カルテットドラマの最終回ネタバレ!原作は?

2017年1月17日にスタートしたドラマ『カルテット』、その原作は?最終回は?ネタバレは?松たか子さんが主演を務める『カルテット』のテーマや、最終回のネタバレします!ドラマを毎週見て、最終回の予想を随時追加形式でお送りしております。是非、皆様の最終回ネタバレの予想やドラマの感想をコメントくださいね!

 

松たか子さんがを演じることで話題の2017年1月17日スタートのTBS火曜ドラマ『カルテット』、色々なネタバレ込みでご紹介します。

ドラマの詳しい情報が気になる方はコチラ!

⇒『カルテット』キャスト相関図あらすじ

 

カルテットの見逃し配信はTBSオンデマンドで無料で見放題!

カルテットの動画を1話~最新話まで、2週間無料で動画見放題で見れるのはTBSオンデマンドだけ!!

TBSオンデマンドは2週間無料でTBS最新作のドラマやバラエティ・映画などが見放題です。そしてなんといってもTBS公式のオンデマンド配信だから安心♪

2週間無料で見放題!TBSオンデマンドはコチラ!
※登録時に、クレジットカードかDocomoキャリア支払いが選択できます。
※2週間以内に解約すれば一切費用はかかりません。

 

ドラマ『カルテット』は完全オリジナル脚本

残念ながら原作はなく、脚本家・坂元裕二さんの完全オリジナル脚本です。

 

坂元裕二さんは「東京ラブストーリー」(ちなみに印象に残る主題歌のイントロのギターの音は松たか子さんの夫が演奏してます)をはじめとして、「トップキャスター」「わたしたちの教科書」「猟奇的な彼女」「Mother」「最高の離婚」「問題のあるレストラン」と代表作が並びます。女性が大きな困難に遭いながらも、淡々とそれを超えて成長していく姿が美しくリアルに描かれることが多いですね。

 

「カルテット」で検索すると同名の小説がヒットしますが、大沢在昌のザ・ハードボイルド小説…まったく関係ありませんでした!お間違えなく!!

 

これまで「それでも、生きてゆく」「Woman」には満島ひかりさんが、「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」には高橋一生さんが出演しています。

松たか子さんには「明日春が来たら」「優しい風」といった彼女の代表曲の歌詞を書いている縁があり、彼らの個性を生かしたり、新鮮な面を引き出したりする脚本になるのでは?と期待大!です!!

 

sponsored link

『カルテット』の最終回ネタバレ予想!

1.ストーリー

真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)の4人は、東京のカラオケボックスで”偶然”出会いカルテット(弦楽四重奏)を結成します。

4人とも30代、夢が叶わず人生のピークに到達することなく、これから来る40代からのゆるやかな下り坂の前で立ち止まっているような状態…。

そんな彼らが軽井沢の司の祖父の別荘でひと冬の共同生活を送ることになります。しかし、偶然だと思われていた出会いは大きな秘密のもと仕組まれたものだったのでした。

 

共同生活を通してこの4人の中で絡み合う「片思い」の行方。

そして4人がそれぞれ抱える秘密にハラハラ…、人生の真実に触れてハッとするヒューマンサスペンスです

 

2.展開予想!

[第2話 追記]

片思いは真紀⇒司⇒すずめ⇒諭高⇒真紀と見事な一方通行で始まるのでは。第2話の段階では(諭高⇒?)すずめ⇒司⇒真紀(⇒夫)という片思いが明らかにされています。諭高がすずめに想いを寄せているかはまだ謎…ライブレストラン「ノクターン」のウェイトレスで元地下アイドルの有朱(吉岡理帆)にアタックをかけている現状です。

真紀は東京に夫がいるのですが軽井沢にいる間だけは、普段の生活とは離れて「音楽家」として自由にふるまうことにして恋も心の中のことだけ解き放つように司に想いを寄せます。

司はひたすらチェロのことしか考えずに生きているすずめに憧れ、すずめはどこか掴みどころがなくミステリアスな諭高に惹かれ、諭高は無口でも言うべきことはきちんと言う芯の強い真紀を尊敬して好きになっていきます。

この部分、すべて真逆でした!

まず真紀の夫は1年前に失踪しているので、真紀は軽井沢に住むことに。夫がいなくなったことで逆に心の中には強く気持ちが残り続けています。

司は10年以上前から真紀に憧れており、カラオケボックスでの出会いは彼が自ら会いに行ったものでした。

 

すずめは司に想いを寄せていますが、真紀の義母鏡子から真紀の様子を探ることを依頼されているので複雑な状況。

諭高はチャラ男として設定されていて、すずめの寝顔をじっと見つめてみたり有朱とメッセージのやり取りをしたり、と本心が掴めません。

[第4話 追記]

諭高の過去が明かされた第4話では、衝撃の事実が!!

なんと諭高はバツイチ!元妻の茶馬子(高橋メアリージュン)はバリバリの関西弁スピーカーで、冬でも裸足、スマホの画面が常に割れているようなキャラクター。かなり個性が強烈ですが、とても真っすぐでやさしい気持ちを持った女性なんですけどね。

諭高が、離婚してから初めて茶馬子と息子に会いに行く時に、恋人がいると彼女に見せつけるためにすずめに同行してもらいます。

「どうして真紀さんじゃダメなんですか?」というすずめの問いに、「真紀さんじゃバレちゃうから。オレの好みバレてるし」と言う諭高。この発言は、すずめ=諭高のタイプということですよね?!

すずめと茶馬子の共通点といえば…

・トイレのスリッパを履いたまま出てきて、気付かずにそのまま履いている

くらいなのですが、真紀と比べると確かにすずめの方が茶馬子に近いとも考えられます。

そして、真紀は司と一緒に東京の自宅に。そこで、1年前に失踪した夫が脱ぎ捨てた靴下が放置されているのを見た司が、それを捨てようか申し出ます。

それに対して「それはゴミじゃないから」とそのままにしておくように真紀は言っていたことから、真紀の気持ちはまだ夫にあるということがわかりました。

ということで、第4話時点での片思いベクトルは、諭高⇒すずめ⇒司⇒真紀⇒失踪した夫 で完成!

とはいえ司に手を取られて撫でられて、真紀も少し身を任せるような雰囲気にはなっていたような…

[第6話 追記]

とうとう真紀の夫・幹生が登場!!生きていました!!

そして真紀と幹生の両方の視点から「ふたりのなれそめ」と「破局までのなりゆき」が語られて、今まで断片的だった事情がすべて明らかに。

真紀が「気がついたら、恋人が片思いの相手になってて」と言っていることから、諭高⇒すずめ⇒司⇒真紀⇒幹生 の片思いベクトルは正解でした!

でも、鏡子(もたいまさ子)にはっきりと「離婚届けを出そうと思っています」と告げていることから、この片思いはすでに終わって別の男性を好きになっているということなのかもしれません。

それは司か諭高か……今後は司と両想いになり、すずめとは三角関係になっていきます。

[第8話 追記]

真紀と幹生は離婚。諭高がたこ焼き屋に話した「(片思いの)好きな子がお腹空かしてる」の好きな子=すずめ ということが匂わされて、片思いベクトルは 諭高⇒すずめ⇒司⇒真紀⇒? で確定中。

すずめは司のためにきちんとしたスーツを着てキビキビとバイトを始め、真紀と司の仲を取り持とうと切ない奮闘を。

それをさりげなく邪魔しつつ、すずめの心のフォローをする諭高が素敵です。

司はひたむきに真紀に想いを寄せて、再び告白してS・A・J三段活用にて玉砕し、真紀の気持ちは現在どこにあるのかは謎…離婚したばかりですからまだ恋愛モードではないのが自然?!

ここからはラブの部分が協調されて展開、最終回を迎えるのか…と思わせてからの…

真紀は早乙女真紀ではなかった

という衝撃的なドラマ最大の謎が投下されましたーー!!一気にラブからサスペンスに引き戻された鳥肌ものの展開でしたね!!

これによって、ストーリーは真紀はいったい何者なのか、いつ早乙女真紀と名乗り始めたのか?なぜ戸籍をもっているのか?と疑問だらけに。

司は学生時代に演奏活動をしている真紀に出会ってひと目惚れますしてますよね、その時のホール前の看板に名前が書いてあるハズ!

司は真紀の名前を見ているハズ!という訳で第2話を見直したところ…立て看板のキャスト名の上には「この後15:30より開演です」の張り紙が!!なんと演奏者の名前が隠されていました!

すでに第2話からこの真紀が別人だったという展開は仕込まれていたのですね。

それで司は離婚した後の夕食時の会話で真紀の旧姓が「早乙女」だと、初めて知ったというのも納得!

司は真紀の名前を知らずに長く片思いをしていて、結婚式場で「早乙女真紀」から「巻真紀」になるところで再会したのでした。

おそらくソロヴァイオリニストとしての活動をしていた頃には、すでに「早乙女真紀」という名前を使っていて、仕事で幹生と出会い結婚。

結婚や離婚には戸籍が必要なので、本物の早乙女真紀は殺されていて戸籍を奪ってなりすましている説もありますが、実は「早乙女真紀」は芸名なのではないでしょうか。

当然幹生はそれを知っていますが、真紀は「早乙女真紀」という芸名を通称として使っていたため母親にもそう紹介していた可能性も。

これまでも、真紀が幹生を殺しているのでは?と煽っておいて失踪、さらには自分から会いに来るという展開でしたし、真紀が事件的な秘密を持っていると盛り上げて、よかった!やっぱり真紀は悪い人ではなかった!と安心して終わるパターンなのでは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4人で楽器アンサンブルを練習したり共同生活を送っていく内に関係は一方通行の片思いから、両想いに発展せず。

諭高と真紀、司とすずめでなんとなくくっついていきます。それでも司は最初に好きだった相手・真紀のことが気になり…。

諭高とすずめ、司と真紀のカップリングでどうくっついて行くかが6話以降で展開していきそうです。くっつくのかどうかミゾミゾさせておいて、結局誰も両想いにはならなそうです。

鏡子からの依頼と有朱からの脅しのプレッシャーと、司が真紀とうまくいきそうなのを見ながらの(⇐第4話 追記)

緊張感のある共同生活と恋ですずめが心のバランスを崩しておかしくなっていき、3人のことを罵ったり、夜中に飛び出してしまったりとエキセントリックな行動を取り、振り回されてしまう3人。

司に迷惑をかけないように、むしろまともになってバイトを始めて、真紀との関係を深めようと画策するなど前向きできびきびとした姿すら見せるようになったすずめ。

それを諭高がやさしくフォローする内に、すずめも諭高を意識して見るようにはなりそうですが恋愛には発展しないと予想します。

3.最終回予想!

真紀のことを息子を殺したのではないかと疑っていた鏡子だったが、本人が帰って来て疑惑は晴れます。

真紀は夫と再会するも自分の気持ちがすでに夫から離れて、司と惹かれ合っていることに気付きます。

諭高と司とすずめは別れることになり、カルテットは解散。

すずめはもう一度チャンスを探してヨーロッパに留学再び路上でチェロを弾き始め、諭高は他のカルテットをみつけてヴィオラが趣味の美容師に戻りを続け、司と真紀は一緒に暮らし始めます。

真紀は夫を捨ててヴァイオリンだけを持って司のもとへ、忙しく働きながら週末は司と2重奏を。

ふたりでヴァイオリンを奏でながら、冬の軽井沢での4人での出来事を思い出します。

真紀と幹生は離婚。その後に真紀は司から再び告白されますが「4人でいられることが幸せ」だと断ります。

別荘は立ち退かなければならなくなり4人での共同生活は終わりますが、「ノクターン」でのドーナツホールの演奏は続きます。

それを聴きに来ていた誠実な音楽プロデューサーに認められて仕事が増えて行き、演奏活動ができることを喜びながら四重奏を奏でて終わります。

最後の「まさか」は4人の音楽での成功だといいですよね!!

『カルテット』最終回ネタバレ

3月21日放送の第10話でドラマ『カルテット』は最終回を迎えました。

ここまでの予想、4人で音楽を奏で続けて行くという部分が叶ってハッピーエンドでよかった!!

 

最終回のストーリーは、前回真紀が富山県警に任意同行してから1年後を描いています。

この1年間で、真紀は他人の戸籍を使って運転免許証や保険証を取得していたことで逮捕され、裁判で指向猶予がつき釈放されました。

 

義父殺しの疑惑については取り調べを受けた上で証拠不十分で不起訴となり罪を問われませんでしたが、マスコミに「ニセ早乙女真紀・疑惑の美人ヴァイオリニスト」として取り上げられ、顔写真やカルテット ドーナツホールのことが週刊誌などに載ってしまいました。 

同時に司の家族関係のこと、すずめの過去「超能力少女すずめちゃん」のことも騒がれるようになり、司は会社を辞め、カルテットとしての仕事も来なくなる始末。

 

真紀は自分がいることでまた3人に迷惑がかかると、軽井沢には戻らず音楽はやめて、ひとりで暮らし始めます。

3人は演奏の仕事がなくなり、音楽に対して後ろ向きになって行き、ついには解散の話が。 

「その前に真紀さんを探して、ヴァイオリンを返そう」というすずめの提案で、司が元ストーカーの本領を発揮!すぐにネットで真紀の住んでいる場所を特定します。 

 

真紀の住む団地敷地内の公園で3人が演奏を始めると、その音におびき出されて真紀がやって来ます。

1年ぶりの再会!!痩せて白髪を染めることもしていない真紀の姿を見てすずめは抱きつき「真紀さん連れて帰る」と、軽井沢に一緒に戻ることを決めます。 

諭高も真紀をバックハグ♡し、ふたりに抱きしめられて幸せそうな真紀でした。 

 

軽井沢に戻った真紀は、演奏に後ろ向きになっている3人を見て逆に意欲が湧き、自分のゴシップを利用して集客して大きなホールでコンサートをしようと提案。 

「届く人には届く」とコンサートを開催することに。話題性でチケットは完売! 

コンサート当日には玉の輿に乗った有朱もやって来て、満席の会場で真剣に演奏する4人がかっこいい!!

同時に4人の出会いから今までの回想が流れ、カルテット ドーナッツが音楽を奏で続けている原点が明らかになって行きます。

 

そのコンサート後に熱海での演奏の仕事が入り、カルテット ドーナツホールの演奏活動は旅巡業に。 

軽井沢の別荘に別れを告げて、ワゴン車に乗り込み車中で主題歌を熱唱しながら熱海へ。

途中でガス欠してしまい、浜辺を会場に向けて走る4人の姿がとても楽しそうでした。

 

9話で一気にサスペンスに展開とそこからの時間の経過は、4人の関係を音楽を奏でるという夢を追い続ける恋愛を超えた仲間としての繋がりに進化させた感じでした。 

最終的にヒューマンラブサスペンスのラブが抜けて、サスペンスは終わり、ヒューマンの部分が残ってほっこりハッピーエンドでよかったですね!!

 『カルテット』動画を見逃し配信で見る方法!

カルテットの動画を無料で見るには、2つの方法があります。

①TBS公式のTBSオンデマンドで動画を2週間無料で見放題

カルテットの動画は、TBSオンデマンドというTBS公式の動画配信サービスに登録することで、2週間無料で1話~最新話までのカルテットの動画が見放題になります。違法サイトで動画を探さなくても、TBS公式で無料で見ることができますよ。

2週間無料で見放題!カルテットの動画はコチラ!(TBS公式)

②動画配信サービスのU-NEXTでも配信中!

もう一つは、動画配信サービスのU-NEXTでもカルテットを配信しています。こちらは見放題にはなりませんが、新作ドラマが見れるポイントが600円分も貰えますので、U-NEXTでも実質費用が発生せずに動画を見ることが可能です。U-NEXTは31日間無料キャンペーンを行っているので、映画やドラマにアニメ好きな方は最新作も沢山あって楽しめますよ。

U-NEXTは31日間無料キャンペーン実施中!

どちらがおすすめ?

カルテットを1話~最新話まで、最終回前に振り返りたい!全部見たい!って言う人は、TBSオンデマンドがおすすめです。

映画やアニメにドラマなど映像作品が好きでよく見るって言う方は、U-NEXTは子供向けチャンネル(アナ雪も見れる!)も充実しているので、U-NEXTは登録して損はないと思います。

どちらも無料でお試し期間があるので、登録して見て、どっちも試してみるのがいいですね!

 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る