映画「舟を編む」のフル動画を無料で確実に見る方法(感想つき)

poster

映画「舟を編む」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「舟を編む」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

スポンサーリンク

映画「舟を編む」のフル動画を無料で視聴できた方法

新しい辞書の編さんに従事する、個性の強い面々が20数万語に及ぶ言葉の海と格闘する映画「舟を編む」。出版を目前にして亡くなってしまった責任編集者が、編集者に宛てた手紙を読むシーンに、思わず涙する子持ち主婦の私…。辞書ってこうして作成するんだ、と興味津々です!

映画好きのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「舟を編む」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「舟を編む」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中、見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「舟を編む」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「舟を編む」を見た感想レビュー

ここでは「舟を編む」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、二十数万語が収録された新辞書作りに挑む姿をユーモラスに描く、心が和むドラマです。

20代男性の「舟を編む」感想レビュー(★★★★☆)「不器用だけど、まっすぐな志!」

映画の感想は?

辞書を作るっていう、普段の自分には全く関係のないような世界だけど、それにひたむきで純粋な気持ちで頑張る主人公は、観ている自分たちも応援したくなるような、いや、むしろ自分も辞書つくってみようかな!って思ってしまうような作品でした笑。妻として出ている宮崎あおいさんも、普通というか世間一般の女性だったら、松田龍平演じる主人公みたいな人の夫になんてなれるとは思わないと思うけど、そんな夫を心から愛して、全力で支える姿、一緒に頑張る姿は、宮崎あおいさんでなければできないんじゃないかなってくらいハマリ役でした。もちろん、主人公を演じた松田龍平さんも!そんな2人と比べたら普通の人とも思える、オダギリジョーさんもとても格好良くて素敵でした。この映画は、キャストの皆さんがそれぞれの役をしっかりと演じていて、それぞれのキャラクターに合っていて、ハマリ役だったんじゃないかなって思います。ハマリ役だからこそ、実際のその人たちに見えて来て、全力で身を乗り出して見ちゃいます!

見どころは?

馬締光也の真面目っぷり。

他にどんな映画が好きですか?

マイ・ベスト・フレンド。

 

30代男性の「舟を編む」感想レビュー(★★★★☆)「静かで壮大な物語」

映画の感想は?

「舟を編む」というタイトルを聞くと「舟の映画かな?何か編み物の映画かな?」と思ってしまいますが、この映画は舟の映画でも編み物の映画でもありません。
私たち日本人は普段何気なく使っている日本語。人とおしゃべりをする時や、文字を書く時にコミュニケーションツールとしてごくごく普通に日常的に使っている言葉。今の時代は知らない言葉に直面した時にネット環境さえあればスマホで検索するとその言葉の意味をすぐに調べることはできますが、ネット環境が今ほでお手軽ではなかった時代は、誰かに聞くか自身で辞書を引いてその言葉の意味や用例を調べたものかと思います。この作品は1995年、ほんのひと昔前を舞台に、一人の男が国語辞書作りに情熱を燃やす物語です。三浦しをんの小説を石井裕也監督がメガホンを取り主人公馬締役を松田龍平が演じました。
序盤のシーンで上司が馬締を辞書編集部にスカウトする際に唐突に「右」という言葉の意味を説明しなさいと問いかけました。すると馬締はとっさに「西を向いた時の北の位置」と答えるのです。「右」という簡単な言葉なのに意味を説明しろと言われると我々も頭を抱えてしまう言葉を、さらっと答える馬締。なんともこのシーンがとても印象的で、この映画がこれからどういうところへ舵を切っていくのかというのが描き出されている一コマと言っても過言ではないかもしれません。
冒頭に触れた「舟を編む」というタイトルの意味は終盤になって理解することができます。感動とともに。
ぜひ多くの方に観ていただきたい静かで壮大な映画です。

見どころは?

主人公の松田龍平以外にも宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華など出演者が豪華なところも見どころの一つです。

他にどんな映画が好きですか?

「まほろ駅前多田便利軒」など。

 

30代女性の「舟を編む」感想レビュー(★★★★☆)「小さな流れが集まると大河になって、すごいことができると感じさせてくれる素朴な映画」

映画の感想は?

主演されている松田さんと宮崎さんのファンでずっと見たいと思っていました。
けれど、忙しさに流されて気が付けば映画の公開時期はすぎていて早くDVDにならないかと、DVD化を心待ちにしていました。
宮崎さんも幅の広い女優さんで楽しみでしたが、一番の楽しみは松田さんの繊細な演技でした。
期待通りの作品になっていたと思います。
この映画の特徴はヒーローがいないことです。主人公がカリスマ的なものや特別仕事ができるといった誰もが憧れる要素を持ち合わせていないのです。
どこにでもいる、むしろ学生時代は人付き合いも苦手でいじめられていたイメージのあるタイプの主人公です。
もちろん職場でも窓際族的な扱いを受けていましたが、自分のできる仕事に出会い、そして多くの出会いと手助けを得て辞典を完成させる。
まさに小さな小川が集まって大河になり力強い流れをつくりだしていく、そんな作品になっています。
また、途中で宮崎さん演じる大家の孫と恋愛していくのも良いアクセントになっています。
あまり恋愛過程を全面にださずに多くの出会いと辞典作成に向けて行動する場面を全面にだしたことが良かったと思います。
誰でも、出会いがあり、時間と情熱があれば何かできるのだと感じさせてくれる映画だと思います。

見どころは?

辞典が完成し、協力者だった先生の告別式で先生からの手紙を読むところが、これまでの思いや流れがあふれてきて感動です。

他にどんな映画が好きですか?

落ち込んだときに勇気を与えてくれる「プラダを着た悪魔」が大好きです。

 

40代男性の「舟を編む」感想レビュー(★★★★★)「三浦しをん原作の特殊職業映画」

映画の感想は?

2013年に公開された、三浦しをんの原作『舟を編む』は、石井裕也監督による、日本映画が最も得意とする特殊職業を題材にした作品。公開時の評判もとても高く、その年の映画賞を軒並み受賞。笑いと涙、そして特殊な職業の知識も知れるお得なムービー。主演を務めた松田龍平は、馬締光也役という真面目で奥手な青年を素敵に演じ、共演を果たした宮﨑あおいは、林香具矢役というヒロインを魅力的に熱演しています。
この物語の舞台は、出版社の玄武書房。国語辞典『大渡海』の刊行する計画を立ち上げるが、定年を控えたベテラン編集者の荒木は、後継者にその道を譲れる人材を探して社内を歩き回る。やがて、荒木の目に止まり、白羽の矢が立ったのは、営業部のさえない青年でお荷物と呼ばれている馬締光也だった…。
何といっても松田龍平の演技から目が離せないこの作品。しかも、その真面目なキャラクターゆえに行動が笑いを生むます。そんな彼が様々な言葉の魅力に取り憑かれたように成長する姿と、それに平行して恋行方が最大の見どころ。松田龍平ファンにはたまらない1本!。

見どころは?

松田龍平演じる馬締光也と、オダギリジョー演じる西岡正志の友情は見どころ。異なる性格ながら奇妙に惹かれる男の友情に拍手。
また、加藤剛が演じた松本朋佑という、老国語学者との馬締との師弟関係と呼べそうな2人。その静かな意志のやりとりは魅力的に描かれています。

他にどんな映画が好きですか?

まほろ駅前多田便利軒。

 

「舟を編む」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「舟を編む」の基本情報

映画賞を総なめ!本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんによるベストセラー小説の映画化

見どころ
松田龍平が超マジメな辞書編集者を演じ、愚直に辞書の編纂に挑む姿を描く。宮﨑あおいが演じる、恋人から妻になる女性との不器用なやりとりが微笑ましく、心が和む。

ストーリー
出版社の営業部で変人扱いされていた馬締は、人とは違う視点で言葉を捉える能力を買われ、辞書編集部にスカウトされる。そこで新しい辞書「大渡海」の編纂に関わることになり、辞書作りに没頭する。その一方で、大家の娘・香具矢と出会い、彼女に恋をする。

キャスト・スタッフ
出演 (馬締光也) 松田龍平
(林香具矢) 宮崎あおい
(西岡正志) オダギリジョー
(岸辺みどり) 黒木華
(タケ) 渡辺美佐子
(三好麗美) 池脇千鶴
(村越局長) 鶴見辰吾
(宮本慎一郎) 宇野祥平
(戸川) 又吉直樹
(編集者) 波岡一喜
監督 石井裕也
原作 三浦しをん
音楽 渡邊崇
脚本 渡辺謙作

「舟を編む」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「舟を編む」本屋大賞第一位に輝いたベストセラー、三浦しをん原作の映画化!!

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る