東山紀之の生い立ちが韓国の真相ヤバイ!木村佳乃との子供の名前・画像は!?

Higashiyama25少年隊でデビューし、現在も”ジャニーズの皇帝”と呼ばれ、第一線で活躍している東山紀之さん。女優の木村佳乃さんとの間に2人のお子さんがいらっしゃるパパとしても有名です。そんなお二人の子供について、名前や写真画像が気になりますよね?どんな美少女なのでしょうか!

また、東山紀之さんの生い立ちが実は韓国で育った!?との噂もあうようで、こちらの真偽についても確かめていきたいと思います。

sponserd link

東山紀之・木村佳乃ご夫妻の子供は?

妻は女優の木村佳乃

KimuraYoshino09

まずは、お二人の子供について調べていきましょう。その前に、奥様の木村佳乃さんは美人女優として有名ですが、なんと喫水のお嬢様のようです。木村佳乃さんについては、こちらの記事に詳しく書いてありますので、まずはこちらを先にご確認ください。→木村佳乃の成城の実家の場所がスゴイ!痩せすぎ白髪と劣化したって本当!?

子供の名前は?

東山紀之・木村佳乃ご夫妻は、2010年にご結婚、その後、お二人のお子さんがいらっしゃいます。

Higashiyama03

  • 2011年11月4日、第1子となる長女が誕生(現在、5歳)
  • 2013年5月29日、第2子となる次女が誕生(現在、2歳)

5歳と2歳のまだ可愛らしい姉妹のようですね!

 

美人女優とジャニーズの娘さんとあっては、それはそれは可愛らしいのでは・・・!っと想像されますし、お名前が気になりますよね。なので調べてみました!

 

・・・ですが、残念なことに、お二人の子供の名前は公開されていませんでした。

 

となると一般人の子供の名前はわからないんですよね。

今は、ママタレで活躍する芸能人は自身のブログに子供の名前や写真を公開することで随分とオープンにされる人も多いですが、やはり、女優とプライベート発言がNGのジャニーズ事務所のお子さんということで、非公開が徹底されているようですね。

子供を産むと女性って太ったり痩せたりで大変ですよね。お子さんがいる女優や元アイドルの噂にはこんなものも

小雪が「劣化、太った、お腹ぽっこり!?」フラジャイル画像を見たらヤバい事に!?甲状腺の病気が理由!?

反町隆史・松嶋菜々子の子供のキラキラな名前と写真が遂に流出!?元ジャニーズ時代の画像がヤバイ!

 

子供の画像は?

では、お子さんの写真画像はあるのでしょうか?もちろん子供は一般人とのことなので、顔写真は公開されない限りは見ることができませんが、東山紀之さんがイクメンパパである様子が週刊誌にスクープされた際の写真がありました!

それがこちらです。

Higashiyama20

 

子供の年齢からいって、恐らく第一子の長女のお姉ちゃんの方でしょうか?水色のワンピースを着て、パパである東山紀之さんさんにぎゅーっとつかまって抱っこされている様子が可愛らしいですね。

 

随分と、パパ・東山紀之さんになついている様子ですが、それもそのはず・・・!

東山さんは、「育児は共同作業」と考えており、しっかりオムツ替えもこなすイクメンらしいのです!

東山のパパぶりについて「よく(子供の)面倒みます」といい、「長女がそっくりですパパ大好きで、それこそトイレ一緒にいくのも着替えもパパがやってるし、何でもパパ。(ぱぱっ子で)パパがいないとしょうがなく私が」と苦笑いで明かした。

と、長女は切れ長の目がパパの東山紀之さんにそっくりでとてもパパになついているようですね。

また東山紀之さんがTV番組で娘について、

「うちの子も卵白アレルギーがある」

と、ジャニーズは子供の話はNGでタブーとされているのに、ぽろっとこぼしてしまったことも、いろんな意味で話題になりました。

 

また、次女については、出生の際に2人が出したコメントで、

天使の様なピカピカな女の子がまた1人、

僕らのもとへ舞い降りて来てくれました。

新しい命に感謝し、

実りある未来になる様に頑張って育てていきます。

とつづっており、とても大切に育てられていることは間違いないでしょう。

 

子供の幼稚園は?

そんな可愛いお子さんですが、通っている幼稚園はどこでしょうか?目撃情報などはないようですが、2013年にわざわざ木村さんのご実家のあった成城に引越しをされていることからも、

 

成城幼稚園

 

に通っているとの説が有力なようです。こちらは妻の木村佳乃さんが成城ガールであり、成城小学校から大学までエスカレーター式で通われていたこともあり、子供についても同じように成城ガールの道を歩ませる計画なのでしょうね。

この成城の五億円豪邸についてや、成城ってすごい!については、コチラの記事に詳しく書いてありますので、是非読んでみてください。→

 

可愛い二人の姉妹ですから、今後、大きくなれば女優として二世タレントや役者でデビューなんてこともありますし、将来がとても楽しみですね。

sponsored link


 

東山紀之さんの生い立ちが韓国の真相とは?

そんなイクメンな東山紀之さんですが、生い立ちが実は韓国!?との噂があるのですが、真相はどうなのでしょうか?

Higashiyama23

東山紀之の生い立ち

東山紀之さんの生い立ちについては、「週刊朝日」で2009年1月から1年4か月をかけて連載された『カワサキ・キッド』で、詳細に語られています。(2010年に『カワサキ・キッド』は自伝エッセイとして出版されています。)

 

東山紀之プロフィール

職業:俳優・タレント

生年月日:1966年9月30日

出身地:神奈川県川崎市

 

自伝エッセイ『カワサキ・キッド』

kawasakiKid

この「カワサキ・キッド」では、

「僕の一家は、川崎駅近く、ソープランドが密集する界隈の、父方の祖父母の家で暮らしていた。」

と、現在のジャニーズの皇帝とはかけ離れた世界観ではじまります。祖父も父親も大酒飲みで、ギャンブルにのめり込み、借金もあったという。そして、幼い東山は左足が変形するほどのやけどをおってしまう。

祖父はロシア人の血を引いていた。大酒飲みで、昼間、理容師の母が仕事に出ている間に、酔っぱらって暴れ、ポットをひっくり返して、熱湯が僕の足にかかったのだ」

東山が3歳で、妹が生まれてまもなく、両親は離婚。

もちろん、母方についていき、母と妹と3人での母子家庭で暮らすことになります。

ちなみに、妹さんは一般人で、デビュー当時の若い頃の雑誌に載った写真がこちら。

Higashiyama21

東山さんも「似てないよ」と。

 

とのことで、今の東山紀之さんからは到底想像のつかない、貧しく、苦労の多かった少年期を過ごされているようです。また、韓国人ということではなく、どうやら、祖父がロシアの血を引くということで、東山紀之さんもロシアの血をひかれているということのようですね。

東山紀之と韓国とのつながり

では、そんな東山紀之さんと韓国とのつながりはどこにあるのでしょうか?

Higashiyama25

それは、同じ『カワサキ・キッド』の中で答えが見つかります。

 

両親が離婚後、移り住んだ場所も川崎・桜本の小さなアパートだったそうです。この川崎・桜本という場所は近くにコリアンタウンがあり、幼い東山紀之さんは、この地域で在日コリアンの地域の人と交流をもつようになったそうです。

「僕たちの住む地域には在日韓国・朝鮮人の人々が多く暮らしていた。うちのアパートもそんなコリアン・タウンの一角にあった。
近所には、日本名を名乗り、焼き肉屋を営む朝鮮人母子が暮らしており、僕より二つ上のおにいちゃんがいた。」

「僕と妹が毎日、お宅にあがり込むと、おばちゃんはいつも店の豚足を食べさせてくれる。僕たちはそれにかぶりついた。貧しくてお腹をすかせていた僕たちは、あのころ、あの方々がいなかったら、どうなっていただろうと思う」

と、貧しくお腹がすいていた幼い東山さんを、在日コリアンタウンの人々は暖かく迎え入れてくれたようですね。自身もロシアの血が流れいるという複雑な心境と、暖かく迎え入れてくれる在日韓国人の人たち。東山紀之さんの人格に大きく影響を与えたようでした。

「あのころ、桜本の在日の人々のほとんどが、本名を名乗れない状況にあった。地元の小中学校 の近くに朝鮮学校があったが、日本人の子どもの間では、『朝校の生徒に会ったら鼻に割り箸を突っ込まれるから気をつけろ』などというデマが流れていたりし た。僕は『そんなことないのに!』ともどかしくてならなかった」

と、差別への違和感と、虐げられた人々へ思いをはせるような一面も。

 

その後も、母親の再婚相手のDVにさらされるなど、辛い少年期は続くようですが、13歳の時に、ジャニー喜多川社長に渋谷で声をかけられ、ジャニーズ事務所に所属し、芸能界デビューへ至り、現在の輝かしい活躍を見せるまでに至っています。

 

この『カワサキ・キッド』は、自伝エッセイとして、出版当時は話題になったのですが、こういった在日韓国人が不条理に虐げられている状況への苦言を呈しているという内容での、「反ヘイト本」としても最注目されているようです。

 

このような辛い過去を乗り越えて、今の東山紀之さんがあるのですね。

現在は、妻と2人の子供と幸せな生活を過ごしているようですので、今後もますますの活躍と、是非とも大きく応援していきたいですね。

 

この記事は以上です。ありがとうございました。


sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る