『小さな巨人』キャスト相関図とネタバレあらすじ!主演は長谷川博己!

2017年4月スタートの日曜劇場『小さな巨人』のキャスト相関図とネタバレあらすじ情報です。主演は「第40回日本アカデミー賞」優秀主演男優賞を受賞した長谷川博己さんです。さらに、岡田将生さんら豪華キャスト出演で相関図にも注目です。新ドラマ『小さな巨人』のキャストやネタバレあらすじを紹介します。

sponserd link

日曜劇場『小さな巨人』基本情報

 

・TV局:TBS
・開始日:2017年4月スタート毎週日曜日よる9時~
・出演者:長谷川博己、岡田将生、安田顕、駿河太郎、手塚とおる、竜星 涼、木場勝己、春風亭昇太、香川照之他
・脚本:丑尾健太郎(『無痛』、『HEAT』など)、八津弘幸(『半沢直樹』、『流星ワゴン』、『下町ロケット』など)
・監修:福澤克雄
・演出:田中健太、渡瀬暁彦
・プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝

 

主人公を演じるのは、「第40回日本アカデミー賞」で優秀主演男優賞にノミネートされた長谷川博己さんです。今回のドラマでは、警察組織を舞台に、警察官の正義を貫くために苦悩する主人公を演じます。

 

共演には、岡田将生さん、安田顕さん、駿河太郎さん、手塚とおるさん、竜星 涼さん、木場勝己さん、春風亭昇太さん、香川照之さんら実力派優陣がキャスティングされ話題となっています。

 

脚本は、丑尾健太郎さんと八津弘幸さん二人の脚本家が手掛けるオリジナルストーリーです。八津弘幸さんは、これまでにも日曜劇場の『半沢直樹』、『流星ワゴン』、『下町ロケット』などの脚本を手掛けています。『半沢直樹』(2013年)は大ヒットしたし、『下町ロケット』(2015年)は第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の脚本賞を受賞しました。

 

監修やプロデューサーも日曜劇場の『半沢直樹』、『流星ワゴン』、『下町ロケット』などを手掛けたスタッフが集結しているので、今回の警察官のリアルな姿を描くヒューマンドラマ『小さな巨人』は期待が持てそうです。

 

日曜劇場『小さな巨人』の登場人物&出演者(キャスト)紹介

 

長谷川博己/香坂真一郎役

出典:http://www.tbs.co.jp/

警視庁の捜査一課長を目指していたエリート刑事だったが、ミスを犯してしまい所轄へ左遷されてしまいます。

 

長谷川博己さんは、大学卒業後、舞台俳優として活動していましたが、NHKドラマ『セカンドバージン』で年上女性との不倫男役を演じ注目を集めます。2016年には、大ヒットした映画「シン・ゴジラ」で主演を務め、「第40回日本アカデミー賞」で優秀主演男優賞にノミネートされました。

 

長谷川さんは、これまでに人気となった連続テレビドラマ(『家政婦のミタ』(2011年)や『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(2015年)など)では、優柔不断な男性を演じることが多かったように思います。今回のドラマでは志を持った警察官役ということで、これまでとは違った長谷川さんがみられそうです。

 

岡田将生/山田春彦役

出典:http://www.tbs.co.jp/

東京大学法学部を卒業後、警察庁ではなく、ノンキャリと呼ばれる警視庁に入庁します。

 

岡田将生さんは、高校生の時に自ら芸能事務所に連絡し俳優となり、ドラマや映画に主役級で出演し、数多くの賞を受賞しました。2017年には人気漫画の実写映画『銀魂』や『ジョジョの奇妙な冒険』への出演が決まっています。とても注目されている若手俳優です。

 

安田顕/渡部久志役

出典:http://www.tbs.co.jp/

香坂の異動先の所轄で同僚となる刑事。出世には興味がなく、本庁からやってきた香坂と衝突します。

 

安田顕さんは、北海道出身の劇団TEAM NACS所属の俳優です。名脇役として数多くのドラマや映画に出演しており、NHKの大河ドラマ『功名が辻』」や連続テレビ小説『瞳』にも出演していました。俳優以外にもバラエティーやジブリアニメの声優としても活躍しています。

 

春風亭昇太/三笠洋平役

出典:http://www.tbs.co.jp/

前捜査一課長で警察署署長。新しい捜査一課長の小野田と意見が対立し、嫌悪している。

 

春風亭昇太さんは、落語家で日本テレビ『笑点』の6代目司会者に就任しました。これまでにも、ドラマや映画に出演していますが、2017年の大河ドラマ『おんな城主直虎』では今川義元役がハマり役として話題を集めています。

 

駿河太郎/藤倉良一役

出典:http://www.tbs.co.jp/

捜査一課の刑事。香坂とは同期。

 

駿河太郎さんは、ミュージシャンとして活動していましたが、俳優に転向後、NHK連続テレビ小説『カーネーション』(2011年)に、尾野真千子演じるヒロインの夫役に抜擢され注目を集めました。映画やドラマに脇役として数多く出演しています。

 

手塚とおる/柳沢肇役

出典:http://www.tbs.co.jp/

警務部監察官。

 

手塚とおるさんは、舞台俳優としてデビューし、これまで悪人や裏切者の役柄を演じることが多い個性派俳優です。日曜劇場『半沢直樹』(2013年)にも主人公を精神的に追い込む悪者役として出演していましたが、その際の強烈なキャラは話題となりました。

 

竜星涼/役名不明

出典:http://www.tbs.co.jp/

 

竜星涼さんは、『獣電戦隊キョウリュウジャー』(2013年)の主役桐生ダイゴ ・キョウリュウレッドとして活躍し注目され、2017年の連続テレビ小説『ひよっこ』にも出演が決定しています。これからの活躍が期待される若手俳優です。

 

木場勝己/役名不明

出典:http://www.tbs.co.jp/

 

木場勝己さんは、舞台を中心に活躍していましたが、、『3年B組金八先生』に校長先生役で出演し名前を知られるようになりました。短期で頑固な役柄を演じることが多く、悪役のイメージが強い大御所俳優です。

 

未発表/三島祐里役

 

人事課に配属された新人職員。

今、最注目の若手女優が決定しているようですが、まだ発表されていません。

 

香川照之/小野田義信役

出典:http://www.tbs.co.jp/

 

捜査一課長。高卒のノンキャリだが叩き上げで事件現場の最高指揮官である捜査一課長までのぼりつめた実力の持ち主です。

 

香川照之さんは、東京大学文学部を卒業しています。香川さんは、複雑な生い立ちを背景に俳優となることを決意したようですが、演技の実力は素晴らしく、数多くの助演男優賞や出演作品が映画賞を受賞しています。歌舞伎役者を父に持つ香川さんは、2011年には歌舞伎俳優となりました。

 

日曜劇場『小さな巨人』のキャスト相関図

出典:http://www.tbs.co.jp/

 

sponsored link

 

日曜劇場『小さな巨人』のネタバレあらすじ

警視庁捜査一課で捜査一課長を目指している主人公の香坂真一郎。今年だけでも捜査本部事件を3度も解決するという活躍ぶりでした。

 

しかし、ある日取り調べの際にミスを犯してしまい、所轄へと異動させられてしまいます。

 

香坂は、出世街道から外されてしまったものの、所轄の同僚たちと仕事をしていくうちに、本当の正義とは何かを考えるようになります。

 

警察組織のリアルな姿を描く、これまでになかった刑事ドラマです。

 

日曜劇場『小さな巨人』の見どころ

 

日本国民を犯罪から守る正義の味方・警察官が所属する警察組織。私たち一般人には謎の部分が多いですが、未だに男社会で、出世争いや上下関係・学歴差別etcで大変そうなイメージです。

 

今回の日曜劇場『小さな巨人』では、そんな警察組織を舞台に奮闘する男たちの姿が描かれます。

 

見どころといえば、スタッフ・キャストともに大ヒットした日曜劇場『半沢直樹』(2013年)や『下町ロケット』(2015年)の関係者が多いということです。

 

『半沢直樹』の最高視聴率は42.4%で、主人公のセリフ「倍返しだ!」は流行語にもなりました。

 

しかしながら、『半沢直樹』と『下町ロケット』の原作は、池井戸潤さんの小説でしたが、今回の『小さな巨人』はオリジナルストーリー。原作に縛られず、予想できない展開にラストまで目が離せないこと間違いなしです!

 

半沢越えがあるかもしれませんね。

小さな巨人を動画1話~今すぐ見られる情報を書いた記事があります。

 ⇒小さな巨人を動画1話~見られる!記事はこちら

 

2017年4月スタート!春の新ドラマ一覧とオススメランキング


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る