「就活家族~きっとうまくいく~」キャスト相関図あらすじネタバレ!前田敦子がセクハラ!?

%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e5%ae%b6%e6%97%8f

2017年1月にスタートする三浦友和さん主演のドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」のキャスト、ネタバレ、あらすじ情報です。テレ朝ドラマ初出演の前田敦子さんは、三浦友和さんの長女役で、宝飾メーカーでセクハラに悩む女子社員を演じます。

こちらでは、「就活家族~きっと、うまくいく~」のキャスト、ネタバレあらすじなどの情報をまとめています。

 

父親役に三浦友和さん、母親役に黒木瞳さん、姉役に前田敦子さん、弟役に工藤阿須加さんという豪華な顔ぶれの家族でお届けするホームドラマ。

就活真っ最中の大学生の工藤阿須加さん以外の家族は、きちんとした社会人だったのが、突然みんなが職を失い就活をしなければいけなくなってしまうという、センセーショナルな始まりのこのドラマ。

ジェットコースター・ホームドラマということで、穏やかな日常を丁寧に描いていくいわゆるホームドラマとは違って、息もつけないびっくり展開で物語が進んでいきそうですね!

 

しかし、そんな家族たちの奮闘を通して、「働くこと」や「生きること」についてじっくりと考えさせてくれそうです。

 

 

スポンサーリンク

ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』基本情報

  • TV局:テレビ朝日
  • 開始日:2017年1月スタート毎週木曜夜9時~
  • 出演者:三浦友和、黒木瞳、前田敦子、工藤阿須加他
  • 脚本:橋本裕志(ドラマ『熟年離婚』『華麗なる一族』『ウォーターボーイズ』『ショムニ』)
  • 音楽:江口貴勅
  • 監督:秋山純(テレビ朝日)、落合正幸、常廣丈太(テレビ朝日)
  • ゼネラルプロデューサー:黒田徹也(テレビ朝日)、内山聖子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:船津浩一(テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)
  • 制作協力:テレビ朝日

 

脚本家の橋本裕志さんが手がけた作品を見ていると、主演一人だけではなくて、登場人物一人ひとりに重きを置いてそれぞれのキャラクターを丁寧に作りこんで描いている作品が多いですね。

このドラマも、家族4人が全員主演のようなもの。それぞれがぶち当たる壁と、出していく答えを丁寧に描き出してくれるのではないでしょうか?

 

ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』出演者とキャスト相関図

父・富川洋輔(三浦友和)

miura

大手鉄鋼メーカー・日本鉄鋼金属にの人事部長というエリートサラリーマン。昔かたぎで会社のために尽くし、信念をもって仕事をするという考え方をしている。現在の仕事は新卒採用とリストラ勧告。どちらも難しく責任の重い仕事だ。

頑固者で融通が利かない性格で、同期よりも出世は遅れがち。しかし、情に厚く、部下からは信頼されている。

そんなある日、ようやく役員に昇格する兆しが見えてきたところで、信念を曲げた仕事をしてしまう・・・。

 

 

演技力は抜群で、主演でなくてもキーマンを演じることが多く、かなりその存在感を発揮する三浦友和さん。今回は満を持しての主演です!今まで刑事役だったり、今回のような会社の中でけっこう偉いポストについている役だったりと、お堅い役が多かった三浦友和さん。まさか、就活をする役をやるなんて!とどんな演技を見せてくれるのか、想像がつきませんね。三浦友和さんご自身も、今までの印象を覆すような役柄になるかもしれないとおっしゃっているように、一味違った印象の三浦友和さんが見られそうですよ。

 

 

母・富川水希(黒木瞳)

kuroki

洋輔の妻。私立中学の国語教師をしている。生徒や保護者からの信頼は厚く、固い仕事をしているはずだったが・・・。

性格はおっとりとしていて、お花が好きでマイホームを建てて庭に花を植えることを夢見ているかわいいところがある。優しい笑顔がチャームポイント。普段はおとなしいが、家族を守るためなら強くなる。

 

 

連続ドラマに出ずっぱりのイメージのある黒木瞳さんは、2013年の「オトメさん」で姑役を演じて以来の、テレ朝ドラマ出演となります。三浦友和さんとは、映画『Mr.インクレディブル』(2004年)の日本語吹替版で夫婦役を演じました。実写版では初の夫婦役ですが、長年連れ添った夫婦の間柄を表現してくれそうですね。きれいで聡明でできる女のイメージの黒木瞳さんが、ちょっとおっとりしたいいお母さん役をどう演じてくれるのかが楽しみです。

 

 

姉・富川栞(前田敦子)

maeda

富川家長女。宝飾メーカー勤務。セクハラに悩んでおり、部署異動を志願。しかし、移動した先で、想像を絶する過酷労働を強いられてしまう。

性格はお調子者で世渡り上手。よく父を持ち上げてはお小遣いをもらっている。人に甘えて頼ったりすることが得意なちゃっかり者。

 

 

前田敦子さんは、テレビ朝日のドラマは初出演です!前田敦子さんのヒット作といえば、男の子のふりをして男子校に潜り込む「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」や、ロボット役を演じた「Q10」など、ちょっと特殊な役柄が多かった印象がありますが、今回はどこにでもいる等身大の20代の女の子の役です。AKBを卒業して、アイドルから女優へと転向して、すっかりお姉さん感が増したように思えますね。工藤阿須加さんとは同い年なのですが、姉役をこなすということですよ。

 

弟・富川光(工藤阿須加)

kudou

富川家の長男。栞の弟。就職活動真っ最中の大学生。周りが次々と内定をもらってくる中で、なかなか内定が決まらないため焦りを感じている。

性格は真面目で、痴漢を捕まえようとするほど正義感が強い。しかし、父と同じく融通は聞かない不器用な性格。

 

 

ドラマ「家売るオンナ」での爽やかな新人役が記憶に新しい工藤阿須加さん。言わずと知れたプロ野球ソフトバンクの工藤監督の息子さんですね。くりっとした目がよく似ていますよね。「家売るオンナ」でのできないながらもがむしゃらな姿に、心を奪われた人も多いのでは?今回も、内定が取れずに焦る大学生役ということで、応援したくなっちゃいそうですね。新人役や弟役がとってもお似合いの工藤阿須加さんですが、現実では5人兄弟の一番上なんですって!じゃあ本当は、とっても面倒見がいい兄貴タイプなのかな~?

 

sponsored link

ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』相関図

まだ公式で発表されていませんので、もうしばらくお待ちください!

 

ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』ネタバレあらすじ

富川洋輔(三浦友和)は、大手企業の人事部長として働くエリートサラリーマン。長年会社に尽くしてきて、現在は新卒採用とリストラ勧告という仕事を任されている。いつも仕事に対して信念を持って取り組んでいる洋輔だが、ある時、信念を曲げた仕事をしてしまう・・・。それを転機に、洋輔の安定した人生が狂っていく・・・。

 

 

洋輔の妻・水希(黒木瞳)は、私立中学の国語教師をしている。家族思いのいい母親でありながら、学校でも生徒に対して真剣に取り組み、保護者からの信頼も厚い。しかし、そんな水希にも試練が訪れ・・・。

 

長女の栞(前田敦子)は、宝飾メーカーで働く女子社員。しかし、職場でのセクハラに悩まされている。セクハラ被害から抜け出そうと、ずっと異動願いを出し続けてきたが、やっとそれが受け入れられ希望の部署に異動することができる。しかし、新しい部署では、さらなる試練が栞を待ち受けていた・・・。

 

栞の弟・光(工藤阿須加)は、就活真っ只中の大学生。周りはどんどん内定をとっていくのに、なかなか光は決まらない。正義感が強く一生懸命な性格だが、どこか空回りしてしまってもどかしい感じ。

 

今まで社会にしっかりと属してきた父・母・姉が就活をすることになり、未だ自分が見えない光と同じ立場に。そうなって初めて見える「社会の中で働くということ」「生きる意味」。

 

「明日、何が起きるかわからない」という平穏な家族を襲ったスリリングな展開。時にバラバラに壊れそうになりながらも、家族みんなが繋がりを持ちながら自分を探していく・・・。

 

ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』の見どころ

一件普通の家族の日常を描くホームドラマかと思いきや、家族一人一人にまさかという衝撃や困難が次々と降りかかります。「明日、何が起きるかわからない」というジェットコースター物語。いつも当たり前にあるものに感謝を忘れて、平穏に生きてきた家族たちが、突然訪れた困難に、「仕事」や「生きる意味」をしっかりと考え、自分の人生と向き合っていく物語です。

 

 

前田敦子さんと工藤阿須加さんというフレッシュで爽やかな兄弟役と、三浦友和さんと黒木瞳さんという夫婦役の安定した演技力で物語を締める最高の布陣で臨みます!

 

困難に負けてバラバラになりそうな家族。“就活”というものがどのように家族を繋いでいくのか。どんな方向の未来にこの家族が進んでいくのか、とても楽しみです!

 

2017年1月スタートドラマ。何を見ようか迷っている方は、こちらに新ドラマの情報を掲載していますので、見てみてくださいね!

2017年1月スタート!冬の新ドラマ一覧&これは面白い!オススメランキング

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る