映画「男はつらいよ」のフル動画を無料で確実に見る方法(感想つき)

51vfwhiydbl

映画「男はつらいよ」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「男はつらいよ」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

スポンサーリンク

映画「男はつらいよ」のフル動画を無料で視聴できた方法

全48本も作られることになる、渥美清主演による人情喜劇の記念すべき第1弾「男はつらいよ」。20年ぶりに故郷柴又に帰ってきた寅さんが起こすお馴染みの騒動に、大笑いをする子持ち主婦の私…。懐かしい渥美清さん若いです!!

映画好きのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「男はつらいよ」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「男はつらいよ」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中、見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「男はつらいよ」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「男はつらいよ」を見た感想レビュー

ここでは「男はつらいよ」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、懐かしい俳優の面々が出演している人情ドラマ第1弾です。

50代女性の「男はつらいよ」感想レビュー(★★★★☆)「笑って笑って、でもホロリとする。」

映画の感想は?

このシリーズはたくさん見ていますが、寅さん(渥美清)が、序盤で、必ず、突然、団子屋に帰ってきて、問題を引き起こすことから始まる。叶わぬ恋をして、結局は、振り回されて、最後には、失恋するけれど、わかっているけど、また、魅入ってしまう。その繰り返しです。でも、振られるといっても、利用されたり、騙されたり、といったことではなく、とても良い雰囲気になりつつも、残念ながら、といった感じなので、相手に対して、恨み辛みは残らない、純粋そものもの恋心。こちらも、純粋になれるような、そんな錯覚さえ起こるような、心が洗われる作品です。映画の寅さんが好きなので、寅さんの展覧会などにも行き、寅さんの座った椅子や、団子屋の店内なども見学したりしました。辛い事件や事故など、殺伐としたことが起きてしまっている昨今ですが、そんな時、この作品に触れると、心がほっこりして、世の中捨てたものじゃないな、と、温かい気持ちになれます。

見どころは?

寅さんのバナナ売りなどの、セリフ、例の、「見上げたもんだよ、屋根やのふんどし・・・。」など、見惚れる言い回しです。

他にどんな映画が好きですか?

いろいろな映画が好きですが、特に韓国映画はよく見ます。

 

40代男性の「男はつらいよ」感想レビュー(★★★★★)「昭和の人情喜劇の名作シリーズの第一作目。」

映画の感想は?

「男はつらいよ」は、日本人なら誰もが知る国民的な名作喜劇。東京の下町出身である俳優・渥美清の魅力を、最高に引き出したこの作品は、その後、長寿シリーズとなって生涯を渥美清が、車寅次郎に尽くしたといっても過言ではない作品といえる。山田洋次監督とであった、テレビドラマ『泣いてたまるか』の最終話である「男はつらい」をきっかけに、その役を膨らましたのが、テレビドラマ『男はつらいよ』になる。しかし、その最終回では寅さんは、奄美大島でハブに噛まれて死んでしまう。それをファンの要望で蘇らせたのが、この作品である。だからこそ、冒頭シーンの故郷葛飾柴又に帰って来た寅さんは、見せ場でもある。渥美清の歌も名調子で素晴らしい。寅さんの経った1人の肉親である妹さくらを倍賞千恵子が何とも言えぬほど美しく、それまでの日本人女優にこのような庶民的で地味でありながら艶のある女優も見ることはなかった。共演者のすべてが統一的な下町風情の世界観を見事に演じ作り上げてもいる。だが、それも俳優の渥美清が寅さんという中心があってこそだろう。

見どころは?

寅さんシリーズのなかで1番ヤクザ味のある渥美清が見られます。

他にどんな映画が好きですか?

「泣いてたまるか」「馬鹿シリーズ」。

 

20代男性の「男はつらいよ」感想レビュー(★★★☆☆)「初めて見たのに懐かしい。」

映画の感想は?

若者にはあまりお勧めできない映画だと感じました。この映画が好きになるか嫌いになるかは、寅さんを許せるか、許せないかが重要なポイントです。私はおせっかいで不器用な寅さんに少し腹が立ってしまったため、あまり感情移入ができず、面白いと感じることができませんでした。しかし、そんな寅さんのことを「かわいい」と思ったり、「いとおしい」と思うことのできる人が見ると、とても素晴らしい映画体験ができると思います。そんな「かわいい」「いとおしい」と思うことのできる人は若者にはあまりいないと考えたため、若者にはあまりお勧めできない映画となっています。寅さんの魅力の虜になってしまった人がこの映画の映画史上類を見ないシリーズ化につながっているのだろうと感じました。松竹が配給の日本を代表する映画シリーズであることには間違いありません。寅さんのことが気になっていて、心の広さに自信がある人にはぜひとも見て頂きたい作品です。

見どころは?

寅さんの行動、名言の数々。

他にどんな映画が好きですか?

ハートウォーミングな感動ものの映画。

 

40代男性の「男はつらいよ」感想レビュー(★★★★★)「一般社会では、あまり受け入れられない主人公の的屋の寅さんではありますが、人情味にあふれだれもが心が暖かくなる作品」

映画の感想は?

主人公の寅さんが、久しぶりに妹の住んでいる葛飾柴又のだんご屋さんに、帰ってきます。寅さんは、妹のさくらには絶対に大学出のエリートと結婚させたかったのですが、さくらさんは隣の工場で、勤務している高校卒のまじめな青年と結婚することになります。しかし、最後は承知します。また、主人公の寅さんは美しいマドンナにほれるのですが、かならずふられます。

人の人生には、春夏秋冬そして、山あり谷あり。普通映画というのは、非日常を描くものが多いのですが、この映画は本当にありそうな日常を描いています。そこに、描かれている、主人公の寅、妹のさくら、おじちゃん、おばちゃん、御前様、というような登場人物が、いかにもそこらへんにいそうで、映画を見ている人に親近感をいだかせます。そして、最後には自分を押し殺して、マドンナの気持ちに寄り添って身を引くという、日本人の味わい深さが描かれていると思います。また、人間は決して一人で生きられない、さまざまな人と助け合って生きるのだという、隠れたメッセージも描かれていると思います。

見どころは?

主人公の寅さんの人間味あふれる情景

他にどんな映画が好きですか?

釣りバカ日誌 若大将シリーズ

 

「男はつらいよ」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「男はつらいよ」の基本情報

情に厚く、美女にめっぽう弱い風来坊。“フーテンの寅”が、故郷・柴又に帰ってきた!

見どころ
全48本も作られることになる、渥美清主演による人情喜劇の記念すべき第1弾。新派のトップ女優・光本幸子をマドンナに迎え、不器用な主人公が巻き起こす騒動を小粋に描く。

ストーリー
父親との喧嘩を機に家を飛び出した車寅次郎が、20年ぶりに故郷・柴又に戻ってくる。叔父夫婦や妹のさくらは彼を温かく迎えるが、さくらの縁談を壊したことで亀裂が生じ、再び家を出てしまう。その旅先で、寅次郎は美しく成長した幼なじみの冬子と出会い…。

ここがポイント!
ドル箱へと成長した昭和を代表する名シリーズだが、実はテレビドラマ版のラストに対する視聴者の抗議を受けて製作された。

キャスト・スタッフ
出演 (車寅次郎) 渥美清
(さくら) 倍賞千恵子
(坪内冬子) 光本幸子
(御前様) 笠智衆
(諏訪飇一郎) 志村喬
(車竜造) 森川信
(諏訪博) 前田吟
(川又登) 津坂匡章
(寺男源さん) 佐藤蛾次郎
(司会者) 関敬六
監督 山田洋次
原作 山田洋次
音楽 山本直純
脚本 山田洋次
森崎東
製作 上村力

「男はつらいよ」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「男はつらいよ」全48本も作られることになる、渥美清主演による人情喜劇の記念すべき第1弾。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る