『東京タラレバ娘』ロケ地(撮影場所)とエキストラ募集は?

http://www.ntv.co.jp/tarareba/images/ogp_img.jpg

2017年1月水曜夜10時からスタートするドラマ『東京タラレバ娘』では、吉高由里子さん、榮倉奈々さん、大島優子さんの3人が悩み多きアラサー女子を熱演します。

各地で行われているロケ地(撮影場所)で3人に会えるかもしれませんね。『東京タラレバ娘』のロケ地&撮影場所、エキストラ情報を調べてみました。豪華女優陣3人と、ドラマ『東京タラレバ娘』のエキストラとして共演できたら夢のようです!

 

2017年1月スタートのドラマでまだ見るものを迷ってる方にはこちらの記事がオススメですよ!

2017年1月スタート!冬の新ドラマ一覧&これは面白い!オススメランキング

スポンサーリンク

『東京タラレバ娘』ロケ地(撮影場所)を大予想!

 

2017年1月18日水曜の夜10時から新水曜ドラマ『東京タラレバ娘』が放送開始します。

 

主人公の30歳独身で彼氏もいない売れない脚本家の鎌田倫子を演じるのは、吉高由里子さん。倫子の高校時代からの親友の山川香役に榮倉奈々さん、倫子の親友で居酒屋『呑んべえ』の看板娘の鳥居小雪役に大島優子さんがキャスティングされています。

 

また、人気モデルの金髪青年KEY役には坂口健太郎さん、過去に倫子にフラれた早坂哲郎役で鈴木亮平さん、香の元恋人鮫島涼役で平岡裕太さんらが出演します。

 

そんな豪華な俳優陣に会えるかもしれないドラマの撮影現場ですが、タイトルに『東京』とついているくらいなので、東京を中心に撮影が行われるのは間違いないと思われます。

 

原作によると、倫子の事務所「ヴィラ・オリンピア」は表参道神宮前の築50年の古い建物、小雪の父親が経営する居酒屋吞んべえは原宿、香は表参道のネイルサロンを経営、涼の売れないバンドBUMKEY’Sのライブ会場は恵比寿リキッドルーム、香と涼が以前同棲していたアパートは蒲田となっていました。

倫子、香、小雪の3人は事あるごとに「女子会」を開き鬱憤をはらしています。原作では小雪と香が串カツと寿司の話で盛り上がる店は恵比寿横丁、倫子たちがお茶していたのは青山通りカフェになっていて、ドラマではきっと他にも穴場な女子会スポットがロケ地として登場すると思います。

また、倫子たちの故郷は埼玉の川越、倫子とKEYは箱根の旅館に泊まります。川越や箱根でのロケもありそうですね。

 

sponsored link

『東京タラレバ娘』ロケ地(撮影場所)の目撃情報!

 

12月にはいり撮影が順調に行われているようで、各地で撮影現場が目撃されています。目撃情報によると、青山、表参道、外苑前、代々木、原宿と、予想通り都内を中心に撮影されているようです。

 

東京代々木第一体育館<12月8日>

青山、表参道、港区外苑前駅<12月8日~10日>

 

野球場<12月11日・1月3日>

野球場の場所は特定出来ませんでしたが、3人がユニフォーム姿でベンチにいるシーンを撮影したようです。

秋葉原UDX前<12月13日>

 

豊洲駅付近<12月17日>

 

明治神宮前(原宿)駅前<12月16日~17日>

 

早朝の表参道<12月17日>

 

横浜赤レンガ倉庫付近<12月27日>

 

居酒屋の撮影はセット

 

 

『東京タラレバ娘』のエキストラ募集!

 

残念ながら、『東京タラレバ娘』のエキストラは日本テレビなどの公式ページでも募集されていません。

日本テレビはドラマに関しては一般の方からエキストラを募集することは基本的に行っていないようです。

 

しかしながら、地方ロケなどが行われれば、もしかしたら募集がかかるかもしれません。

 

エキストラ出演は難しいようですが、東京タワーで「東京タワー×東京タラレバ娘~イタ(痛)イルミネーション」が開催されていて、『東京タラレバ娘』の世界を体験できるようです。

 

原作では、倫子が迷った時に訪れる場所が東京タワーで、倫子、香、小雪の3人でのぼる場面もありました。もしかしたら、東京タワーがロケ地になり、撮影現場を目撃できるかもしれませんよ!

 

 

キャストがひどすぎる!?とネットで話題になっている東京タラレバ娘ですが、詳しいキャストはこちらで画像付きで紹介中!

私的には結構、面白いかなーって思うんですが、皆さんはどう思われていますか?

『東京タラレバ娘』キャスト相関図とあらすじ!吉高由里子が・・・w

 

是非、チェックしてみてくださいね!

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る