり読み込むこと、でした。「おかあさんといっしょ」の歌はすごくわかりやすい言葉、シンプルな言葉を使っているのですが、その言葉を子どもたちに届けられるように、その歌を聞いて、子どもたちの心が少しでも日常の素直に笑い合えるような状況に戻れるようにというのを、心に決めて歌いました。

その中でも特に僕は「ぼよよん行進曲」という歌を、自分の中で魂を込めて歌いました。それが子どもたちや親御さんに伝わったというか、すべてが1つになった瞬間を感じ、歌というのは音楽というのは人の心にちゃんと届くんだなと感じました。そのとき以降、一つひとつの歌、言葉を大切にしていこうと思いました。

月の歌にはどの曲も思い出がありすぎて、どれがというのは選びづらいんですけれども・・・ 「ぼよよん行進曲」もそうですし、「ありがとうの花」は、本当に自分がここに来るまで、いろんな方に支えてもらったというのと、ここに来てからも、たくみお姉さんやあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さん、まゆお姉さん、先輩方、いろんな人たちみんなの思いを込めて、見てくれる子どもたちや親御さんにありがとうの気持ちをこの歌に込めて歌ってきましたし、これからもそのありがとうの気持ちを胸に歌を歌っていきたいなという意味では、これからも歌っていきたい歌だなという気持ちが今、あります。

(NHK子育て情報サイト「すくコム」より)

だいすけお兄さんが一つ一つの歌にどれだけ思いを込めているのかが伝わってきますね。

東日本大震災のときも子どもたちのためにこんなに心を砕いていたんですね。だいすけお兄さんの優しさに胸が熱くなります・・!

だいすけお兄さんが歌う「ぼよよん行進曲」を初めて聴いたとき、鳥肌が立ちそうなぐらい感動したのを覚えています。コンサート映像でしたが、その力強い歌声がとても印象的でした。

だいすけおにいさん&たくみお姉さんの「ありがとうの花」と「ぽよよん行進曲」聞ける!泣けるミュージュッククリップDVDはコチラから↓↓↓

あつこお姉さんの思い出の歌

 私は今年度の4月の歌の「あおうよ!」という曲です。私が子どもの頃に見ていた速水けんたろうさんが作ってくださった曲で、私が初めてテレビに出たときに流れた曲でもあります。
「あおうよ!」をいろんなところで歌わせていただきましたし、すごく子どもたちと距離が縮まったといいますか、すごくこの歌にたくさん支えてもらいました。
これからもいろんな新しい出会いというのが、たくさんたくさんあると思うんですが、そんなときにたぶんずっと心にあると思いますし、これからも大切に歌いながら、いろんな方たちに出会うことができたらいいなと思います。

(NHK子育て情報サイト「すくコム」より)

「あおうよ!」はあつこお姉さんの歌のお姉さんとして最初の月の歌ですね。やはりご本人にとっても思い入れの強い歌なんですね。

あおうよ!の歌がきけるのはこちらから!

↓↓↓

右下のパペットがたくみお姉さんをイメージしていて、話題になりましたよね。歌詞もすごいたくみお姉さんの卒業とあつこお姉さんの加入を歌った、色んな意味が込められた作品です。

詳しくは→4月の歌『あおうよ!』に”たくみお姉さんの人形”が登場!歌詞の秘密が泣けると話題に!!【おかあさんといっしょ】

 

ゆういちろうお兄さんの思い出の歌

これからたくさん歌わせていただくことになると思いますが、オーディションでは「にじのむこうに」を歌わせていただいて、そのときに子どもの頃の記憶がわっと蘇ってきたんですね。
とても好きな曲で、これからもそういう曲に出会っていけるんだろうなと、とても楽しみにしています。

(NHK子育て情報サイト「すくコム」より)

ゆういちろうお兄さんは子どものころに聴き、オーディションでも歌った「にじのむこうに」。

ゆういちろうお兄さんはこれからたくさんの歌を届けてくださるので、そちらも楽しみですね!

 

だいすけお兄さんのおかあさんといっしょへの愛に涙!

出典:http://www.tvlife.jp

卒業会見の最後にだいすけお兄さんは記者の方々にこう伝えています。

僕は卒業してしまいますけれども、この「おかあさんといっしょ」という番組は本当にかかわっているすべての人達が、この番組が本当に大好きで、子どもたちにいいものを届けようと、毎日遅くの時間までいろんな話をしたり、ときには激しい議論をしながらも常に全員が子どもたちの笑顔のためにがんばっています。
どうぞこれからも「おかあさんといっしょ」をよろしくお願いします。

(NHK子育て情報サイト「すくコム」より)

だいすけお兄さんのおかあさんといっしょという番組への深い愛を感じますね!

歌のお兄さんというお仕事を本当に全力でやりきってくださっただいすけお兄さん。卒業会見と聞いて本当に寂しかったですが、新たなステージに踏み出すだいすけお兄さんを心から応援したいと思います!

だいすけお兄さんの卒業会見についてまとめました!まとめてたら、また寂しさが・・(涙)

だいすけお兄さんは3月30日(木)がおかあさんといっしょの最終出演日となります。録画予約をお忘れなく!

 

アイキャッチ画像出典:http://woman.infoseek.co.jp

 

この記事の読者によく読まれている記事

だいすけおにいさん卒業の理由!

横山だいすけお兄さんの知られざる秘密とは?

だいすけロスが止まらない…!世の中のママ達の反応は?

たくみおねえさんからバトンタッチをうけた、小野あつこおねえさんの世間の反応は?

たくみお姉さんは今何してる?

ファミリーコンサートのチケット入手の裏技!

おかいつ動画を無料で見る方法!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る