波瑠ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」キャスト相関図と原作ネタバレ

%e3%81%8a%e6%af%8d%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%81%e5%a8%98%e3%82%92%e3%82%84%e3%82%81%e3%81%a6%e3%82%82%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%ef%bc%9f

2017年1月13日にドラマ 「お母さん、娘をやめていいですか?」が スタート!主演は人気女優の波瑠さん。ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」のキャスト相関図や原作のネタバレあらすじについて、徹底解説!母と娘と1人の男という三角関係と、母と娘の泥沼のバトルをサスペンスフルに描く、モンスターホームドラマの原作ネタバレは?キャストは?相関図は?ドラマを見る前に絶対にチェックしてね!

スポンサーリンク

ドラマ10「お母さん、娘をやめていいですか?」の放送日・時間・NHK

【放送予定】平成29年1月13日(金)スタート
毎週金曜[NHK総合]後10:00~10:48(全8回)

【出演】波瑠、柳楽優弥、麻生祐未、大空眞弓、壇蜜、石井杏奈、寺脇康文、斉藤由貴 ほか【作】井上由美子
【音楽】富貴晴美【演出】笠浦友愛、佐藤 譲、大橋 守
【制作統括】櫻井壮一

 

「お母さん、娘をやめていいですか?」のネタバレあらすじ

娘、早瀬美月(波瑠)25歳と、母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳は、 美月の中学受験や大学受験、就職といつも二人三脚で全力を尽くしてきました。完璧な母のサポートで、美月は順調に育ち、今は女子高校の英語教師となり、美月は母親の顕子を親友のように全面的に信頼していました。

 

2人はまるで、仲の良い恋人同士のような母娘だったのです…。

 

しかしながら、美月の父、浩司(寺脇康文) は、母と娘の密着した関係を気にかけていたものの、仕事一筋で、2人の関係に踏み込むことができないでいた。環境を変えようと、浩司はマイホームの購入を考えていた。そんな中、早瀬家の新築を担当する住宅メーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人なつっこさで接近し、2人と親しくなる。

 

顕子は、松島を気に入り、美月と付き合うように背中を押すが、松島と会うことで、美月は無意識に、母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。。。

 

そんな娘の変化に気付き、自分から離れていく事に動揺を感じた顕子。

 

自分の一番大切なものを奪われたくないと思いつめた顕子は、次第に心の奥底の危険なスイッチが入っていき、 なんと、松島を誘惑しようと考えるようになる。そして、ついに松島を誘惑してしまう。こうして、母の暴走が始まるのだった!!!(え、母暴走し過ぎじゃない!??)

 

理想的過ぎるほどの関係を築いてきたはずの母と娘が、一人の男性の出現によって、一変、泥沼の戦いを繰り広げるようになる。そんな母娘にどんな運命が待っているのか…。

 

sponsored link

「お母さん、娘をやめていいですか?」出演者とキャスト相関図

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%883

早瀬美月(はやせみづき) 25歳ー波瑠

女子高の英語教師。母親のサポートのもと、順調に育ってきたが、 男性との付き合いで、母との関係に疑問を持ち始める。母の呪縛から逃れようと、次第に離れていき、自分の世界へと歩み始める。

 

波瑠さんは、2006年にデビューし、翌年には、「セブンティーン」のモデルで活動を開始。 以来、数多くの映画やドラマに出演し、女優として活躍する一方、モデル業もこなしています。近年、連ドラ「あさが来た」のヒロイン役で、老若男女から支持される人気女優になりました。今年は、「世界一難しい恋」や、「ON~ 異常犯罪異常犯罪捜査官藤堂比奈子~」に出演されています。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%88%ef%bc%92

早瀬顕子(はやせあきこ) 50歳ー斉藤由貴

美月の母。 娘を溺愛する母親。娘の人生をサポートしてきたが、娘が男性と親しくなることで、自分の大事なものを取られてしまうのではとの危機感を持つ。母親から離れていく娘を止めるため、あらゆる手を尽くす。

1985年のシングル「卒業」がヒットし、紅白出場経験もある斉藤由貴さん。同年、映画「雪の断章」で主演を務め、以降、女優としても活躍しています。NHKのドラマ10シリーズでは、過去に、「デザイナーベイビー 速水刑事、産休前の難事件」に出演。今年は、「真田丸」にも出演されています。NHKとはご縁があるようです。

今作では、娘の彼氏を誘惑するというある意味こわい役ということで、新しい魅力が見られそうです。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%881

早瀬浩司(はやせこうじ)ー 寺脇康文

美月の父で顕子の夫。仕事一筋で生きてきたが、母と娘の密着を気にかけており、今回、マイホームの購入を考える。しかし、2人の関係に深く入り込めない。

 

寺脇さんは、1984年に、劇団「スーパーエキセントリックシアター」に入団。「超絶技巧殺人事件」で、デビュー。 1987年には、岸谷五朗さんらと「SET隊」を結成し、ラジオ、ドラマなどで活躍。俳優として、数々の映画やドラマに出演。ドラマ「相棒」では、初代相棒の亀山薫を好演しました。今回の脚本を手掛けた井上由美子さんとは、朝ドラ「ひまわり」以来、再タッグを組むことになります。熱血で男くさいイメージの寺脇さんが、娘と妻の関係に違和感を感じつつ、口出しできずにいる父親役をどう演じてくれるのか。楽しみなところです。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%884

松島(まつしま)ー 柳楽優弥

早瀬家の新築を担当する住宅メーカーの社員。 人なつっこい性格で、誰とでも仲良くなる。顕子に気に入られ、美月との交際を勧められるが、次第に母と娘の戦いに巻き込まれていく。

 

柳楽さんは、2004年の映画「誰も知らない」で、カンヌ国際映画祭、最優秀主演男優賞を受賞し、脚光を浴びました。近年では、映画「ピンクとグレー」、「ディストラクションベイビーズ」などで、存在感のある演技を発揮しています。NHKの連ドラでは、「まれ」に出現されており、来年の大河ドラマ「女城主・直虎」に出演が決定しています。

母親に迫られる役ですから、世の女性の共感するような男性の魅力をどう演じていくかがカギになりそうです。

 

他のキャストとして、麻生祐未さん、大空真弓さん、壇蜜さん、石井杏奈さんの出演が決まっていますが、今のところ、どんな役柄なのか詳細は明らかになっていません。ドラマ開始まで、2カ月ありますから、それまでには、詳細が 分かってくると思います。

 

キャスト相関図:http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=07406より引用

 

「お母さん、娘をやめていいですか?」原作・脚本とみどころは?

このドラマは、原作のないオリジナルストーリーで、脚本は、朝ドラ「ひまわり」などを担当した井上由美子さんが務めています。

 

主演の波瑠さんが、NHKのドラマで主演するのは、朝ドラ「あさが来た」以来となります。今年は、春ドラマ 「世界一難しい恋」でヒロイン役を好演、夏ドラマ「ON ~異常犯罪捜査官藤堂比奈子~」では、ドラマ初主演を務め、今、最も波に乗っている女優さんと言っても過言ではありません。

 

今回は、母の呪縛から逃れようとする娘役で、暴走していく母と泥沼のバトルを繰り広げる役どころです。

母親役の斉藤由貴さんとのバトルがどの様に描かれるのかが見どころとなりそうです。

バトルの先には、どんな結末が待っているのでしょうか? 衝撃的なドラマばかりを放送している NHKのドラマ10ですから、私たちの想像を超えるような結末が用意されているものと予想されます。今から期待が寄せられます。

 

 

他にも1月スタートのドラマ情報、続々登場中!

2017年1月スタート!冬の新ドラマ一覧&これは面白い!オススメランキング

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る