カルテットドラマの最終回ネタバレ!原作は?

quartetto16

2017年1月17日スタートの新ドラマ『カルテット』、その原作は?最終回は?ネタバレは?松たか子さんが主演を務める『カルテット』のテーマや、最終回のネタバレします!

スポンサーリンク

松たか子さんがを演じることで話題の2017年1月17日スタートのTBS火曜ドラマ『カルテット』、色々なネタバレ込みでご紹介します。

ドラマの詳しい情報が気になる方はコチラ!

⇒『カルテット』キャスト相関図あらすじ

ドラマ『カルテット』は完全オリジナル脚本

残念ながら原作はなく、脚本家・坂元裕二さんの完全オリジナル脚本です。

坂元裕二さんは「東京ラブストーリー」(ちなみに印象に残る主題歌のイントロのギターの音は松たか子さんの夫が演奏してます)をはじめとして、「トップキャスター」「わたしたちの教科書」「猟奇的な彼女」「Mother」「最高の離婚」「問題のあるレストラン」と代表作が並びます。

女性が大きな困難に遭いながらも、淡々とそれを超えて成長していく姿が美しくリアルに描かれることが多いですね。

「カルテット」で検索すると同名の小説がヒットしますが、大沢在昌のザ・ハードボイルド小説…まったく関係ありませんでした!お間違えなく!!

これまで「それでも、生きてゆく」「Woman」には満島ひかりさんが、「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」には高橋一生さんが出演しています。

松たか子さんには「明日春が来たら」「優しい風」といった彼女の代表曲の歌詞を書いている縁があり、彼らの個性を生かしたり、新鮮な面を引き出したりする脚本になるのでは?と期待大!です!!

『カルテット』の最終回予想!

1.ストーリー

真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)の4人は、東京のカラオケボックスで”偶然”出会いカルテット(弦楽四重奏)を結成します。

4人とも30代、夢が叶わず人生のピークに到達することなく、これから来る40代からのゆるやかな下り坂の前で立ち止まっているような状態…。

そんな彼らが軽井沢のすずめの祖父の家でひと冬の共同生活を送ることになります。しかし、偶然だと思われていた出会いは大きな秘密のもと仕組まれたものだったのでした。

共同生活を通してこの4人の中で絡み合う「片思い」の行方。

そして4人がそれぞれ抱える秘密にハラハラ…、人生の真実に触れてハッとするヒューマンサスペンスになっていく模様です

2.展開予想!

片思いは真紀⇒司⇒すずめ⇒諭高⇒真紀と見事な一方通行で始まるのでは。

真紀は東京に夫がいるのですが軽井沢にいる間だけは、普段の生活とは離れて「音楽家」として自由にふるまうことにして恋も心の中のことだけ解き放つように司に想いを寄せます。

司はひたすらチェロのことしか考えずに生きているすずめに憧れ、すずめはどこか掴みどころがなくミステリアスな諭高に惹かれ、諭高は無口でも言うべきことはきちんと言う芯の強い真紀を尊敬して好きになっていきます。

4人で楽器アンサンブルを練習したり共同生活を送っていく内に関係は一方通行の片思いから、両想いに発展。

諭高と真紀、司とすずめでなんとなくくっついていきます。それでも最初に好きだった相手のことも気になり…。

緊張感のある共同生活と恋ですずめが心のバランスを崩しておかしくなっていき、3人のことを罵ったり、夜中に飛び出してしまったりとエキセントリックな行動を取り、振り回されてしまう3人。

3.最終回予想!

真紀と司がどうしても惹かれ合い諭高とすずめと別れることに。カルテットは解散。

すずめはもう一度チャンスを探してヨーロッパに留学、諭高はヴィオラが趣味の美容師に戻り、司も働きながら真紀と暮らし始めます。

真紀は夫を捨ててヴァイオリンだけを持って司のもとへ、忙しく働きながら週末は司と2重奏を。

ふたりでヴァイオリンを奏でながら、冬の軽井沢での4人での出来事を思い出します。

ドラマ『カルテット』は2017年1月17日放送スタートです!

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る