映画「きみに読む物語」のフル動画を無料で確実に見る方法(感想つき)

映画「きみに読む物語」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「きみに読む物語」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

sponserd link

映画「きみに読む物語」のフル動画を無料で視聴できた方法

認知症を患い過去を思い出せずにいる女性に、奇跡を信じて女性の書いた思い出の本を献身的に読み続ける映画「きみに読む物語」に、感動する子持ち主婦の私…。愛について考えさせられます。

映画好きのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「きみに読む物語」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「きみに読む物語」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中、見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「きみに読む物語」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「きみに読む物語」を見た感想レビュー

ここでは「きみに読む物語」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、純粋に一途に愛する気持ちを描いた、愛の物語です。

20代男性の「きみに読む物語」感想レビュー(★★★☆☆)「愛」

映画の感想は?

この映画は恋人の友人の勧めで昔見に行きました。たしか日本語の吹き替えがなく、字幕映画だったと記憶していたと思います確か。友人が絶賛するので見に行きましたが、個人的にあまり印象になく感動もあまりなかったです。字幕に慣れていなかったせいかもしれませんが。
ストーリー的には昔付き合っていた人と別れ男が家を勝手に作りやつれて行った所に昔の恋人が戻ってくると言うような感じでしたよね。
内容もイマイチパッとしませんでしたが、一番最後に老人になった二人が手を繋いで死んで行くとこはさすがの僕もジンと来ました。
人の愛と言うのは歳とか場所とか関係ないのだなと思い、また自分が老人になった時あのように隣に寄り添ってくれる人がいればとても幸せな事なんだなと思わせてくれる作品でした。字幕映画に多少慣れた今で、またあれから歳を重ねた今の自分がもう一度あの映画を見ればまた違う感想になるかもしれません。レンタルして次回の休日に見て見ます。

見どころは?

やはり最後の別れのシーン。

他にどんな映画が好きですか?

昔の映画でスタンドバイミー。

 

20代男性の「きみに読む物語」感想レビュー(★★★★★)「一途な恋」

映画の感想は?

アルツハイマーのおばあさんと優しく本を語り読んでくれるおじいさんのお話から始まるストーリー。
青年のノアはある日アリーという女性に一目惚れしてデートに誘います。始めのうちはアリーは誘いには乗りませんがだんだんと2人は惹かれ合いやがて付き合います。
この時のノアのストレートかつ優しさと力強さのある言葉のひとつひとつがとても印象的でした。
アリーが夏休みを終えて2人は離れ離れになってしまいますがノアは365日毎日手紙を送ります。ですがアリーの母親が全ての手紙を隠してしまい、再び偶然の再会を果たした2人にすれ違いが生じます。
この時のノアの気持ちを考えるととても苦しくなります。
アリーは婚約者が出来て幸せの絶頂にあるときに、新聞でノアが昔約束していた夢の家を完成させているのを見つけます。アリーはノアを訪ねていき2人は昔を思い出したかのように熱い気持ちを思い出します。
結局婚約者ではなくノアを選んで幸せになるのですが、ここまでの流れはとても情熱的で2人の熱い気持ちが互いを引き寄せあったのだなぁと思いました。
アリーの母親がノアの1年分の手紙をアリーに渡す場面も外せません!
そしてアルツハイマーのおばあさん。昔の話をしてくれるおじいさん。ここでおじいさんはノアであると少しの間だけアルツハイマーのおばあさんであるアリーは思い出します。ほんの一瞬ですが何ともいえない奥ゆかしさを感じます!
最後の最後は2人一緒に天国へと旅立つシーンでは大号泣です。
年代や見るタイミングでも感じ方がだいぶ変わってくると思います。
とても良い映画なので皆さんに是非見てみて下さい!

見どころは?

ノアとアリーの恋のすれ違いの行方は?

他にどんな映画が好きですか?

具体的なものだと、アンドリューNDR114という映画がおすすめです!

 

20代女性の「きみに読む物語」感想レビュー(★★★★★)「こんな夫婦でありたい!」

映画の感想は?

私にとっては随分前のことで、正直、詳細なストーリーは覚えていないのですが、見終わったあとにとても温かくて優しいきもちになったのを覚えています。何かとてつもなく壮大な物語というわけではなく、わりと日常のカップルの人生のお話で、それが強烈に印象に残り、何年後かにこの映画をもう一度観たらどう感じるだろうと思っていました。とくに心に残っているのは、ラストシーンの施設のベッドで息を引き取る場面で、当時はまだ10代ということもあり、「将来結婚した相手より先に死にたいなぁ」とか「好きな人と一緒に死ねるものならそうしたい(寂しくならないし)」とか考えてたので、まさにそれが描かれていたことで感銘を受けたのかもしれません。この映画は、漫画のようなラブストーリーはあまり好きではない人も、漫画のような物語が好きな人も楽しめるような作品だったと思います。このアンケートに答えながら、あのころのドキドキを思い出したくなってきたので、近々鑑賞しようと思います。

見どころは?

ラストシーンとその過程。

他にどんな映画が好きですか?

Before Sun Rise、好きだ。、カモメ食堂。

 

30代女性の「きみに読む物語」感想レビュー(★★★★★)「切ないくてうらやましい恋愛。」

映画の感想は?

この映画は、アルツハイマーの老女にラブストーリを読み聞かせる老人のお話で、話のストーリーが二つの時代で展開します。お金持ちの女性と、貧しく平凡な男性の恋愛で、お互いの存在が気になり二人で映画を観て以来は、お互いの気持ちがわかり恋愛に発展されるのですが、彼女の家族達からもう反対を受け次第に二人は引き裂かれてしまうのです。しかし彼女へ愛を伝えたい彼は、彼女に戦場からも毎日欠かさずにラブレターを出していましたが、彼女の母親により隠されていたため彼女は、気づかないまま時間は過ぎ、彼女は別の男性と結婚をしました。男性は彼女が忘れられずに、二人の思い出の場所へ訪れるとそこには、偶然彼女がいました。そして二人の愛をふただび確めたのですが、彼女はどちらかを選ばなければならず男性は諦めていましたが、彼女が選んだのは夫ではなく、男性を選んだのでした。そしてこの話を聞いていたアルツハイマーの老女は、この話は自分の愛の物語だと気づき読み聞かせていた男性に、この話は自分達二人の事?と聞きます。すると、老人は記憶を無くしていた老女が、一瞬思い出した事により再び愛情を確めあいます。この時の彼の気持ちが、いたいほど伝わってくる映画でした。

見どころは?

深く愛し愛ながらも、引き裂かれた愛がふただび愛し合うも切ないラブストーリ。

他にどんな映画が好きですか?

切なさに隠されている恋愛映画。バタフライエフェクト。などです。

 

30代女性の「きみに読む物語」感想レビュー(★★★★☆)「セピア色のラブロマンス」

映画の感想は?

ひとりの女性を想い続ける男性の執念の物語。
育った環境が全くちがう同年代の少年少女が、最初は反発しながらも強く惹かれあっていく青春時代。
上流階級の少女と引き裂かれ絶望し、戦火に身を投じる若者ノアを演じるライアン・ゴズリングのあのナイーブな表情。一見穏やかそうに見える彼の内面の激しさと、ヒロイン、アリーの自由奔放でありながら自分の気持ちに正直に向き合う素直さも持ち合わせた愛に溢れた性格が、この物語の核となります。
この二人を中心にストーリーは展開していきます。
年老いた二人が老人ホームで穏やかに余生を過ごしているシーンからスタートしますが、普通の老夫婦と違うのは、女性が認知症を患い、家族はもちろん、夫との愛の記憶すらないことです。
それでもノアは、持ち前の粘り強さで、アリーに自分達の愛の歴史を物語として、毎日毎日、読み聞かせて行くのです。
過去の回想で私が一番好きなのは、他の男性と結婚直前のアリーが、ノアを訪ねて二人で池にボートを漕ぎだすシーンです。
スコールに見舞われた二人は、雨の激しさに、別れていた間のわだかまりを洗い流されたがごとく、池のほとりのノアの家で再び愛を確かめ合います。
そこから、また二人の時間が動きはじめ、新たな物語が展開していくのでした。

見どころは?

1.アリーのキュートさ
出会いのシーンでは、ちょっと生意気でわがままな発言や若さ溢れる笑顔が本当にキュート。ノアが一目惚れするのは当然、と思わせる可愛らしさです。
2.ノアのナイーブな表情
いつも淋しげなノア。観ているこちらまで胸がキュンとします。まさに切ない表情です。
3.いつも二人で
年老いた二人の結末。出来すぎだけど、二人の愛の軌跡を知っているので、ちっとも不自然ではありません。

他にどんな映画が好きですか?

ニューシネマパラダイス

 

20代女性の「きみに読む物語」感想レビュー(★★★★☆)「絆で結ばれた純愛」

映画の感想は?

アリーとノアは出会い、2人で純愛を育んでいきます。
しかしアリーは裕福な家庭に育った少女でした。
アリー両親はノアとの付き合いも良く思わずにいました。
夏が終わる頃にアリーは帰ってしまいます。
ノアはアリーのことを忘れる事が出来ずに、毎日毎日アリーへ手紙を書いて出していました。しかしそれはアリーの両親によって、隠されてしまっていました。
アリーもノアを思いながらもお互い別々の土地でしばらくの間を過ごします。
しかし7年ぶりに再会を果たした2人はどんどん勢いよく昔を思い出し愛を再築していきます。
アリーにはロンという婚約者がいたのにもかかわらず、毎日自分を思って手紙を書いてくれていたノアに対しての思いがこみ上げ、遂には婚約者のもとではなくノアの元へと戻ります。
これまでが2人のストーリーなのですが、問題はここからです。
何十年後、2人が老夫婦になりアリーは記憶障害になっていました。自分の記憶を忘れないようにと書いた本を、ノアがアリーに読み返すのです。
最後にアリーが、自分たちのストーリーだったことを思い出す瞬間のラストには涙が止まらなくなりました。
純愛や青春という言葉がぴったりで胸があたたかくなるこの映画が私は大好きです。

見どころは?

①ノアがアリーへ、読む2人の物語。
思い出しながら読んでいるノアの姿を見ると切なさとあたたかさが合わさった気持ちになります。
②そして強い絆で結ばれ続けている2人の愛
すれ違いを経て結ばれていく強い絆を感じます
③映画の中に出てくる綺麗な映像
レトロな雰囲気や、色彩がとても綺麗な映像が多いです

他にどんな映画が好きですか?

私の頭の中の消しゴム

 

30代女性の「きみに読む物語」感想レビュー(★★★★☆)「ピュアです」

映画の感想は?

この映画は2004年に映画館に直接足を運んで観ました。私は本が好きだったので、物語を読んで聞かせるという話にとても興味を持ちました。田舎にやってきたアリーを貧乏な青年ノアがデートに誘います。ノアはアリーに一目ぼれ。アリーも徐々に惹かれていきますが、二人の仲は認められずひと夏の恋として終わりを迎えます。しかし、ノアはアリーに何度も手紙をだしました。その手紙はアリーの目に触れないよう母親が渡さず隠していました。それから、アリーは弁護士のロンと婚約をしますが彼女の胸の中にはノアへの気持ちがあります。私はアリーは一度は別の人と結婚してしまうのではないかと気が気ではありませんでした。ですが、最後にアリーは母親が隠していたノアからの手紙を見つけて彼のもとへと走っていく様子を見てほっとしました。手紙というものは不思議です。母親は手紙を捨ててしまうという選択を取らなかったのです。アリーは、年を取り認知症を患い、過去のことを忘れてしまっています。目の前にいる大切なノアのことも忘れてしまっています。声に出して物語を読み、アリーが記憶を取り戻したところでやっと二人は再会できます。最初に観た時はショックを受けました。自分の記憶が失われてしまうことはとても辛く、目の前の大切な人のまなざしと微笑みが霞のように消えていく経験は耐え難いものがあるでしょう。忘れてしまっても記憶を呼びさましてくれるノアの様子がとても胸に残っています。胸がじんとする映画で、思わず涙ぐみました。

見どころは?

何度も記憶を失うアリーに物語を読むノア。自分のことを忘れてしまう妻の様子をあたたかいまなざしで見つめる様子に胸がきゅんとします。
最後に二人が結ばれる場面。一度は他の人と結ばれてしまうのかというハラハラしましたが、ほっとします。
離れていても常に心の中で相手のことを想い合う様子。本当に大切な人はどうしたって、心から消え去ることはできません。

他にどんな映画が好きですか?

ミステリーやファンタジーが好きですが、最後はハッピーエンドが好ましいです。

 

「きみに読む物語」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「きみに読む物語」の基本情報

恋の高揚感が見事に刻みつけられた、涙なくして見られない2000年代恋愛映画の傑作!

見どころ
若いふたりが情熱的に惹かれ合っていくさまをキラキラと描写。特に、ヒロインを演じたレイチェル・マクアダムスの可憐さは奇跡的!ラストで紐解かれる愛の行方は感動必至。

ストーリー
1940年。名家の子女アリーは、夏の休暇先で地元の青年ノアと出会う。たちまち惹かれ合うふたりだったが、アリーの両親の反対にあい離れ離れになってしまう。その後、ノアは出征。一方、裕福な男性との結婚を控えていたアリーだったが、新聞でノアを発見し…。

ここがポイント!
認知症の女性を演じる、ジーナ・ローランズは、本作の監督ニック・カサヴェテスの実母である。

キャスト・スタッフ
出演 (ノア) ライアン・ゴズリング
(アリー・ハミルトン) レイチェル・マクアダムス
(アリー・カルフーン) ジーナ・ローランズ
(デューク) ジェームズ・ガーナー
(アン・ハミルトン) ジョーン・アレン
(ロン) ジェームズ・マースデン
(フランク) サム・シェパード
ヘザー・ウォールクィスト
ケヴィン・コナリー
デヴィッド・ソーントン
監督 ニック・カサヴェテス
原作 ニコラス・スパークス
音楽 アーロン・ジグマン
脚本 ジャン・サルディ
ジェレミー・レヴェン
製作 リン・ハリス
マーク・ジョンソン

「きみに読む物語」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「きみに読む物語」ニコラス・パークスのベストセラー小説を映画化。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る