映画「おくりびと」のフル動画を無料で確実に見る方法(感想つき)

51-lq93ilzl

映画「おくりびと」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「おくりびと」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

スポンサーリンク

映画「おくりびと」のフル動画を無料で視聴できた方法

ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の影響を受けながら成長していく姿を描いた映画「おくりびと」。山形の壮大な自然をバックに奏でるチェロの音楽と、主人公の彼が旅立たせる人々との数々のエピソードが交差する演出に感動する子持ち主婦の私…。もう涙なしでは観られません!

映画好きのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「おくりびと」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「おくりびと」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中、見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「おくりびと」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「おくりびと」を見た感想レビュー

ここでは「おくりびと」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、お葬式の時の悲しい別れと、故人への感謝と愛情が詰まった瞬間を再現している、感動する人間ドラマです。

30代女性の「おくりびと」感想レビュー(★★★☆☆)「今まで知らない職業を深く知ることが出来た。」

映画の感想は?

日常的に生活している上で、人の生き死にを意識している人というのはそれほど多くはないと思います。
いつか死ぬだろうとか、ニュースを見て何か重大な事件や事故の報道を見てそういった事を考える事はあるかと思いますが自分自身の生活の中に入り込んでそういった事を常に考えているかというとそうではないと思います。
「おくりびと」はそれまで全く知らなかった納官師という職業について、初めて具体的にどんなことをするのか、だとか仕事自体の存在について広く知らしめた作品だと思います。
永遠に生きている人間なんてこの世のどこにもいません。
人はいつか死んでいき、その後のことはどうなるのか自分ではわかるはずもありませんが納官師という職業についてくれた人のおかげで、綺麗な状態で新しい場所へと旅立つことが出来るのだと思えばまだ知らない、知り得ることの出来ない世界へ旅立つこともそんなに怖くはないと思えます。
映画のテーマとしては暗く重いものになりかねないテーマですが敬遠するほど重いものではなく仕上がっていたので最後まできちんと見ることが出来ました。

こんな人にみてほしい!

どんな人にも見てほしいと思いますが、死に対して恐怖心を持っている人には特に見てほしいと思います。

 

30代女性の「おくりびと」感想レビュー(★★★☆☆)「死に関する考え方やお葬式に対する見方が変わった」

映画の感想は?

主演の本木さんをはじめ、葬儀社の方の死者に対する丁寧さに驚きました。自分の身内のお葬式では全く周りが見えなかったのですが、この映画で改めて葬儀という儀式を考えさせられました。
死というと恐怖という思いから異次元のような感覚になり、まるで人ごとのように感じていました。地域差はあるにせよ私の住んでいた地域では葬儀場ではなく自宅で行うことがほとんどでした。祖父が亡くなった時、私はまだ小学生でしたが、北枕でいつも寝ていた布団に静かに横たわっている祖父を今も忘れることはありません。この時が初めて死を身近に感じました。枕元には垂直にさした箸に山盛りのご飯、鼻に詰められた小さな綿、胸元で合わせた冷たい両手、いつもの日常の中に突然、死という非日常が入り込んできた。それはそれは恐ろしかったことを思い出しました。その一方で、横たわる祖父の側で淡々と「おくりびと」として従事していたあの方こそ今回の映画と重なりました。
この映画を観たことによって、死への恐怖や就活への取り組みなどを改めて考えさせられました。

こんな人にみてほしい!

終活をしている方やその身内の方。

 

30代女性の「おくりびと」感想レビュー(★★★★★)「人間の人生とは、素晴らしいと思いました。」

映画の感想は?

死を迎えた人間を生きている人間が旅立たせる為に、綺麗に仕上げていく姿が、人間味に溢れています。
自分の大切な人を送り出す時の感情が溢れ出ていて、人の気持ちを最期に汲み取る納棺師の仕事は、とても悲しく切なく美しいと思いました。
いかに人間としての最期を迎えるか、いかに大切な人の最期を送り出すのか、考えさせられました。
納棺師という仕事は人に好かれる仕事ではなく、主人公も最初は納棺師という仕事に戸惑いをもっていました。
しかし、ご遺族の方々から感謝され少しずつ気持ちに変化が現れ、主人公の父親を送り出す時に父親の優しさにふれ、納棺師として歩いていく事を決意する場面で感動しました。
また、主人公の奥さんが最終的に覚悟を決めて主人公を支えていく姿がとても素敵でした。
私はこの映画を観て、色々な家族のかたちがあり、それぞれ嫌なことや苦しいことがあるはずなのに、それでも自分を支えてくれる人が傍にいてくれることで強く生きていけるのだと気づきました。
東北弁な所もとても良かったです。

こんな人にみてほしい!

家族と疎遠になっている方にオススメしたいです。

 

40代女性の「おくりびと」感想レビュー(★★★★☆)「寂しさの中にも、どことなく漂う可笑しさ」

映画の感想は?

納棺師というものをそんなに見たことがなかったというのが、実情ですがお葬式には何度か立ち合いました。
ただ、遺体をどのようにして綺麗にしていくかというのは親族でさえ、見ないものです。
人の死を商売にしているのかというと、さげすまれることもあるのかもしれませんがこういう方達がいないと、亡くなっていくものは本当に死んだままの悲しい姿を家族にさらしたままになってしまうのだと思いました。
主人公にも色んな人生があって、自分の想いとは違う場所で生活することになってしまい気持ちが定まるまではおぼつかない感じでしたが、それを鬱々した感じだけではなくて、ちょっと可笑しさを含ませて作られているのは、この監督の手腕なのか本木雅弘の演技の上手さなのかわからないけれど、その辺りが重くなり過ぎずに十分に楽しんで見れたと思います。
山崎努も納棺師をただ綺麗に描くだけではなくて、人間味にあふれた演技でそれがリアルでよかったと思います。

こんな人にみてほしい!

中高年から上の方とそれをこれから見送るであろうご家族におススメします。

 

「おくりびと」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「おくりびと」の基本情報

「納棺師」にスポットを当て、悲喜こもごもの人間模様を丁寧に紡いだ感動ドラマ

見どころ
納棺師が成長する姿を通じて、夫婦の絆や家族愛、友情などをユーモアも交えながら温かく捉え、国内外から称賛を集めた作品。本木雅弘による納棺の美しい所作にも注目を。
ストーリー
楽団の解散によってチェロ奏者への道を諦め、妻の美香と共に故郷の山形に戻った大悟。職探しを始めた彼は、「旅のお手伝い」という求人広告を見つける。早速面接に向かうと、社長の佐々木は大悟の採用を即決するが、その仕事は遺体を棺に納める納棺師だった。

見どころ
アカデミー賞外国語映画賞を受賞。日本映画初の快挙を果たした記念碑的作品だ。

キャスト・スタッフ

出演 (小林大悟) 本木雅弘
(小林美香) 広末涼子
(佐々木生栄) 山崎努
(上村百合子) 余貴美子
(山下ツヤ子) 吉行和子
(平田正吉) 笹野高史
杉本哲太
峰岸徹
山田辰夫
橘ユキコ
監督 滝田洋二郎
音楽 久石譲
脚本 小山薫堂
製作 信国一朗

「おくりびと」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「おくりびと」第81回アカデミー賞外国語映画賞、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る