IQ246 4話見逃し配信動画を今すぐ見る方法とネタバレ感想

iq246

織田裕二主演ドラマ「IQ246」4話の見逃し配信動画を今すぐに見れる方法をご紹介しています。IQ246の4話を見逃しても大丈夫!再放送を待たなくても、Youtubeで違法動画を探さなくても、安心・安全に今すぐ動画がお使いのPCスマフォで見れちゃいますよ。動画配信U-NEXTの31日間無料トライアルを賢く使うことで、今すぐにIQ246の4話の動画を見ることが可能です。

スポンサーリンク

ドラマ『IQ246華麗なる事件簿』第4話の見逃し配信と動画を今スグ見る方法

ドラマIQ246の4話(もちろんこれまでのお話数も)の見逃し配信動画をお探してですか?動画配信サービスのU-NEXTでは、IQ246の動画を見逃し配信中!無料31日間トライアルを利用することで、今スグIQ246の4話の動画を見ることが可能です。

 

U-NEXTはこのほかにも100万本を超えるドラマ・映画・アニメが配信されており、実は雑誌や漫画の読み放題もついてきちゃたりします。

IQ246見逃し配信中!

動画を見るなら

31日間無料トライアル実施中

U-NEXT

※クレジットカード情報の登録が必要です。

是非一度、登録してみてくださいね。

 

また、Youtubeやサイトなどで動画ファイルをUPしているサイトがありますが、ああいうのは違法サイト、違法アップロードなので、そういう動画を見てる人も罪になりますから、安心安全に動画配信サービスで見逃し配信を見て下さいね。

【IQ246~華麗なる事件簿~第4話 あらすじと感想】

以下は、ネタバレあらすじになります。ネタバレしたくない方は、見ないでくださいね~~~。

< 美人ピアニスト 由里の完全犯罪! >

大学病院の外科統括部長で医師の土門(金田明夫)は、駐車場でピアニストの由里(国仲涼子)に、大金を渡します。

再婚してニューヨークに行くという身勝手な土門に、腹を立てる由里に、「13」と名乗る謎の人物から、「完全犯罪の方法を教えます」とのメールが届きます。IQ246

由里は、「詳しく教えて下さい」と返信するのでした。
18時から1時間、 発表会のリハーサル兼テストをするという由里。

その最中、由里は会場を抜け出し、土門のタワーマンションへ。

鈍器で頭を殴り、ナイフで背中をさして、土門を殺害してしまいます。
そして、犯行後、強盗の仕業に見せかける偽装工作をするのでした。

その後、何食わぬ顔で会場に戻り、生徒達と食事会をする由里。
警察は、金品などが盗まれていることから、強盗殺人だと判断しますが、沙羅駆(織田裕二)は、 果物皿にあったグレープフルーツ、ジャズの中に一枚だけある未開封のクラシックのCDに着目。

それらの物証から、この殺人は、強盗に見せかけた殺人ではないかと推理し、怨恨の線で犯人を追うべきだと言います。
法医学者の朋美(中谷美紀)の所を訪れた沙羅駆。

朋美の見立ては、死亡推定時刻が18時30分から20時30分、凶器は現場にあったもの、犯人は左利きだというものでした。
沙羅駆は、エレベーターに映った由里を不審に感じ、防犯カメラ映像は、事件前夜のものにすり替えられていると見抜きます。

沙羅駆は、由里から事情を聞くことに。

沙羅駆は、土門が殺されたこと、土門が女性と揉めていたことを由里に話し、「タワーマンションに行ったことがあるか」と尋ねますが、由里は「行ったことはない」と犯行を否認します。
再び、朋美のところを訪ねた沙羅駆は、死因は、刃物による失血死であること、犯人は二度刺していること、握力の弱い女性の犯行であること、土門が脳腫瘍を患っており、グレープフルーツを食べてはならない薬を服用していたことを知ります。

 

< 由里には鉄壁のアリバイがあった! >

再度、由里に事情を聞く沙羅駆。

由里にピアノを弾いてくれと頼みます。

沙羅駆は、由里のピアノに感動しながらも、由里の左手の人差し指がまだ治っていないことを見抜きます。

土門の部屋にあった1枚だけのクラシックの CDを由里に渡し、「あなたがプレゼントしたのか確認して欲しい」という沙羅駆。

「なぜ封を開けてないのか」と尋ねる沙羅駆に「他の誰かからのプレゼントでは」と言い逃れをする由里。

沙羅駆は「グレープフルーツを食べられない土門の部屋に、なぜグレープフルーツが置いてあったのか?誰かからのプレゼントだったのか?何故ナイフまで用意していたのか」とたたみかけます。

由里は「お客様用だったのでは」としらを切ります。
そこで、すかさず賢正(ディーンフジオカ) が「事件の日、あなたがグレープフルーツを買ったことが分かっている」と言います。

すると、由里は「風邪気味だったのでグレープフルーツを買って食べた」と嘘の証言をするのでした。
そんな中、賢正のもとに、午後8時、被害者が殺される瞬間の声を電話で聞いた人物がいるとの報告が入ります。

「その時間は生徒達と食事会だった。私の疑いも晴れたでしょう」と得意げに言う由里でした。

< 見事な推理で鉄壁のアリバイを崩す沙羅駆>

三度、由里の所を訪れる沙羅駆は、「土門の再婚相手が警察に事情聴取を受けており、コンタクトレンズ最見つかれば、事件は解決する」と告げます。

犯人と土門がもみ合った際に、静電気が発生し、犯人の服にコンタクトレンズがついた。警察は、犯人の服についたコンタクトレンズを躍起になって探している」と由里に話す沙羅駆。

実はこれは沙羅駆の仕掛けた罠でした。
自分の服にコンタクトレンズがついてないか必死に探す由里。

そこへ沙羅駆が現れ、「これはあなたの犯罪をあぶり出すためのグラフだ」と告白します。

「あなたと土門が親子なら、20時のアリバイは説明がつく。犯行時刻は18時から20時。あなたが出て行った後、土門は意識を取り戻した。死の間際に父親らしいことをしようと決意した。鉄壁のアリバイは被害者の父があなたのために作ったものだ」と沙羅駆は、自分の推理を由里に突きつけるのでした。

ようやく、かんねんした由里は「父は最低な人間だった。母もバカだけど私も馬鹿ね」と気持ちを吐露します。

そんな由里に、沙羅駆は「残念です」と言うのでした。
そして、謎の人物「13」に 「見てるんだろ。闇の中から出てこれない卑怯者」と語りかけるのでした。
謎の人物「13」は、マリアTという名前のようでした。

【感想】

グレープフルーツとクラシックのCDから、怨恨による殺人だと見抜く沙羅駆の洞察力は、さすがです。
土屋太鳳さんのコミカルな演技や、中谷美紀さんの風変わりなキャラクターも新鮮で面白いです。
今回は、ディーンさんのアクションシーンと、「この犯罪醜悪至極なり」の決め台詞がなくて、ちょっと残念でした。
次回は、「13」の正体が徐々に明らかになるようで、大いに期待できます。

 

 

IQ246見逃し配信中!

動画を見るなら

31日間無料トライアル実施中

U-NEXT

※クレジットカード情報の登録が必要です。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る