カルテットドラマの最終回ネタバレ!原作は?

2017年1月17日にスタートしたドラマ『カルテット』、その原作は?最終回は?ネタバレは?松たか子さんが主演を務める『カルテット』のテーマや、最終回のネタバレします!ドラマを毎週見て、最終回の予想を随時追加形式でお送りしております。是非、皆様の最終回ネタバレの予想やドラマの感想をコメントくださいね!

 

松たか子さんがを演じることで話題の2017年1月17日スタートのTBS火曜ドラマ『カルテット』、色々なネタバレ込みでご紹介します。

ドラマの詳しい情報が気になる方はコチラ!

⇒『カルテット』キャスト相関図あらすじ

 

カルテットの動画を見るには、U-NEXTで!

 

カルテットの動画は、U-NEXTという動画配信サービスを利用するのがおすすめです。

 

31日間無料キャンーペーン!

 

月額利用のU-NEXTですが、初回31日間無料キャンペーンに登録をすると、600円分のポイントがもらえます。このポイントで今放映中の新作ドラマの動画が見られるのです。新作ドラマは1話324円なので、1話分は必ず無料で見ることができます!2話目も差額48円なので、お得ですね。

 

➾U-NEXT無料キャンペーンの登録はコチラ!

 

※登録の際にはクレジットカード情報か、携帯キャリア支払いのご登録で簡単に登録できます。登録も簡単!PCスマフォで今すぐ見れますよ♪

 

sponserd link

 

ドラマ『カルテット』は完全オリジナル脚本

残念ながら原作はなく、脚本家・坂元裕二さんの完全オリジナル脚本です。

 

坂元裕二さんは「東京ラブストーリー」(ちなみに印象に残る主題歌のイントロのギターの音は松たか子さんの夫が演奏してます)をはじめとして、「トップキャスター」「わたしたちの教科書」「猟奇的な彼女」「Mother」「最高の離婚」「問題のあるレストラン」と代表作が並びます。女性が大きな困難に遭いながらも、淡々とそれを超えて成長していく姿が美しくリアルに描かれることが多いですね。

 

「カルテット」で検索すると同名の小説がヒットしますが、大沢在昌のザ・ハードボイルド小説…まったく関係ありませんでした!お間違えなく!!

 

これまで「それでも、生きてゆく」「Woman」には満島ひかりさんが、「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」には高橋一生さんが出演しています。

松たか子さんには「明日春が来たら」「優しい風」といった彼女の代表曲の歌詞を書いている縁があり、彼らの個性を生かしたり、新鮮な面を引き出したりする脚本になるのでは?と期待大!です!!

 

sponsored link

『カルテット』の最終回ネタバレ予想!

1.ストーリー

真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)の4人は、東京のカラオケボックスで”偶然”出会いカルテット(弦楽四重奏)を結成します。

4人とも30代、夢が叶わず人生のピークに到達することなく、これから来る40代からのゆるやかな下り坂の前で立ち止まっているような状態…。

そんな彼らが軽井沢の司の祖父の別荘でひと冬の共同生活を送ることになります。しかし、偶然だと思われていた出会いは大きな秘密のもと仕組まれたものだったのでした。

 

共同生活を通してこの4人の中で絡み合う「片思い」の行方。

そして4人がそれぞれ抱える秘密にハラハラ…、人生の真実に触れてハッとするヒューマンサスペンスです

 

2.展開予想!

[第2話 追記]

片思いは真紀⇒司⇒すずめ⇒諭高⇒真紀と見事な一方通行で始まるのでは。第2話の段階では(諭高⇒?)すずめ⇒司⇒真紀(⇒夫)という片思いが明らかにされています。諭高がすずめに想いを寄せているかはまだ謎…ライブレストラン「ノクターン」のウェイトレスで元地下アイドルの有朱(吉岡理帆)にアタックをかけている現状です。

真紀は東京に夫がいるのですが軽井沢にいる間だけは、普段の生活とは離れて「音楽家」として自由にふるまうことにして恋も心の中のことだけ解き放つように司に想いを寄せます。

司はひたすらチェロのことしか考えずに生きているすずめに憧れ、すずめはどこか掴みどころがなくミステリアスな諭高に惹かれ、諭高は無口でも言うべきことはきちんと言う芯の強い真紀を尊敬して好きになっていきます。

この部分、すべて真逆でした!

まず真紀の夫は1年前に失踪しているので、真紀は軽井沢に住むことに。夫がいなくなったことで逆に心の中には強く気持ちが残り続けています。

司は10年以上前から真紀に憧れており、カラオケボックスでの出会いは彼が自ら会いに行ったものでした。

 

すずめは司に想いを寄せていますが、真紀の義母鏡子から真紀の様子を探ることを依頼されているので複雑な状況。

諭高はチャラ男として設定されていて、すずめの寝顔をじっと見つめてみたり有朱とメッセージのやり取りをしたり、と本心が掴めません。

[第4話 追記]

諭高の過去が明かされた第4話では、衝撃の事実が!!

なんと諭高はバツイチ!元妻の茶馬子(高橋メアリージュン)はバリバリの関西弁スピーカーで、冬でも裸足、スマホの画面が常に割れているようなキャラクター。かなり個性が強烈ですが、とても真っすぐでやさしい気持ちを持った女性なんですけどね。

諭高が、離婚してから初めて茶馬子と息子に会いに行く時に、恋人がいると彼女に見せつけるためにすずめに同行してもらいます。

「どうして真紀さんじゃダメなんですか?」というすずめの問いに、「真紀さんじゃバレちゃうから。オレの好みバレてるし」と言う諭高。この発言は、すずめ=諭高のタイプということですよね?!

すずめと茶馬子の共通点といえば…

・トイレのスリッパを履いたまま出てきて、気付かずにそのまま履いている

くらいなのですが、真紀と比べると確かにすずめの方が茶馬子に近いとも考えられます。

そして、真紀は司と一緒に東京の自宅に。そこで、1年前に失踪した夫が脱ぎ捨てた靴下が放置されているのを見た司が、それを捨てようか申し出ます。

それに対して「それはゴミじゃないから」とそのままにしておくように真紀は言っていたことから、真紀の気持ちはまだ夫にあるということがわかりました。

ということで、第4話時点での片思いベクトルは、諭高⇒すずめ⇒司⇒真紀⇒失踪した夫 で完成!

とはいえ司に手を取られて撫でられて、真紀も少し身を任せるような雰囲気にはなっていたような…

[第6話 追記]

とうとう真紀の夫・幹生が登場!!生きていました!!

そして真紀と幹生の両方の視点から「ふたりのなれそめ」と「破局までのなりゆき」が語られて、今まで断片的だった事情がすべて明らかに。

真紀が「気がついたら、恋人が片思いの相手になってて」と言っていることから、諭高⇒すずめ⇒司⇒真紀⇒幹生 の片思いベクトルは正解でした!

でも、鏡子(もたいまさ子)にはっきりと「離婚届けを出そうと思っています」と告げていることから、この片思いはすでに終わって別の男性を好きになっているということなのかもしれません。

それは司か諭高か……今後は司と両想いになり、すずめとは三角関係になっていきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4人で楽器アンサンブルを練習したり共同生活を送っていく内に関係は一方通行の片思いから、両想いに発展。

諭高と真紀、司とすずめでなんとなくくっついていきます。それでも司は最初に好きだった相手・真紀のことが気になり…。

諭高とすずめ、司と真紀のカップリングでどうくっついて行くかが6話以降で展開していきそうです。

鏡子からの依頼と有朱からの脅しのプレッシャーと、司が真紀とうまくいきそうなのを見ながらの(⇐第4話 追記)

緊張感のある共同生活と恋ですずめが心のバランスを崩しておかしくなっていき、3人のことを罵ったり、夜中に飛び出してしまったりとエキセントリックな行動を取り、振り回されてしまう3人。

3.最終回予想!

真紀のことを息子を殺したのではないかと疑っていた鏡子だったが、本人が帰って来て疑惑は晴れます。

真紀は夫と再会するも自分の気持ちがすでに夫から離れて、司と惹かれ合っていることに気付きます。

諭高と司とすずめは別れることになり、カルテットは解散。

 

すずめはもう一度チャンスを探してヨーロッパに留学再び路上でチェロを弾き始め、諭高は他のカルテットをみつけてヴィオラが趣味の美容師に戻りを続け、司と真紀は一緒に暮らし始めます。

 

真紀は夫を捨ててヴァイオリンだけを持って司のもとへ、忙しく働きながら週末は司と2重奏を。

ふたりでヴァイオリンを奏でながら、冬の軽井沢での4人での出来事を思い出します。

 

ドラマ『カルテット』は毎週火曜日夜10時放送です!

 

『カルテット』動画を見逃し配信で見る方法!

カルテットの動画を見るには、U-NEXTで!

嘘の戦争の動画は、U-NEXTという動画配信サービスを利用するのがおすすめです。

 

31日間無料キャンーペーン!

 

月額利用のU-NEXTですが、初回31日間無料キャンペーンに登録をすると、600円分のポイントがもらえます。このポイントで今放映中の新作ドラマの動画が見られるのです。新作ドラマは1話324円なので、1話分は必ず無料で見ることができます!2話目も差額48円なので、お得ですね。

➾U-NEXT無料キャンペーンの登録はコチラ!

 

※登録の際にはクレジットカード情報か、携帯キャリア支払いのご登録で簡単に登録できます。登録も簡単!PCスマフォで今すぐ見れますよ♪

 

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る