ドラマ[逃げるは恥だが役に立つ]続編決定!?最終回では完結しない!?

逃げ恥

絶好調の「逃げるは恥だが役に立つ」。全11話ということが発表され、あと4話も見れるということで嬉しい限りです!ただ、原作の内容を考えると、まだみくりと津崎が結ばれていない状態であと4話しかないというのは、一体どこまで描かれるのかというところが疑問となってきます。

 

 

逃げ恥の原作は今も連載中(現在8巻まで発売中)ですが、ドラマではどこを区切りに最終回を迎えるのかを予想してみたいと思います。さらに、視聴率が好調のため続編やスペシャル番組が決定しているのでは?という噂や、そのため最終回ではあえて完結させずに続きを期待するような終わり方になるのでは?という予想をご紹介します。

 

【基本情報】ドラマ「逃げ恥」キャストやあらすじはこちら

スポンサーリンク

 

「逃げ恥」原作の流れ

「逃げ恥」の原作のあらすじはどうなっているのか、ざっくりとネタバレをご紹介します。

 

 

みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)の契約結婚開始→次第に惹かれ始める→津崎の自尊感情の低さからお互いの気持ちが伝わらず、すれ違う→やっと気持ちが通じ合い、付き合い始める→津崎がみくりに本当の結婚を提案→本当の結婚をしたら、雇用形態が変化することにみくりがモヤモヤ→みくりがしばらくの間、別居婚を提案→離れたことで、お互いの気持ちを再確認、別居を解消→しかしみくりがもう一度外で働きたいという願望を持つようになり、再就職が決まる→忙しさから二人は再びすれ違い始める

 

 

現在ドラマ「逃げ恥」7話が終わった時点では、津崎とみくりの気持ちが通じ合いそうになり二度目のキスをした→しかし、津崎の童貞なことによる自信のなさがネックとなり、二人の関係がまたすれ違う→みくりが家出。となっていますので、このまま別居の展開に持ち込むのではないかと思われます。原作の大まかな主要出来事の順番を入れ替えてうまく繋ぎ合わせるという手法はよくありますので、別居を経てお互いの気持ちを再確認して晴れて恋人同士に!という流れで持っていくのかな~と予想しています。

 

 

ドラマ「逃げ恥」と原作「逃げ恥」の違い

原作「逃げ恥」は、仕事や社会における自分の存在意義、男女のそれぞれの側から見たそれらへの見解など、けっこう深いテーマで考えさせられる部分が多い“社会派”な作品になっているということです。それに対してドラマ「逃げ恥」は、二人の出会いは“契約結婚”というセンセーショナルなものでしたが、その後二人が次第に惹かれあうという展開としては、「ラブ」の要素メインで進んでいっている普通のラブストーリーですね。

 

 

ドラマ「逃げ恥」の続編は、みくりの社会復帰編?

現在、みくりは自分の置かれている環境に満足しているようですし、このまま主婦としての未来があっても全く問題がないような性格の女性に描かれています。しかし、原作ではもっと「仕事」に対する考え方が深く掘り下げられているようなので、そこらへんはドラマは物語を簡潔にするように端折っている感じがしますね。

 

 

しかし、「恋」のうちはただ好き同士なので付き合いました!で問題はないのですが、「結婚」となるとお金の問題が絡んできますし、いろいろと現実的な問題となってきます。

 

 

そこで、今回のドラマ「逃げ恥」は“恋編”ということ(主題歌も「恋」ですしね)で、二人の気持ちが通じ合うまでを描いて最終回を迎え、その後続編ということでその後の結婚というステップに進もうとした場合の問題をクローズアップした“結婚編”を描くのではないでしょうか?

 

 

原作では、みくりが津崎に結婚を申し込まれたことで、このまま普通の主婦になる自分の人生を想像したときにもう一度外で働いてみたいという願望を持つようになります。そして、実際に再就職を決めるのですが、その後の生活で今までと同じように家事をこなすことは不可能で、みくりも津崎も疲れきってすれ違ってしまいます。

 

 

これを、残りの4話で描くのは難しそうなので、続編でこういった問題を丁寧に描いて欲しいですね。

 

sponsored link

ドラマ「逃げ恥」の最終回でみくり(新垣結衣)と津崎(星野源)が結婚を決める!?

とはいえ、最終回で恋人同士になっただけではちょっと盛り上がりに欠けるような気もします。オープニングでガッキーがウェディングドレスを着ているというのも、結婚を意識した物語という意味でしょうから、やはり最終回までに「結婚」の話は出てくると思います。

 

 

原作では津崎が先走って「本当の結婚」を申し込むのですが、結婚したら固定報酬制に変更して、余った分を貯金に回すという津崎の提案にみくりがモヤモヤしてしまいます。みくりは今まで自分の働きに対して報酬が支払われることにやりがいを感じて家事をこなしてきたのに、本当の結婚をしたらそれを“愛情”という理由で行わなくてはならない。そして、津崎もまた今まで自分がしてもらっていたことは、対価があってこそのものだったと気づきます。

 

 

この問題はかなり大きい。雇用関係だったときには、自分の世話をしてもらうのにお金を払っていたのに、夫婦になったら愛情という言葉にすり替えて無償で働けだなんて、みくり側からしたら確かに納得できないですよね。普通の主婦はそれが当たり前なんだけど、津崎は最初にみくりに甘い汁を吸わせすぎたんですね。

 

 

これらは、この物語の最高の盛り上がりの部分なので、全くやらずに最終回というのはちょっと・・・ですよね。ですから、最終回で津崎がプロポーズしてみくりも気持ちが盛り上がっていて了承するものの、みくりが固定報酬制の現実に気づき「残業代0!ブラック企業~っ!?」と心の中で叫んで終わり!なんていう未完結な終わり方もあるかもしれません。

 

 

「明らかに続編意識したね~」みたいな終わり方ってよくありますもんね。これだけ視聴率が良ければ続編やスペシャルは十分考えられるので、「結婚」の話は持ち越しになる可能性は大きいと思います。

 

➾もっと詳しい最終回予想はこちら

 

以上、「逃げ恥」最終回や続編への予想を書いてみました!今から「逃げ恥」ロスを心配している方には、ちょっと期待の持てる予想だったのではないでしょうか!?

 

 

話題の恋ダンスはもうマスターしましたか?こちらの記事でわかりやすく図解解説中!

逃げ恥の恋ダンスの振り付け師は誰?解説フル動画は?

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る