「お母さん、娘をやめていいですか?」最終回ネタバレ!三角関係の柳楽優弥はどっちを選ぶ!?

mamma

2017年1月13日スタートの新ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』、その原作は?最終回は?ネタバレは?波留さんが主演を務める『お母さん、娘をやめていいですか?』のテーマや、最終回のネタバレします!

スポンサーリンク

波留さんと斉藤由貴さんが濃密な母娘の関係を演じることで話題の2017年1月13日スタートのNHK金曜ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』、色々なネタバレ込みでご紹介します。

ドラマの詳しい情報が気になる方はコチラ!

⇒『お母さん、娘をやめていいですか?』キャスト相関図あらすじ

ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』は完全オリジナル脚本

残念ながら原作はなく、脚本家・井上由美子さんの完全オリジナル脚本です。

井上由美子さんは、朝ドラ「ひまわり」「きらきらひかる」「GOOD LUCK!!」「白い巨塔」「昼顔~午後3時の恋人たち~」「営業部長吉良奈津子」ほか記憶に残る話題作を多く書いています。

「昼顔~午後3時の恋人たち~」ではどんどん家庭に入り込んでくるお義母さんやどこまでも夫を追って来る妻。「営業部長吉良奈津子」では夫の不倫(未遂)相手のベビーシッターと、ちょっと怖い女性を描くのがめちゃくちゃ上手な井上由美子さん!!

今回は顕子の行動がかなりホラーということで、斉藤由貴さんの演技力と合わさって絶対相当怖いキャラクターになることは確実です!!

ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』でも母と娘というふたりの女性の心理をリアルに描いてくれそうで期待大!ですね。

『お母さん、娘をやめていいですか?』の最終回予想!

1.ストーリー

娘、早瀬美月(波瑠)25歳と母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳は、二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘。
美月は女子高の英語教師で、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼しています。

そんなとき、新築中の早瀬家を担当するハウスメーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなり、顕子は彼を気に入り美月とつきあうように背中を押します。

美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚。

顕子は娘が次第に変わり自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていってしまいます。そして、ついに松島を誘惑…

2.展開予想!

顕子の誘惑にのってしまう松嶋…美月に隠れて会い続けるふたり。

最初は松嶋に美月を奪われたくないと言う気持ちから誘惑した顕子でしたが、次第に本気で松嶋のことを好きになってしまいます。

松嶋は美月と顕子の両方とつき合っていますが、顕子が本気になってくると重たく負担になりふたりともから離れようとします。

3.最終回予想!

自分のことだけでなく美月のことも捨てようとしている松嶋に対し怒った顕子は、恋が憎しみに変わり母娘ふたりを弄んだと復讐を企てます。

顕子は松嶋を殺し罪を裁かれ刑務所に。美月はやっと母親の呪縛から解き放たれてひとりで強く生きて行くことを心に誓います。

主演の波留さんよりも、母親役の斉藤由貴さんの怖い演技に注目が集まりそうなストーリーですね。

個人的には母親ともいえる年齢の女性が年下の男性を誘惑していく過程に興味が…いったいどんなドラマになるのかお楽しみに!!

ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』は2017年1月13日放送スタートです!

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る