おかあさんといっしょ”ガラピコぷ~”にママ唖然!”かわいくない・ナレーションが下手”と酷評の声優陣配役の理由とは?

2016/4/4からNHK Eテレの大人気子供番組『おかあさんといっしょ』のキャラクターが交代。今まで子供たちに親しまれていた『ポコポッテイト』が終了し、新しく『ガラピコぷ~』が始まりました。歌のお姉さんもたくみお姉さんからあつこお姉さんへ変わっています。

 

関連記事:【おかあさんといっしょガラピコぷ~】歌うプッチマーゴが上手すぎる!?ナレーションの名誉挽回!?

 

NHKの『おかあさんといっしょ』のキャラクターとしては初めて、”ロボット”のキャラが登場するとあって、前々から不安視される声もあがっていましたが、放映後のママパパの反応はどうだったのでしょうか?

また、『ガラピコぷ~』を担当する声優・ナレーションについてもご紹介してきたいと思います。

sponserd link

『ガラピコぷ~』のキャラクター紹介(声優・ナレーション)

まずは『ガラピコぷ~』にでてくるキャラクターのご紹介です。

 

チョロミーチョロミー (声優:吉田仁美)

ムスービ村に住む活発なハリケーンウサギの女の子。もうすぐ4歳。ハイテンションかつ明るい性格で、好奇心旺盛。気が強く、姉御肌。競争やスリルが大好き。ダンスが得意で、チョロミーが踊り始めると周りにいる人はみんな盛り上がる。

 

ムームームームー(声優:冨田泰代)

スヤスヤ森に住む内気で繊細なオオカミの男の子。3歳。毛足が長く、ぽっちゃり体型。友達想いでとても優しい。絵が上手だが、運動は苦手。キラキラの鉱石を集めている。地道な努力家。

 

ガラピコガラピコ(声優:川島得愛)

おしゃべりな惑星探査用ロボット。 探査活動中にしずく星に不時着し、収集したデータのほとんどが消失してしまった。「覚えました!」といいながらデータを記録する。
他人の気持ちがさっぱり理解できず、ズレた発言や行動をすることがある。多弁早口で自分で作ったルールを人に押しつけるのが好き。水がないと動けない。ヒートアップすると臭いガスを出す。

 

プッチマーゴ/ナレーション(声優:佐藤仁美)
ホシノキの中に住んでいるメスのモモンガ。ナレーションも兼任。

 

声優・ナレーションの配役と抜擢のワケは?

声優陣について言及すると、

チョロミー役吉田仁美さんは、
『ジュエルペット』シリーズでユーク役、『ハピネスチャージプリキュア!』でオハナ/キュアサンセットの声優を担当されていますね。プリキュアではエンディング曲の歌も歌っているようで、とても可愛らしい声の持ち主です。

 

ムームー役の冨田泰代さんは、Wikiに経歴が載っていなく、まだ駆け出しの声優さんのようです。

ガラピコ役の川島得愛さんは、中堅の声優として数多くの作品に出演されており、アニメ以外にも吹き替えの声優としても有名です。

 

プッチマーゴ/ナレーションを担当するのは、佐藤仁美さん
Sato011979年10月10日生まれの36歳、愛知県名古屋市出身のホリプロ所属の女優さんですね。デビューのきかっけは「第20回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞」とのことなので、アラフォーですが、美人のようです。

主な作品は『イグアナの娘』『砂の器』『家政婦のミタ』やNHK夜の連続ドラマ『アイ’ム ホーム 遙かなる家路』で主演をつとめたことがあるそうです。バラエティに出演する際は、主に飲酒時の失態・婚活を話題にすることが多いとな。あまり声優中心の活動をされてきた方ではなさそうですね。

 

キャラクターにあった声優陣!とのことなのでしょうが、同じNHK Eテレの『みいつけた!』豪華声優陣と比べると、、、なんだか少し物足りなく思うのは筆者だけでしょうか?これから長く続くであろう同番組はスケジュールやギャラ的な面を重視した配役となっているように思えてなりません。まぁ、もちろん、キャラクターにはよく合っている声のキャスティングだとは思いますが・・・。

コッシーのいすのまちの豪華声優陣はコチラから

 

sponsored link

 

『ガラピコぷ~』をみた視聴者の反応

では、『ガラピコぷ~』をみた視聴者のパパママお子さんの反応をご紹介してたいと思います。

「ちょ…ガラピコぷ~かわいくない… これが娘の思い出になるのか… 私はにこにこぷんでよかった…」

「ガラピコぷ〜、、、ヤバい可愛くない。。大丈夫?」

「番組が始まってすぐに、2歳の息子が「これ違ーう!」と。
ガラピコぷーが始まると「これも違ーう!メーコブがいいー!」とご立腹です。」

「ガラピコプー…ないわー
キャラもかわいくないし
ナレーションとふくろう(?)
下手すぎ…┐( ̄ヘ ̄)┌」

「ポコポッテイトまで変わらなくても良かったのに。」

ガラピコのナレーションが下手すぎる

「書き忘れたんですがガラピコのナレーション(とフクロウも兼任ですよね?)は一体誰ですか?下手すぎるんですけど・・・・どこかで聞いたことがあるような声なんですが誰なのか思い出せず。」

フクロウとナレーションが気になってしまいました。この声は!と思ったら、やっぱり佐藤仁美さん?エンディングのテロップにも名前があったので。でもまだまだこれからですもんね。きっとそのうち慣れるんだろうなぁと、今後に期待します!」

ガラピコプーは、ナレーションがなんじゃこりゃでした。ナレーションが始まって、モソモソ声が聞こえるだけで仕方なく音量あげましたが字幕必要かも、と思いました。」

「ムームーのキャラが目がでかすぎでキモイ。。。そしてなんでこんなに根暗なの。朝からちょっとうざい・・」

・・・きっ厳しい!!!

長年親しまれてきた『ポコポッテイト』からのキャラクター交代だけあって、世間のママの視線はかなり厳しかったようです。その中でも、ふくろう、、、ではなくてモモンガ役の佐藤仁美さんのナレーションがかなり違和感があったとの見解のようですね。

キャラクターはちょっとそれぞれ変わった性格なのも影響しているのかな・・・?

 

 

しかしながら、ご安心ください。こういう肯定的な意見ももちろんありました。

「ガラピコプーも、予告より断然かわいかったです。わが子も楽しんでみていました☆」

「そして、ガラピコぷーも思ってたよりすんなり受け入れられた!びっくり!」

「ガラピコプーは、予告より可愛く感じました!声が可愛いし、背景も可愛らしいのでわたしと娘は馴染めそうと思いましたよ。」

「ガラピコプーのオープニングのアニメーションが可愛かったです!パステルカラーカラーで色えんぴつみたいな柔らかい感じ。意外でした!」

と、予告よりは受け入れられた!可愛かった!と思った視聴者も多くいたようですね。

 

筆者がネットでの評判を調べた限りでは、

かわいくないとの声 → 約70%

思ったより受け入れられた・かわいかったとの声→ 約30%

の評判だったように感じました。可愛くないとの声や批判的な意見というのは特にナレーションが下手!というのが多くありましたね。

 

 

番組を担当する脚本家の山中隆次郎氏は、

「『おかあさんといっしょ』の人形劇を、ずっと見ていると“失敗しても大丈夫だよ”というメッセージを伝えてきたと思う」といい「ガラピコは他人の感情を理解したり、自分の気持ちを制御するのが苦手な子ども。大人から見れば、ちょっと問題があるような子であっても『大丈夫だよ』って言ってあげられるような番組にしたい」と力を込めていた。

と、『ガラピコぷ~』のコンセプトとして、問題があっても大丈夫!と安心させてあげたいとのことなので、今後、チョロミー、ムームー、ガラピコの3人の活躍と、ナレーションの向上に期待したいですね!

 

 

同じく4月から変わった歌のお姉さん・小野あつこお姉さんについての評判は、、、?
小野あつこお姉さんの評判、かわいいorかわいくないどっちが多い!?
パントの上原りさと似てるって本当!?

!!!速報ニュース!!!

4/27(水)の『ガラピコぷ~』になんと

T.M.Revolutionの西川貴之さんが登場することが決定!!!

そのキャラクターは、『グースー急便』の『スキッパー君』

気になる詳細は、こちらのボタンからどうぞ!

記事をCheck!

 

こちらの記事をまだお読みでない方は、是非4月スタートのあつこお姉さんの評判につても詳しく書いてありますので、オススメです。
記事が気に入っていただけましたら、シェアやツイートをよろしくお願いいたします。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 4月 06日
  2. 2016年 4月 06日
  3. 2016年 4月 06日
  4. 2016年 4月 07日
  5. 2016年 4月 07日
  6. 2016年 4月 08日
  7. 2016年 4月 09日
  8. 2016年 4月 26日
  9. 2016年 4月 26日
  10. 2016年 4月 26日
  11. 2016年 4月 27日
  12. 2016年 6月 23日

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る