【10話最終回】菅野美穂ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』視聴率と感想ネタバレと見逃し配信動画

菅野美穂主演ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』の第10話最終回は12月16日(金)夜10時放送です。

ここでは、ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』第10話最終回の視聴率速報と、ネタバレ感想や視聴者の評判や評価、あらすじや予告動画、見逃し配信を見る方法などをご紹介していきます。ますます盛り上がってきたあらすじネタバレをご紹介します。

「砂の塔」遂にU-NEXTで配信開始!

砂の塔最終回が今すぐ見られます♪

今なら31日間無料トライアル実施中

U-NEXT

※クレジットカード情報の登録が必要です。

お兄ちゃんの過去についての予想はコチラ!お兄ちゃんは亜紀の実子ではなく、弓子の隣人だった?

sponserd link

ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』第10話最終回のあらすじ

%e7%a0%82%e3%81%ae%e5%a1%9410%e8%a9%b1%e6%9c%80%e7%b5%82%e5%9b%9e母親たちを震えあがらせた完全犯罪…幼児連続誘拐事件、通称ハーメルン事件が、ついに決着!はたして犯人は誰だったのか?何が目的だったのか?そして、誘拐された子供たちの行方は…?
黄色いカーネーションに込められたメッセージとは?
子供のあつかいに長けているという推理は?
未成年である可能性は?
すべての謎が解き放たれた時――その真実にあなたは涙する!!

「ハーメルンの犯人を見た」と亜紀に言い残し、突如姿を消した和樹。健一は、和樹を手放さざるを得なくなった弓子(松嶋菜々子)が強硬手段に出て、連れ去ったのではと焦る。そんな矢先…彼らが住むマンションで、黄色いカーネーションが発見された!さらわれたのは和樹なのか、それとも別の子ども―?住民たちに緊張が走る中、生方(岩田剛典)は犯人らしき人物と遭遇!揉み合う中、生方を襲う刃がきらめいた!

一方、犯人の手掛かりを掴んだ刑事・荒又と津久井は山梨県へ急行!しかし辿りついたのは誰も住んでいない廃村だった。
何故こんな場所に犯人が――?いぶかる彼らを森の中から狙う、怪しい目線…
あらたなる謎に振り回される刑事達はそこで、悲劇と愛に満ちた衝撃の事実を目撃する!

いよいよ明かされる衝撃の結末…
誰も予想できなかった連続誘拐事件の真相とは…?

http://www.tbs.co.jp/sunanotou/story/より引用

ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』第10話最終回の予告動画

(速報)12/9放送の「砂の塔~知りすぎた隣人~」第9話を見てのハーメルン事件の最新真犯人予想はコチラで!

 

ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』第10話最終回ネタバレ感想

黒いフードの男の正体は、ハーメルンに便乗した阿相(津田寛治)!

和樹(佐野勇斗)がいなくなった直後、マンションの地下駐車場から走り去った黒いセダン。和樹は、ハーメルンの犯人に拉致られたのか・・・!?警察に行った亜紀(菅野美穂)と健一(田中直樹)だが、同じ夜、寛子の息子・俊介がいなくなっていたうえに俊介の衣服と黄色いカーネーションが残されていたため、警察はそちらの捜査にかかりきり。黒いセダンも、俊介の誘拐に使われたのではないかと警察は睨みます。

 

 

そこへ、黒いセダンの情報が入ります。頻繁にマンションを出入りし、Nシステムにより成田空港への往復が確認されたと言います。それを聞いた健一は、阿相が人身売買に使っていた車だとピンと来ます。阿相が隣りのマンションに愛人を住まわせていることを知っていた健一は、そのマンションに乗り込み、阿相を見つけます。すると、阿相が連れ去っていたのは、俊介でした。

 

 

阿相は、寛子に金を持ってこさせるために、俊介を連れ出しハーメルンの犯人になりすまして黒いフードをかぶり不審な行動をしていたのでした。

 

ハーメルンの事件は、やっぱり生方(岩田剛典)だった

犯人の口笛を頼りに荒又(光石研)たちは山梨県のある民家に向かいます。すると、そこには誘拐された子供たち4人が暮らしていたのです!その家の所有者は、認知症患者の宮瀬礼子。そして、その離婚した父親との一人息子が、生方だったのです!

 

 

生方は母親の礼子に虐待されていました。生方の体には、今でもやけどの後や暴力のあざが痛々しく残っていました。世の中にはどうしようもない母親がたくさんいる。そんな母親に対して、罰を与えたかったのだと。

 

 

しかし本当は、生方は母親・礼子をかばってハーメルンの犯人となっていたのでした。自分が逮捕されると確信した生方は、急いで礼子に電話をかけ「早く逃げて!捕まっても、全部俺が一人でやったって言えばいいからね!」と必死に訴えていました。最初の誘拐は、礼子がやったと自供。礼子が認知症を発症したのは、1年前。その病院の帰りに、一人目の子供をさらってきたのです。礼子は子供と遊ぶのがとても好きだったと主治医も証言。その子供は母親からネグレクトされていて、「家に帰りたくない」と自分で願ったし、礼子も子供がいると落ち着くようだったので、二人目以降の誘拐は、生方が実行しました。そして、4人の子供たちは仲良くこの家で暮らしていました。荒又たちが発見したときも、一番年上の子供が下の子供を守るように、団結して自分たちをこの場所から連れ出そうとする人間に警戒を表していました。きっと、この家で大切に世話されていたんだろうな。でも、千晶ちゃんはなぜ一人だけ山の中で見つかったんだか?

 

 

生方が和樹と非常階段で鉢合わせしてしまった夜、寛子に俊介を探して欲しいと頼まれた生方は最上階に向かいました。しかし、礼子から電話があり、気持ちが落ち着くからあの口笛を利かせてほしいとせがまれ、非常階段で聞かせていたところを和樹に聞かれてしまったのです。和樹を監禁したものの、危害を加えるつもりはありませんでした。

 

 

生方は、「母親を断罪する」なんて偉そうな気持ちで誘拐を繰り返していたわけではありませんでした。目の前にいる子供が、昔の自分みたいで、愛して欲しいのに愛してもらえない、この場所から逃げたいのに逃げられない、そんな自分と重なって、どうにか助けてあげたいと思ったのでした。そして、目の前から子供がいなくなったらどんな思いをするか、母親たちにわからせたかった。灼熱の真夏の車の中、チャイルドシートに固定されたまま車の中で放置された子供が、汗だくになって虚ろな目をして窓越しに生方に助けを求めて手を伸ばしたシーン、あれは母親に怒りを覚えても仕方がないですよね。まぁ、警察に届けるのが普通なんですが、自分の力で助けてあげたいって思ったのでしょう。

 

 

荒又は、礼子が捕まってからずっと同じことを繰り返して困っていると、生方に伝えます。

 

「うちの子は寝相が悪くて、すぐに毛布を剥いでしまうから、何度もかけ直さなきゃいけないから大変なんだ、って。歪んでいても、矛盾していても、それも愛だったんだなぁ」

 

礼子は、夫のことを心から愛していたのにゴミみたいに捨てられて、その反動で生方を虐待していました。しかし、息子に対してやっぱり愛はあったのです。形は間違ってしまったけれど。そして、生方もまた、母親に無償の愛を注いでいたのです。

 

 

二人の母親対決は弓子(松嶋菜々子)が身を引く形で終結

すべてが終わり、弓子は亜紀たち家族の前から姿を消すことを決意します。弓子が立ち去ろうとする際、和樹は弓子を呼び止めます。すると、弓子は、和樹にこう伝えます。

 

「あなたのお母さんが、あなたを生んだとき、雪が降っていたんですって。寒さで凍えている人を、温めて和ませてあげられるような子になってほしいって、それであなたの名前をつけたんですって」

 

そう涙ながらに話す弓子が本当の母親だと、和樹は気づいていたのではないでしょうか?

 

「母に伝えてくれませんか?僕は今、すごく幸せだから、だから、僕を産んでくれてありがとうございましたって」

 

と和樹も泣きながら弓子に伝えます。弓子は最後まで自分が母親だと名乗り出なかったけど、和樹はどこの時点でかはわからないけど(薄々気付いていて、このときの弓子の涙を見て確信したかな?)ちゃんと気付いていて、でも自分で亜紀を母親だと選んだからもう二度と会えない本当の母親との別れを思って泣いたんじゃないかな?

 

 

感想まとめ

やっぱり予想通り、犯人岩ちゃんだったけど、すっごく号泣でした~~!やっぱり虐待されてたんですね。なのに、最後まで母親をかばおうとするなんて、よく母親が子供を思う愛は無償とか言うけど、本当は子供が母親を思う気持ちのほうが無償なんですよね。

 

 

生方が、亜紀に「ここじゃない別のところに一緒にいかないか?」と言ったの、ただの愛の逃避行って意味じゃなくて、亜紀に助けて欲しかったのかも。今の自分が間違ったことをしてるって、ちゃんとわかってて、でも止められなくて、亜紀に今の自分を変えて欲しかったのかも。でも、母親と生きていく道を選んだ。子供の頃にさんざん自分を苦しめ、今では自分の名前さえも忘れてしまった母親と・・・。切なすぎる。切なすぎるけど、きっとあの母親にも愛はあったと信じたい。

 

 

生方がやったことは確かに犯罪だけど、今まで虐待してきた親たちに子供の大切さをちゃんと思い出させた。保護された子供たちを迎えに来た親たちは、本当に子供のことを心配している様子だったし。虐待している親だって、最初からそんなだったわけじゃなく、どこかで道を踏み外して歯止めが利かなくなってしまったのだとしたら、誰かが何かの方法で大切なことを思い出させてくれれば、ちゃんと元の道に戻ることができたのかなって思います。

 

 

9話での和樹と亜紀の別れのシーン+亜紀の元へ戻ったシーンで号泣し、今回は生方の母への愛に号泣させられました。謎だらけドラマって、最後に伏線回収に必死になりすぎて急ぎ足になる傾向があるけど、このドラマはしっかりと感動させてくれて、予想通りではあったけれど、それなりに伏線回収もできてて、かなり素晴らしかったと思います!ま、生方は東京で仕事しながら、山梨の廃村の痴呆の母親の世話と行き来してたの~?(だって、痴呆の人間に子供4人の世話とか無理でしょ)とか、盗撮してた弓子におとがめなし?とか、火事の中和樹が縛られて倒れているのに、弓子と電話で話し込んで、その後生方と長々話し込んで「早く和樹助けなさいッ!!」とか、ホラン千秋は結局どこ行った?とか、ツッコミどころはありますけどね~。

 

sponsored link

ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』第10話最終回の視聴率速報

砂の塔10話最終回の視聴率速報は、

13・2%

でした!自己最高!10%を超えて13%まで突入しました!かなり9話終了後の盛り上がりもすごかったですからねー!!

いや、面白いドラマでした!

ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』の衣装情報

松嶋菜々子さん、菅野美穂さんの衣装情報を随時更新でご紹介しています♪

ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人~』第10話最終回の見逃し配信と無料で動画を見る方法

ここでは、ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人~」を見逃してしまった!再放送ってあるの!?録画がとれていなかったー!!いや、もう一回みたいんだけど!という方のために見逃し配信の情報をご紹介していきます。

①1週間はTBSオンデマンドで無料配信中

再放送を待たなくても、TBSオンデマンドで放送後1週間は無料で動画を見られますよ~。

➾TBSオンデマンドで「砂の塔~知りすぎた隣人~」を見る(別窓)

②それ以降は、動画配信サービスのU-NEXTの無料キャンペーンを利用して賢く見よう!

現在は、4話、10話最終回は未だ配信しておりませんが、初回の松嶋菜々子の挙動とか…、お兄ちゃんのこれまでの怪しい動きとか、振り返りたい方は是非U-NEXTの無料キャンペーンを利用して、ドラマを賢く見ちゃいましょう♪

「砂の塔」遂にU-NEXTで配信開始!

砂の塔1話2話3話4話5話6話が今すぐ見られます♪

今なら31日間無料トライアル実施中

U-NEXT

※クレジットカード情報の登録が必要です。

砂の塔でオススメの記事

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る