映画「野火」のフル動画を無料で確実に見る方法(感想つき)

143144371035309606177

映画「野火」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「野火」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

スポンサーリンク

映画「野火」のフル動画を無料で視聴できた方法

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、野戦病院を追い出されてあてもなくさまよう日本軍兵士の姿を追う映画「野火」。戦争という極限状況下に置かれた者たちの凄惨さに、ショックを受けた子持ち主婦の私…。戦争について考えさせられます。

映画好きのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「野火」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「野火」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中、見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「野火」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「野火」を見た感想レビュー

ここでは「野火」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、戦時中における兵士の心情と戦争について考えさせられる人間ドラマです。

40代男性の「野火」感想レビュー(★★★★★)「極限状態で生きようとする兵士の姿を描いた作品」

映画の感想は?

この映画の見どころは、死ぬことも生きることも許されない兵士の姿。激戦の地レイテ島は最終局面を迎え、戦況の悪化に伴い兵士たちは、引き揚げのポランポンに向うことを命じられたが、そこはすでに地獄絵図。人は生きる為に喰うこと欠かせず、きれいごとは言ってはおれない兵士は、猿の肉と言い、「禁断の人肉」を食らい出す。この作品は塚本晋也監督が、高校生時代から映画化を抱き続けた、大岡昇平の『野火』の映画化。完成にこぎつけたのは、3度目の挑戦にしてようやく実現させた渾身の一作。過去作にある市川監督版のリメイクでもあるが、リアルさや暴力性は、戦後70年を迎えた社会状況の右傾化に危機感を持った塚本晋也監督の手によって深刻に作られた作品でもある。映画化に伴い戦争体験者に取材を重ねた監督の描いた世界は、観る者に戦争の疑似体験をさせ、戦争の悲惨さを体感させてくれます。しかもそれが、殺し合うことのみではなく、食事をするという生きる為の行為において、「人間を食べる」ということで悲惨さを感じさせるところに凄みがある。その対比に自然はどこまでも過酷に美しい。

他にどんな映画が好きですか?

塚本晋也監督作品をはじめとする、出演作品。

 

20代男性の「野火」感想レビュー(★★★★★)「監督、脚本、主演。。 これは、観るものがどの様に観るかが問われるのだろう。 人肉を食べたかどうかの前に、戦争をどう見るかの方がよほど我等、昭和戦後人としては大切な事なのだろう。」

映画の感想は?

観ていて辛い映画だ。
正視出来ない場面が続く。
でも、観てよかったと心底思う。
「戦争の真実を暴こうとする映画を作ろうとするとお金が集まらない」と、この映画の監督の塚本晋也はインタビューで語っていた。
特攻を美化してコテコテにCGを使いまくった某戦争映画がメジャー系列で公開されて大ヒットして、こうゆう映画はインディペンデント系の小規模な予算で作られあまりメディアも取り上げないのがこの国の戦争映画製作の現状だ。
ここには何のヒロイズムもない。
ただ密林を飢えたまま歩き回る兵士の姿だ。
戦争を経験してない世代である以上、何がリアルかなんて分からないかも知れない。
しかし、及ぶ範囲で想像して、考える事は出来る。
観るのに覚悟がいる。
でも、観てよかった。けむりがあちこちから上がる
敵の攻撃か、と思うが、あれは人肉を焼いていたという事になるんだろうか。
凄惨な状況、過酷な戦況、衝撃的な内容
組織がその体をなくす中、そこに属する者は人間性を如何に失い、如何に保つか?こういったテーマ性は十分感じさせるもので、残虐な表現やグロテスクな映像もそのためのものだから許容できる。ただ、過剰に思えたし、残念ながらメイクや小道具がどうも安っぽくて、逆にリアルさを減じる効果をもたらしていたように感じた。個人的には市川版の淡々と状況が悪くなり、異常な惨状にまで進展していった方が、現実がどのようにも転んでしまう怖さを感じたかもしれない。(しかもあの作品は戦後15年後の作品だったから)。この作品で特筆すべきは、最後の永松の狂気の表情。

他にどんな映画が好きですか?

六月の蛇、東京フィスト

 

「野火」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「野火」の基本情報

戦争の悲惨さを描く大岡昇平の同名小説を、「鉄男 TETSUO」の塚本晋也監督が映画化!

見どころ
第二次世界大戦末期のフィリピン戦線において部隊を追放された兵士を主人公に、極限状況に追い込まれた人間たちの姿を描く。塚本晋也監督が自ら主演も務めて熱演を披露。

ストーリー
日本の敗戦が色濃くなった第二次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。田村一等兵は結核を理由に部隊を追い出され、野戦病院に送られる。しかし、食糧不足を理由に野戦病院も追い出されてしまい、空腹と孤独を抱えながら、あてもなく島をさまようことに…。

キャスト・スタッフ
出演 (田村一等兵) 塚本晋也
(安田) リリー・フランキー
(伍長) 中村達也
(永松) 森優作
中村優子
山本浩司
神高貴宏
辻岡正人
入江庸仁
山内まも留
監督 塚本晋也
原作 大岡昇平
音楽 石川忠
脚本 塚本晋也
製作 塚本晋也

「野火」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「野火」大岡昇平の小説を実写化。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る