松たか子主演ドラマ『カルテット』キャスト相関図/あらすじ/原作/ネタバレ

2017年1月17日火曜日夜10時放送スタートの松たか子主演のドラマ『カルテット』について紹介しています!

ドラマ『カルテット』の気になるキャスト相関図、放送日、原作、ネタバレなどを書いていきます!

ドラマ『カルテット』は松たか子主演、その他の出演者に満島ひかり、高橋一生、松田龍平と実力派のキャストが、坂本裕二脚本のラブストーリー&ヒューマンサスペンスを織りなします。

松たか子さんが連ドラの主演を務めるのはなんと5年ぶり!!どんな演技を見せてくれるのか大注目ですね!

冬の軽井沢を舞台に、カルテット=弦楽四重奏を奏でるために集まった秘密を抱えた4人の男女。

その中で芽生える絡み合った片思い…この恋の糸がどうほぐれて結び合わされて行くのでしょうか。

こちらでは2017年1月スタートのドラマ『カルテット』のキャスト、放送日、原作、ネタバレ相関図などの情報をまとめています。

sponserd link

ドラマ『カルテット』基本情報

・TV局   TBS

・開始日  2017年1月17日(初回15分拡大版)

・出演者  松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平、吉岡里帆ほか

・脚本   坂元裕二(「東京ラブストーリー」「それでも、生きてゆく」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」ほか)

・演出/チーフプロデューサー 土井裕泰

・プロデューサー 佐野亜裕美

・主題歌  「おとなの掟」Doughnuts Hole(ドラマ限定ユニット) 椎名林檎書下ろし

 

ドラマ『カルテット』出演者(キャスト)

主人公・巻真紀(まき まき)・・・・・・・松たか子

quartetto3

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/

カルテットの中で第一ヴァイオリンを担当。家庭があるため普段は都内で生活し、週末だけ演奏のために軽井沢に通っている。

極端なネガティブ思考で自ら主張することは少なく、他のメンバーたちより一歩引いた存在。

しかし、時どき核心に触れる発言をするなど、とらえどころのない人物。

世吹すずめ(せぶき すずめ)・・・・・・・満島ひかり

quartetto2

http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=3

チェロを担当。無職のため司の祖父が所有する軽井沢の別荘に住みついている。

基本的に寝て過ごしていることが多いが、ひとたびチェロを手に取ると人が変わる。常にマイペースののんびり屋。

カルテットに加わったのには秘密の目的がある模様。

家森諭高(いえもり ゆたか)・・・・・・・高橋一生

quartetto4

http://www.vip-times.co.jp/popularity/

ヴィオラを担当。妙に理屈っぽく、自己のこだわり満載の一風変わった男。

別府 司(べっぷつかさ)・・・・・・・松田龍平

quartetto5

http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp7831

第2ヴァイオリンを担当。音楽一家に生まれ、ドーナツ会社に勤めながらヴァイオリンを弾いている。

4人の中で唯一、冷静にほかの人物とコミュニケーションを取ることができるリーダー的な存在。

カルテットの活動の拠点として祖父が所有する別荘を提供する。実は誰にも言えない秘密を抱えている。

来杉 有朱(きすぎ ありす)・・・・・・・吉岡理帆

quartetto6

https://www.instagram.com/p/BM4-EkljPaq/?hl=ja

元地下アイドルで、どこかミステリアスな雰囲気を帯びた魔性の女性。

接客業であるがゆえに、常に笑顔を絶やさずにいるが、その目は全く笑っていないタイプ。

秘密を抱えた4人の男女によるカルテット…どんな曲を奏でるのでしょうか。

軽やかなモーツァルトよりも眉間に皺の寄ったベートーヴェンや若くして亡くなった儚い印象のシューベルト、または満島ひかりさんや松田龍平さんにはジャズっぽい曲の方が似合いそう…などとマニアックなイメージが膨らんでしまうキャスティングです。

4人ともミステリアスな雰囲気の役を演じるのにぴったりですよね、さらに「ラブ」サスペンスということで、どの組み合わせで恋愛が展開していくのかも気になります!

ドラマ『カルテット』キャスト相関図

quartetto17

http://www.tbs.co.jp/quartet2017/chart/

quartetto18

http://www.tbs.co.jp/quartet2017/chart/

ドラマ『カルテット』の原作・ネタバレ

ドラマ『カルテット』は脚本家・坂元裕二の完全オリジナル作品ということで、原作はありません。

「カルテット」で検索すると同名の小説がヒットしますが、大沢在昌のザ・ハードボイルド小説…まったく関係ありませんでした!

坂元裕二脚本の作品といえば、アラフォー世代は思わず前のめりになってしまう「東京ラブストーリー」をはじめとして、「トップキャスター」「わたしたちの教科書」「猟奇的な彼女」「Mother」「最高の離婚」「問題のあるレストラン」ほか、記憶に残るドラマばかり。

「それでも、生きてゆく」「Woman」には満島ひかりさんが、「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」には高橋一生さんが出演しています。

松たか子さんには「明日春が来たら」「優しい風」といった彼女の代表曲の歌詞を書いている縁があり、彼らの個性を生かしたり、新鮮な面を引き出したりする脚本になるのでは?と期待大!です!!

ドラマ『カルテット』の見どころ

冬の軽井沢が舞台ということで、キーーンと澄み切った空気を感じさせてくれる美しい風景も端々に織り込まれそうです。

真紀(松たか子)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)、司(松田龍平)の4人は、”偶然”出会いカルテット(弦楽四重奏)を結成します。

4人とも30代、夢が叶わず人生のピークに到達することなく、これから来る40代からのゆるやかな下り坂の前で立ち止まっているような状態…。

そんな彼らがひと冬の共同生活を送ることになります。しかし、偶然だと思われていた出会いは大きな秘密のもと仕組まれたものだったのでした。

ラブストーリー&ヒューマンサスペンスということで、ラブストーリーはこの4人の中で絡み合う「片思い」の行方。

『人生には三つの坂がある。上り坂、下り坂、そして”まさか”。これが、このドラマの重要なモチーフです。』というプロデューサーのコメントにあるように、下り坂の前だと思っていた状態からの”まさか”の部分に予期せぬ展開が!

そこにハラハラして、人生の真実に触れてハッとするヒューマンサスペンスになっていく模様です。

脚本が坂元裕二、キャストは個性的で実力のある役者ばかりなので演技やセリフ回しにかなり見応えがありそう!!

恋の行方の絡んだサスペンスにドキドキ!さらに人間ドラマにホロッとしてしまう『カルテット』は2017年1月17日放送スタートです!!

 

引用画像 : http://www.cinematoday.jp/image/N0087898_l

他の1月のドラマはこちらでご紹介中!

2017年1月スタート!冬の新ドラマ一覧&これは面白い!オススメランキング


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • みんみん
    • 2017年 3月 18日

    ありすのサイコな感じがイイ、しかも笑えるし、さすがの元地下アイドル。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る