映画「そして父になる」のフル動画を無料で確実に見る方法(感想つき)

s-20130926222653

映画「そして父になる」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「そして父になる」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

スポンサーリンク

映画「そして父になる」のフル動画を無料で視聴できた方法

子どもの取り違えという出来事に遭遇した2組の家族を通して、愛や絆、家族といったテーマを描く映画。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩を描いた人間ドラマに、感動する子持ち主婦の私…。子供とは…をもう一度考えさせられた素晴らしい映画です!

福山雅治さんの大ファンのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「そして父になる」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「そして父になる」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中、見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「そして父になる」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「そして父になる」を見た感想レビュー

ここでは「そして父になる」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する、心に余韻を残す素晴らしい人間ドラマです。

20代女性の「そして父になる」感想レビュー(★★★★★)「家族とは何か教えてくれる映画」

映画の感想は?

福山雅治が演じる父親は家族よりも仕事といった仕事人間なのですが、あることをきっかけに父親とは何か、家族とは何かを考えるようになります。そして、少しずつ変わっていくのですが、その変化の仕方が実にリアルに描かれていました。普通では考えられない、まさか現実でそんなことがあるのだろうかと疑うような内容なのですが、俳優の演技やシーンカットがすごく現実味を感じさせるもので、引き込まれてしまいました。特に印象的だったのが、信じがたい事実を告げられた時の俳優たちの表情です。映画なので、泣きわめいて混乱して悲しむようなオーバーな表現が用いられてもいいような場面です。しかし、何が何だか分からないと言った、こんな事起こりえないでしょといった表情をします。それが、よりリアリティーで見る側の心も共感させるのだと思います。また、最後に父と子どもが抱き合い、心を通わす場面は本当に感動的です。題名通り、父になる過程が一つ一つ丁寧に描かれた映画です。

こんな人にみてほしい!

父親の立場である方や思春期のお子さんです。また、家族で見ることをオススメしたいです。

 

50代女性の「そして父になる」感想レビュー(★★★★☆)「胸が苦しくなる」

映画の感想は?

まず福山雅治が父親役を完璧にこなしていたことには、努力を感じました。子供の入れ違いという大変な出来事に対して事務的に手続きを進める人の心中はどうなんだろう?と考え、真木よう子さんとリリーフランキーさんの「お母ちゃん」「お父ちゃん」ぶりがとても自然で良かったです。印象に残るシーンは、子供二人と店先で遊んでいるリリーフランキーさんを見つめている福山さんの表情です。このとき何を考えているのか?と想像を膨らませました。よかったです。是枝監督の作品は「子供」をテーマにしたものが多いように思いますが、いつもはたから見たら「可哀そうな子供」なのに映画の中では子供達はちっとも「可哀そうな子供」ではなく。普通の私のすぐ横を歩いていてもおかしくない本当に普通の子供として描かれています。是枝監督の演出力は見事だと思います。実際に起きた事件のドキュメンタリー要素があったので、そうしたのでしょうが、最後には血のつながった子供同士が入れ替えられるちう結末が、あっさりと感じました。

こんな人にみてほしい!

子供を持つ親たちにみてもらいたいです。

 

20代男性の「そして父になる」感想レビュー(★★★★★)「親子の絆」

映画の感想は?

幸せな家庭に起こった不運な事が題材になってます。
登場する二組の家族は親子の絆か親子の血、どちらを大事にするかが違いそれぞれ葛藤の中で答えを探していく様子が描かれています。
この映画の中で起こる事は何処か他人事のような気がしてしまいますが結婚し子供を出来た時には誰にでも起こりうる事かもしれないと思いその時に自分がどういう決断をするのか考えさせられました。
まったく違った環境の中で育った子供を見て外見を見て血が繋がっている事が分かっても内面は血とは関係なく育っている事が分かりさらに混乱する主人公や家族の様子を見た時に同じ決断を自分もしたと思います。
また出演している俳優や女優の皆さんの演技もすごく良かったです。
あとは子役の子供達も演技も良かったし可愛かった事が印象に残っています。
この映画は大変重たいテーマの映画ですがそれぞれの意見や考え方が分かるのでみんなで見て意見を語り合ったりしても面白いかもしれません。

こんな人にみてほしい!

一家の主人やもうすぐ結婚、出産などの予定があるカップルなどに見てもらうと良いかもしれません。

 

30代女性の「そして父になる」感想レビュー(★★★★☆)「面白かった。」

映画の感想は?

俳優さんそれぞれの演技がとてもよかったです。特に真木よう子さんとリリーフランキーさんの演技が個人的によかったです。内容は、自分が親になったので、やはり置き換えて観ていました。もしこんな立場だったら。もうそれは、想像してもしきれない世界です。子供のとり間違いだなんて。現代では考えられないけれど、昔はまれにあった話とも聞いたことがあるし、、ドキドキして観ていました。子供が産まれて、もちろん愛情たっぷり自分の子供として当然育てていて、急に別の子が本当はお腹にいた子だったとわかったら、最初はきっとわけがわからずパニックになるし、どういう感情になるんだろう?と、とても先が気になって、見入っていました。リリーフランキーさんのお父さん役がとっても自然なかんじで、こんな人いるいる!て感じの演技が、もっともっと観たいという気持ちにもさせてくれました。子供たちが、少しずつ家族に溶け込んで行く光景も、とてもよかったです。子供をもつ人なら、置き換えてみることができていろんな想いにさせられたり、かけがえのない日常こそが、素晴らしいということを思い知らされる、素敵な映画でした。。

こんな人にみてほしい!

やはり、子供をもつ人にオススメだと思います。これから親になる人にも。

 

「そして父になる」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「そして父になる」の基本情報

乳児の取り違いを6年後に知らされた二組の親子。その絆や葛藤を描くヒューマンドラマ

見どころ
「誰も知らない」など人間ドラマの名手・是枝裕和監督が、乳児取り違いを題材に「家族とは何か?」を描く。福山雅治が血のつながりか築いた絆かで葛藤する父親を熱演。

ストーリー
大手建設会社に勤務する野々宮良多は、仕事も家庭も順調で、何不自由ない幸せな生活を送っていた。そんなある日、病院から連絡が入り、6年間愛情をかけて育てた息子・慶多が、赤ん坊の時に取り違えられた他人の子だと告げられる。

ここがポイント!
第66回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門審査員賞を受賞

キャスト・スタッフ
出演 (野々宮良多) 福山雅治
(野々宮みどり) 尾野真千子
(斎木ゆかり) 真木よう子
(斎木雄大) リリー・フランキー
(野々宮慶多) 二宮慶多
(斎木琉晴) 黄升げん
中村ゆり
高橋和也
田中哲司
井浦新
監督 是枝裕和
脚本 是枝裕和
製作 亀山千広
畠中達郎
依田巽

「そして父になる」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「そして父になる」第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞を受賞

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る