映画「L change the WorLd」のフル動画を無料で確実に見る方法(感想つき)

b6nqreihmzhk2ru_dov5d_423

映画「L change the WorLd」のフル動画を探しても見つからない!Youtube動画では削除されてみれなかった方必見!!主婦の私が映画「L change the WorLd」を今すぐ・無料で・フル動画が見れた方法をお教えいたします。

スポンサーリンク

映画「L change the WorLd」のフル動画を無料で視聴できた方法

『デスノート』の主人公Lのスピンオフ映画「L change the WorLd」。タイのとある村で発生したバイオテロ、その組織と対決するLの最期の23日間に、ハラハラドキドキする子持ち主婦の私…。主人公Lから目が離せません!

コミック好きのママ友に薦められて、でサクっとPCで動画でも見たいな…。やはり映画の動画は著作権上、Youtubeなどでは削除されて見られませんでした。

icon-finger1-rそんな中、どうやら、動画配信サイトのU-NEXTでは映画「L change the WorLd」が無料で見られるということを知ったのです。

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

ポイント

動画配信サイトはHuluなどいろいろありますが、「L change the WorLd」が見られるのは、U-NEXTだけ!

登録は3ステップで簡単!30日以内で解約すれば1円もかからない!

まず登録は3ステップで簡単に登録できます。必要なものは、クレジットカードの情報(デビットカードも可)だけ!

<え?カード情報が必要で無料じゃないの?>

いいえ、30日間は無料キャンペーンなので費用は一切かかりません。その後継続する場合に手続きが簡単なように初期登録の際にカード情報が必要になってくるようですね。解約もU-NEXT解約手続きはコチラのページで簡単に解約も可能です。

computer_nekorogaru_woman

<U-NEXTオススメポイント>

  • 3ステップで簡単登録♪
  • PCやスマフォ今すぐ!(私は登録から映画を見るまでに3分かからなかったです♪)見れちゃいます。
  • 10万本以上の動画が30日間見放題!
  • 子供番組やお母さんと一緒のDVD・アンパンマンなどもあるのでお出かけの際にめっちゃ便利!(タブレットで移動中み見させてます♪)
  • 家庭で1契約するだけで、主人も子供も別々のPCやスマフォから見放題に!

icon-finger1-r

今すぐ「L change the WorLd」が見られて、さらに10万もの動画がスマフォやPCで見放題!!!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「L change the WorLd」を見た感想レビュー

ここでは「L change the WorLd」を見た皆の感想とレビューをご紹介しています。ちょっとだけネタバレもありますが、主人公Lが余命を宣告されながら難事件を解決していくサスペンスアクションです。

20代女性の「L change the WorLd」感想レビュー(★★★★★)「デスノートが好きな人は絶対見るべき!!Lの色んな所を知ることができます!」

映画の感想は?

私はデスノートのアニメを見て、すごくハマりました。そして、映画を見て、その後に「L change the World」を見ました。普通のデスノートの方では、Lよりキラに興味があって、キラの方が好きでしたが、この映画を見てLが大好きになりました。Lが不器用なりに、子供達と仲良くなろうとしたり、子供達を守ったり、普段すごく猫背なのに子供達に言われて背伸びしているシーンとかすごく良かったです!ウッチャンナンチャンのナンチャンネルも映画に出ていて、Lとのやり取りがとても面白かったです。終始ナンチャンはLに言い負かされていました。そして、私は結構グロイのが好きなのですが、この映画はちゃんとグロイシーンがあって、体がまるこげになったりするところがグロくて良かったです。そして、ニアの名付け親がLだと分かったところはもうすごく感動しました。ニアはすごくLが好きだったんだなって思いました。Lが死んじゃうシーンがなかったのも良いなと思いました!

新シリーズの映画が公開されますが、映画を見に行きますか?
新しい映画への期待度を語ってください!

すごく見に行きたいです!デスノートのもとが分かるなんてすごく面白そう!リュークにも会えるのがすごく嬉しい!もう放送されているので、暇さえあれば見に行きます!またLがでできたらいいのになあ。デスノートは映画化がすごく成功しているものなので、今回も絶対成功すると思います!

 

20代女性の「L change the WorLd」感想レビュー(★★★☆☆)「松ケンLファンとしては最高!しかし原作ファンや邦画ファンとしては並」

映画の感想は?

この映画は2回観ました。一度目は映画館で、Lというキャラクターが好きだったため期待感をもって劇場へと行きました。
まず、良かったのはレニー・クラヴィッツの主題歌。Lの死までの日々を穏やかに、どこか寂しく表すようで予告の段階から涙腺が緩みました。
また物語の鍵を握る少女に対し、Lがどこまでも不器用に接する姿にも胸を打たれました。松ケン演じるLを求める顧客に対してし大満足のLを見せてもらったと思います。そんな気持ちで映画館を出ました。
一方去年再びレンタルをし、今度は贔屓目なく観たところ当時ほどの感動は味わえませんでした。ストーリーはよくあるウィルス感染もの。デスノートでやる必要はあるのか、そう感じてしまう部分もありました。前作の同タイトル映画が漫画の実写としては異例の良い出来栄えだったこともあり、改変しつつも原作ファンも満足なストーリーを提供してほしかったと思います。しかしやはり松ケンのLは最高!

新シリーズの映画が公開されますが、映画を見に行きますか?
新しい映画への期待度を語ってください!

今のところ見に行く予定はありません。自分の中で実写版デスノートは最初の前編後編で文句なしの結末を迎えたからです。戸田恵梨香のミサミサが気にならないと言えば嘘になりますが、新シリーズをやるならやはりメロとニアを軸に創ってほしかった。安室奈美恵も好きですが、これまでの流れのまま洋楽の主題歌が良いんじゃないかなぁとも。とはいっても今でもデスノートという作品がドラマや新映画として製作され続けることはファンとして嬉しいです。

 

20代男性の「L change the WorLd」感想レビュー(★★★☆☆)「Lってこんなに動けるんだ!」

映画の感想は?

初見の時は「デスノート」の余韻も残っていた頃だっただけに、やってくれたな・・・と思ったものでしたが、時が過ぎた今見てみると、一週回って面白い的な部分もあったりして、まあ褒められはしませんが久しぶりに見た今回は思いのほか楽しめました。
典型的なダメ邦画要素が詰まっていた印象なので、ホントお世辞にも褒められた作品ではないんですけどね、でもL萌え度は半端じゃない作品なので、そこを楽しめればまあ十分なのではないかなと。
まさしく松山ケンイチのLファン専用映画と言えるでしょうね、しかし監督が中田秀夫監督に替わったこともあってか、妙に死に方はグロいので、そこでまた好みは分かれそうですけど、私は嫌いではなかったです。
ただ、頭脳戦、心理戦のない今回のLの戦いは、Lが主人公である必要性を感じなかったのもまた事実。
アウトドアだとLらしさはほぼ皆無なので、シリーズファンが憤るのもまあ無理は無いでしょうね。
やっぱり「デスノート」はデスノートと死神あっての「デスノート」なんだなと改めて実感。
ウイルスを巡ったテロリストとの攻防では、ハリウッドで散々使い古されたネタなので、新鮮味は皆無でしたし、邦画ならではの安っぽさも多分に出てしまっていた印象なので、スピンオフとして成功か失敗かで言えば、間違いなく失敗ではあったと思いました。
特に高嶋政伸他テロリスト軍団の芝居がとんでもなくアレでしたので、余計に安っぽく見えるんですよね。
佐藤めぐみは意外性があって良かったけど、もう少しいい演出でお願いしたかった。
それとこれだけの騒動が起こっているのに、世間の反応も中途半端すぎだったような。(加えて言えばデスノート騒動の余韻も感じられなかったのは残念でした)
ウイルス物としては、結末も含めて至極平凡な作品でしたね。
でも、あのLを、松山ケンイチのLを再び見れただけでも何となくの満足感。
甘いものをパクつくLにニヤリ、猫背でテロリストと戦うLにニヤリ、苦手な子供相手に四苦八苦するLにニヤリ、ホントL萌え度だけは十分得られた作品でした。
あと天才子役の福田麻由子ちゃんの存在感も素晴らしかった、当時天才子役として引っ張りだこだったのも、納得の演技でしたね。
FBIのナンちゃんは・・・当時はふざけんなと思いましたが、日本人でFBIと言うむちゃくちゃな設定を考えると、今にして思えばこれはこれでありかも、意外と笑っちゃいました。

新シリーズの映画が公開されますが、映画を見に行きますか?
新しい映画への期待度を語ってください!

新作の映画についてですが僕はレンタルで見ようかと考えています。レンタルに出るのがスゴく楽しみです。全体的に、色が白と黒しかない感じで、ずっとシリアス。 前のデスノートは、Lのお菓子好きで楽しい感じもあったけど、今回は楽しい感皆無。Lの後継者は、Lよりも奇抜感が薄く一般人寄り。ひょっとこの仮面も黒くて、特注ですよね?ってぐらい作り込まれてた。 全体的に感情移入が難しく、「え、その絆はいつ生まれたの?笑」というツッコミどころ満載。深く考えるとオカシイと思うとこが多いから、表面的にみてた。 もうちょっと笑える部分があったら良かったのにな?

 

20代男性の「L change the WorLd」感想レビュー(★★★☆☆)「Lがよく動く」

映画の感想は?

Lを主役に据えたオリジナルストーリーのスピンオフ作品。Lはほとんど動かないで指令室に座って変な喋り方と菓子ばっかり食べてる印象だと思います。それがこの映画では要所で動くんです!走ります!人を助けるために奔走します!完全にイメージを覆して来ます!物語はウイルスによるテロを企てる組織とLの攻防戦を描く。タイの村でウイルス絡みの攻防が始まり、ウイルスを巡って話が進むあたりで…あれ?となります。どこかで観たことあるような気がする…。観たことある。これ1995年製作の「アウトブレイク」というハリウッド作品と内容が似てる気がするんです。「アウトブレイク」は一時期よく地上波の映画番組で放送されてたので、ご存知の方も多いかと思います。ハリウッドが誇る名優ダスティン・ホフマン、モーガン・フリーマン、ケビン・スペイシー、ドナルド・サザーランド(「24」のキーファーのお父さん)など錚々たる出演陣!まぁコレはこれとして今作も松山ケンイチやハリウッド進出も果たした工藤夕貴など実力のある方々が共演した大作です!「デスノート」の新作が公開され、演技派の松山ケンイチの主演作も劇場公開中の今、改めて今作もぜひご覧ください!

新シリーズの映画が公開されますが、映画を見に行きますか?
新しい映画への期待度を語ってください!

前作の主演藤原竜也と松山ケンイチの二人も出演されてるようなので、どれくらい出てくるのか気になります!戸田恵梨香が続投し物語に関わっているようなので、そこも楽しみ!新しい出演陣の東出昌大、池松壮亮、菅田将暉がどう対峙していくのか?新しくなった「デスノート」も早く劇場で観たいです!

 

30代女性の「L change the WorLd」感想レビュー(★★★☆☆)「L好きの方、Lをもっと見たい方オススメ」

映画の感想は?

デスノートでのLに魅了された人にもちろん、松山ケンイチさんファン、デスノートファンにもオススメです。孤高の天才Lの意外な面を沢山見られ、あの壮絶な月とのバトルの後、こんな経験もしたから最後にLは、夜神総一郎にあんな言葉をかけたのかなと思いました。
デスノートでは殆ど動かないLですが、この映画では立って動いています。それだけでも面白いです。天才のLも子どもと接するとおどおどしたりする姿がなんとも微笑ましいものでした。
ワタリの死もデスノートに引き続き描かれ、Lにとってワタリがどれほどの存在かを際立たせます。又、ワタリの死を告げる仲間がいて、L同様アルファベット一文字の同胞?の存在も明らかに。その中のFという存在から託されたのが国際的なウイルステロの阻止と抗体を持った異国の少年、研究者の娘です。Fの死でLがデスノートに自分の名前を書く決心をした事はこの映画で初めて明かされました。月との死闘の後、残りの日々を難事件解決に時間を割いていましたが、Fからの贈り物を受け取った後は少年と少女を守り抜き、駆け抜けていった最後だったと感じました。
今までのLのイメージも崩さず、上手くLにスポットがあてられた内容でした。

新シリーズの映画が公開されますが、映画を見に行きますか?
新しい映画への期待度を語ってください!

あの闘いからそれぞれの後継者、崇拝者が現れ又死闘を繰り広げると聞くと観ずにはいられません。公開が近くなるにつれ、月は生きているかもしれない、Lからのメッセージなど前作の出演者の出演も匂わされ、デスノートファンの心を鷲掴みにされました。個人的には月に沢山登場して貰いたいですが新世代の3人がどんな頭脳戦を見せてくれるのかが楽しみです。

 

20代男性の「L change the WorLd」感想レビュー(★★★★☆)「新しいデスノート」

映画の感想は?

劇場版の2作目でL(松山ケンイチ)がデスノートの名前を書きライト(藤原竜也)に勝利を収めてライトの父と話し亡くなるまでの間にノートによるタイムリミットと闘いながら事件を解決するお話しですがいい点も悪い点もあったと思います。今回はデスノートという特殊なアイテムは出てきませんし、ライトのような天才的な頭脳を持った適役も出てこないので前2作品もような天才VS天才のような駆け引き溢れる頭脳戦があまりなかった事は個人的に残念でした。その代わりに今まで椅子に座りあまり活動的でなかったLが走り、自転車に乗り自分で動くといったアウトドア派になった事は面白、おかしくありましたが松山ケンイチさんの演技もありましていい感じに違和感もありながらLがもし走れば、自転車に乗ればといった演技できており素晴らしい出来になっていたと思います。この作品のデスノートの代わりに人類へ脅威をもたらすのはウイルス兵器でしたが、個人的にはそういったアイテムが出てくる作品が好きなのでそこに強く惹かれて観させて頂きました。

新シリーズの映画が公開されますが、映画を見に行きますか?
新しい映画への期待度を語ってください!

原作コミックをリアルタイムで購読して、コミックス、解説書、任天堂DSのゲームも集めてデスノートシリーズを楽しみ、前作の劇場版3部作も楽しませて頂きましたが、新しい映画のついては正直なところあまり期待はしていません。少ないデスノートや縛られたルール内で闘うような話が好きなのでノート(武器)が多くなってしまったので個人的にはどうなのかと思っています。たぶん見には行かないと思います。

 

「L change the WorLd」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

映画「L change the WorLd」の基本情報

キラと熾烈な頭脳戦を繰り広げたもう一人の天才・L、最期の23日間

見どころ
キラ事件に決着をつけるため、自ら究極の選択をしたLの最期の23日間を描いた「DEATH NOTE デスノート」のスピンオフ作。主演は松山ケンイチ。
ストーリー
Lの究極の選択によってキラ事件は終結したが、同時に最も信頼できるパートナーだったワタリを失った。事件の終結と引き換えにLに残された最期の23日間。Lは大きすぎた犠牲を噛み締めながら、ワタリのファイルに残った未解決事件を片付けていくが…。

キャスト・スタッフ
出演 (L) 松山ケンイチ
(久條希美子) 工藤夕貴
(二階堂真希) 福田麻由子
(駿河秀明) 南原清隆
(松戸浩一) 平泉成
(BOY) 福田響志
(小西朝夫) 正名僕蔵
(吉沢 保) 金井勇太
(三沢初音) 佐藤めぐみ
(F) 波岡一喜
監督 中田秀夫
原作 大場つぐみ
小畑健
音楽 川井憲次
脚本 小林弘利
製作 山路則隆
堀義貴
西垣慎一郎
平井文宏
松本輝起
小岩井宏悦
馬場清

「L change the WorLd」が今すぐみられる!

無料キャンペーン登録はコチラ

➾

U-NEXT

「L change the WorLd」Lの最期の23日間を描いた「DEATH NOTE デスノート」のスピンオフ映画

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る