ドラマ『リテイク』キャスト相関図と原作ネタバレ!

%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a4%e3%82%af

2016年12月よりスタートの新ドラマ「リテイク」。 毎週土曜日の夜23時40分~24時35分、東海テレビ、フジテレビ系列で放送です。7年ぶりの連ドラ出演となる筒井道隆さんと、人気女優の成海璃子さんがメインキャストで、他にも、浅野温子さん、木下ほうかさんら、個性的な実力派俳優陣が出演されます。テーマはタイムトラベルという夢のあるミステリアスなドラマ。そんな「リテイク」のあらすじと、キャスト相関図についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ドラマ『リテイク』ネタバレあらすじ

主人公、新谷真治(筒井道隆)は、運命に翻弄され、輝かしいキャリアや家族、友人、全てを失っていました。そんな彼の現在の役職は、法務省民事局戸籍管理課の課長。

 

戸籍管理課は、同僚たちから「やってもやらなくてもいい仕事をしている課」と陰口を叩かれていますが、実は、彼らの本当の職務は、「未来からやってくるタイムトラベラーを専用の居住区に隔離し、保護観察下に置く」という指令を遂行することでした。この職務は、法務大臣政務官の国東修三(木下ほうか)から、直々に依頼された極秘任務でした。
実は、開発されたタイムマシンは不完全なもので、過去に戻ることはできますが、元の時代に戻ることはできないというものでした。

そのことを知りつつも、過去にやってくるわけありの人たち。みんな現代で何かをやり直そうと強い思いを持って、やってきているのでした。そんなトラベラーが、現在に影響を及ぼすのを未然に食い止め、その存在が国民に知られ、混乱してしまうのを防ぐべく、戸籍管理課が動き出します。

 

新谷をはじめ、コンビを組む那須野薫(成海璃子)ら、戸籍管理課の奮闘を、1話完結で描いていきます。

 

ドラマ『リテイク』のキャスト相関図

%e3%83%aa%e3%83%86%e3%82%a4%e3%82%af%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%88%e7%9b%b8%e9%96%a2%e5%9b%b3

出典:東海テレビ

新谷真治(あらたにしんじ)46歳ー筒井道隆

法務省民事局戸籍管理課課長。2年前に、痴漢容疑で逮捕され、不起訴処分になるものの、そのことで、家族やキャリア、友人、全てを失った過去がある。その事件以来、元妻や娘とは一度も会っていない。

 

1993年のドラマ「あすなろ白書」などで、主演し、トレンディ俳優として大ブレイクした筒井道隆さん。ドラマ「王様のレストラン」に出演したことで、役の幅が広がり、以降、さまざまな作品に出演しました。 最近では、「実写版サザエさん」のマスオさん役や、「魔女の宅急便」のオキノ役で出演されています。

 

那須野薫(なすのかおる)26歳ー成海璃子

戸籍管理課職員で、新谷と行動を共にしている。新谷とは親子ほどの歳の差があるが、良いコンビ。要領が良く飲み込みも早い。正義感が強く、困っている人を見ると放っておけない性格で、それがもとで、トラブルに発展することも。流行に左右されないトラディショナルな服装を身につけている。

 

成海璃子さんは、8歳の時に、ドラマ「TRICK」で、デビューを果たしました。2005年に「瑠璃の島」でドラマ初主演し、その後、「1リットルの涙」、「ハチミツとクローバー」などに出演。最近では、「黒い十人の女」などに出演されています。

 

柳井研二(やないけんじ)36歳ー敦士

警視庁捜査一課刑事。新谷の義理の弟で、新谷とは友人として現在も親交がある。新谷の過去のこともあり、誤認捜査や冤罪に敏感。アイドルの追っかけや城巡り、取り寄せグルメやバードウォッチングなど、多趣味で、マニアックな性格。薫に好意を抱いており、再三アプローチするも、撃沈している。

 

敦士さんは、2009年に、ドラマ「嬢王 virgin」で俳優デビュー。 「めっちゃ×2いけてるツ!」にレギュラー出演して、バラエティでも活躍。最近では、ドラマ「ホテルコンシェルジュ」などに出演されています。

 

大西史子(おおにしあやこ)28歳ーおのののか

法務大臣政務官秘書。戸籍管理課の本当の職務を知らないため、国東が新谷を頻繁に呼び出しているのを不審に思っている。外国語が堪能で、東京モーターショーなどのイベントで、コンパニオン兼ナレーター兼通訳のアルバイトをしていた。アナウンサーを目指していたが、実現できず、現在の職に就いた。

 

おのののかさんは、ドラマ「ホワイトラボ~警視庁特別科学捜査班~」で女優デビュー。 最近では、朝ドラ「とと姉ちゃん」、「そして誰もいなくなった」などに出演し、活躍されています。

 

国東修三(くにさきしゅうぞう)53歳ー木下ほうか

衆議院議員で法務大臣政務官。増え続ける未来人に危機感を抱き、戸籍管理課を設立した。新谷にタイムトラベラーを取り締まるように指示を出している人物。「静かに丁寧な言葉で表現した方が怒りの感情が伝わる」を信条とし、常に冷静沈着な性格。そのため省内では、ひそかにスマイリーというあだ名で呼ばれている。 張り付いたような笑顔で周囲に威圧感を振りまいている。

 

最近では、バラエティ番組「スカッとジャパン」のイヤミ課長で、ブレイクした木下ほうかさん。実は、数多くのドラマや映画に出演されていて、最近では、「ラブソング」や「カインとアベル」にも出演されています。

 

パウエルまさ子(ぱうえるまさこ)53歳ー 浅野温子

戸籍管理課パート職員。イギリス人の旦那さんがおり、3人の息子がいる。国東とは大学時代の同級生。国東に頼まれて、パート職員として戸籍管理課で働いている。現場へ出かけていく新谷と薫をオフィスから後方支援する役割を担っている。 物事をはっきり言う性格で、上司である新谷にはぞんざいな口をきくが、薫には優しい。新谷が信頼を寄せている人物。

 

浅野温子さんは、1988年のドラマ「抱きしめたい」、「101回目のプロポーズ 」などに出演し、トレンディードラマの火付け役的存在。また、「あぶない刑事シリーズ」でコミカルな刑事役を好演。以降、「ドラマ版サザエさん」のサザエさん役を演じるなど、幅広く活躍されています。最近では、「フリーター家を買う」などに出演されています。

 

sponsored link

ドラマ『リテイク』の原作ネタバレ?

このドラマは、原作はなく、6人の脚本家による共同脚本になっています。

 

タイムトラベラーと聞くと、SFチックな内容かと想像しますが、実は、悩みを抱えた人間同士のヒューマンドラマになっています。人の良さそうな筒井さんが、様々な問題を抱えているタイムトラベラーたちとどんな風に関わっていくのか? その辺りが見どころになりそうです。

 

また、パウエルまさこ役の浅野温子さんが、今回どんな個性的な役を見せてくれるかもとても楽しみです。

 

12月スタートのちょっと時期がずれていますが、来年1月スタートの冬ドラマのオススメは、こちらでご紹介しています!

2017年1月スタート!冬の新ドラマ一覧&これは面白い!オススメランキング

 

迷ってる方は是非チェックしてね。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る