ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のフル動画を無料で見る方法

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

SNSで話題沸騰!
今からでも遅くない夏クールの大ヒットドラマ
「愛したって秘密はある」

最終回特別話はHulu限定無料配信中!
▼▼▼▼▼▼▼▼
Hulu無料登録はコチラ

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のフル動画を無料で視聴できた方法

世界中で大ヒットしたハリー・ポッターのシリーズ第6作目。主人公ハリー・ポッターと仲間たちが、邪悪なヴォルデモート卿との最終決戦に向け、彼の弱点や過去を探る。最終章に向けて続々と明らかになる謎や新たな展開に、ドキドキする子持ち主婦の私…。ミステリアスで衝撃的なストーリーは見逃せません!!

ファンタジー好きのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中、見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を見た感想レビュー

ここでは「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、ハリー、ロン、ハーマイオニーの心理的成長、そして恋も…。最終章に向かってワクワクするファンタジー映画です。

20代女性の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想レビュー(★★★★★)「予想外な展開」

映画の感想は?

授業に遅れたロンとハリーが教科書を持ってなくて棚に教科書が2冊。新しい教科書と古びた教科書。新しい教科書を取り合いするけどロンが新しい教科書を手に入れてハリーは古びた教科書。この教科書にはいろいろ書きたされていてその通りに薬を作ると完璧に薬が作れたりしてあのシーンは面白かった。今まで1番だったハーマイオニーは薬が作れなかったし、ハリーが作れたことにちょっと不機嫌そうだったり。そして、ロンに初めて恋人が出来てハーマイオニーがヤキモチをやいたりするシーンもあって可愛い1面も見れる。誰かがダンブルドアを殺そうといろんな手を使ってみるも全部失敗。ダンブルドアに渡すはずだった飲み物をロンが飲んでしまったり、ダンブルドアに渡すはずだったネックレスを女子生徒が開けてしまったり。ハリーがヴォルデモートの小さい頃の記憶を見るのも見どころ。最後にはハリーとダンブルドアが一緒に旅に出ていろんな試練を2人で乗り越えていくのも面白い。ダンブルドアの弱気な姿、水をくもうとしたらたくさんの手、ダンブルドアが魔法を使って払いのけてやっぱりダンブルドアの魔法は迫力がある。学校に戻ると早速刺客。現れたのがマルフォイとベラトリックス達。マルフォイがダンブルドアに杖をむけてたときはハラハラドキドキ。ハリーは見つからないように隠れてスネイプにバレたけど殺しはせずにスネイプはダンブルドアの前に現れてマルフォイは結局ダンブルドアに死の呪文をかけれず、ダンブルドアが「頼む」と一言言ってスネイプが死の呪文の唱えてダンブルドアがあっけなく死んでしまったのが残念。ハリーは怒ってスネイプ達のあとを追って、スネイプに魔法をかけるも全部が跳ね返されて、古びた教科書に書いてあった名前がスネイプだったのにはビックリした。ダンブルドアが死んでみんなが杖を出して灯りを灯してるのはとても綺麗だった。

この映画はハリポタシリーズの中ではどんな位置づけですか?

ダンブルドアの死。悲しみ。謎のプリンスは一体誰なのか。スネイプへの憎しみ。これから始まるヴォルデモートとの闘いになる前のお話。

他にどんな映画が好きですか?

トワイライトシリーズ  ワイルドスピードシリーズ

 

20代女性の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想レビュー(★★★★☆)「ハラハラドキドキだけど最後は悲しい」

映画の感想は?

私はハリー・ポッターシリーズが大好きで、全作品映画館で見ました。特に謎のプリンスは衝撃的でした。あのダンブルドア校長がまさか死ぬとは思ってもいなかったので映画館で泣きました。しかも、スネイプ先生がまさか殺すと思ってもいなかったので、作品でありながらも怒りを感じました。マルフォイもヴォルデモート側についてホグワーツにデスイーターを入れてしまって、これにもすごく怒りを感じました。マルフォイは好きなキャラクターではなかったのですが、これでもっと嫌いになりました。分霊箱の話も出てきて、最初はわけがわからなかったのですが、それを壊していくとヴォルデモートを倒せることがわかって、頑張ってってすごく応援していました。なんといってもダンブルドア校長にハリーが毒を無理矢理飲ますところが、見ていられなくなるぐらい悲しかったです。でも、そのあとのダンブルドア校長の魔法は驚きました。炎を出すダンブルドア先生がすごくかっこよくて、興奮しました。ハリー・ポッターシリーズはいつみても感動するし最高です。

この映画はハリポタシリーズの中ではどんな位置づけですか?

1番重要であり、なおかつ感動する。謎のプリンスを見ればまた謎は出来るが、これを見なければ次の話に繋がっていかない。

他にどんな映画が好きですか?

ハリー・ポッターと死の秘宝パート2

 

20代男性の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想レビュー(★★★★★)「ハリーポッターのシリーズ中でも恋愛がメインの物語になっています。」

映画の感想は?

本作は、大人になっていくハリー達の思春期を描いた物語になっています。
ハリーはハーマイオニーと恋いに落ちるだろうと序盤は思っていましたが、実際はロンの妹である、ジニーであり、そしてロンはハーマイオニーと恋の関係になるのです。
そして、本作ではドローレス・アンブリッジという新任教師が登場するのですが、この太ったピンクのおばさんの性根の腐った態度が観ている側も、イライラさせられるのです。
本作は前半はポップなテイストで明るい印象になっているのですが、終盤に向かうにつれて、徐々にダークな作品になっていくのです。
そして本作以降はハリーポッター作品は完全に大人向けになっていきます。
この作品のタイトルにもなっている、謎のプリンスとは一体誰の事を示しているかが、本作の一番の見所になっており、その真実は驚愕になっており、この作品では、一番偉大で重要な人物が死んでしまう、ショッキングな内容になっています。
しかし本作はこれから絶対にハリー達が立ち向かう相手になる、ヴォルデモート卿との対峙を覚悟させる作品にもなっているのです。

この映画はハリポタシリーズの中ではどんな位置づけですか?

ハリーポッタシリーズの分岐点的な位置の作品になっており、本作以降に映画全体のテイストが一気にダークな内容になります。

他にどんな映画が好きですか?

ザ・フライ ミザリー インビジブル

 

20代女性の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想レビュー(★★★★★)「これから起きる戦いの布石が随所にちりばめられています。」

映画の感想は?

第一作目から登場していてファンも多いキャラクターだと思いますが、スネイプ先生、マルフォイにようやくスポットの当たる映画になっています。ヴォルデモート卿との対立が本格的に始まった第四作目以降は暗くなりがちですが、比較的明るい雰囲気も漂っています。しかしながら失われるものも多く、重大な事件も起こる波乱の展開で、明るいシーンもあるからこそ、その悲しみや絶望感がより際立っています。見どころはハリーとマルフォイの対立と対比です。幼い頃にその後の将来を定められたのは、赤ん坊のときヴォルデモート卿に襲われて唯一生き残ったハリーもそうですが、生まれた家がヴォルデモート卿の信奉者であったマルフォイにも言えることです。押し流されるように悪事を働こうとする、そうするしかないマルフォイの苦痛の様子、それと対比されるように選ばれた男の子と呼ばれ勇者のような扱いを受け始めるハリーの勇気ある姿は必見です。また、スネイプ先生の彼らそれぞれに対する対応や本心を垣間見ることもでき、見どころとなっていると思います。最終作を見る前の重要な前振りとなる出来事も多いので是非見てもらいたい映画です。

この映画はハリポタシリーズの中ではどんな位置づけですか?

最終決戦の序章、前振りです。失うものが多く、これからのことに不安も残し、謎も深まる物語になっています。

他にどんな映画が好きですか?

スパイ映画、ミステリー映画、ファンタジー映画全般。

 

20代女性の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想レビュー(★★★★☆)「思春期と成長」

映画の感想は?

今まで付かず離れず、共に戦ってきた戦友でもあるハリーたちに変化が訪れます。思春期に入った3人は、これまであまり意識していなかった自分の気持ちに気づくのです。それの大きな障害のひとつが恋愛でした。
まずはロンとハーマイオニー。このふたりは最後まで付かず離れずのままかなと思っていたので意外でした。
特に病室でハーマイオニーの名前を確かめるように呼んだロンの姿にキュンキュンしてしまいました。
この映画ではそこまでですが、確実にふたりが意識しあってるのがかわいいかわいい。
原作では細かに描かれているハリーのジニーに対する想いは、映画ではもっとわかりやすいものでした。
ハーマイオニーを慰めながら、自分の気持ちを初めて口にしたハリー。驚くことなく受け止めたハーマイオニーの、ふたりの友情が垣間見えるいいシーンでした。
大きな闇に立ち向かう中で、大切な人の死や冒険を繰り返すハリーも、ひとりの人間で、男の子なんだなと確認させてくれました。

この映画はハリポタシリーズの中ではどんな位置づけですか?

最後の学校生活を、戦いにむけてめいっぱい楽しんでいる印象。戦いの前章にも関わらず、思春期真っ只中のみんながかわいい!

他にどんな映画が好きですか?

MARVEL作品 アクション

 

20代女性の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想レビュー(★★★★★)「最終章へむけての波乱の展開!!」

映画の感想は?

最終章へ向けて物語が大きく展開します。ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人の絆はより強固なものになっているうえに、友情だけでなく愛情も混ざってきていて3人の成長を感じることもできます。
ハリーは「半純血のプリンス」のサインがある教科書を手に入れます。そこには授業だけでは説明しきれない魔法のアドバイスが数多く書かれていて、ハリーはこの教科書を参考に魔法の授業で優秀な成績をおさめます。
また、ヴォルデモート卿との最後の戦いへ向けて、ダンブルドアとの秘密の特訓も始まります。このシーンは、ハリーとダンブルドアの師弟関係がすごくよく描かれていて、シリーズ最初から見ているととても感情移入できる場面でもあります。
タイトルになっている謎のプリンスの正体は、当初から対立関係にあったスネイプ先生です!ここがクライマックスでもあり、スネイプはダンブルドアを殺害しついにヴォルデモート卿が復活します。ダンブルドアが殺害され悲しみに包まれたホグワーツのシーンで映画は終わりますが、それがさらに次の映画への期待感を持たせた終わりになっています。

この映画はハリポタシリーズの中ではどんな位置づけですか?

最終章へむけて話が大きく動くとても重要な部分です。内容的には悲しいストーリーですが、みんなが一致団結する話でもあります。

他にどんな映画が好きですか?

ハリーポッターシリーズ全般、ベイマックス、トイストーリー。

 

10代女性の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想レビュー(★★★★★)「あれ、ここ現実だっけ?気づいたら魔法にかかっていた!」

映画の感想は?

ハリポタシリーズ6作目、一番大好きな作品です!!
謎プリの中では、夢見たいな素敵な魔法のシーンはもちろん、誰もが一度は抱くような甘い恋の葛藤もとっても見所です!
中でもロンに思いを抱くハーマイオニーの涙はとっても心に残っています。
好きなのにそれを素直に伝えられない。
そんな自分に全く気づかない彼にモヤモヤ。
魔法使いだって、私たちマグルと抱く思いは同じで、とっても女の子な彼女にキュンキュンしちゃいました!
また、ハリーのライバルであるドラコの葛藤にも注目です。
彼は闇の道に進むことを選ぶのですが、そこに至る心境を考えると胸がぎゅっとなりました。
きっと彼は、「選ばれしもの」であるハリーにずっと引け目を感じていたんです。
そんな時に、ヴォルデモートに自分を求められてしまったら、ダメなこととはわかっていてもその手を取ってしまうでしょう。
「これは僕の使命だ。僕が選ばれたんだ!」
という言葉にも、それがよくあわられていて、泣いてしまいました!
後半にいくにつれて、シリアスさも増してくる今作品。
気づいたらもう魔法界に行ってしまっていました!

この映画はハリポタシリーズの中ではどんな位置づけですか?

ダンブルドア先生が亡くなってしまうことで、魔法界の闇の部分が一線を越えてしまう今作品。最終章への入り口として、なくてはならない話です。

他にどんな映画が好きですか?

基本的に邦画をよく観ます。最近見たもので好きだったのは、「セトウツミ」です!
絶妙なテンポ感で運ばれていく会話劇は、独特の中毒性があって見入ってしまいます!

 

20代男性の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」感想レビュー(★★★★☆)「交錯する記憶」

映画の感想は?

この物語のなによりも重要なアイテムは「分霊箱」と「憂いの篩」です。この二つはハリポタシリーズのいくつかの謎を解き明かす非常に重要な物語となってます。
話のほとんどの部分が「憂いの篩」の中へハリーとダンブルドアの二人がもぐりこむというもので、様々なヴォルデモートに関する記憶やダンブルドアの記憶を追体験するというもので、話のテンポはゆっくりとしています。
ほかの作品にみられるような大きな問題が起こるというわけではないので、そのテンポで物語は展開していくのですが、その中で語られる真実は過去は特に気にもとめなかったような出来事が実は大切な意味を持っていたのだということに気づかされるポイントが多くあります。
「分霊箱」というヴォルデモートの存在にとって非常に重要なアイテムが実は物語の序盤でも登場していたのだということも明かされるので、見ている人間にとっては非常に大きなインパクトを与えることになるでしょう。

この映画はハリポタシリーズの中ではどんな位置づけですか?

クライマックスへ向かうために必要なワンステップ。ハリポタシリーズの始まりの物語の秘密を解き明かしていく。

他にどんな映画が好きですか?

バックトゥザフューチャー

 

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の基本情報

宿敵ヴォルデモートの秘密が明らかに!衝撃の展開が待ち受けるシリーズ第6弾!

見どころ
クライマックスを控え、登場人物たちの運命が大きく揺れ動く第6弾。ヴォルデモートの秘密、謎のプリンスの正体など、ミステリアスで衝撃的なストーリーは必見。

ストーリー
人間界と魔法界両方で勢力を強めるヴォルデモート。これに対抗するべく、ダンブルドア校長はヴォルデモートの重大な秘密を握る旧友ホラス・スラグホーンをホグワーツに招く。決戦の準備に備えるハリーだったが、校内は恋愛が花盛りで…。

ここがポイント!
11歳のトム・リドルを演じる子役、ヒーロー・ファインズ・ティフィンは、ヴォルデモートを演じるレイフ・ファインズの甥。

キャスト・スタッフ
出演 (ハリー・ポッター) ダニエル・ラドクリフ
(ロン・ウィーズリー) ルパート・グリント
(ハーマイオニー・グレンジャー) エマ・ワトソン
(ホラス・スラグホーン) ジム・ブロードベント
(べラトリックス・レストレンジ) ヘレナ・ボナム=カーター
(ルビウス・ハグリッド) ロビー・コルトレーン
(フィリウス・フリットウィック) ワーウィック・デイヴィス
(アルバス・ダンブルドア) マイケル・ガンボン
(セブルス・スネイプ) アラン・リックマン
(ミネルバ・マクゴナガル) マギー・スミス
監督 デヴィッド・イェーツ
原作 J・K・ローリング
音楽 ニコラス・フーパー
脚本 スティーヴ・クローヴス
製作 デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」世界中で驚異的大ヒット!傑作ファンタジーシリーズ第6弾!


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る